ダイハツ、スズキ、ホンダのおすすめ軽自動車を比較!人気車種を紹介!2019

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1

日本の道路事情に適したサイズで扱いやすい軽自動車

ダイハツ・スズキ・ホンダといったメーカーが軽自動車規格に則した様々な軽自動車を販売しています。

ここではダイハツ・スズキ・ホンダの軽自動車の中からオススメの軽自動車を紹介・比較していきます。

スポンサードリンク

【ダイハツの人気軽自動車をご紹介】

まずはダイハツの人気軽自動車を紹介していきます。

【タント】【タント カスタム】

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/tanto/ https://www.daihatsu.co.jp/lineup/tanto_custom/

ロングスライド助手席を備えることで2代目タントから導入された助手席側大型スライドドアミラクルオープンドア」の使い勝手を向上、運転席側後席ドアもスライドドアになり更に便利になっています。

室内長1365mmを活かして子供の乗り降り室内での着替えなど軽自動車とは思えぬ使い勝手の良さが自慢です。

衝突被害軽減ブレーキスマートアシスト」(現行販売車はスマートアシストⅢ)を一部グレードを除き装備され予防安全性能が向上、内外装の質感使い勝手の良さも加わってダイハツ軽自動車のフラッグシップに相応しい仕上がりとなっています。

エンジンNA・ターボが用意されています。

【ムーヴ】【ムーヴ カスタム】

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/move/ https://www.daihatsu.co.jp/lineup/move_custom/

軽トールワゴンを代表する軽自動車で、標準デザインとスポーティーモデルの【ムーヴ カスタム】がラインナップされており、大人4人が快適に使える室内空間の広さ利便性燃費性能バランス良く満たす軽自動車として劣らぬ人気を誇っており、【タント】よりも軽量で軽快な走りが自慢です。

エンジンは【ムーヴ】【ムーヴ カスタム】共にNA・ターボが用意されています。

タントと同じく衝突被害軽減ブレーキスマートアシスト」(現行販売車はスマートアシストⅢ)を一部グレードを除き装備されています。

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/move_canbus/

ムーヴシリーズの派生車として女性ユーザーのライフスタイルに合わせたデザインと両側スライドドアを備えたムーヴ キャンパスもラインナップされています。

街乗りメインでの利用を想定している車とあってNAエンジンのみの設定となります。

【キャスト】

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/cast/

【キャスト】は「生活を彩る自分仕様の軽自動車」をコンセプトにSUVテイストの【アクティバレトロ調デザインの【スタイル、専用サスペンションを備えたスポーティーグレード【スポーツ3つのバリエーションを揃えた軽自動車で生活スタイルや趣味に合わせた【キャスト】を選ぶ事が出来ます

ベースとなったムーヴと同じく衝突被害軽減ブレーキスマートアシスト」(現行販売車はスマートアシストⅢ)を一部グレードを除き装備されており、【アクティバ】【スタイル】はNA・ターボエンジン、【スポーツ】はターボエンジンが用意されています。

【コペン】

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/copen/

軽自動車初の電動油圧ポンプの開閉式ルーフを備える2シーターオープンカーハードトップオープンカー二つの楽しみ方が出来る車となっており、樹脂外板を活かして初代モデルを彷彿とさせる丸目ヘッドランプのCero、スポーツカーらしいデザインのRobe、タフ&アグレッシブなデザインのXPLAY3つのエクステリアデザインが用意されています。

エンジンターボエンジンのみとなりトランスミッションはCVT・5MTが用意されています。

現行販売中のダイハツ軽自動車としては唯一スマートアシストの設定がありませんがアクセルとブレーキを同時に踏んだ時にブレーキ動作を優先させる「ブレーキオーバーライドシステム」など安全装備が搭載されています。

スポンサードリンク

【スズキの人気軽自動車をご紹介】

次にスズキ人気軽自動車を紹介していきます。

【スペーシア】【スペーシア カスタム】【スペーシア ギア】

引用:https://www.suzuki.co.jp/car/spacia/ https://www.suzuki.co.jp/car/spacia_custom/ https://www.suzuki.co.jp/car/spacia_gear/

軽自動車販売台数No.2と人気の軽自動車【スペーシア】2017年にモデルチェンジして以来、高い人気を維持しSUVテイストの派生車【スペーシア ギア】を2018年末に追加、アクティブに使えるスーパーハイトワゴンとして注目を集めています。

