ボルボXC60 サイズ情報!【ボディ、室内、エンジン、タイヤ】

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1

人気が高まっている外車SUVと言えば「ボルボXC60」

ボルボXC60は、ミドルサイズで大きすぎないSUV外車です。

人気SUVの「ボルボXC60」のサイズをチェックしてみました。

ボルボXC60のサイズ

1920px-JAIA18_Volvo_XC60_T5_AWD_Inscription_1引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9C%E3%83%AB%E3%83%9C%E3%83%BBXC60#/media/File:JAIA18_Volvo_XC60_T5_AWD_Inscription_1.jpg

ボルボXC60は、SUV形状のボディをもつスウェーデンの乗用車。

2009年から販売され、現行型のボルボXC60は、2代目のモデルです。

初代のボルボXC60は、2009年-2017年。

2代目は、2017年に発売され現在に続いています。

SUV車のボルボ・XC60は、世界中で評価が高く、ボルボの中でも売れ筋の車です。

Volvo-V426-STE-041-All_m引用:https://www.volvocars.com/jp/cars/new-models/xc60

ボルボは、安全に関して非常に力を入れていて、安全性が高い自動車メーカーと言われるのがボルボです。

車の頑丈さが強みで、衝突した時の衝撃吸収により乗員を守れる作りをもち、衝突安全評価もトップレベル。

安全性と快適性を併せ持ち、XC60はサイズもちょうど良く日本でも人気の車です。

外車のSUV といえば、非常に大きなボディを持つイメージがありますが、 ボルボXC60は、ややコンパクトに収めたミドルサイズのSUV車。

VOLVO_XC60_T5AWD引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9C%E3%83%AB%E3%83%9C%E3%83%BBXC60

<ボルボXC60のボディーサイズ>
全長:4690mm
全幅:1900mm
全高:1660mm
ホイールベース:2,865 mm

SUVタイプのボディ形状で、全長が4690mmとそれほど長くないサイズです。

日本で売れているSUV車のトヨタ・ハリアーが、全長:4,725mm x 全幅:1,835mm x 全高:1,690mm。

ハリアーと比較しても、ボルボ・XC60は、やや横幅が広くなっていますが、それほど大きなSUV車ではありません。

ボルボXC60の兄弟車のサイズ

ボルボ・XC60には、兄弟車があります。

ボルボのSUVモデル・XC系では、ボディサイズに合わせて3つのモデルがあります。
・コンパクトSUV XC40
・ミドルサイズSUV XC60
・ビッグサイズSUV XC90

ボルボ・XCは、サイズに合わせて車を選ぶことができます。

<ボルボ・XC90>

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9C%E3%83%AB%E3%83%9C%E3%83%BBXC90#/media/File:WMC_P_JAIA17_Volvo_XC90_1.jpg

ボルボ・XC60より大きなサイズを持つのが「ボルボ・XC90」

プレミアムなモデルがXC90。

内装の質感が高く、上質な車で、リムジン仕様”Excellence”もあります。

ボルボXC90は、XC60より大型になり全長は長めです。

<ボルボXC90のサイズ>
全長 4,950 mm
全幅 1,930-1,960 mm
全高 1,760-1,775 mm

全長が5000mm近い大きなサイズのSUV車。

大きなサイズがいい方は、ボルボ・ XC90を選ぶのがいいです。

<ボルボ XC40>

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9C%E3%83%AB%E3%83%9C%E3%83%BBXC40#/media/File:VOLVO_XC40_T5_AWD_R-DESIGN_20180420.png

ボルボの小さなSUVがいいという方は、「ボルボ XC40」があります。

ボルボの小型車SUVとして販売している40シリーズ。

小型車といっても外車の小型車なので、日本でいうコンパクトカーのサイズではありません。

車の全長は4400mmを超えています。

<ボルボ XC40のサイズ>
全長:4,425 mm
全幅:1,875 mm
全高:1,660 mm
ホイールベース:2,700mm

日本の道を走りやすいのは、ボルボ XC40の小さめのボディサイズ。

ボルボには XC60以外に、XC40とXC90の3つのSUV車がありますが、車の大きさと走りやすさのバランスが取れたサイズを持つSUV車が「ボルボ XC60」です。

使い勝手が良く、人気の高い「ボルボXC60」のエンジンや車内サイズをチェックしていきます。

ボルボXC60のエンジンサイズ

ボルボ・XC60のエンジンは、どのようなエンジンが搭載されているのでしょう?

