新型アルファードでの車中泊情報!

10

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1

トヨタの新型アルファードでの車中泊はどれだけ快適なのでしょうか?

新型アルファードで車中泊ができるのか、あると便利なアイテムなどの情報をご紹介します。

スポンサードリンク

アルファードで車中泊、しないともったいない

syatyuhaku_02

引用:http://syatyuuhakualphard.sblo.jp/article/169406498.html

フルフラットにしたアルファード、車内の長さは3,210mmとかなりの長さです。

セカンドシートとサードシート部分だけでもじゅうぶんに足を伸ばして眠ることができます。

普通、車中泊といえば専用マットを敷かないと、とてもじゃないけど快眠できないといいますが

アルファードの場合はちょっと事情が違います。

syatyuhaku_01

引用:http://onlystyle.blog.shinobi.jp/Page/7/

アルファードの室内幅は1,590mmと、子供なら横向けに寝ることもできる大きさです。

写真のようにガッツリと車中泊用のマットを敷かなくても、シートのクッションがいいので、リクライニングしてオットマンを出すだけでもけっこうゆったりと寝られるのがアルファードの特徴だといえるでしょう。

また、3列目シートそのままで、一人が寝て、セカンドシートに2人、助手席に一人と家族4人での車中泊を楽しむ家族もあるようです。

ほとんどのミニバンは2人、がんばって3人が限界なのですが、アルファードの場合はシートアレンジによって4人がゆっくり車中泊できるということなのです。

もちろん、専用マットを敷いての2人旅なら、旅館などを予約して宿泊する必要はまったくないように思います。

syatyuhaku_03

引用:http://clicccar.com/2016/12/14/407620/

スポンサードリンク

車中泊、便利アイテム

ちょっとしたグッズがあると車中泊はより快適になります。

車中泊の達人たちはどんなグッズを使っているのでしょうか。

当たり前にいるものから、ちょっと気になるものをご紹介します。

【アルファード専用ウィンドーバグネット】

夏の車中泊、頭を悩ますのが虫。

締め切ると暑いけど、エンジンをかけっぱなしにするわけにもいきません。

アルファードには専用の「網戸」がありますので、是非、用意しておきたいです。

ウィンドーバグネット2枚セットで10,800円。

syatyuhaku_04

引用:http://syatyuuhakualphard.sblo.jp/category/4322797-1.html

専用設計だけあって、隙間なくぴったりと装着でき、つけたままでもウィンドウを開閉できるのが便利です。

取り付けには工具など必要なく、ワンタッチで簡単に脱着ができます。

置き型 車載用 保冷温庫

冷たいものは冷たく、あったかいものはあったかく、ドリンクホルダー付の保冷庫兼、保温庫です。

飲み物やお菓子はドラッグストアーなど割安なところで買いためて、用意していくといいですね。

3,700円ととてもお手頃価格な保冷温庫は、帰りのお土産を入れておくにも重宝します。

syatyuhaku_05

引用:https://www.amazon.co.jp/dp/B00IFUF066?psc=1

【アルファード専用カーテン】

車中泊で一番気になるのが、人の視線です。

プライバシーを守るためにもカーテンは必需品といってもいいくらいです。

車内の室温を保つ効果もあるので用意しておきたいアイテムです。

しっかりとした素材で厚手の日本製カーテンは16,800円です。

syatyuhaku_06

引用:https://www.amazon.co.jp/

【LEDランタン】

ホワイトガスなどを使わない、LEDランタンは電池寿命が長く、火災予防にもなるので、気軽に使えます。

車内をルームランプのように明るく照らしたり、外へ出る時、足元を照らす懐中電灯の役割をする2WAYランタンがおすすめです。

価格も3,600円と手頃です。

syatyuhaku_07

引用:http://product.rakuten.co.jp/product/-/14a552d2f88673ba1c58c927fbfa79f8/?sc2id

