ヴォクシー 内装情報!室内空間の広さや収納スペース、車内機能、オプションを紹介!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1

5ナンバーサイズながら、家族でも使い勝手の良い人気のトヨタ「ヴォクシー」。

今回はこのヴォクシーの内装について、記事にまとめてみました。

この記事を読むと、ヴォクシーがいかに家族のことを考えて設計されて作られているかがわかります。

さらに、自動車としてのヴォクシーの魅力も伝わるでしょう。

ヴォクシーを購入検討している方にぜひとも読んでいただきたい内容となっています。

ヴォクシーの内装はどんな感じ?

では、ヴォクシーの内装を少しずつ見ていきましょう。

運転席からみた内装

引用:https://toyota.jp/voxy/

ヴォクシーの内装の大きな特徴としては、「広々とした視界」が一つ上げられます。

車内空間はもちろんのこと、前後の視界やピラー部分の死角も小さく、運転していても安心です。

三角窓も大きくとられているので、歩行者を認識するのにも役立ちます。

メーター回り

引用:https://toyota.jp/voxy/

運転席に座ったら、まず気になるのが「メーター」ですね。

ヴォクシーのメーター回りはすっきりとしていて、速度やエンジン回転などがしっかりと認識できるデザインとなっています。

意外にスポーティなデザインをしているじゃないですか。

引用:https://toyota.jp/voxy/

こちらはハイブリッドモデルのメーターとなっています。

左側がモーターの回転と回生エネルギーを示してくれるものとなっていて、運転の仕方を考えさせてくれるものとなっています。

ガソリンモデルよりエコな走りを意識させるようなデザインになっていますね。

ヴォクシーの魅力は何といっても「空間」

広々空間が魅力

引用:https://toyota.jp/voxy/

ヴォクシーの魅力と言えば、何といっても「広々とした室内空間」です。

写真のように、身長140センチの子供が立つことができるほどの頭上の高さがあり、後席でも楽々乗り降りができそうです。

引用:https://toyota.jp/voxy/

スライドドアの地面から高さは低く抑えられ、、そしてドア開口部の広さも大きくとられていることがわかります。

運転席からの乗り降りもしやすそうですね。

引用:https://toyota.jp/voxy/

後ろのラゲッジスペースの開口部も広々としていていいですね。

地面から床面までの高さも低く、横幅も広々。

家族の荷物もしっかりと載せられそうですし、写真のように自転車なんかも楽々載せられちゃいそうです。

ヴォクシーと一緒に、山へサイクリングに出かけることもできそうですね。

シートアレンジで広々空間を有効活用

引用:https://toyota.jp/voxy/

ヴォクシーの広々空間を、シートアレンジでさらに活用することだってできちゃいます。

そのままでももちろん快適空間なのですが、3列目をたたんで2列目を後ろに引き込むことで、足前に大きな空間ができて、後席の乗客はセレブな気分になるでしょう。

引用:https://toyota.jp/voxy/

さらに、後席すべてをフルフラットにすることによって、リアが「ソファ」のようにくつろげる空間にだってできちゃいます。

ちょっとした休憩時に、寝転がりたい時などにはありがたい機能ですね。

引用:https://toyota.jp/voxy/

後席だけでなく、前席もフルフラットにしてソファのように活用することだってできます。

体を伸ばして休みたいときや、仮眠したい時など、このシートアレンジは活用できそうです。

そのほかにも、ニーズに合わせて様々なシートアレンジができていしまいます。

ヴォクシーはほんとに、家族のことを考えて作られていますね。お見事です。

使い勝手抜群! 便利な車内機能その他

いろいろな小物を収納できるスペースがこんなに!

引用:https://toyota.jp/voxy/

車内に用意されている小物スペースはこれだけあります!

