おすすめ外車のミニバンを比較!人気ランキング2018

BMW

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1

ミニバンって”箱型”のクルマで、乗ると見晴らしが良くて、”小さなバス”みたいなクルマでしょう??

輸入車にも、ミニバンってあるの?

実は、あるんです。数は少ないのですが、6人以上乗れるミニバン……一挙にドンとご紹介しましょう。


スポンサーリンク

外車ミニバンは数が少ない

6人以上乗れる輸入車のほとんどが”SUV”。3列目シートを完備しているワゴンタイプのクルマは、わずか3車種しかありません。

5位 BMW 2シリーズ グランツアラー

BMWは2シリーズは、コンパクトなクーペから始まったモデル群ですが、1.5L(3気筒)と2Lのガソリン、2Lディーゼルの3系統エンジンを備えたモデル展開をしています。

1

引用:http://kakaku.com/item/K0000779844/images/

全長×全幅×全高(mm):4,565×1,800×1,645
ホイールベース(mm):2,670
最小回転半径(m):5.5

BMWのラインナップでは、インテリアもごく”普通”で、雰囲気を味わいたい人には少々拍子抜けするかもしれません。

ドライビングに関しては、やはり国産車よりも厚みを感じる走りと剛性感は楽しいはず。ですが、後席に乗る人にとってはごく普通のミニバンで、3列目はかなり狭く、エマージェンシー用と割り切るのがいいでしょう。

購入の際は、オプションを付けた金額との比較で選ぶのが最適。393~494万円が車両価格です。

1

引用:http://www.kanepee.jp/wordpress/320d/wp-content/uploads/sites/2/2015/06/グランツアラー2.jpg

引用:http://dealer-blog.bmw.ne.jp/central-bmw_kawaguchi/0530%202GT3列目.JPG

1

引用:https://www.bmw.co.jp/content/dam/bmw/marketJP/bmw_co_jp/pdf/all-models/2/F45F46I_216_JPN.pdf

4位 メルセデス・ベンツ Vクラス

2.1Lターボディーゼルエンジンを搭載する、Vクラス。価格は550~846万円……とアルファード&ヴェルファイアクラスに匹敵します。

メルセデス・ベンツにはおしゃれな外観のミニバンはなく、かつては”商用車”としてラインナップされていました。

安全上キャブオーバー型のクルマが生産できないため、ハイエースやキャラバンのようなワンボックスは、存在していません。

1

引用:https://www.mercedes-benz.co.jp/passengercars/mercedes-benz-cars/models/v-class/v-class-mpv/explore/model-year-update.module.html

全長×全幅×全高(mm):4,905~5,380 ×1,930×1,880
ホイールベース(mm):3,200~3,430
最小回転半径(m):5.6~6.0

メルセデス・ベンツはもともと”ダイムラーAG(株式会社)”の乗用車ブランドで、トラックやバスを製造するメーカーであることから、Vクラスのようなクルマを生産しています。

日本でも”ベンツマーク”のダンプカーが輸入されていますが、商用車分野では豪華な内装は一切ありません。

日本国内でVクラスを使う場合、やはりその大きさがかなり目立つことと、小回りが利かないことを考慮する必要があります。また、ドリンクホルダーなど便利なアイテムはまずなく、日本のミニバンとは違う乗り物と考えたほうがよさそうです。

↓シートを回すことで対面式にもできるキャビン。ただ、こうするにはかなり力が要ります。

1

引用:https://www.mercedes-benz.co.jp/passengercars/mercedes-benz-cars/models/v-class/v-class-mpv/explore/utility.module.html

1

引用:https://www.mercedes-benz.co.jp/passengercars/mercedes-benz-cars/models/v-class/v-class-mpv/explore/utility.module.html#シートアレンジ

欧州では、伝統的に”セダン=高級車”、”ハッチバック=生活に便利な万能車”ですが、ミニバンを普段使いする文化はまだありません。ただ、中国でアルファードが爆発的に売れれば、メルセデスも多様なミニバンを作ることになるでしょう。

1

引用:https://www.mercedes-benz.co.jp/passengercars/mercedes-benz-cars/models/v-class/v-class-mpv/explore/marcopolo.module.html


スポンサーリンク

3位 シトロエン グランドC4 ピカソ

396万円からラインナップされている、シトロエンのグランドピカソ《7人乗り》。ピカソ 5人乗りよりも165mm伸びた全長、40mmアップした全高ですが、ボディ上下でセパレートに塗り分けられたデザインがなかなか似合っています。