ボルボ・XC60のエンジンのサイズや馬力をチェックしていきます。

<ボルボ XC60のエンジン>
・Drive-E2.0Lクリーンディーゼルターボエンジン(D4204T)
・Drive-Eガソリンターボエンジン(B420)

全モデル、コンパクトに設計された2.0L直4エンジン搭載。

2.0L+モーターの「ハイブリッド」の設定もあります。

また、ボルボ XC60には、ガソリン車とターボ車の設定があります。

「T4 AWDモメンタム」
Drive-E 2.0Lディーゼルターボエンジンを搭載。
エンジン最高出力140kW(190ps)、最大トルク400Nm(40.8kgm)
燃費:16.1km/L

「T5 AWDモメンタム」
Drive-Eガソリンターボエンジン(B420)は、2.0Lガソリンターボエンジンを搭載。
エンジン最高出力187kW(254ps)、最大トルク350Nm(35.7kgm)
燃費:12.6km/L

「T6 AWD Rデザイン」
2.0Lスーパーチャージャー&ターボエンジンを搭載。
エンジン最高出力235kW(320ps)、最大トルク400Nm(40.8kgm)
燃費:11.5km/L

「T8 Twin Engine AWD」
プラグインハイブリッドの2.0Lスーパーチャージャー&ターボエンジン搭載。
エンジン最高出力233kW(318ps)、最大トルク400Nm(40.8kgm)
燃費:15.7km/L

ボルボXC60のエンジンは、コンパクトな2.0Lエンジンを搭載しています。

ディーゼル車は、140kW(190ps)とパワーは高くないですが、ディーゼル車の特徴のトルクは、最大400Nm(40.8kgm)と高めです。

エンジンは、2リッターサイズのエンジンが2種類(ガソリン/ディーゼル)

XC60 D4 AWD Momentum
< Drive-Eディーゼルエンジン搭載車 >
車両本体価格:¥6,290,000

XC60 T5 AWD Momentum
< Drive-Eガソリンエンジン搭載車 >
車両本体価格:¥5,990,000

同じグレードでガソリンとディーゼルの車両価格差は約30万円。

車両の価格差は大きくないため、ユーザーの好みで、「ディーゼル」か「ガソリン」かを選ぶことができます。

エンジン音は、ディーゼル車がガソリン車に比べるとノイズっぽいので、エンジン音が気になる方は、ガソリン車の方がいいかもしれません。

トルクや燃費を重視するなら、ディーゼル車がいいです。

ボルボXC60のタイヤサイズ

ボルボXC60は、グレードによりタイヤサイズが異なります。

XC60の「D4 AWD Momentum」、「T5 AWD Inscription」は、18インチと19インチがあります。

<D4 AWD Momentum、T5 AWD Inscriptionのタイヤサイズ>
・18インチ:235/60R18
・19インチ:235/55R19

ボルボXC60の上級グレードでは、20インチ以上のサイズを装着しています。

<T8 Twin Engine AWD Inscription>
タイヤサイズ:255/45R20

<T6 AWD R-Design>
タイヤサイズ:255/40R2

純正でも20インチを超えるタイヤを装着している車は少なめで珍しいです。

ボルボXC60は、ボディサイズが大きめですが、20インチを超えるとホイールの存在感が大きく、車が引き締まった感じに見えます。

大きなホイールは、車の迫力がさらに増すので、外観を重視したい方におすすめ。

純正では、「T6 AWD R-Design」や「T8 Twin Engine AWD Inscription」が20インチ以上を装着していますが、他のグレードの場合は、カスタムしてインチアップをする方法もあります。