すべてを活用するのが難しいくらい、たくさんありますね。

どこに何があるかわからなくなってしまいそうですが、活用の仕方を見ていきましょう。

運転手・助手が活用できるセンターコンソール

引用:https://toyota.jp/voxy/

運転席側の中央部分には、インパネと一体型のコンソールボックスが備えられています。

小物収納にも役立ちそうです。

そして、ハイブリッドモデルの左側にはアクセサリーコンセントが取り付けられていて、家庭用電源と同じAC100Vが用意されています。

パソコンなどの接続にも使えますし、非常時の電源としても活躍できるでしょう。

背面にはUSB端子が取り付けられているため、スマホなどの充電に使えそうです。

意外に便利な床下収納

引用:https://toyota.jp/voxy/

床下にも広々とした荷物スペースが確保されています。

高さのあるものを収納するとき、デッキボードをかけたままにすることができるので、スペースを有効活用することができます。

引用:https://toyota.jp/voxy/

さらに、3列目のシート下部分にもスペースがあるため、写真のように長さがある荷物も収納することができます。

空間を最大限利用できるので便利ですね!

ヴォクシーの内装をイメチェンするには?

これまで、ヴォクシーの内装と広々空間について紹介してきました。

非常に魅力的な内装と室内空間でしたね。

このままでも十分魅力的なヴォクシーですが、内装にちょっとしたアレンジを加えるだけで、さらに魅力的なヴォクシーにすることができます。

早速見ていきましょう。

レジャーパッケージで海に!山に!

引用:https://toyota.jp/voxy/

こちらは、ヴォクシー内で休憩したり、着替えたりするときに特に重宝するオプションです。

セット内容は「遮光カーテン」、「サンシェード」、「フレキシブルラゲージマット」の3点です。

「遮光カーテン」があれば、家族で出かけたときに休憩したり、仮眠したり、はたまた車中泊する際には活躍する装備です。

また、ラゲージマットがあれば、海や山にに出かけたときに道具を積み下ろす際、汚れや傷つけることを気にせず載せることができるためおすすめです。

この装備を用意して、家族で海や山にお出かけするのはいかがですか?

価格:87,480円

ドライブサポートイルミネーション

引用:https://toyota.jp/voxy/

運転手にとってはぜひとも取り付けたいオプションが「ドライブサポートイルミネーション」です。

メーターフードの上部にLEDで車両状態を知らせる機能で、走行に合わせてエコ運転をサポートします。

さらに、乗降時や停止中に流れる光によってドライバーをおもてなし。

なんとも粋なオプションですね。

価格:31,320円

インテリアイルミネーション

引用:https://toyota.jp/voxy/

足元のブルーの明かりで、ヴォクシーの内装をイメージアップしましょう。

夜の暗い車内でインパネの小物入れを照らします。

ドアを閉じると、ゆっくりと消灯。夜間は淡く点灯して、車内の雰囲気を彩ります。

価格:18,360円

引用:https://toyota.jp/voxy/

さらにこちらの「ピラーライト」を取り付けて、車内全体を明るく、室内のムードを高めましょう。

天井にブルーのライトが点灯し、ソフトな雰囲気を作り出します。

こちらもドアを閉じると、ゆっくり消灯し、夜間は淡く点灯します。

価格:19,440円

LEDバルブセット

引用:https://toyota.jp/voxy/

標準で装備されているライトをLEDに付け替えることで、車内をより明るくともすことができます。

消費電力も抑えられるので、バッテリーにもやさしく、ぜひ取り付けておきたいアイテムです。

価格:22,680円

まとめ

では、上記の内容をまとめてみましょう。

  • ドライバーの目線は広々!ヴォクシーは安心してドライブできる家族車
  • 車内空間も広々!シートアレンジでさらに状況に合わせて使うことも可能
  • 小物入れ満載!電源も確保された親切装備
  • ヴォクシーの内装をさらに魅力的に!たくさんあるオプションを活用しよう

家族のための1台として、ヴォクシーにはたくさんの魅力が備わっていることがわかりました。

この車があれば、ロングドライブで家族全員と海や山に出かけたり、キャンプに行くことだってできそうですね。

オプションで装備を充実させれば、車中泊だってできそうです。どこまでも家族コースを考えられた車であるヴォクシー。

購入を検討している方は、ぜひ一度トヨタディーラーへ寄ってみてはいかがでしょうか。

この記事を書いた人

モツ
スーパーカーブーム、サーキットの狼で自動車好きになってしまった男です。

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど
悩みが尽きない…

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1