ミライース(旧モデル)の試乗レビュー情報!

07_01_02

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1

ダイハツの新型ミライースに試乗した方のレビューはどうなっているでしょうか?。

新型ミライースに試乗した感想などのレビューをご紹介します。

スポンサードリンク

1.新型ミライース 試乗する時のポイント

07_01_03

引用:http://www.daihatsu.co.jp/lineup/mira_e-s/03_exterior.htm

新型ミライースを試乗する際、どこに気を付けるべきなのでしょうか。

これから長い付き合いとなる1台を決めるわけですから、短い試乗時間の中でなるべくたくさんのポイントをチェックしておきたいですよね。

まず、新型ミライースにはエコアイドル機能が備わっていますので、アイドリングストップの動作などは、試乗時にしっかり確認することをお勧めします。

ekoaidoru

引用:http://www.daihatsu.co.jp/lineup/mira_e-s/05_driving.htm

また、平坦な道路のみを試乗するのではなく、可能であれば坂道や舗装の悪い道路なども試乗コースに組み込んでもらいましょう。

アクセルの踏み込み具合や、そこからくるエンジンのうなり音、また、舗装による乗り心地の違いなども試乗時にはチェックしておきたいですね。

実際に駐車場で駐車することも忘れないでください。

車幅感覚や、最小回転半径からくる取り回しの良さを実感することができます。

08_04_R

引用:http://www.daihatsu.co.jp/lineup/mira_e-s/05_driving.htm

エアコンやオーディオの使い勝手なども忘れずにチェックしておきましょう。

04_01_R (1)

引用:http://www.daihatsu.co.jp/lineup/mira_e-s/07_equipment.htm

隣に営業マンが乗っているので、分からないことがあればすぐに聞くことができます。

08_01_L

引用:http://www.daihatsu.co.jp/lineup/mira_e-s/07_equipment.htm

また、何人で乗ることが多いのかを考えてみることも重要です。

もしそれが3人以上で、必然的に後部座席を使用する頻度が高いのであれば、運転するだけではなく、助手席や後部座席に座ってみることも必要です。

01_01 (4)

引用:http://www.daihatsu.co.jp/lineup/mira_e-s/04_interior.htm

ですので、できれば試乗は2人以上で行くのが望ましいですし、もしそれが難しいのであれば、同行する営業マンにも運転してもらって、あなたは助手席や後部座席の座り心地や広さなどを入念にチェックしてみてください。

12_01 (1)

引用:http://www.daihatsu.co.jp/lineup/mira_e-s/04_interior.htm

営業マンに運転させるのって、ちょっと頼みづらい?

いいえ、彼らも仕事ですから二つ返事でOKしてくれます。

低価格がウリの新型ミライースとはいえ、大きな買い物には違いありませんからね、気を遣う必要は一切ありません。

あと、ちょっとマニアックなポイントかもしれませんが、運転姿勢を十分に意識してください。

08_04_L

引用:http://www.daihatsu.co.jp/lineup/mira_e-s/05_driving.htm

試乗車でしかも助手席に営業マンも乗っていると、ディーラーでの試乗に馴れていない方だとついつい焦ってしまい、シートの調整もそこそこにスタートしてしまうこともあるでしょう。

特に、新型ミライースのように小さなクルマだと注意が必要です。

購入後しばらくしてようやく、その人にとっての運転時のベストポジションというのが定まってくると思うのですが、たまにこのベストポジションが定まらずストレスを感じてしまう、なんてことがあるかもしれません。

新型ミライースは、小さいながらも見晴らしのいいフロントウィンドウにより、見た目以上に車内の開放感があり、運転姿勢の細かい調整などあまり意識せずとも気持ちよく走らせることができます。

07_01_01

引用:http://www.daihatsu.co.jp/lineup/mira_e-s/04_interior.htm

ですので、余計に試乗時にはそんなところまで気が回らないかもしれませんが、まずはシート位置をしっかりと定めたうえで、発進するようにしてください。

さらには、雨の日や夜間などにも試乗が出来ればいいですね。

なかなかタイミングが合う日を探すのも難しいかもしれませんが、これから長く付き合う1台を探すわけですから、納得のいくまで試乗してみてください。

スポンサードリンク

2.新型ミライース 試乗の口コミ

ここでは新型ミライースの試乗の口コミを紹介します。

07_01_02 (1)

引用:http://www.daihatsu.co.jp/lineup/mira_e-s/03_exterior.htm

・アイドリングストップがスムース。

・思ったよりは安っぽさが無くて良かった。

・想像していたよりキビキビ走りました。燃費も良かったです。

・燃費以外の期待が高くはなかったので思ったよりは良かった。

・低価格に設定するために快適装備を省いているだろうと想像していましたが、エッセと比べるとかなり上等な設えに感心しました。騒音は新型MOVEとさほど変わりなく、乗り心地もなかなかのものでした。Gグレードに乗ったせいでしょうか。