1

引用:http://fsv-image.autoc-one.jp/images/1999085/003_o.jpg

全長×全幅×全高(mm):4,605×1,825×1,670
ホイールベース(mm):2,840
最小回転半径(m):5.5

エンジンは2系統。1.6Lのガソリンエンジン(ハイオク)にターボチャージャー付、2.0Lディーゼルエンジンにターボチャージャー付。

パワートレーンはピカソとグランドピカソ、共通ですが見た目は意外に”違って”います。

↓左が5人乗りの”ピカソ”、右が7人乗りの”グランドピカソ”。Aピラーからぐるっとルーフに弧線を描くところが7人乗りの特徴ですが、リヤランプ形状も異なっています。

Aピラーがかなり”寝て”いるので、ミニバン独特の見切りの良さはあまりないでしょう。

1

引用:https://d1uzk9o9cg136f.cloudfront.net/f/16783018/rc/2017/05/29/d663e7d2122693ded16d2fdaf6b8235f450052c0_xlarge.jpg

引用:https://car.watch.impress.co.jp/img/car/docs/671/968/64.jpg

↓内装は以下の通り。2列目と3列目は倒すと完全なフルフラットになります。かなり便利。ロードレース用の自転車も詰めそうですね!

170214_NEW_C4_PICASSO_07

引用:https://221616.com/car-topics/wp-content/uploads/2017/03/170214_NEW_C4_PICASSO_07.jpg


スポンサーリンク

2位 VW ゴルフ シャラン

1

引用:https://www.volkswagen.co.jp/ja/models/sharan.html#item=2&powerLayer=:content/highlights/m152_highlightcontai_1747062321/m158_showroomGalleryTeaser.powerlayer

ドイツメーカーでは、アッパーセグメントのBMW、メルセデス・ベンツ、アウディが消極的なミニバン生産ですが、アダム・オペルとVWが2000年前後から生産発売されています。

特に、オペルはスバルにもOEM供給した”ザフィーラ”が、好評。VWはドイツフォードと共同で”シャラン/ギャラクシー”を生産しています。現在のシャランは2010年発売のモデルで、2世代目です。

現行モデルは1.4Lのインタークーラー付ターボエンジン。ボディは後席ドア2枚がスライドドアなのが便利です。価格は新車価格は364474万円、この辺りは決して安いとは言えないでしょう。

走りは非常によく、特に高速での安定性は特筆。ただ、渋滞の多い市街地ではもっさりするという口コミがあります。あとは、フルフラットの状態をよく確認しておくこと。便利な格納機能などは日本車が圧倒的に上ですから、クルマに惚れる人向けと言えます。

1

引用:https://www.volkswagen.co.jp/ja/models/sharan.html#item=6&powerLayer=:content/highlights/m152_highlightcontai_1218599703/m158_showroomGalleryTeaser.powerlayer

全長×全幅×全高(mm):4,855×1,910×1,730~1,750
ホイールベース(mm):2,920
最小回転半径(m):5.8

スポンサードリンク

1位 VW ゴルフ トゥーラン

1

引用:http://www.webcg.net/mwimgs/e/2/-/img_e26730d226f231302b3f577a79a5b0e866783.jpg

新車価格は284393万円、ミニバンの必須アイテムである”スライドドア”ではない、ゴルフのミニバン風フォルムが特徴です。

1.4Lエンジンとトランスミッションの味付けはVWフリークにはたまらない部分。やはり走り重視の方と、ボックスフォルムではないミニバンが欲しい人にはうってつけのクルマでしょう。

全長は4,535mmですが、全幅は1,830mmとそう小さいわけではありません。また、助手席のリクライニングに難あり…というのも事実。便利機能は圧倒的に日本車のほうが上ですので、VWのインテリアや走ることへの満足感が”勝てば”買っても満足できるでしょう。

ディーゼルエンジンではないので、燃費はそう期待はできません、

全長×全幅×全高(mm):4,535×1,830×1,670
ホイールベース(mm):2,785
最小回転半径(m):5.5

1

引用:https://www.volkswagen.co.jp/ja/models/golftouran.html

日本で購入できるミニバンは少なく、6人以上乗れるのは圧倒的にSUVです。ワンボックスフォルムのクルマがないのは、車を”部屋”と考えることがない、欧州デザイナーの見方。クルマとどう付き合うのか、オプション費用を加味すると車両価格はどこまでアップするか……

日本に入ってくる輸入ミニバンは、それなりに”優秀”なクルマばかり。ぜひ一度試乗することをお勧めします。

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1

スポンサーリンク


スポンサーリンク