BMW i8改造・カスタム・ エアロパーツについて

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1

今回は、ドイツBMWが製造販売する「i」シリーズのスポーツカーモデル「i8」のカスタム仕様と、カスタムパーツについてお伝えします。

カスタムメーカーが作るコンプリートカーでおすすめのモデルなどをレポートします。

BMW i8 改造パーツ マフラー

BMW「i8」は、2009年に最初のコンセプトカーが発表され、その後2011年に市販に近い形で次のコンセプトカーが発表されました。

引用:https://www.bmw.de/de/home.html

それから2年後の2013年9月、市販モデルが正式発表され、日本では、2013年11月に注文受付が開始されました。納車が開始されたのは、翌年2014年の夏以降となりました。

BMWが製造販売するシリーズは、アルファベットと数字によってカテゴリとランクが分かれているのが特徴です。例えば、単純に数字の場合は、数字が上がっていくほどに、格が上がっていきます。いわゆる高級車というものです。

BMW i8は、「i」シリーズと呼ばれるカテゴリで、PHVのシリーズとなります。3と8の2種類が存在していますが、PHVとは、プラグインハイブリッドのことで、電気自動車とガソリンエンジン搭載車が融合したものです。

引用:https://commons.wikimedia.org/wiki/Category:BMW_i8#/media/File:2013_IAA_DSC01682_DxO_(9877950783).jpg

そんなPHVシステムを搭載した車種として、「i3」と「i8」を作っているBMWですが、「i3」はコンパクトカーで、「i8」はスポーツカーです。

PHVなので、半分は電気自動車なのですが、エンジンは3気筒のターボエンジンを搭載しているので、カスタムパーツも作られています。

その中で、まずはi8のカスタムパーツを販売しているメーカーについてお伝えします。

現在、カスタムを行なっているメーカーの1つ目は、ドイツにある「ACシュニッツァー」です。ドイツの警察車両として導入されたi8もこのメーカーがカスタムを行なっています。

そして2社目は、日本にある「ガレージ・エブリン」です。このメーカーはBMWのカスタムを行なっていることで有名で、BMWのことをよく知っているメーカーが作るコンプリートカーは、i8にも存在しています。大阪にあるショップで、創業したのは1995年。

「ENERGY MOTOR SPORT」というブランドを立ち上げており、中古車市場にもこのブランドが作り上げたi8のコンプリートカーが掲載されています。

さらに、「ガレージ・エブリン」は、カスタムを専門で行なっているわけではなく、西日本では最大のBMW正規ディーラー車専門店でもあります。

なので、車の構造を知っている上に、修理や整備も行なっているところが強みです。

さて、そのガレージ・エブリンの「ENERGY MOTOR SPORT」ブランドのE-shopを見てみると、i8のマフラーや改造パーツが売られています。

マフラーは、税別で378,000円のステンレスマフラーです。

この他、横浜に本社を構える、株式会社STUDIEもBMWのカスタムパーツを販売しているメーカーで、他にもi8のカスタムパーツを販売しているメーカーがありますが、これは1社目でご紹介したドイツの「ACシュニッツァー」のコンプリートカーを販売しているようです。

BMW i8 カスタム仕様 カスタム内装

続いて、カスタム仕様の中で、内装について見ていきたいと思います。

前述の、BMW正規ディーラーでありカスタムパーツを販売している「ガレージ・エブリン」ですが、インテリアのカスタムパーツはオンラインショップには販売していませんでした。
しかし、正規ディーラー販売店である上に、仕入れから販売まで自社で行なっているということから、オーナーが希望を言えばそれに沿ったコンプリートカーを製作していますので、内装についても相談するのも手かもしれません。

ここでは、BMWのカスタム内装をご紹介します。BMWのディーラーオプションで、インテリアの雰囲気を変える選べる二つのプランのご紹介です。

引用:https://www.bmw.de/de/home.html

1つ目はCARPOというインテリア・デザインです。
・フル・レザー・シート
・ブラック・セレミック・セレクター・レバー
・ブラック・レザー・パイピング
・BMW iブルー・ステッチ入りフロアマット

そして2つめのデザインは、HALO。
・エクスクルーシブ・ナチュラル・レザー
・クロス・アクセントシート
・アンドラジット・ルーフ・ライニング
・BMW iブルーシートベルト

もともとのi8のデザインがカスタム仕様のインテリアのようにかなりデザインが特化していますが、内装のイメージを変えたいということでしたら、正規ディーラーのオプションを選ぶことをおすすめします。

BMW i8 エアロパーツ インチアップやホイールは?