・室内が意外に広く感じた。

・予想以上にエンジン音が静かで、加速が良かった。60km/h超えても室内は静かで快適。

・デミオのスカイアクティブに乗った後だからだろうか、エンジン音がうるさい…。

・外見からは最近の軽自動車では小型と思っていたが、乗ってみると広さにビックリ。タウンユースとしては後席でも十分以上のスペースを確保。

・足回りがやや硬めな印象を受け、天井が少し低いのでやや圧迫感を感じた。

・坂道はBシフトで走行したらスムーズに登った。エコ運転をしなければ、まあまあの加速をする。

・高速度でも直線は安定して走行できた。低速のコーナーは足が柔らかい。

いかかでしょうか。

実際に乗ってみて初めて分かることも多いため、その人にとっては印象がよくない内容の口コミも散見されますが、おおむね好評価な意見で占められているのが分かりますね。

また、クルマ好きな方の口コミは、もう少し詳しい感想が述べられていました。

外観についてですが、アルトだと明らかに女性向けって感じだけど、こちらは老若男女だれでも乗れるって感じのデザインだと思います。インテリアは安っぽさはありますが、これといった大きな不満は無いです。エンジンについて、実家のインプレッサよりは出だしは良いですが、エアコンを点けると極端にパワーが落ちます。SレンジやBレンジを使うと坂道でもそれなりに登ってくれます。時速100kmまでは安定してますが、それ以上出すと車体が安定しなくなるのでおっかないです。また、乗り心地は固いです。タイヤの空気圧が高いせいもあるかもしれませんが、ちょっとした凹凸や橋の継ぎ目などを走ると結構衝撃がきます。あと、シートが身体をあまりホールドしてくれないので、長距離を走ると疲れます。

低燃費エンジンですが、必要十分!トルクも細いし、アクセルの踏み方も変わるけど、飛ばす車ではないので、問題ありません。一番開発に力がはいっていたのではないでしょうか。街乗りと高速もあまり飛ばさないのなら、これで十分。以前のモデルとくらべフロントの重さを感じないため、フラットで軽快な乗り心地になりました。

01_01 (3)

引用:http://www.daihatsu.co.jp/lineup/mira_e-s/05_driving.htm

高速道路で急な上り坂は要登坂車線。山道、高速ではレンジDもSも燃費大して変わらないが、Sだと幾分まし。でもちょっとした上り坂ですぐに減速を始めるのでアクセルワークに神経がいる(CVTの性能もある)。エンジンとしては荷の重たいトラックを運転している気分。110km/hはそんなに苦じゃない。それ以上は唸るがエンジンとしての実用は平地125km/hまでかな。足は割りとしっかりしている。特に山道ではロールする感は少なく安心してがっつり走れる。足回りの限界は110km/hぐらいから。それ以上だと制動距離長いし揺れるし運転するのがこわい。とにかく制動距離が長い。すぐにABSが効いてずるずるなる。CVTとアイドリングストップは慣れが必要で使いこなせば26km/lぐらいが普通になる。乗り心地は普通。段差の吸収も車内の揺れも普通。

やはり、軽自動車であるがゆえの限界というものが見てとれますが、逆に時速100km程度の走行であれば、至って快適な走行が可能というような意見でもあります。

価格以上の価値を、みなさん感じておられるということでしょうね。

スポンサードリンク

3.新型ミライースと競合車との比較

競合車として、ボディサイズや燃費が近いところではスズキのアルトが挙げられます。

img02

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/alto/styling/

新型ミライースを購入するに当たり、アルトとの比較をされている方もたくさんおられるようですが、走行性能の違いというよりは、やはりトランスミッションの違いに言及されている方が多いようです。

アルトの一部モデルで採用されている5AGS(オートギヤシフト)というトランスミッションでは、走行時のギクシャク感がよく指摘されています。

また、アルトにはスポーツモデルが存在していますので、走行性能の比較でこのモデルと比べると、新型ミライースは分が悪い面もあります。

ただし、その新型ミライースでカーレースに参加されている方もいらっしゃるぐらいですので、ポテンシャルという意味では同等の性能を持っていると言えなくもないかもしれません。

953715_11682

引用:http://minkara.carview.co.jp/userid/668644/car/953715/profile.aspx

⇒ 新型ミライースを値引きから更に50万円安く買う裏ワザ!

スポンサードリンク

4.まとめ

新型ミライースを試乗すると、「低燃費」や「低価格」の売り文句によってそれまで想像していたイメージを、いい意味でひっくり返されると思います。

走行性能しかり、車内空間しかり。

一度走れば価格以上の喜びを感じられるほどの仕上がりになっていることは、数々の口コミでも明らかです。

街中を走る新型ミライースを見かけて、ちょっとでも「いいな」と感じたならば、次は是非ディーラーで試乗してみてください。

その走りや居心地の良さに、きっとさらなる魅力を感じることができるはずです。

07_01_04

引用:http://www.daihatsu.co.jp/lineup/mira_e-s/03_exterior.htm

※なお、口コミは「価格.com」様、「みんカラ」様より引用しました。

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1

スポンサーリンク


スポンサーリンク