ルーミー 内装情報!【室内の広さ、収納機能、快適装備 等】

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1

コンパクトなBOXタイプである『ROOMY(ルーミー)』

子会社であるダイハツからOEM供給を受け、TOYOTAが自社ブランドとして販売するトールワゴン自動車である。

TOYOPET店、及びネッツ店からもデザイン違いの姉妹車『タンク』として販売されるこのクルマは、一体どんなクルマなのか?

今回は、ROOMYのエクステリアやインテリア、そして装備等について紹介していこう。

引用:https://toyota.jp/roomy/exterior/?padid=ag341_from_roomy_top_exterior

『TOYOTA ROOMY』ってどんなクルマ?

引用:https://toyota.jp/roomy/exterior/?padid=ag341_from_roomy_top_exterior

先述でも述べた様に、ルーミーはダイハツ工業にて製造・販売される『トール』をベースに、TOYOTAが自社ブランドとして販売を開始したコンパクトカーである。

『Living(リビング)』と『Driving(ドライビング)』を掛け合わせた『1LD-CAR(ワン・エル・ディー・カー)』をコンセプト&キャッチフレーズとし。

過去のTOYOTAのラインナップの中にあった、『bB』の実質的な後継モデルとなるのがこのルーミーだ。

ライバルとなるクルマは、そのスタイルやエンジンなどのパッケージングからしても、SIZUKIの『ソリオ&ソリオバンディット』である事は想像に難しく無いだろう。

尚、TOYOPET店とネッツ店から販売される姉妹車『タンク』

他に、同じくダイハツ工業より『トール』のOEMを受け、自社ブランドのカーラインナップに加えて販売されている、SUBARU(旧・富士重工)の『JUSTY(ジャスティ)』)である。

『ROOMY(ルーミー)』の内装について

引用:https://toyota.jp/roomy/interior/?padid=ag341_from_roomy_top_interior

・室内空間

『1LD-CAR』のコンセプトの通り、ルーミーの内装はシンプルながら広い空間が確保されたインテリアとなっている。

室内長:2.180mm

室内高:1.355mm

といった空間スペースが確保され、5人乗っても余裕のある空間と、シートアレンジで普段の買い物からレジャー、そしてオールシーズンのスポーツまでフレキシブルに対応することが出来る。