ライバル勢より高い室内高1410mm軽量ボディを誇り、スズキ独自の「マイルドハイブリッド」を装備する事で高い燃費性能とスムーズな発進・加速アシストが自慢です。

標準デザインの【スペーシア】NAエンジンのみ【スペーシア カスタム】【スペーシア ギア】NA・ターボエンジンがラインナップされており全車「マイルドハイブリッド」搭載となります。

衝突被害軽減ブレーキ「デュアルセンサーブレーキサポート」「誤発進抑制機能」が標準装備予防安全性能が高められています。

【ワゴンR】【ワゴンR スティングレー】

引用:https://www.suzuki.co.jp/car/wagonr/ https://www.suzuki.co.jp/car/wagonr_stingray/

【ワゴンR】現在の軽トールワゴンの源流といえる車、「初代【ワゴンR】を現代風にアレンジしたデザインが特徴で全高を高くすることで室内空間を確保し床面を低くすることでワンボックスカーよりも乗降性を向上させた革命的だった初代モデルの流れを引き継いだ扱いやすさが自慢です。

【ワゴンR】には二つのデザインがラインナップされており「FA」「HYBRID FX」グレードには四角いヘッドランプ「HYBRID FZ」横長のスポーティーなヘッドランプが特徴のデザインとなっています。

【ワゴンR スティングレー】迫力のあるフロントフェイスが特徴で【ワゴンR】シリーズ唯一のターボエンジングレードがラインナップされています。

【ワゴンR】「FX」グレードを除き、モーターのみでのクリープ走行に対応した「マイルドハイブリッド」を装備しており高い燃費性能静かな発進・加速アシストが自慢です。

【ハスラー】

引用:https://www.suzuki.co.jp/car/hustler/

【ハスラー】は先代【ワゴンR】をベースに大径タイヤとサスペンション設定により最低地上高180mm(4WD 175mm)として悪路での走破性能を向上させたクロスオーバーSUVです。

個性的なデザイン・豊富なカラーバリエーションなど「遊べる軽」として人気の軽自動車で、広々とした室内空間とSUVらしい走破性能の高さを両立しており、【ジムニー】程の走破性能ではありませんが、無理なく4人乗車出来る軽SUVを求めている方に嬉しい車となっています。

一部グレードと5MT車を除きマイルドハイブリッド「S-エネチャージ」搭載、モーターのみでのクリープ走行には対応しませんが発進時や加速時にモーターアシストを行うことで燃費性能と加速性能を向上させています。

【ジムニー】

引用:https://www.suzuki.co.jp/car/jimny/

現行軽自動車唯一無二のラダーフレーム構造を備える「クロスカントリーSUV」で、FRベースの四輪駆動車として高い悪路走破性能が自慢です。

2018年に約20年ぶりのフルモデルチェンジを行った事で話題となり、『ニューヨーク国際自動車ショー2019』において発表された「ワールド・カー・アワード」で日本車として初めて「ワールドアーバンカー」を受賞しました。

スポンサードリンク

【ホンダの人気軽自動車をご紹介】

ホンダ人気軽自動車を紹介していきます。

【N-BOX】

引用:https://www.honda.co.jp/Nbox/

軽自動車販売台数No.1・国内自動車販売台数No.1大人気軽自動車

燃料タンクを前席の下に搭載するホンダ独自の「センタータンクレイアウト」を採用した低床フロア、「ミニマムエンジンルーム」思想を取り入れた室内長による広大な室内空間高剛性シャシー軽量コンパクトな高性能エンジンを採用した事による高い走行性能を備えています。

人気だった初代に続き、2017年にフルモデルチェンジした2代目でもさらに性能に磨きをかけて、1800mm前後の全高にもかかわらず横風の影響を抑えた高い走行性能を誇り、NAエンジンではホンダ軽自動車初の「VTEC」機構が搭載され燃費性能と動力性能が向上しています。

予防安全装備として安全運転支援システム「Honda SENSING全グレード標準装備、ライバルには無い追従クルーズコントロール「ACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)」に対応しているのが大きな特徴です。

インテリアではライバル車種と同等の使い勝手の「ベンチシート仕様」、最大57cmと大きく前後に動く助手席を備える「スーパースライドシート仕様」、介護から趣味まで幅広く対応するスロープを備える「スロープ仕様」の3種類が用意されています。

