新型インプレッサG4の試乗レビュー情報!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1

スバルの新型インプレッサG4に試乗した方のレビューはどうなっているでしょうか?。

新型インプレッサG4に試乗した感想などのレビューをご紹介します。

スポンサーリンク

新型インプレッサG4の特徴と試乗する時のポイント

safety3_pict_1

引用:https:/www.subaru.jp/impreza/g4/safety/safety3.html

最近のスバル車といえば、衝突回避で有名なアイサイトをはじめとする、もしもの時の安全装置に力を入れている印象ですが、実際にことが起きないと実感を感じれないようなものが多いです。

スバルには電気自動車やハイブリットといった低燃費で勝負する車両は少なく、全方位車両(AWD)やシンメトリーのパワートレーンや独自のボクサーエンジンからなる質の良さが売りでもありますが、それは実際に体感してみなければわからないところ。

では実際に最近のスバル車は一体どんな車両なのでしょうか?

そこで今回は2016年10月のモデルチェンジで人気継続中の新型インプレッサG4を実際に試乗または所有するユーザーの口コミについてご紹介したいと思います。

exterior_pict_2

引用:https:/www.subaru.jp/impreza/g4/safety/safety3.html

まず新型インプレッサG4はどんな車両なのでしょううか?

新型インプレッサG4は1.6Lと2.0Lの2つのエンジン設定の全3種類のグレード構成で、下から

・1.6i-L(1,922,400円から)

・2.0i-L(2,160,000円から)

・2.0i-S(2,376,000円から)

の3種類のグレードラインナップです。

上記の価格はFF車の価格ですが約200万円〜250万円と比較てお手頃なセダンではないでしょうか?

最近は必須にもなってきている低燃費ですが、この車両の最大燃費がリッター18.2キロとパッとしない印象です。

エコカー減税も適応されていないので、そこらへんが他社と比べて弱いところでしょう。

safety3_pict_3

引用:https:/www.subaru.jp/impreza/g4/safety/safety3.html

しかしそんな燃費の不安を吹き飛ばすようなお買い得感がこの車両にはあります。

それは国内初の歩行者エアバック始めとする、充実の標準装備の数々です。

オートエアコン、アルミホイールといった目につく主要装備を始め、いざという時に役立つアイサイトなども全グレード標準。

一つ注意をするところとして、ベースグレードである1.6i-Lはキーレスやプッシュスタートがセットオプションとなっているので歩行者エアバックがあるのにキーレスはない不思議な仕様です。

最近のスバルが安全技術において力を入れていることがわかる仕様ですね。

それ以外にも、価格以上の走りや乗り心地にはきっと驚かされることまちがいなし。

電気やハイブリットといった、目立つ特徴もないように思えますが、それを価格以上の内容で所有者に後悔をさせない車両となっています。

スポンサーリンク

新型インプレッサG4の試乗口コミ

platform_pict_2

引用:https:/www.subaru.jp/impreza/g4/driving/platform.html

新型インプレッサG4は一言にコストパフォーマンスに優れたセダンと言えるのですが、車両の価値なんて実際に乗ってみるまでわからないことだらけです。

実際に所有または試乗をしたユーザーは新型インプレッサG4にどのような印象を持っているのでしょうか?

