カローラスポーツの口コミ 評価や評判はどうなってる?実際に乗ってみた感想は?

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1

クラウンと並んでトヨタの看板モデルであるカローラですが、久しぶりにハッチバックが新型として登場しました。

このクラスはインプレッサやアクセラ、ゴルフなど強力なライバル達がいる中でカローラスポーツは存在感を出せるのでしょうか?

ネットで見た口コミから、どのような評価になっているのか紹介します。

実際に乗ってみた私の感想も加えています。

カローラスポーツ エクステリアの口コミ

カローラスポーツのフロントマスク

エクステリアの口コミの評価は?

「後ろからの姿がお気に入りです。」

「オーリスに似ている。」

「キーンルックに迫力を感じます。」

「賛否両論がありますがフロントデザインは自分好みです。」

「普段使いにちょうどいいサイズだと思います。」

「サイドビューが特にカッコいいですね。」

「運転してみると意外にコンパクトな車だと実感しました。」

「写真で見るより実物を見たほうがかっこいいかと。」

エクステリアの評価について

大きな口が空いたようなキーンルック(トヨタが各モデルに採用しているフロントマスクのグローバルデザイン)は好き嫌いが分かれると思っていましたが、おおむね好感のようで意外でした。

個人的に現行の5ナンバーカローラのキーンルックは好みではありせんが、カローラスポーツはフロントノーズが低く違和感がありません。

また、口コミにもありましたが実物を見ると想像以上に凝ったデザインだということがわかります。

C-HRのときもそうですがトヨタがいい意味で結構冒険をしてくれたことは嬉しいです。(たまに外しますが...)

カローラスポーツ インテリア(内装)の口コミ

カローラスポーツのインパネ

インテリアの口コミの評価は?

「室内は身長が170cmくらいならゆとりを感じます。」

「テカリが少なく高級感がある。

質感や機能には満足しています。」

「内装の内張りがペコペコとへこむ。」

後席は狭いので大人の男性には辛いかも?」

「標準シートのホールド性が優れています。」

「ライバルに比べてやや狭いですが4人乗車は問題ありません。」

「収納が少ないのが残念です。」

「安っぽさがなくさっぱりしている。」

「リアシートはインプレッサより明らかに狭い。

インテリアにの評価について

プリウス、C-HRに比べて少し高級感があると思います。

インパネデザインはシンプルですっきりしていますが、ここでも実用よりデザインを優先した感がありますね。
個人的にピアノブラックパネルの使用が抑えられているのは◎です。

シートは柔らかいのですが、姿勢変化は少なく長距離でも問題ない出来でした。
ただ座面の長さはもう少し欲しかったところです。

後席の足元は確かに広くはありませんが、大人の男性がしっかり座れるスペースは確保されています。
身長178cmの私がシート調整してリアシートに座っても膝からこぶし1個分以上の隙間がありました。
カローラスポーツの後席足元

カローラスポーツ 走行性能の口コミ

カローラスポーツの走行シーン

走行性能の口コミの評価は?

「ハンドル操作のレスポンスがよい。」

「気持ちのいい走りができ、思った通りに曲がってくれます。

「自分にはスポーツモードの加速感がぴったりくる。」

「レスポンスが悪く、加速が物足りません。

「1.2Lで非力だと思っていましたが結構加速してくれます。」

「エンジン音がつまらないがパドルシフトによるシフトチェンジが楽しい。」

もっとパワーがあった方が楽しめると思います。」

「足回りがいいので峠でも楽しめる。

「アクセル操作に対して反応がやや遅れ気味です。」

「パワーは十分あり満足しています。」

走行性能の評価について

1.2Lという排気量から「パワーがない」という先入観を持つ人が多いと思いますが、まずは乗ってみてください。

私には一般公道では十分なパフォーマンスがあると感じました。

逆に不満を持った人は以前ハイパワーの車に乗っていた方だと思います。

そしてハイブリッドも大ヒットした3代目プリウスから大幅に進化しています。

その気になれば信号ダッシュもリード出来るほどアクセルレスポンスが向上しています(笑)

そんな二つのエンジンよりも、注目したいのがカローラスポーツの運動性能です。

「これでFFか?」と思うほど、とにかくよく曲がります。
またステアリング操作に素直に反応してくれます。

ただ、残念なのはトラクションが不足していてステアリングを通じて運転している感覚が乏しいことです。

それにしても、この車体ならもっとハイパワーのエンジンも搭載できるので今後のラインナップが楽しみです。

カローラスポーツ 乗り心地の口コミ

カローラスポーツの乗り心地

乗り心地の口コミの評価は?

