ジュークのサイズ比較, サイズ感の情報を紹介!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1

2010年6月に、クロスオーバーSUVと呼ばれるのにふさわしい車「ジューク」が発売されました。

斬新で大胆なデザイン、これまでにないコンパクトカーの新しいスタイルになっています。

街乗りからアウトドアライフまで楽しめるSUV車として人気が高いクルマです。

ジュークが気になっている方、もう少しジュークを知りたい方のために情報をまとめてみました。

ジュークの大きさ

「ノート」「キューブ」と同じプラットフォームを採用しており、クーペとSUVを融合させたフォルムのコンパクトなボディになっています。

2014年にマイナーチェンジをし、フロントグリルや前後のライトまわりのデザインを一新しており、Vモーショングリルの立体感が存在を目立たせています。

ジュークの特徴は、「パーソナライゼーション」という、パーツを自分の好みのカラーにカスタマイズできる自由性です。
そして、何より街中で見たら思わず目を留めてしまう、高いデザイン性にあります。

juke-personal-1-600

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/juke/

【ボディサイズ】

  • 全長:4,135mm
  • 全幅:1,765mm
  • 全高:1565mm

最小回転半径は、5.3mですので小回りがきくことがわかります。

コンパクトな全長とショートオーバーハング、運転席からの見晴らしの良さから、初心者の方でも運転しやすいと感じる取り回しの良さが評判です。

他社のコンパクトSUVと比べると全長は短いです。

その分、室内サイズが、特に後部シートの足元が狭く感じるという意見があります。

【室内サイズ】

  • 室内長:1,835mm
  • 室内幅:1,470mm
  • 室内高:1,215mm
  • 乗車定員:5名
juke-15RX-V-in-600

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/juke/

シートは一般車より高いので、視界が開けており遠くまで見渡すことができる点は安全対策にもつながると、言うオーナーの方の意見です。

また、運転席は前後だけでなく、上下調整もできるのでベストポジションで安全に運転ができます。

ジュークは背の低いボディデザインでありながら、後席頭上まで室内高を維持し、分割可倒式リアシートを倒すとフレキシブルに使える、広くゆとりのあるラゲッジスペースが特徴ですと、謳っていますが、天井は他社のコンパクトSUVと比べてもちょっと低いです。

小柄な方、お子さんは大丈夫ですが、大柄な方だと窮屈さを感じるみたいです。

【タイヤサイズ】

ジューク 2WD・16GT・CVT の純正標準設定タイヤサイズは、フロント、リヤ共に 215/55R17です。

15RXでは、標準設定タイヤは16インチなので、メーカーオプションの17インチタイヤ&アルミホイールを付けると、やや粗さが生じてくるので16インチタイヤがベストとの口コミ意見があります。

