新型コペンの燃費情報! 実燃費はどれぐらい?

4

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1

ダイハツの新型コペンの燃費はどうでしょうか?

新型コペンの燃費、実燃費などの情報をご紹介します。

スポンサードリンク

新型コペンのカタログ燃費

04_02_L

引用 https://www.daihatsu.co.jp/lineup/copen/03_exterior.htm

近年日本では、「エコカー」や「ハイブリッドカー」などが流行っています。

燃料の消費効率を良くし、尚且つ近年問題視されている環境破壊についても配慮された車が多く走っています。

ですが、新型コペンと言えば「スポーツカー」なわけで、「スポーツカー」と言えば低燃費などとは縁遠いイメージが未だに色濃いのです。

では、実際新型コペンの燃料消費率は一体如何ほどの物なのか?

まず始めにカタログ数値を見ていきたいと思います。

04_02_R

引用 https://www.daihatsu.co.jp/lineup/copen/03_exterior.htm

◆新型COPEN[全グレード共通]

●エンジン型式:KF水冷直列3気筒DOHC12バルブICターボ ●総排気量 658cc

●最高出力: 64ps(47kW)/6400rpm ●最大トルク:9.4kg・m(92N・m)/3200rpm

[カタログ燃費] CVTモデル:25.2km/L  5MTモデル:22.2km/L

このようになっています。

流石はCVTと言ったところでしょうか、CVTモデルの新型コペンは25.2km/Lを叩き出し、5MTでさえ22.2km/Lを叩き出します。

軽自動車と言うカテゴリーの中で言ってしまえば、極端に特化しているわけではありませんが、「スポーツカー」というカテゴリーで言えば、間違いなくトップクラスの低燃費を叩き出すと言えそうです。

01_02 (1)

引用 https://www.daihatsu.co.jp/lineup/copen/03_exterior.htm

新型コペンのライバル社として挙げられるのが、HONDA「S660」です。

新たに「S」の名を名付けられた軽自動車ですが、流石はHONDAのエンジンで、「S660」も[ハイパワー]と[低燃費]を高次元に実現かつ両立しているのです。

では、新型コペンとS660を比較してみると、どのような違いがあるのかを見ていきたいと思います。

pic_styling_01

引用 http://www.honda.co.jp/S660/webcatalog/styling/design/

◆HONDA S660

●エンジン型式: S07A水冷直列3気筒DOHC12バルブターボ ●総排気量:658㏄

●最高出力:64ps(47kW)/6000rpm ●最大トルク:10.6kg・m(104N・m)/2600rpm

[カタログ燃費] CVTモデル:24.2km/L 6MTモデル:21.2km/L

このようになっています。

最高出力に関しては新型コペンと同等、ですが最大トルクは若干ながらS660が上回ります。

ただし、燃料消費率で言えば、CVTモデルもMTモデルも新型コペンの方が上回っているのです。

どちらも「パワー」に関しても「燃費」に関しても優れた車ですが、コストパフォーマンスで言えば断然新型コペンをお勧めします。

スポンサードリンク

新型コペンの実燃費

07_02_05

引用 https://www.daihatsu.co.jp/lineup/copen/03_exterior.htm

先ほどは、新型コペンのカタログ上の燃料消費率について見ていきました。

しかし、実際購入して走ってみるとカタログ数値とはまた違った燃料消費率を記録するのが、一般的です。

そこで、実際のところはどれくらいの燃料消費率なのか?それを知るために、実際に乗車した方々の口コミを交えて、実燃費の方を考察していきたいと思います。

07_01_01

引用 https://www.daihatsu.co.jp/lineup/copen/04_interior.htm

◆新型コペンモデル[実燃費]

●私がぶん回して乗った時で、リッター16-17km(Robeモデル)

●満タン法にて。ガソリン消費 10.92L 走行距離 238.9km 燃費 21.88L/km(RobeSモデル)

●とても良いです。20キロ前後走ります。あまり激しい運転をしなければですが。(Robeモデル)

●街乗りで15~17、郊外で20~22程度の燃費(ceroモデル)

●都内の運転で14km/Lでした。スポーツカーとして見れば充分だと思います。(ceroSモデル)

●田舎で片道16kmでゆったり走ってリッター20kmをクリアしたのにはびっくり。今までとスタンドで払う金額がちがう。(ceroモデル)

●今、1200Km走行の平均で17.5km/Lです。高速では、もう少し伸びます。(ceroモデル)

01_03

引用 https://www.daihatsu.co.jp/lineup/copen/03_exterior.htm

ここまで新型コペンの実燃費について見ていきました。

CVTモデルの新型コペンの実燃費としては、14~20km/L前後の数値を記録するようで、乗り方や乗る場所にもよるのですが、「スポーツカー」としては間違いなくトップクラスの低燃費を叩き出すのです。

そして、残念ながら口コミではMTモデルの実燃費を確認することはできませんでしたが、どうやらCVTモデルと比較して約10%程燃料消費率の低下が見られるようです。

スポンサードリンク

新型コペンの低燃費の秘密

main01 (1)

引用 https://www.daihatsu.co.jp/lineup/copen/05_driving.htm

近年「エコカー」や「ハイブリッドカー」が増えたことにより、メーカー各々が燃料消費率にかける情熱は半端な物ではありません。

それぞれメーカーが様々な新システムなどを確立して行っているのです。

そこで、新型コペンの販売元である「ダイハツ」では一体どのような取り組みを行っているのか?

まず大きいのがエンジンの軽量化及び高性能化で、新型コペンには「3気筒DOHCターボエンジン」が搭載されており、これは状況に応じて、吸気バルブの開閉タイミングを変える「DVVT」を採用し、低回転からのトルク特性を向上、尚且つ力強さとスムーズな加速を高次元で実現しているのです。

他にも、外装のパーツ車両の外板を樹脂製とすることにより、車両重量が大きく軽量化されます。

そしてその恩恵は低燃費だけではなく、「DRESS FORMATION」が可能となりました。

これは、左右のドア以外のボンネットやフェンダーなどのパーツ計11点を購入後にも容易に交換できるようになりました。

これにより、後から違うグレードのエクステリアが良かったと思った場合でも、容易に変更することが出来るようになり、ユーザーの趣向に何のブレも無く合わせることが可能となりました。

⇒ 新型コペンを値引きから更に50万円安く買う裏ワザ!

スポンサードリンク

まとめ

07_02_03

引用 https://www.daihatsu.co.jp/lineup/copen/03_exterior.htm

今回は、新型コペンの燃費について見ていきました。

新型コペンは「低燃費」と「ハイパワー」を高次元で確立及び両立した素晴らしい車だと言えることがわかりました。

新車価格もライバル車である「S660」より格安となっており、コストパフォーマンスにも優れています。

家庭などを持ちどうしても「スポーツカー」に乗れないお父さん世代の方や、走る喜びをまだ知らない若者世代の方などに、メインカーとしてもセカンドカーとしてもお勧めできるハイクオリティーな車となっています。

もし自分のアイデンティティーを遺憾無く発揮したいのであれば、新型コペンで間違いありません。

07_01_04

引用 https://www.daihatsu.co.jp/lineup/copen/03_exterior.htm

口コミは「価格.com」から引用しました。

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1

スポンサーリンク


スポンサーリンク