ベンツGLA vs チェロキー 徹底比較!どっちが買い?維持費・燃費・乗り心地は?

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1

今回はベンツGLAとチェロキーの燃費や維持費、乗り心地について紹介していきます。

2つの車にはどのような違いがあるのでしょうか?気になりますよね。

詳しくみていきましょう。

引用:autoc-one.jp

ベンツGLAとは?

引用:car-moby.jp

メルセデス・ベンツ・GLAクラス(Mercedes-Benz GLA-Class )は、ドイツの自動車メーカーであるダイムラーがメルセデス・ベンツブランドで展開しているSUVです。

最高出力208 bhpの2.0Lターボチャージャー付きガソリンエンジン、四輪駆動 (4MATIC)、7速デュアルクラッチトランスミッション (7G-DCT)が搭載されています。

チェロキーとは?

引用:weblio.jp

ジープ・チェロキー (Jeep Cherokee) はジープ(カイザー・ジープ)を買収した当時のアメリカン・モーターズ(AMC) がワゴニアのスポーティー版として1974年に発表した2ドアモデルの車です。

4代目まではすべてが4輪駆動方式のSUVであったが、フィアット傘下となって以降に登場した5代目では4輪駆動のほか、前輪駆動も登場しています。

燃費は?

2つの車の燃費性能はどうなのでしょうか?

詳しくみていきましょう。

ベンツGLAの燃費

引用:mate.never.jp

ベンツGLAの燃費は以下になります。

GLA180/GLA180スポーツ

  • 燃費16.4km/l

GLA2504MATIC/GLA2504MATICスポーツ/GLA2504MATICオフロード

  • 燃費14,2km/l

GLA45 AMG 4MATIC

  • 燃費12.3km/L

チェロキーの燃費

引用:carsensor.net

チェロキーのカタログ燃費は10.3~10.5km/lとなっています。

実燃費で考えると、7km/lです。

維持費はどうなの?

引用:goo-net.com

ここまで「ベンツGLA」と「チェロキー」の特徴や燃費性能について紹介してきました。

ここからは2つの車の「維持費」について紹介していきたいと思います。

ベンツGLAの維持費は、38万9000円。

チェロキーの維持費は、48万4000円。

上記の計算は以下の6つの費用を合計した金額です。詳しくみていきましょう。

自動車税

自動車税とは、車にかかる税金のことです。

自動車税の金額は排気量ごとに決まっています。

ベンツGLAの自動車税

ベンツGLAの排気量は3,238ccなので、自動車税は39500円です。

チェロキーの自動車税

チェロキーの排気量は2359ccなので自動車税は45000円になります。

重量税

重量税とは、車両重量にかかる税金のことです。

自動車重量税は車両重量ごとに決まっていて、0.5トンごとに4,100円ずつ増えていきます。

ベンツGLAの重量税

ベンツGLAの車両重量は1,880kg〜2,010kgなので、重量税は7500円です。

チェロキー重量税

チェロキーの重量税は1730kgなので、重量税10000円になります。

車検

車検とは、2年に1回、すべての車が行わなければいけない「車の点検」のことです。

車検については検査手数料の印紙代が1800円かかります。

あとは車検基本料がかかるのですが、この費用はディーラーや車検業者など、どこに頼むかによって結構変わってきます。

平均的には4万円程度なので、今回は車検基本料は4万円として計算してみます。

合計すると以下になります。

検査手数料1800+車検基本料金4万円=4万1800円。

車検は2年に1回なので、年間のコストとしては半分の2.09万円となります。

新車購入時は車検は不要なので、車検費用がかかるのは4年目以降になります。

自賠責保険(任意保険)