大径タイヤのおかげで、走行は非常に安定しており、コーナーでのロールも少なく、しっかり曲がってくれる運転がしやすいクルマです。

ジュークのサイズ感

コンパクトSUVとして街中からアウトドアまで、取り回しのしやすいサイズです。

個性的でユニークなボディデザインとインテリアデザインを持つ、スタイリッシュで街中からアウトドアまで気軽に走り回れるクルマを求める方々へおすすめです。

軽量・高剛性ボディ、剛性感のあるしっかりしたサスペンションと足周りにより、しなやかな乗り心地と優れたハンドリング・走行安定性を誇ります。

juke-gaikan-6-600

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/juke/

後部シートは足元の余裕が少ないので、170cm位の男性なら狭く感じるかもしれません。

どのSUVにも共通している後部シートの狭さですが、ジュークも1~2名乗車ならまだしもファミリー向けではないようです。

juke-ph-S-600

ジュークの後部座席の窓は小さく、後部視界も狭いと言うオーナーの方の意見が多いです。

したがって後部座席からの視界は閉塞感があり、居住性はそれほど良くはなさそうです。

従って定員5人の車であるが、2人乗りがベスト用途なのであろうと思われます。

年代的には独身世代の若い人が1人から2人で乗るには適していそうです。

また、「トランクの使い勝手の悪さは事前に確認しておいたほうが良い。」と、いう意見もあります。

もし荷物を積むなら、後部座席を犠牲にする必要があります。

ragede-1-600

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/juke/

後席を格納すると、奥行きは拡大しますので、荷物満載にしてアウトドアに出掛けることもできますし、身長の低い方なら寝ることもできそうですね。

ジュークのサイズ比較

vs ホンダヴェゼル vs マツダCX-3 vs トヨタC-HR

コンパクト小型SUVは、日産、ホンダ、マツダが先行していたが、ここにきてようやくトヨタが参入して来ました。

今、小型SUVの購入を考えているユーザーの方に4台のサイズを比較してみました。

005size-hyo-600

■ジューク

juke-ga-01Y-600

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/juke/

ジュークは室内が狭い、というオーナーの方も結構いらっしゃるみたいです。特に高さ。

もちろん運転席や助手席は問題ない広さのようですが、みんなでお出かけにはちょっとつらいという声が多いですね。

フルモデルチェンジが噂されるようになり、日産が誇るハイブリッドシステムe-Powerが搭載されるのではないかとも予想されています。

ジュークは自分だけの車を作れるパーソナラーゼーションを売りの一つにしていて、フロントライト周りやバンパー周り、内装のパーツなど細かく自分好みのカラーにコーディネートできます。

■ヴェゼル

hov001-600

引用:https://www.honda.co.jp/VEZEL/

前後の座席、そして荷物スペースの広さは、3台の中で一番。

後席はかなりアレンジが自由で、座面を跳ね上げることも、また背もたれを倒すこともできる。

荷物スペースも、床が他のクルマより低いため、その分たくさんの積載量を誇る。

■C-HR

chr-ga004-600

引用:https://toyota.jp/c-hr/

車内の広さは、ヴェゼルほどではないものの、マツダCX-3と比べるとかなり広い。

車内も高級感があり、これまでのトヨタの堅実な品質から、レクサスの高級な品質に近づいているレベル。

しかし、それなりに価格は高いです。

車両重量が3台の中では一番重い。

■CX-3

ma001-600

引用:http://www.mazda.co.jp/cars/cx-3/

CX-3の外観はデミオをベースにしていますが、程よく引き締まっていてマツダのデザイン性の良さが際立った一台となっています。

サイズという点では、CX-3は4台の中で一番小さくて軽い。

そのため運転しやすいが、車内は前後のシート、および荷物スペースともに他の2台と比べるとあまり広いとは言えない。

軽油とガソリンの両タイプがあります。

【4台の良さをまとめてみると】

コンパクトSUVの中で最も人気があったのがマツダ CX-3。

高いデザイン性、クリーンディーゼル、軽快な走りを重視したい人にはピッタリな一台です。

ただ広さや快適さという点では、後から登場したホンダのヴェゼルやトヨタC-HRに負けてしまっている感があります。

車内の広さを重視したいなら、ホンダのヴェゼル。

大人数で乗る、家族の荷物を載せる等、ファミリーカーとして考えるなら、このくらいの広さがあった方が安心でしょう。

Honda SENSINGを付けてもそれほど価格は高くないため、家族をの安全を守るためにも、付けておきたい。

後続ながらも今、一番人気のあるのがC-HR。

デザイン性、走った時のフィーリングに評価が高いクルマになっています。

価格は3台の中で高いほうだが、安全装備も充実しており、高級感あふれるインテリアも魅力になったいます。

エクステリアで決めているのはジューク。

4台の中でもものすごく個性的なため、好き嫌いは激しい車ですが、エクステリア以外に気に入るところがあったとしても、この外観が好きなファンも多いです。

juke-gaikan-3-600

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/juke/

ジュークのサイズまとめ

乗って入るユーザーの方の口コミでは、やはりデザインを上げて入る方が多いです。

これほど個性的なデザインなので賛否両論です。

イギリスのデザイナーが手がけた世界戦略車なのか、日本的な感覚とは違うスタイルになっています。

サイズも外人なら狭いと感じる後部シートも大人ではなく、子供が座る感覚で手がけているなら、運転席はゆったりしたドライブポジションが得られているみたいです。

実際、街中で走っているのを見ると、確かに注目を集めるクルマの1台です。

他のライバル車とも比較しながら、街中からアウトドア場面までのカーライフを楽しみたいクルマです。

また、パワーも十分で加速もスムーズ、高速でも安定感がありますが、乗り心地は固めで小さな段差も拾うと言う意見も聞かれますので、試乗のときはチェックしたいところです。

この記事を書いた人

おにぎりくん
横浜在住です。運転歴44年になります。とにかく車を運転するのが好きです。今8台目になります。2018年に北海道に飛行機&レンタカーでしたが、3泊4日で道内を1300km走りました。クルマの色々な情報を発信していきます。

アイキャッチ画像 引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/juke/

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど
悩みが尽きない…

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1