また、というスペースも確保されており、重い荷物や、ある程度の幅広い荷物も楽に積み降ろしなどが可能となっている。

バックドア開口部:1.077mm

荷室フロア高:527mm

引用:https://toyota.jp/roomy/interior/space/?padid=ag341_from_roomy_in_space01#

リアシートは左右別々にスライドが可能な、6:4分割可倒式リアシートを採用しており、最大240mmを前後に動かすことが可能。

乗車人数、及び様々な荷物の大きさに対応し、幅広い使用方法が可能となっている。

リアシート自体のリクライニングは70度まで可能だ。

フロントシートを倒し、後席をリクライニングさせる事によって、広大なスペースを確保するフルフラットモードにする事が出来る。

そしてリアシートを前方にダイブイン格納をさせると、脚立や物干し、カーペットなど丈の長いものを積載する事が可能。

他に、自転車やサーフボード、ゴルフバッグなどスポーツ用品やキャンプ用具などアウトドアアイテムを収納する事も可能。

また、多機能デッキボード(防汚シート付)も備え付けられており。

デッキボードを跳ね上げ、フックをヘッドレストに固定する事により、室内高いっぱいまでの高さのある荷物を積載する事も可能だ。

リアシートをダイブインさせ、ボード表面にある防汚シートを展開する事により、室内の汚れを防ぎつつ荷物を積み込む事が出来るのが嬉しい。

ボード通常時

引用:https://toyota.jp/roomy/interior/space/?padid=ag341_from_roomy_in_space01#

ボード跳ね上げ時

引用:https://toyota.jp/roomy/interior/space/?padid=ag341_from_roomy_in_space01#

自転車を積むことも可能

引用:https://toyota.jp/roomy/interior/space/?padid=ag341_from_roomy_in_space01#

リアのドアは両側がスライドドアとなっており。

X”S”とXは助手席側のみ、それ以外のグレードでは両側がパワースライドドア(ワンタッチオープン・予約ロック・挟み込み防止機能付き)となっている。

ドアが閉まる途中、手持ちの電子カードキーロックボタンを押すと、事前にロックの予約が可能となっている。

ドアが閉まった後、自動的に施錠されるという仕組みだ。

また、ドアノブに付いているボタンを押す事で開閉がワンタッチで可能となっており、両手いっぱいの荷物を抱えての乗車も、楽に行なう事が出来る。

『挟み込み防止機能』、及び室内から誤ってドアを開けるのを防ぐ『チャイルドプロテクター』を搭載し、安全面も確保されている。

フロントのシートは、運転席と助手席との間にスペースが設けられている。

前後席間の縦移動・横移動といった、車内での行き来がスムーズになるスペースとなっており、便利だ。

・多くの収納機能

ルーミーには、多くの収納機能が備え付けられている。

  • 助手席オープントレイ
  • 回転式カップホルダー(運転席・助手席)
  • 買い物フック(助手席・デッキサイド左右)
  • 助手席グローブボックス
  • フロントドアポケット&ボトルホルダー(運転席・助手席)
  • センターフロアトレイ
  • センタークラスターポケット
  • 脱着式大型センターダストボックス
  • フロントドアプルハンドルポケット(運転席・助手席)
  • シートバックテーブル(買い物フック&ドリンクホルダー2個付き)(運転席・助手席)※全車にメーカーパッケージオプション
  • 助手席シートバックポケット
  • トレイ式デッキサイドトリムポケット(ボトルホルダー付き)
  • デッキサイドランプ(※デッキサイドランプはカスタムG-T、カスタムGは左右に、その他のグレードは左側に標準装備)
  • 助手席シートアンダートレイ(X”S”、Xにメーカーオプションまたはメーカーパッケージオプション。その他のグレードに標準装備)
  • デッキボックス

その他の快適装備

・格納式リヤドアサンシェード

引用:https://toyota.jp/roomy/interior/comfort/?padid=ag341_from_roomy_in_comfort03

後席で休憩の際に、展開する事によって日射しのまぶしさを軽減。使わない時はトリム内に格納する事も可能。

・運転席・助手席シートヒーター

引用:https://toyota.jp/roomy/interior/comfort/?padid=ag341_from_roomy_in_comfort03

座面、及び背もたれをすばやく温めるシートヒーターを内蔵。

身体を直接温める事が可能となっている。

※全車にメーカーパッケージオプション

エクステリアデザイン

引用:https://toyota.jp/roomy/exterior/?padid=ag341_from_roomy_top_exterior

ルーミーのエクステリアは、シャープで精悍なフロントマスク。

そしてトールワゴンらしいフォルムと、そして快適な両側スライドドアというパッケージングとなっている。

ボディカラーも豊富で、

□ブリリアントカッパークリスタルマイカ(T33)

□レーザーブルークリスタルシャイン(B82)

□マゼンダベリーマイカメタリック(R72)

□ファイアークォーツレッドメタリック(R67)

□ファインブルーマイカメタリック(B67)

□プラムブラウンクリスタルマイカ(R59)

□ブラックマイカメタリック(X07)

□ブライトシルバーメタリック(S28)

□パールホワイトⅢ(W24)

以下ツートンカラー

□ブラックマイカメタリック(X07)×ブリリアントカッパークリスタルマイカ(T33)〔XG2〕

□ブラックマイカメタリックカラー(X07)×レーザーブルークリスタルシャイン(B82)〔XG3〕

□ブラックマイカメタリック(X07)×マゼンダベリーマイカメタリック(R72)〔XE2〕

□ブラックマイカメタリック(X07)×ファイアークォーツレッドメタリック

2)(R67)〔X96〕

□ブラックマイカ(X07)×パールホワイトⅢ(W24)〔X99〕

というボディカラーラインナップとなっている。

シンプルな単色も良いが、筆者のおすすめはやはり、ルーフがブラックマイカのツートーンカラーである。

まとめ

引用:https://toyota.jp/roomy/exterior/?padid=ag341_from_roomy_top_exterior

『2代目bB(ブーン)』の失敗を踏まえ、新たなパッケージングで開発されたこのルーミー。

コンパクトなボディながらも、室内の快適性に加え、排気量1.000ccにターボを組み合わせたエンジン。

低燃費を確保しながらも力強い加速を持ち、とても使いやすいトールワゴンとなっている。

この記事を書いた人

モツ
スーパーカーブーム、サーキットの狼で自動車好きになってしまった男です。

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど
悩みが尽きない…

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1