【N-WGN】

引用:https://www.honda.co.jp/N-WGN/

Nシリーズのトールワゴン【N-BOX】と【N-ONE】の中間に位置する全高となっており、室内空間と使い勝手も中間に位置し、スペシャリティー要素の強い【N-ONE】よりも価格は抑え目で、【ムーヴ】【ワゴンR】の直接のライバルとなり、日常生活で扱いやすい広々とした室内空間取り回しの良さと燃費性能が自慢です。

標準デザインとカスタムデザイン、スポーティーな「特別仕様車 SS(Suzuka Special)」など豊富なラインナップも特徴です。

【N-ONE】

引用:https://www.honda.co.jp/N-ONE/

車高を抑えてハッチバック風のデザインとしたトールワゴンでホンダ初の市販軽乗用車【N360】をモチーフにした愛嬌のあるエクステリアデザインと狭い道でも軽快に走れる取り回しの良さが特徴で、上質なインテリアなど「プレミアムスモール」として仕上げられています。

愛着を持てるシンプルなデザインの「Standard」、ブラウンカラーを組み合わせた「Select」、上質な仕上がりの「Premium Tourer」、スポーティーな「RS」と4つのスタイルが用意され、「Standard」には標準モデルの1610mmよりもルーフとサスペンションの変更を変更することで全高を抑えて「RS」と同じく全高1545mmとした「LOW DOWN」も用意されており立体駐車場に対応しています。

【S660】

引用:https://www.honda.co.jp/S660/

現行軽自動車で唯一ミッドシップエンジン・リアドライブ(MR)レイアウト2シーターオープンスポーツカー」で、高い旋回性能とMRレイアウトによるトラクション性能を誇り、地を這うゴーカート感覚の走りは正に「スポーツカー」となっています。

Nシリーズのエンジンに新設計のターボチャージャーを組み合わせ、軽自動車初の6MTパドルシフト付CVTが設定されています。

脱着式ソフトトップ「ロールトップ」を外してオープン状態でもシート背後のロールバーが残るタルガトップ風のデザインとなっています。

スポンサードリンク

【各メーカーの人気車種を比較してみた!】

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/tanto_custom/ https://www.honda.co.jp/Nbox/ https://www.suzuki.co.jp/car/spacia_custom/

各メーカーの人気軽自動車の中から人気の「スーパーハイトワゴン」【タント カスタム】【N-BOX】【スペーシア カスタム】を比較していきます。

軽スーパーハイトワゴンの特徴として全長 1750mm以上・室内高1350mm以上・後席両側スライドドアを備えている事で軽自動車規格内で大きな室内空間を実現しており、比較していくとそれぞれに特徴があります。

外観は3車共に「カスタム」らしい精悍なデザインのフロントフェイスとなっていますが【N-BOX】カスタムはフロントグリルの大きさは控え目でフォグランプ周辺のデザインもメッキパーツを少なめにして落ち着いた雰囲気となっています。

次にスペックを比較していきます。

【寸法・重量】

タント
カスタム
N-BOXスペーシア
カスタム
寸法
(mm)
全長3395
全幅1475
全高17501790
1815(4WD)
1785
室内長220022402155
スロープ仕様
室内長
19302060
室内幅13501345
室内高136514001410
車両重量
(kg)
940-1010900-1020880-950

【エンジン】

○最高出力(kW[PS]/rpm)

タントカスタム …
NA:38[52]/6800・ターボ:47[64]/6400

N-BOX
NA:43[58]/7300・ターボ:47[64]/6000

スペーシアカスタム …
NA:38[52]/6500・ターボ:47[64]/6000
モーター: 2.3[3.1]/1000

○最高トルク(N・m[kg・m]/rpm)

タントカスタム 
NA:60[6.1]/5200・ターボ:92[9.4]/3200

N-BOX
NA:65[6.6]/4800・ターボ:104[10.6]/2600

スペーシアカスタム …
NA:60[6.1]/4000・ターボ:98[10.0]3000
モーター:50[5.1]/100

○JC08モード燃費(Km/L)

タントカスタム …
NA:25.8~
28.0・ターボ:24.6~26.0

N-BOX
NA:24.2~27.0・ターボ:23.4~25.6

スペーシアカスタム
NA:26.4~28.2・ターボ:24.0~25.6

実燃費(Km/L)

