BMW i8 中古価格・ 中古相場・新古車はどのくらいの相場なの?

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1

ドイツBMWが製造販売する「i」シリーズのスポーツカーモデル「i8」の中古相場について今回はレポートします。

BMW i8中古型落ち

BMW「i8」は、2009年に最初のコンセプトカーが発表され、その後2011年に市販に近い形で次のコンセプトカーが発表されました。

それから2年後の2013年9月、市販モデルが正式発表されました。日本では、2013年11月に注文受付が開始されました。納車が開始されたのは、翌年2014年の夏以降となりました。

引用:https://www.bmw.de/de/home.html

この記事を書いているのが2019年5月ですので、最初の納車からは5年が経過していることになります。まだモデルチェンジを行なっていないため、現行型ということになりますが、現状の中古型落ちはどのような分布になっているのか見ていきます。

この車は、グレードがないため、限定車を除いて中古車サイトでは、ベースグレードと記載されています。

引用:https://www.bmw.de/de/home.html

BMW i8は、高級スポーツカージャンルにあたりますので、比較的走行距離が少ない車が多いです。納車最初期のものでも、10,000km走行していない車も多数存在しています。

これは、登録はされているもののディーラーの試乗車として活躍していたものが新古車として中古車市場に出回っているという傾向かもしれません。

なので、型落ちを探すというよりは日本での納車が始まった最初期の車で走行距離の少ないものを選ぶのがオススメです。

5年経過しているとディーラーの新車保証が切れているものがほとんでですので、中古車を購入検討されている場合は、車両価格とは別に保証内容も注意してください。中古車販売店でも保証をつけているところがほとんどなのですが、その保証内容は各販売店で若干違っています。

特に注意していただきたいのは、その部品の保証対象範囲です。細かい文字で書かれていることがほとんどで、保証付といっても、走行距離に無関係なのか、年数の縛りがあるのか、保証部品はどの程度までなのかを注意してみることで、買った後のトラブル回避にもつながります。

よく聞く話では、保証対象外の部品が壊れてしまった場合、保証とは別に部品代が請求されてしまったり、年数縛りは保証対象内だとしても、走行距離が保証対象外の場合などです。

BMW i8は安い買い物ではないですし、外車の場合はアセンブリ交換といって、日本車のように部品だけを取り寄せて交換する方法ではなく一式を交換しなければならないということもあります。

なので、部品の保証はどこまで保証してくれるのか、自社工場なのか提携工場なのか、整備工場は外車のメンテナンスが得意なのかどうかなどもチェックするのがいいでしょう。

あとは型落ちを探す場合、色も左右されます。個人的な好みの色があると思いますが、中古車市場では流通によってその車の価格は左右されますので、人気の色なのか、あまり人気のない色なのかによって、値段が変わってきます。

引用:https://www.bmw.de/de/home.html

新車の場合は、色によって値段が変わることはないのですが、中古車の購入時や売却時に影響する部分なので、中古車を探す場合はそのあたりも念頭に置いておくといいかもしれません。黒や白は年数が経ってもその価値に影響を与えることは少ないのですが、色のついたものは、塗装状態によっても値段が変わってきます。

また、中古のBMW i8が保管されている状況もあります。ディーラーで保管されていた車であれば屋根付きの室内保管がほとんどだと思いますし、この車を購入された方は野外での保管はあまりされていないだろうと予測されるため、保存状態はいいと思いますが、色のついた車は保管場所によって塗装の状態が変わってきますので覚えておくと良いかもしれません。

引用:https://commons.wikimedia.org/wiki/Category:BMW_i8#/media/File:BMW_at_IAA_2017_(04).jpg

外車の塗装は日本車に比べて塗装の技術が高いのですが、黄色や青、赤などの色は年数が経つと太陽光などで色が変化してしまいます。

BMW i8に限らず、中古車型落ちを探す場合は、初年度登録年、走行距離、色、保証内容、メンテナンス記録などをチェックして、その上で予算との兼ね合いで選びましょう。

引用:https://commons.wikimedia.org/wiki/Category:BMW_i8#/media/File:BMW_i_Paris_04_2016_5574.JPG