市販品のホイールもあるため、好きなデザインを選んで大きなタイヤ、ホイールを装着することも可能。

注意点として、タイヤは消耗品で減ってきたら交換が必要なパーツです。

大きなサイズのタイヤは、タイヤの金額が高めなので、タイヤ交換時のコストに注意が必要。

また、乗り心地を優先するなら、18インチの方が柔らかめの乗り心地になります。

ボルボXC60を、個性的な車に仕上げたい方は、大きなサイズを装着してみるのもいいかもしれません。

ボルボXC60の車内サイズ


引用:https://www.volvocars.com/jp/cars/new-models/xc60/expressions

ボルボXC60の外観デザインはシャープな感じ。

四角い感じがするSUVではなく、乗用車のような感覚です。

スウェーデン車ということもあり、外観デザインも洗練されているため 見た目はゴツゴツしていません。

かっこいい外観を持つボルボXC60の車内はどうなのでしょう。

車内のサイズをチェックしてみます。

ただ、ボルボ XC60 の車内サイズは国産車のように、室内長、室内幅、室内高のカタログ表記されておりません。

室内長、室内幅、室内高が分からないため、具体的な数字は把握できませんが、ボディサイズは大きく、車内も広めの印象です。

ボルボ XC60のボディサイズは、全長:4690mm、全幅:1900mm、全高:1660mmと幅が非常に大きいのが特徴。

引用:https://www.volvocars.com/jp/cars/new-models/xc60/expressions

特に、全幅に関しては国産車とは大きく違い、非常にワイド。

車内の幅に関しては、見た目の幅(全幅:1900mm)ほど横幅は広くないです。

車に乗ってみると、サイドパネルなどが分厚く、見た目の外観に比べ、車内の横幅は狭い気がします。

おそらく、安全性を重視した作りになっているため、ボディ周りは厚みが持たせてある可能性が高く、見た目より車内が狭く感じるのかもしれません。

見た目ほど大きくないですが、ボルボは安全性の高い車なので、 安全性を重視しているのではないでしょうか。

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9C%E3%83%AB%E3%83%9C%E3%83%BBXC60#/media/File:VOLVO_XC60_T5AWD_db.jpg

車内サイズは、それほど広いという感じではなりませんが、ゆったり乗れる車です。

SUV形状で床が高いため、 積載量は意外に少なめですが、リアの荷室を倒すとフラットになります。

車中泊も可能なサイズで、ロングドライブに出かけて、車内で休憩も可能。

ボルボ XC60は、足回りもシャキシャキした感じではないので、ゆったりと乗れて快適な走りを楽しめ、欧州車の上質な乗り心地を味わえます 。

また、インテリアは非常にセンスが良く優れています。

上級グレードのボルボ XC90のインテリアを受け継いでいるため、高級感がある車内になっています。

シートの座り心地も良く、高級ソファーに座っている感じ。

シートだけではなく、車内パーツの手触り・質感、細部の作り込みなど心地よい車です。

1920px-JAIA18_Volvo_XC60_T5_AWD_Inscription_2引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9C%E3%83%AB%E3%83%9C%E3%83%BBXC60#/media/File:JAIA18_Volvo_XC60_T5_AWD_Inscription_2.jpg

ボルボXC60のサイズまとめ

今回は、ボルボXC60の「サイズ」をチェックしてみました。

ボルボ XC系には、3つのモデルがあります。
・コンパクトSUV XC40
・ミドルサイズSUV XC60
・ビッグサイズSUV XC90

中でも、ミドルサイズでちょうどいいサイズが「ボルボXC60」

ミドルサイズSUVなので、全長も長く、車内も広いスペースが確保できる車。

シートを倒して、荷室のスペースも使えるので、車内スペースを確保することも可能。

ボルボXC60のエンジンは、コンパクトな2.0Lエンジンを搭載していますが、ターボ車でパワーがあり、走りも楽しめます。

エンジンパワーは、187kW(254ps)と加速や高速道路の走行も快適に楽しめる車。

国産車のSUVと比較しても、サイズの差がそれほどないため、日本の道でも走りやすく、街中でも扱いやすいSUVになっていると言えます。

ただ、横幅は1900mmと幅があるので、街中の細めの道は注意してくださいね。

北欧デザインの車でかっこよくて、安全評価も高い車がボルボ・XC60。

ボルボ・XC60の走りも楽しんでください。

この記事を書いた人

モツ
スーパーカーブーム、サーキットの狼で自動車好きになってしまった男です。

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど
悩みが尽きない…

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1