CX-5 vs アウトランダー 徹底比較!どっちが買い?維持費・燃費・乗り心地は?

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1

まるで走るミサイルと言われるぐらい、威圧感のあるマツダのCX-5。

それに対抗するのが、三菱のアウトランダーになります。

アウトランダーはロングノーズな形で、横から見た時のインパクトが強い車ですよね。

今回は、この2車種に焦点を当てて、維持費や乗り心地などを比較していきたいと思います!

CX-5とアウトランダーの基本情報をおさらい

21a62e8395引用:https://minkara.carview.co.jp/userid/955199/blog/28320502/

まずは、CX-5とアウトランダーのグレードや価格などの基本情報を見ていきましょう。

CX-5の基本情報について

img_1572423a455e51d5ee00d3bad39aa3b3353996引用:https://www.webcg.net/articles/-/38577

まずはCX-5のグレードと価格情報を大公開です!

CX-5ってめちゃくちゃグレード設定があるので、結構ホームページでも分かりにくいんですよね。

下記表を見ながらちょっと確認してみてください。

グレード価格
20M2,660,000円
20G2,800,000円
24M2,940,000円
24G3,070,000円
20G Plus Package3,080,000円
24G Plus Package3,350,000円
ACTIVE GEAR2,890,000円
ACTIVE GEAR 4WD3,180,000円
BLACK Edition3,210,000円
BLACK Edition 4WD3,480,000円

ちなみにCX-5には、ガソリンエンジンとディーゼルエンジンの二つの設定があります。価格自体は、だいたい250万円〜400万円以内で収まっている感じですね。

ディーゼルエンジンだと、トルクフルな力強い加速が特徴的で、多くのオーナーに人気のるグレードとなります。

また、何と言ってもエクステリアがめちゃくちゃかっこいいですよね!

個人的には赤色のCX-5が、まるで戦闘機を操作しているかのような興奮を与えてくれるので、溜まらなく好きです。

アウトランダーの基本情報について

12120549805_1102_o引用:https://autoc-one.jp/mitsubishi/outlander-phev/report-5002760/

続いてアウトランダーのグレードと価格を見ていきましょう。

グレード価格
20M2,660,000円
20G2,800,000円
24M2,940,000円
24G3,070,000円
20G Plus Package3,080,000円
24G Plus Package3,350,000円
ACTIVE GEAR2,890,000円
ACTIVE GEAR 4WD3,180,000円
BLACK Edition3,210,000円
BLACK Edition 4WD3,480,000円

アウトランダーもCX-5と同じような価格設定であるため、250万円あたりから400万円あたりまでの価格帯でグレード設定がされています。

冒頭でも述べたように、アウトランダーはロングノーズでシンプルなエクステリアが特徴的です。

あまり攻撃的でない部分が高評価に繋がっている一台でもありますね。

CX-5とアウトランダーの維持費を比較!燃費はどっちがいい?

cd8a4d6e65引用:https://minkara.carview.co.jp/userid/955199/blog/28320502/

続いてCX-5とアウトランダーの燃費を比較しながら、維持費について紹介していきます。

燃費や維持費を比較

outlander2引用:http://car-log.net/cx-5-outlander/

早速、カタログ燃費、実燃費、維持費を見てみましょう。

今回はガソリン車に絞って比較しています。

CX−5アウトランダー
種類1,997 cc2,488 cc1,998 cc2,359 cc
カタログ燃費16.0 km/L14.8 km/L16.0 km/L14.6 km/L
実燃費11.59km/L9.68km/L
維持費4,116円4,928円

※維持費は実燃費、月平均350km、レギュラー136.3円で計算

カタログ燃費は両車種ともに同じくらいで設定されていますね。

ただ実燃費を見てみると、どうやらCX-5に軍配が上がっていました。

実際の所どうなのか、次項で口コミを見ていきたいと思います。

燃費や維持費に関する口コミを比較

MAZDA_CX-511-20170315160706-618x411引用:https://clicccar.com/2017/03/16/454672/

CX-5とアウトランダーのオーナーの、燃費に関する口コミ評価をまとめてみたのでご覧ください。

CX−5アウトランダー
SUVですから、この燃費は仕方ありませんね。特に不満はありません。

街乗りなら、リッター10キロ程度。

高速道路なんかだと、リッター16キロまで走る時もあります。十分です。

私のメインは街乗りなのですが、リッター12キロぐらい出てますね。

SUVなら十分な燃費じゃないですか?

一応エコモードを利用しながら走っています。

高速道路だと、カタログ燃費通りの燃費。とても優れているSUVだと思いますよ!