タントカスタム 
NA: 15~20・ターボ:14~16

N-BOX
NA:16~18・ターボ:15~17

スペーシアカスタム
NA:16~22・ターボ:15~18

寸法を見ていくと3車共に似通った寸法となっていますが、【N-BOX】と【スペーシア カスタム】は全高が【タント カスタム】よりも高くなっており室内高は1400mm程度【タント カスタム】よりも35mm以上高くなっています。

車重では【スペーシア カスタム】が一番重いターボ4WD仕様でも950kgと1t未満に抑えられておりライバルよりも60~70kg軽量となっており軽快な走りと低燃費に貢献しています。

エンジンに目を向けてみると【N-BOX】のNAエンジンが燃費に若干劣りますが最高出力43kW[58PS]/7,300rpmとパワフルなエンジンとなっておりターボエンジンに迫るスペックとなっています。

スペーシア カスタム】にはNA・ターボ共に「マイルドハイブリッド」が装備されておりパワーが必要な発進・加速時に短時間ながらも2.3kW[3.1PS]/1000rpmモーターアシストが得られます。

燃費性能カタログ燃費【N-BOX】のNAエンジンやや劣る値となっていますが実燃費では似通った値となっていて【タント カスタム】が若干劣る程度で、【スペーシア カスタム】軽量ボディとマイルドハイブリッドが合わさって若干燃費が良い場面があるようです。

2017年発売発売年度が新しい【N-BOX】と【スペーシア カスタム】に比べて2013年発売の【タント カスタム】一世代古いクルマとなる事と「ミラクルオープンドア」を備える事で重心が高めになり剛性面でも不利となって走行性能ではライバルよりも劣るのは否めません

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/tanto_custom/

しかしピラーレスの大きな開口部が自慢の「ミラクルオープンドア」は乗り降りに便利お子様連れの方には嬉しい装備となっています。

燃費性能と加速性能では「マイルドハイブリッド」搭載の【スペーシア】【N-BOX】スーパーハイトワゴンとは思えぬコーナリング性能などトータルの走行性能、とそれぞれに美点があります。

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/tanto_custom/

予防安全装備は【タント カスタム】「X」グレードを除き各車共に「セーフティ・サポートカーS〈ワイド〉」「予防安全性能評価 ASV++」の予防安全装備を搭載しており安心なドライブをサポートしてくれます。

中でも【N-BOX】追従クルーズコントロールACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)」とライバルを上回る装備となっており高速道路でのドライバーの負担を軽減してくれます。

引用:https://www.honda.co.jp/Nbox/

他にも【タント カスタム】と【N-BOX カスタム】ではスロープ仕様がラインナップされており、折りたたみ式スロープ電動ウインチで車椅子の乗降に便利に使えます。

【N-BOX Custom G・スロープL ターボ】には電動ウインチなど車いす専用装備は非搭載となります。

電動アシスト自転車バイクなど車輪付重量物の積載も可能など趣味での利用にも使う事が出来、4人乗りの場合には他のグレードと同じように使えるのも魅力的です。

ちなみに【スペーシア】に関しては、標準デザインの【スペーシア】にスロープ仕様が用意されています。

【まとめ】

引用:https://www.honda.co.jp/Nbox/life/seat/

ダイハツ・スズキ・ホンダ3メーカーの人気軽自動車を紹介してきましたがコンパクトな軽自動車規格の中でそれぞれに特徴を出して使い勝手の良いクルマを生み出しており、どれも魅力的なクルマとなっています。

人気No.1の【N-BOX】に注目が集まりがちですが、ライバルである【タント】【スペーシア】それぞれに個性があり、他の人気車種も使用用途に合わせた使い勝手の良さがあります。

オールマイティーに使えるスーパーハイトワゴン、パーソナルユース・タウンユースで扱いやすいハッチバック、両方の中間に位置してバランス良い性能のトールワゴン、走行性能にこだわったスポーツカーと幅広くラインナップされていてどれも魅力的です。

国内専売車である軽自動車規格にも関わらずに、ライフスタイルに合わせた軽自動車が選べるのはとても喜ばしい事で、試乗して乗り比べて自分に合ったクルマを見つけだしましょう

アイキャッチ画像引用URL:
https://www.daihatsu.co.jp/lineup/tanto_custom/
https://www.honda.co.jp/Nbox/
https://www.suzuki.co.jp/car/spacia_custom/

この記事を書いた人

asayan328
岐阜県で自動車整備士をしております。わかりやすく、読みやすい記事をモットーにしています。



下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1