ここでは実際に新型インプレッサG4を運転したユーザーの口コミを元に、新型インプレッサG4の真実に迫りたいと思います。

あまり突飛なスタイルでもなく落ち着いた乗り心地。前車と比べても騒音はない満足しいる。

静かで乗り心地が良い。先代マイカーのBMWしか比較対象がありませんが、明らかにG4が上です。

さすがにシャシーの性能が違うと感じさせられた。今までのインプレッサとはまるで別物と言っていいように思う。

インプレッサの「お買い得」感は大したものです。

こちらは主に走りについて口コミを集めていますが、とても多く目についたのが走りの静かさや乗り心地の良さ。

スバルのパワートレーンは左右対称のシンメトリーを押していますが、その自慢のシャシーは優秀であるようです。

powerunit_photo_2

引用:http://review.kakaku.com/review/K0000319108/

好評の乗り心地や乗り味と比べて気になるのが加速等に関する走りの性能です。

振動や騒音はしっかり抑えられているようですが、スバルお得意のボクサーエンジンはどちらかというと優等生ではなく、必要最低限である印象です。

エンジンの回転数から遅れて車速があがるところと言われてますが、低速でのギクシャク感もあります

前車が2400CCのエンジンだった事もあり、加速感が若干物足りません。

以上のような意見も見られましたが、不満というよりは割といいかもしれないくらいのようです。

排気量も車重に対して決して大きくないので、それを考慮すると充分と感じているユーザーが多かったです。

safety2_pict_1

引用:https:/www.subaru.jp/impreza/g4/safety/safety2.html

最後にスバルのいま一押しであるアイサイトについても好評で、特にクルーズコントロールの便利さが目立っていました。

最近ではどの車両も安全装置が多く装備されている中で、スバルの安全に対するイメージは頭一つ抜き出ているのではないでしょうか?

新型インプレッサG4の口コミを見ていきましたが、最初にあった口コミのようにお買い得感には大したものです。

また経済性と安全性を天秤に掛け、安全性でスバルを選ぶユーザーも多いので、さすが安全技術のスバルといえそうです。

スポンサーリンク

新型インプレッサG4と競合車の比較

exterior_hero_img_1607.ts.1607140149423800

引用:http://review.kakaku.com/review/K0000319108/

マツダのアクセラはハッチバックとセダンの2つのボディータイプを持ち、セダンモデルの最低価格が約210万円からと最も新型インプレッサG4の競合車として最適ではないでしょうか?

またマツダのデザインは最近好評で、新型インプレッサG4の無難ながらも美しさを感じるスタイリングと勝負できそうです。

そんな競合車のマツダアクセラは一体どんな車両となっているのでしょうか?

こちらも実際に所有または試乗したユーザーの口コミを見ていきましょう。

スクリーンショット 2017-04-20 08.27.54

引用:http://www.mazda.co.jp/cars/axela/feature/driving/skyactiv/?link_id=sbnv

3,500回転以下では 1.5 Lとは思えないような美しいエンジン音で、素直にまわると思います

3000rmp以上回すと、フォーン♪と快音を奏でてくれて、非常に気持ち良いです!

新型インプレッサG4が堅実なイメージなのに対して、マツダのアクセラには遊び心を感じるような口コミが多く目立ちました。

特に上記のような走る楽しさを多くのユーザーが体感しており、セダンで1.5Lながらに素晴らしいと言えるでしょう。

しかし中には1.5Lの力のなさを指摘するユーザーもいるので完全とはいえなくとも、充分ポテンシャルを持った車両であるようです。

スクリーンショット 2017-04-20 08.34.55

引用:http://www.mazda.co.jp/cars/axela/feature/driving/skyactiv/?link_id=sbnv

またマツダアクセラには割高にはなるものの、クリーンディーゼルやハイブリットといった魅力的なラインナップですので、競合車として強敵であるでしょう。

走りの楽しさと、燃費の良さを両立したマツダのアクセラ。一見すると弱点らしいところが見当たりませんね。

⇒ 新型インプレッサG4を値引きから更に50万円安く買う裏ワザ!

スポンサーリンク

まとめ

スクリーンショット 2017-04-20 08.39.54

引用:https:/www.subaru.jp/impreza/g4/safety/safety2.html

新型インプレッサG4の口コミをご紹介して参りましたが、この車両はスペック的に目立った特徴は感じられませんが、所有して感じる満足感が強みでしょう。

装備の充実と価格の安さで、このクラスのセダンでは最もコストパフォーマンスが高いのではないでしょうか?

特にスバルの安全技術には定評があるため、安全を選ぶ方も多いです。

そんな新型インプレッサG4なら安全安心のカーライフが送れること間違いなしでしょう。

*なおこちらの口コミは、http://kakaku.com/kuruma/used/spec/Maker=6/Model=31804/Generation=42026/やhttp://review.kakaku.com/review/70100510398/#tabを参考にしております。



下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1


スポンサーリンク


スポンサーリンク