「路面の段差はなめらかにいなされています。

「静粛性が高く感動しました。」

「フワフワ感はありません。」

「扁平タイヤにもかかわらずしなやか。

「ノイズがほとんど気にならず突き上げ感もありません。」

「ボディがガッチリしているところに感心しました。」

「18インチでも硬すぎず問題ありません。」

乗り心地の評価について

乗り心地については絶賛されていますね。

私も同クラスのライバルとなるVWゴルフ、アウディA3、ボルボV40、BMW1シリーズ、メルセデスベンツ新型Aクラス(輸入車ばかりですが...)を運転してみて比較した結果、カローラスポーツの乗り心地は...全く負けていませんでした!!

個人的にはむしろ市街地ではカローラスポーツの方が好ましいと思います。

まさかトヨタがここまで仕上げてくるとは期待していませんでしたのでこれは嬉しい誤算でした。

カローラスポーツの走行シーン

いい意味で軽やかな乗り心地で、口コミにあるように路面の衝撃を滑らかにいなしてくれます。

ひとえにTNGAというトヨタの新しいプラットフォームと新開発のダンパーがいい仕事をしているおかげです

カローラスポーツ 燃費の口コミ

カローラスポーツのメーターパネル
ここではハイブリッドと1.2Lターボで分けて紹介しますね。

ハイブリッドの口コミ

「一般道の通勤で21km/Lくらい。」

「エアコンを常時使用して平均で27km/Lです。」

「一般道ばかりを流して28km/Lいきました。」

「平均で26km/L」

「起伏のある市街地で14km/Lでした。」

1.2Lターボの口コミ

「街乗り 12~15km/L 郊外 16~20km/L」

「渋滞の市街地で9.8km/L 高速で19km/Lです。」

「街乗りで14km/L、高速を90km/h巡航で20km/L」

「高速メインで走って19.4km/Lでした。」

燃費の評価について

残念ながら私は1.2Lターボは燃費を計測できるほど走りこんでいません。

しかし口コミを見る限り街中で10~14km/L、高速で20km/Lはいけそうですね。

1.2Lターボに関しては、どこを走るかで大きく変わってくるのでバラつきが生じるのは仕方がないことです。

一方ハイブリッドに関しては2万km走った結果、平均で25km/Lといったところです。

メーターパネルの平均燃費の表示は満タン法の燃費に比べて2km/Lほど高めに表示されますので、口コミの結果とほぼ同じだと思います。

これなら文句があるはずがありません(笑)

カローラスポーツ 口コミ 評価や評判はどうなってる? まとめ

カローラスポーツの斜め前からのエクステリア
以前に乗っていた車で評価の基準が変わってくるので「パワーがない」、「レスポンスが遅い」といったコメントもあっても不思議はありません。

ただ、様々な項目の口コミを見るかぎり購入されたオーナーさんは、ほとんど満足されているようですね。

ホイールベースがプリウスより60mm短いので後席の足元スペースが狭いですが、このクラスでは標準的といえます。

カローラスポーツで一番いいところを挙げろといわれれば、私は迷わず乗り心地です。

昔のフワフワしたトヨタ車とは全く違う上質な乗り心地で、大衆車と考えれば大満足です。

カローラスポーツの乗り心地

カローラスポーツから始まった今度のカローラはトヨタの世界戦略車として気合が入っていることが、私も実際に乗って実感しました。

日本カーオブザイヤーで高得点を獲得したこともうなずけます。
あなたもぜひ、ディーラーでカローラスポーツを体験してみてくださいね!

トヨタのTNGAとは?新型モデルに採用されている次世代プラットフォームの実力は?

2019.04.13
この記事を書いた人

オーバークレスト
ドライブが何より趣味の2児のパパです。
いろんな車の試乗を通じで独自の視点で情報をお届けします。

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど
悩みが尽きない…

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1