街乗りや、ちょっとした運転だと燃費効率が落ちますが、こんなものでしょう。

リッター8キロぐらいです。

最初から燃費には期待いていなかったので、別に気にはしていません。

あとは、エコモードをつけるとエアコンが効かなくなるので、切って走ってます。

もしかしたら、エコモードをつけた状態で走るともっと良い燃費の数値が出るかも。

SUVだし、エクステリア・インテリアに納得して購入した身なので、燃費が悪い堂の言うつもりはありません。

カタログ燃費通り、SUVにしては非常に燃費パフォーマンスが良い車だと思っています。

平均燃費は街乗りでリッター9キロから10キロ程度でした。

エコモードを使えば、11キロぐらいまで出るかなあ。

やっぱりエアコンを付けると燃費が悪くなりますね。寒い地域の方だとちょっと高燃費で走るのが難しいかも。

確かに、SUV車は燃費を重要視して選ぶ車じゃないので、燃費の良さを求めるのは間違いかもしれませんね。

それでも、幾らかでも燃費が良いことに越したことはありません、

口コミを見た感じだと、やはりCX-5の方が好評な印象を受けました。

アウトランダーの燃費も決して悪くはないようですが、エコモードの仕様でエアコンが効かなくなるなどの不満の声も少々見られました。

CX-5とアウトランダーの乗り心地を比較!

11072130712_918f_o引用:https://autoc-one.jp/mazda/cx-5/report-5002925/

最後に両車種の乗り心地に焦点を当てて比較していきたいと思います。

エンジン性能で走行性能を比較

001_o引用:https://autoc-one.jp/mitsubishi/outlander/report-2279780/

まずは、CX-5とアウトランダーのエンジン性能を見てみましょう。

CX−5アウトランダー
種類ガソリン(20・25)ディーゼルガソリン(20・24)
排気量1,997 cc・2,488 cc2,188 cc1,998 cc・2,359 cc
最高出力 (kW[PS]/rpm)115[156]/6000

・138[188]/6000

140[190]/4500110[150]/6000・124[169]/6000
最高トルク (N・m[kgf・m]/rpm)199[20.3]/4000

・250[25.5]/4000

450[45.9]/2000190[19.4]/4200・220[22.4]/4200

CX-5のガソリン車は非常にパワフルですね。

またディーゼルエンジンの設定もあるので、トルクで見てみてもCX-5の方が高く力強い事がわかります。

やってくれますねマツダ!

活きがいいのは見た目だけじゃなく、エンジンにも活力が注入されていました。

ただ、数値だけ見てもイメージがわかないので実際に運転してみた感想も紹介していきます。

乗り心地の良さについて口コミを比較してみた

outlander引用:http://car-log.net/cx-5-outlander/

それでは、早速乗り心地に関する口コミを比較しながら見ていきましょう。

CX−5アウトランダー
Lパッケージについてくる白革だと、問題・不満全くなしです。

走行性能も非常に良く、めちゃくちゃ力強い車なのに、音も少なく大満足です!

ディーゼル車を選んだので、特有のガラガラ音が気になるかと思ったのですが、気になりません。二重丸!

結構、インテリアに関しては酷評されているのでびっくりでした。私は、シンプルな感じが好きですね。

肝心な走行性能とはい言うと、安全性能が一通り揃っているので、かなり安心して走ることができます。車内は静かで音も気にならないですし、運転席に乗っても助手席に乗っても乗り心地は非常にいいですね。

完全にせいししてから、走り出しでタイヤが一回転するあたりまでが非力かなあと思ってしまいました。

最初のスタートが個人的に気になります。

その他は特に気にすることなく、運転席周りも質感良くて気に入っています。

助手席側の人がどう感じているのかは微妙ですがね(笑)

ちょっとシンプルすぎてインパクトにはかける内装ですね。でも、私は年齢もいい年なので、このぐらいの落ち着きがあったほうがいいのかもしれないです。

冬道にも適した走行性能で、雪道も楽々運転できています。力強さがあるので、あまりはまる心配もなくていいですね。冬でも運転が楽しいです。

加速感がぐんぐんきてアクセルを踏む感覚がめちゃくちゃ気持ち良いです。

さすがディーゼルの高回転力ですね。

十分乗りこなすことができれば、満足すること間違いないですよ!私は購入して本当に良かった!

運転していてめちゃくちゃ静かです!

一番力を入れたところだと聞いたので、この点はプラス評価ですね。

あとは、足回りが硬いのでしっかりしていて、冬道でも安心。重心にブレがない走行感覚で、安心して運転ができています。

やはり力強さに関する口コミはCX-5の方が多かったですね。

ただ、重心が安定していて安心できるという意見はアウトランダーに多かった印象です。

家族乗りがメインとなるのであれば、アウトランダーを視野に入れて検討してみるといいかもしれませんね。

CX-5とアウトランダーの比較まとめ

0c7e0e9f42引用:https://minkara.carview.co.jp/userid/955199/blog/28320502/

今回は、CX-5とアウトランダーに焦点を当てて比較していきました。

まとめると、CX-5はエクステリアが特徴的で若い男性に人気を集めている車種。

さらに、燃費や力強いエンジン性能も抜群だと言ったところでしょうか。

対するアウトランダーは、安定感重視でエクステリアも万人受けするようなシンプルな部分が特徴的です。

購入を検討している人は、両車種をよく吟味しながら選んで見てくださいね!

この記事を書いた人

モツ
スーパーカーブーム、サーキットの狼で自動車好きになってしまった男です。

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど
悩みが尽きない…

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1