新型ウェイクのスペック紹介! 特徴や性能は?

2

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1

ダイハツの新型ウェイクのスペックはどうなっているでしょうか?

新型ウェイクのスペックや、特徴などまとめてご紹介します。

ウェイクはアウトドアを中心にアクティブな方のために作られたような収納力満載、遊び心満載な軽自動車の規格をめいいっぱい活用したハイトワゴンを超えたスーパーハイトワゴンです。

スポンサードリンク

ボディサイズ・主な仕様

w00

引用元:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/wake/index.htm

ボディサイズなど

全長×全幅×全高(mm)

3395×1475×1835

ホイールベース(mm)

2455

トレッド・前/後(mm)

ハイブリッド車

2WD:1305/1295

4WD:1305/1265

室内寸法(mm)

長×幅×高

2215×1345×1455

w01

引用元:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/wake/04_interior.htm

車両重量(kg)

Gターボ

2WD:1020

4WD:1060

L

2WD:1000

4WD:1040

D

2WD:990

燃費(JC08モード・km/L)

Gターボ

2WD:23.8

4WD:23.2

L、D(Dは4WDの設定はなし)

2WD:25.4

4WD:24.6

最小回転半径

Gターボ“レジャーエディションSAⅡ”

4.7m

上記以外のグレード

4.4m

最低地上高(mm)

140

エンジン

型式・種類

KF型・直列3気筒

ボア×ストローク(mm)

63.0×70.4

総排気量

658cc

圧縮比

ターボモデル

9.5

自然吸気モデル

11.3

最高出力(kW〈ps〉/rpm)

ターボモデル

47〈64〉/6400

自然吸気モデル

38〈52〉/6800

最大トルク(Nm〈kgm〉/rpm)

ターボモデル

92〈9.4〉/3200

自然吸気モデル

60〈6.1〉/5200

無鉛レギュラーガソリン対応

w02

引用元:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/wake/index.htm

スポンサードリンク

ライバル車との比較

ウェイクはいわゆる軽ハイトワゴンと言われる部類にはいるのですが、その中でも特にスーパーハイトワゴンと呼ばれここでのライバルとなると数は限られてきます。

現状ではホンダのN-BOXが一番のライバルになります。

w03

引用元:http://www.honda.co.jp/Nbox/

他のメーカーではハイトワゴンというカテゴリで集約していることが多いため、スーパーハイトワゴンというのは見つけにくいのが現状です。

メーカーとしてダイハツの一番のライバルであるスズキでは多少の無理はありますがあえてスペーシアがここでの対抗馬になるでしょうか。

w04

引用元:http://www.suzuki.co.jp/car/spacia/luggage/

日産、三菱ではスペーシア同様に少し無理がありますが対抗とする車種はデイズルークス、ekスペースといったあたりです。

w05

引用元:http://www2.nissan.co.jp/DAYZROOX/performance.html

両車は共同開発車なのでここでは日産のデイズルークスを取り上げます。

また、トヨタのピクシスメガという車種もありますが、これはウェイクの兄弟車(正確にはダイハツからトヨタへのOEM車)ですので今回は割愛させていただきます。

これらの比較をこれから見ていきます。

ボディサイズ

全長×全幅×全高(mm)

ウェイク

3395×1475×1835

N-BOX

3395×1475×1780(2WD)

3395×1475×1800(4WD)

スペーシア

3395×1475×1735(2WD)

3395×1475×1740(4WD)

デイズルークス

3395×1475×1775

w06

引用元:http://www.honda.co.jp/Nbox/webcatalog/styling/design/

全長と全幅については4車とも軽自動車の規格一杯のところまで利用しているのがわかります。

ですから同じ数値になってしまうのは仕方ないのかもしれませんが、全高についてははっきりと違いが出ています。

スペーシアと比較して95~100ミリ、N-BOXと比較しても35~55ミリ、デイズルークスとは60ミリ、ウェイクが高くなっています。

ちなみにウェイクの1835ミリという全高はホンダのステップワゴンFF車の全高1840ミリに匹敵する高さです。

室内寸法(mm)

長×幅×高

ウェイク

2215×1345×1455

N-BOX

2180×1350×1400

スペーシア

2215×1320×1375

デイズルークス

2235×1320×1400

w07

引用元:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/wake/04_interior.htm

室内寸法については長さではデイズルークス、幅ではN-BOX、高さではウェイクという結果になりました。

もっともウェイク中心に見れば室内長でデイズルークスと2センチほどというのは使い方ではほぼ同じになりそうです。

幅もN-BOXと僅差で室内での高さが5センチ以上高いというのはウェイクにとってかなりのアドバンテージになりそうです。

燃費(JC08モード・km/L)

ウェイク

ターボモデル

2WD:23.8

4WD:23.2

自然吸気モデル

2WD:25.4

4WD:24.6

N-BOX

ターボモデル

2WD:23.8

4WD:21.4

自然吸気モデル

2WD:25.6

4WD:23.6

スペーシア

2WD:32.0

4WD:29.0

デイズルークス

ターボモデル

2WD:22.2

4WD:20.4

自然吸気モデル

2WD:22.0

4WD:20.6

4WD:21.8(Sグレード)

w08

引用元:http://www.suzuki.co.jp/car/spacia/performance_eco/

燃費に関してはカタログ数値ではありますが、ハイブリッド化されているスペーシアが頭一つ出ている状態でリッターあたり6 キロほど他車よりも抜き出ています。

ウェイクとN-BOXはなかなか近い数値ながら4WD車での数値でウェイクが若干上回っています。

デイズルークスは一時期話題になったこともあったせいかカタログ数値は決して高いとはいえないかもしれませんが、実際の燃費ではウェイクやN-BOXと同じような数値になるかもしれません。
⇒ 新型ウェイクを値引きから更に50万円安く買う裏ワザ!

スポンサードリンク

スポンサードリンク

まとめ

w0a

引用元:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/wake/03_exterior.htm

軽自動車はサイズ、エンジンともに規格があり限られた制約の中で各メーカーが使いやすい、もしくは特色のある車を開発しています。

ウェイクは中でも高さという点に注目した軽ワゴン車です。

高さという点ではワンボックスという選択もありますが、ウェイクは遊び心も兼ね備えたという点では全く新しい部類の車です。

ライバル車を見ても実質的にはN-BOXくらいしかないのが現状で、今回対抗馬として比較するために登場したスズキのスペーシアや日産のデイズルークスなどは実際の比較対象としてはタントになるでしょう。

今後このアウトドアでの活躍を想定した軽スーパーハイトワゴンがスズキや日産、三菱から登場すればウェイクを脅かす存在になるのかもしれません。

逆に言えばアウトドアを中心に使いこなす軽スーパーハイトワゴンという分野では今のところウェイクとN-BOXが独壇場といえるのかもしれません。

w09

引用元:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/wake/03_exterior.htm

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1

スポンサーリンク


スポンサーリンク