BMW 1シリーズ サイズ情報!特徴やスペックについても!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1

ドイツの自動車メーカー「BMW」が製造及び販売をしているコンパクトカー「1 」シリーズの特徴やスペック、サイズはどうなっているのか?

また、BMWの1シリーズは国産車のコンパクトカーとはどのように特徴が異なるのか?

1シリーズの特徴や歴史

bmbm1.1引用:https://kakaku.com/item/70101210469/

BMWの車種には1シリーズの他に、3シリーズや2シリーズ、XやZなど沢山のモデルが存在しています。

その中の1シリーズはコンパクトカーとして販売されています。

1シリーズ 歴史

bmbm2,2引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/BMW%E3%83%BB1%E3%82%B7%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%BA#/media/File:BMW_E87_120.JPG

Cセグメントに属する1シリーズはBMWのエントリーモデルとして3シリーズコンパクトの後継を担っています。

3シリーズは1,975年から初代モデルが販売されていますが、1シリーズは2,004年から販売されています。

1シリーズの基本プラットフォームはE90型3シリーズと共有しています。また、他の車は駆動方式にFFを採用して実用面を重視しているのに対して1シリーズはFRを採用しています。

これによりフロントアクスルとリヤアクスルへの荷重をほぼ50:50の均等に配分するというこだわり、走行性能を追求しているところが特徴と言えます。

そして、1シリーズの初代モデル「E87型」は2,004年から2,011年にかけて販売されていて、2代目モデル「F20型」は2,011年から現在も販売されています。

更に、1シリーズには116i、118i、120i、130iというモデルが存在しています。

特徴としては、116iが1.6L直列4気筒エンジンで118iと120iが2.0L直列4気筒エンジンを搭載し、6速ATが組み合わされています。生産はドイツのレーゲンスブルグ工場で行われましたが、日本仕様は全て右ハンドル仕様のみとなっています。

そして、130iが3.0L直6エンジンを搭載したフラッグシップモデルとなっています。このモデルは右ハンドルで6速MTのみとなっています。尚、日本では「M Sports」が標準装備されていることが分かります。

現行型1シリーズの特徴

bmbm3引用:https://kakaku.com/item/K0000293700/catalog/

ボディは当初は5ドアのみで、ガソリン車は「116i」と「118i」ディーゼル車は「116d」、「118d」、「120d」の3つのモデルであり、それぞれのモデルに標準やSport Line、Urban Lineの3タイプが用意されています。

2012年5月には3ドアバージョンのモデルが新たに追加されることになります。

現行型モデルと初代モデルの外観を比較してみると、ヘッドライトやテールランプに違いが見られることが分かります。

bmbm2引用:https://kakaku.com/item/K0000287336/catalog/

初代モデルのヘッドライトは横長にほぼ平行になっていますが現行型モデルでは少しキリっとした目つきになっていることが分かります。

bmbm4引用:https://kakaku.com/item/K0000293700/catalog/

また、現行型モデルのテールランプはバックオープンドアと一体化していることが特徴です。上記の画像が現行型モデルです。

bmbm5引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/BMW%E3%83%BB1%E3%82%B7%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%BA#/media/File:2010_BMW_120i_(E87)_5-door_hatchback_01.jpg

エクステリアに関しては現行型モデルは全体的にスッキリした印象になっていると言えます。

また、8速AT変速機の追加や1.5L直列3気筒ディーゼルエンジンの追加など、外観だけでなく性能にも期待できそうです。

1シリーズのサイズやスペック

bmbm6引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/BMW%E3%83%BB1%E3%82%B7%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%BA#/media/File:BMW_118i_Urban_Line_(F20)_%E2%80%93_Frontansicht,_10._M%C3%A4rz_2012,_D%C3%BCsseldorf.jpg

コンパクトカーである1シリーズはどのくらいのサイズを持つのか。またスペックはどのようになっているのでしょうか。

初代モデルの118iのスペック

  • 新車価格:332万円
  • 中古車価格:23~87万円
  • 車両重量:1,360kg
  • 車両総重量:1,635kg
  • 排気量:1,995cc
  • 最高出力:95kW/5,750rpm
  • 燃料:ハイオク
  • 全長×全幅×全高:4,240mm×1,750mm×1,430mm
  • 荷室容量(リアシート立):300L
  • 荷室容量(リアシート倒):1,150L

現行型モデルの1シリーズのスペック

  • 新車価格:320万円
  • 中古車価格:117~288万円
  • 車両重量:1,430kg
  • 車両総重量:1,705kg
  • 排気量:1,498cc
  • 最高出力:100kW/4,400rpm
  • 燃料:ハイオク
  • 全長×全幅×全高:4,340mm×1,765mm×1,440mm
  • 荷室容量(リアシート立):360L
  • 荷室容量(リアシート倒):1,200L