BMW i8中古相場

では、BMW i8の中古相場を見ていきましょう。
大手の中古車販売サイトでチェックしてみると、掲載されている車両は大体50台未満です。それほど流通している車種ではないため、妥当な数字かと思います。

引用:https://www.bmw.de/de/home.html

とある大手の中古車情報サイトを見てみると、5月10日時点で、30台が掲載されています。まずは価格と相場の関係を見ていきます。年式はここでは触れません。価格で最も多く掲載されているのは、1,100万未満の車です。30台のうち16台がこの価格帯にありますので、半数以上は、新車販売価格の半値ほどになって流通していることが分かります。

続いて、多いのが、1,200万を超えているものです。こちらが9台なので、全体の約3分の1ということになります。

では次に、走行距離と価格の相関について見ていきます。全体的にばらつきがあるのですが一番多いのは、3,000km未満の車が9台で全体の3分の1を占めています。

ただ、走行距離が最も多いものでも、40,000kmを超えている車両はないので、全体的に走行距離は少ないと言えます。

そして走行距離が20,000キロを超えていても車両価格1,400万円を超えているi8もあれば、走行距離が3,000kmを下回っていても、車両価格1,100万を切っているi8も存在しているため、この車については走行距離が値段とはそこまで重要ではないということが予想されます。

ここまできたら、じゃあ車両価格を決めているのは何か? ということになりますが、一番の要因は、コンプリートカーの存在です。BMW i8は、そのデザイン性からコンプリートカーを製作していたり、カスタムパーツを作っている会社があり、その中古車両が流通していて、その車は純正のメーカー純正の車両に比べると高めの設定になっているのが分かります。

1例を出すと、エナジーモータースポーツがカスタムコンプリートしているi8は、年式が2015年で4年落ちの車で、走行距離は10,000kmですが、車両価格は2,000万円を超えています。新車価格が2,000万を切っていることから、新車価格を超えている中古車両ということになります。

逆に、2017年で2年落ちの車両で走行距離が7,000kmの車両で、車両価格が1,069万というものもあります。こちらはワンオーナーと記載されているので、新古車でもコンプリートカーでもなく純粋に中古車ということになります。

引用:https://www.bmw-i.jp/BMW-i8/Design/

まとめると、車両本体最低価格は、898万円から2,200万円と幅広く、年式や走行距離も価格に反映されていますが、それよりも値段を決定づけているのが、カスタムコンプリートなのか、市販モデルなのかの違いということになります。

BMW i8新古車

新古車とは登録済未使用車のことですが、一般的には、ディーラーがメーカーから購入し登録してナンバーを取得しているもので、試乗車として使用されていたものが中古車市場に流れているものを指しています。

なので、一度購入されたということではありませんが、新車ではないので新車の利益が抜かれ値段は安くなります。

中古車でワンオーナーと書かれているものは、新古車ではなく購入されたオーナーが1人であるとい意味です。

ワンオーナーと書かれていないものは、複数のオーナーによって乗り継がれた車両です。そして新古車には、登録済未使用車、もしくは試乗車、ディーラーデモカーという表示があるので分かりやすいと思います。

引用:https://www.bmw-i.jp/BMW-i8/Design/

新古車は新車で購入するより安く購入できる上、ディーラーにて登録されているため、整備状況も分かりやすいという特徴があります。

走行距離が極端に少なく、4年落ちで新古車が存在していればかなりお得な買い物になるかもしれません。

ただ以前中古車販売店で働いていた時に、気になったことがあります。注意が必要な点は、試乗車だからいいのかというと違うということです。いろいろな人がいろんな乗り方をしている車なので、登録済み未使用車で5,000kmほど走行している車は、ワンオーナーで5,000km走行している車とは違っていることが多いです。ワンオーナーより新古車が状態がいい、と決めてかからないように注意してください。

引用:https://www.bmw-i.jp/BMW-i8/Design/

アイキャッチ画像URL:https://www.bmw.de/de/home.html

この記事を書いた人

ぜろよん
竜郷町在住、毎日エメラルドブルーの海を眺めながらくらしています。

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど
悩みが尽きない…

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1