最後に、エアロパーツやインチアップなおの外装のカスタムパーツをご紹介していきます。

ここでも、「ガレージ・エブリン」の「ENERGY MOTOR SPORT」ブランドの商品をご紹介していきます。まずは外装のパーツから見ていきます。

コンプリートキットをスタンダードエディションとカーボンエディションの2種取り揃えています。

「EVOi8ボディキット スタンダードED」の価格は、
税別で1,080,000円です。
含まれるパーツは下記の通りです。

引用:https://www.ems-shop.jp/body-kit/i8/

※フロントバンパーキット(FRP)
※オーバーフェンダーキット前後左右(FRP)
※リアフリッパーキット左右(FRP)
※リアウイング左右(FRP)
※デザインミラーカバー(FRP)

そして、カーボン仕様は、価格が税別で、1,580,000円です。

上記は素材がFRPですが、カーボンエディションは素材がカーボンとなります。FRPは繊維強化プラスチックで、一般にカーボンといわれているものはその中のCFRP(炭素繊維強化プラスチック)です。この違いは、炭素ですが、カーボンにもウェットとドライが存在していて強度も全然違っているので、ここでは違いだけにとどめたいと思います。

全てを統一させてカスタム車両を完成させるなら、このボディーキットが一番いいでしょう。

ですが予算などの関係からそれぞれ少しずつカスタムしたいという方向けに、個々での販売も行なっています。

個別で購入する場合の値段は下記の通りです。(全て税別)

※フロントバンパーキット
カーボン 480,000円
FRP 380,000円

引用:https://www.ems-shop.jp/body-kit/i8/

※オーバーフェンダーキット前後左右
カーボン 480,000円
FRP 380,000円

引用:https://www.ems-shop.jp/body-kit/i8/

※リアフリッパーキット左右
カーボン 260,000円
FRP 180,000円

引用:https://www.ems-shop.jp/body-kit/i8/

※リアウイング左右
カーボン 280,000円
FRP 180,000円

引用:https://www.ems-shop.jp/body-kit/i8/

※デザインミラーカバー
カーボン 120,000円
FRP 60,000円

引用:https://www.ems-shop.jp/body-kit/i8/

続いて、インチアップとホイールについてお伝えします。
適合するタイヤサイズは下記の通りです。

最小タイヤサイズ: 195/50ZR20(幅/扁平率/径)

最大タイヤサイズ: 245/40ZR20 (幅/扁平率/径)
215/45ZR20 95W 
245/40ZR20 99W 
7.5Jx20 ET40
8.5Jx20 ET50

径:: 20.0” – 20.0”

幅(mm): 195 – 245

タイヤ扁平率(%): 40 – 50

P.C.D.は、 5×112です。P.C.D.は、ナット座ピッチ直径(ナットざピッチちょっけい)と呼ばれているもので、車のホイールを固定する全てのハブボルトの中心を通る仮想円の直径(ピッチ円直径)のことです。車のホイールを交換してインチアップするときにはとても重要で、これが合わないとせっかく買ったホイールが装着できないという状況にもなります。

リムは 幅(インチ): 7- 8.5、オフセット(mm): 40.ー50です。

引用:https://www.tokyo-subaru.co.jp/service/onepoint/service1210.html

アイキャッチ画像URL:https://www.ems-shop.jp/body-kit/i8/

この記事を書いた人

ぜろよん
竜郷町在住、毎日エメラルドブルーの海を眺めながらくらしています。

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど
悩みが尽きない…

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1