初代モデルと現行型モデルの1シリーズのスペックを比較すると、新車価格は初代モデルの方が高かったことが分かります。

また、現行型モデルでは初代モデルに比べて車両重量が増し、排気量が1,498ccとなっています。

しかし、サイズの方は現行型モデルは初代モデルに比べて少し大きくなっていることが分かります。

それでも、全幅が1,765mmと全高が1,440mmであることから機械式駐車場に入庫できるサイズに収まっていることが分かります。

bmbm888

そして、外寸も大きくなったことによる影響か荷室スペースも広くなりました。

ゴルフバッグなどの大きい荷物を積む時などは、荷室スペースは広ければ広いほどに越したことはありません。

もし1シリーズの購入で荷室スペースが確実に大きい方のモデルを選びたい方は初代モデルよりも現行型モデルがオススメと言えます。

外寸と内寸を比較

bmbmooo引用:https://kakaku.com/item/K0000293700/catalog/

BMW・1「118i」のサイズ

  • 全長×全幅×全高:4,340mm×1,765mm× 1,440mm

マツダ・デミオ「15S」のサイズ

  • 全長×全幅×全高:4,060mm×1,695mm×1,500mm
  • 室内長×室内幅×室内高:1,805mm×1,445mm×1,210mm
  • 荷室容量(リアシート立):280L

日産・ノート「S」のサイズ

  • 全長×全幅×全高:4,100mm×1,695mm×1,525mm
  • 室内長×室内幅×室内高:2,065mm×1,390mm×1,255mm

1シリーズの内寸は不明ですが、外寸は他の国産車モデルに比べて全長と全幅が大きいことが分かります。

そして、全高はマツダのデミオで1,500mm、日産のノートで1,525mmとなっていますが、BMWの1シリーズでは1,440mmとなっていることが分かります。

最近の車では室内空間にゆとりのできた車種が増えてきていて、子供が室内で立って着替えることができるような車も登場してきています。

BMWの1シリーズは全高が低いですが、飽きを感じさせないインテリアや、そこそこのラグジュアリー性を実感できる高級車感があるとのレビューもあります。

輸入車同士のスペックを比較

bmbm9引用:https://www.bmw.co.jp/ja/all-models/1-series/5-door/2017/design.html

1シリーズは国産車のコンパクトカーに比べて全高が低いことが分かります。

それでは、BMW以外の輸入車メーカーと1シリーズのスペックを比較するとどのようなことが分かるのでしょうか?

プジョー・2008「Allure」のスペック

  • 新車価格:265万円
  • 中古車価格:189~249万円
  • 車両重量:1,230kg
  • 車両総重量:1,505kg
  • 排気量:1,199cc
  • 最高出力:81kW/5500rpm
  • アイドリングストップ:標準装備
  • 燃料:ハイオク
  • 燃料タンク容量:50L
  • 燃費:17.3km/L
  • 全長×全幅×全高:4,160mm×1,740mm×1,570mm
  • ホイールベース:2,540mm最低地上高:165mm

メルセデス・ベンツ Aクラス「Style」

  • 新車価格:328万円
  • 中古車価格:408~572万円
  • 車両重量:1,360kg
  • 車両総重量:1,635kg
  • 排気量:1,331cc
  • 最高出力:100kW/5,500rpm
  • 燃料:ハイオク
  • 燃料タンク容量:43L
  • 燃費:15.0km/L
  • 全長×全幅×全高:4,420mm×1,800mm×1,420mm
  • ホイールベース:2,730mm 

まず、サイズを比較してみるとBMWの1シリーズよりも全高の低いモデルも存在していることがわかります。

メルセデス・ベンツのAクラス「Style」では全高が1,420mmとなっています。1シリーズの1,440mmの全高と比べて20mm低いことが分かります。

BMWの1シリーズは全長×全幅×全高:4,340mm×1,765mm× 1,440mmとなっているのでプジョーの2008に比べると全長と全幅が大きく、ベンツのAクラスに比べると全長と全高が大きいことが分かります。

それでも輸入車のサイズは国産車に比べて全高が小さい傾向にあることが分かります。また、全長や全幅は国産車に比べて大きい傾向にあることも分かります。

まとめ

コンパクトカーの購入を検討されている方でサイズにあまりこだわらない方であれば輸入車のコンパクトカーはオススメです。

中古車の購入を検討されているのであれば、BMWのコンパクトカーの1シリーズはオススメです。

この記事を書いた人

モツ
スーパーカーブーム、サーキットの狼で自動車好きになってしまった男です。

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど
悩みが尽きない…

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1