スポンサードリンク

車中泊に安心なRVパーク

RVパークとは、日本RV協会が認定する車中泊施設です。

車中泊には一般的にサービスエリアや道の駅を利用する人が多いですが、本来は車中泊は認められていません。

また、暴走族や不特定多数の人間が出入りすることで、トラブルに巻き込まれる可能性が無きにしも非ずです。

そこで、全国にまだ100ヶ所足らずではありますが、RVパークの利用がとても安全で安心だと最近、注目が集まっています。

将来的には1,000ヶ所ほどの設置を目指しているようですので、今後の展開が楽しみです。

syatyuhaku_08

引用:http://blogs.yahoo.co.jp/solocaravan/36759984.html

料金は無料のところもありますが、1,000円のところが多いようです。

オートキャンプ場よりはるかに安く泊まることができます。

トイレ、電源は24時間使用可能で、有料ゴミ袋を購入すれば、ゴミの処理をしてくれます。

オートキャンプ場と違うのは、場内で調理ができないこと、イスやテーブルの設置は可能です。

RVパークには温泉施設、道の駅、飲食店が加盟していて、温泉につかったり飲食した後、敷地内の駐車場で車中泊することができます。

また「民パーク」というシステムでも加盟店を募集していて、こんなとこで泊まれるの?といった、港町や、農村、名所旧跡でRVパークが増えていっています。

ではRVパークをいくつかご紹介したいと思います。

【RVパークねやフィッシングパーク太公望】

所在地:石川県七尾市能登島閨町ロ42-3

問合せ先:0767-85-2919

料金:無料

syatyuhaku_09

出展:http://www.notojima.org/restaurant/2910.html

めずらしいドッグラン付のRVパーク。

施設にはバーベキューコーナーがあり、焼き肉や新鮮な海の幸をいただくことができます。(要予約)

簡単な釣りの道具も販売されているので、初心者でもフィッシングパーク(無料)で釣りをすることができます。

湾内には天然のイルカが出没することもあるようです。

出展:http://www.notojima.org/restaurant/2910.html

【RVパークみはらしの湯】

所在地:栃木県那須郡那珂川町和見855

問合せ先:0287-92-0125

料金:1,000円

syatyuhaku_10

オールフリーサイトで300坪の広大な敷地が利用できます。

地下53mの井戸水をくみ上げたみはらしの湯は、硫黄のにおいのする温泉です。

ピザ釜、燻製器をいつでも利用することができ、こどものピザ作り体験など、数件の家族で訪れても楽しく過ごせそうです。

夜にはみはらしカフェが居酒屋に変身するなど、遊び心満載のRVパークです。

出展:http://www.nactv.ne.jp/~unazil520/facilities.html

RVパーク道の駅虹の森公園まつの

所在地:愛媛県北宇和郡松野町延野々1510-1

問合せ先:0895-20-5006

料金:1,000円

syatyuhaku_11

道の駅併設ですので、レストラン、物産館があり、地元の旬の素材で作られた料理やお買い物を楽しむことができる施設です。

虹の森公園ではレンタルサイクルをしているので町内の散策や四万十川へのツーリングなど、ゆったりと町を見て回るのも楽しそうです。

また施設内には「おさかな館」があり、四万十川に生息する幻の魚などが展示されています。

その他にもカワウソ、ペンギン、ワニと小さな子供から大人まで飽きることがありません。
⇒ 新型アルファードを値引きから更に50万円安く買う裏ワザ!

スポンサードリンク

新型アルファードでの車中泊情報まとめ

アルファードはオットマンがついていることで、かなりの快適性があり、飛行機でいうところのビジネスクラスくらいのゆったり感が確保されています。

そのためマットなどを入れてオールフラットにしないまでも、そこそこ快眠でき、そのため家族4人でも、ゆったり車中泊が可能ということがわかりました。

syatyuhaku_12

引用:http://www.club-t.com/kaigai/business/kansai.htm?rd=area

それにしても、車中泊は楽しそうですね。

経済的でかつ、自由、気の向くままに遠くまで出かけられそうです。

そして行く先々で、珍しいものや、おいしいものとの出会いがあり、たくさんの思い出ができます。

アルファードなら渋滞しても、車内がゆったりしているので疲れにくいのも、うれしいことです。

車中泊についての情報をご紹介してきましたが、車中泊のの準備ができているということは、万が一の災害時の備えにもなります。

どんどん、アルファードでの車中泊を楽しんでみてください。

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1

スポンサーリンク


スポンサーリンク