保険には加入が必須となる自賠責保険と、種類を自分で選べる任意保険があります。

自賠責保険」は「自動車損害賠償責任保険」の略称です。

交通事故被害者の救済を目的とした法律である「自動車損害賠償保障法」に基づき、原動機付自転車を含むすべての自動車に加入が義務付けられています。

任意保険とは、自賠責保険では補えない保険に加入することです。

言葉の通りですが、任意で決められる保険です。

自賠責保険については新車購入に3年分39,120円を、車検の度に2年分27,840円をまとめて払います。

1年あたりにすると1〜3年目は13,040円、4年目以降は 13,920円となります。

任意保険については年齢制限や保障内容などにもよるのですが、平均的には年間約6.5万円ほどとなっています。

ガソリン代

ガソリン代とは、車を走らせるために必要なガソリンを車に入れるときにかかる費用のことです。

ガソリン代については、年間走行1万kmでリッター140円で計算します。

ベンツGLAのガソリン代

GLA180/GLA180スポーツ

  • 燃費16.4km/l

GLA2504MATIC/GLA2504MATICスポーツ/GLA2504MATICオフロード

  • 燃費14,2km/l

GLA45 AMG 4MATIC

  • 燃費12.3km/L

計算すると以下になります。

  • 年間走行1万km ÷ 16.2km/l × 140円 =8万3000円
  • 年間走行1万km ÷ 14.2km/l × 140円 =9万8500円
  • 年間走行1万km ÷ 12.3km/l × 140円 =11万3000円

チェロキーのガソリン代

チェロキーのカタログ燃費は10.3~10.5km/lとなっています。

実燃費で考えると、7km/lです。

計算すると以下になります。

  • 間走行1万km ÷ 7.0km/l × 140円=20万円

駐車場代

駐車場代とは、車を駐車する時にかかる費用のことです。

駐車場を借りている場合などは駐車場の賃料もかかってきます。

月極駐車場の賃料の全国平均は8000円なので、年間で計算すると以下になります。

8000円 × (12ヶ月 + 更新料1ヶ月) = 10.4000円です。

乗り心地について

ここまで「ベンツGLA」と「チェロキー」の燃費や維持費、乗り心地について紹介してきました。

最後に2つの車の乗り心地についてお話ししたいと思います。

ぜひ参考にしてみてください。

ベンツGLAの乗り心地

引用:autocar.jp

ベンツGLAの乗り心地では、SUVらしいスタイリングと高い走破力を兼備しながら、街中や高速道路ではコンパクトで低めの車高を活かし、快適な乗り心地を実現います。

緊急時に自動ブレーキが作動し、衝突を回避、あるいは被害を軽減してくれる“アクティブ ブレーキアシスト”や、ドライバーの疲労や眠気を70以上にもおよぶパラメーターで検知。

また、注意を促す“アテンションアシスト”は全グレードに標準装備。ドライビングの安心感を高めてくれます。

チェロキーの乗り心地

引用:navikuru.jp

チェロキーの乗り心地は、独自のサスペンションが走行時の振動を抑え、快適な乗り心地と運転のしやすさを実現をしています。

また、大人数を乗せても、たくさんの荷物を載せても十分な広い車内。

運転しやすい車として有名な車です。

特に「運転がしやすさ」と、誰もが重視するのではないでしょうか。

まとめ

引用:kakaku.com

今回は「ベンツGLA」と「チェロキー」の燃費や維持費、乗り心地について紹介してきました。

みなさんの感想はいかがだったでしょうか?この記事の内容をまとめてみると以下になります。

引用:alist-garage.com

【燃費】

  • ベンツGLA

GLA180/GLA180スポーツで燃費16.4km/l

GLA2504MATIC/GLA2504MATICスポーツ/GLA2504MATICオフロードで燃費14,2km/l

GLA45 AMG 4MATICで燃費12.3km/L

  • チェロキー

チェロキーのカタログ燃費で10.3~10.5km/l。

実燃費で考えると、7km/l。

【維持費】

  • ベンツGLA

38万9000円。

  • チェロキー

48万4000円。

【乗り心地】

  • ベンツGLA

ベンツの乗り心地は、SUVらしいスタイリングと高い走破力を兼備しながら、街中や高速道路ではコンパクトで低めの車高を活かし、快適な乗り心地。

  • チェロキー

チェロキーの乗り心地は、独自のサスペンションが走行時の振動を抑え、快適な乗り心地と運転のしやすさを実現。

この記事の内容をしっかりと理解してから、どちらの車にするのかを決めましょう。

この記事を書いた人

モツ
スーパーカーブーム、サーキットの狼で自動車好きになってしまった男です。

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど
悩みが尽きない…

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1