新型プリウスの エコカー減税やその他税金情報!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1

トヨタの新型プリウスのエコカー減税はどれぐらいでしょうか?

新型プリウスのエコカー減税に加え、自動車税などの税金の情報をご紹介します。

スポンサーリンク

新型プリウスのエコカー減税・豆知識

carlineup_prius_customize_premiumgarnishstyle_2_01a_pc

引用:http://toyota.jp/prius/customize/

エコカー減税、今では誰もが知っている減税ですが、ここで再度おさらいしてみましょう。

table_tax

引用:http://www.carlease-online.jp/eco/

自動車の購入時や維持する事でかかる税金は主に3つあるのはご存知でしょうか?

1,自動車取得税・・購入時の車両価格にかかる税金

2,自動車重量税・・購入時と車検時にかかる税金

3,自動車税・・自動車を維持していくことで毎年かかる税金

151124I-02

引用:https:/www.drwallet.jp/navi/21153/

1の自動車取得税は取得価格の3パーセント(自家用車の場合)がかせられます。ただし、別途支払う消費税の引き上げを考慮して軽減される場合もあります。現に、平成26年の消費税8パーセント引き上げにともない5パーセントだった取得税が3パーセントに引き下げになりました。今後消費税10パーセントに引き上げも予想されますので、その際には取得税の引き下げも考えられます。

2の重量税は自動車の重さに比例して課せられる税金です。取得時と車検時にかかります。現在の重量税区分は平成27年に改正され平成32年度基準が適用されています。じっさいは毎年かかる税金を車検時や購入時に前払いしている形ですが、減税位に対する区分が決められており、100パーセント免税、75%減、50%減、25%減、本則税率、エコカー減税適用なしなどに細かく分類されています。

3の毎年かかる自動車税になります。4月1日時点の車両の持ち主宛に課せられる税金で、自動車の排気量に応じて年額が決まっています。自動車税位に関してのみエコカー減税の中でもグリーン化減税と呼ばれます。排ガスの性能燃費の性能により優れた自動車が対象となります。反面新車登録から古い13年を超えるものなどは年々15パーセントの加算税になります。

tax

引用:http://s-minsho.sakura.ne.jp/tax/index.htm

と言ったところが、詳しいエコカー減税についてです。

知っていると思っても、今一度確かめると良く理解できると思います。

さてエコカーの原点と言っていいくらいの、新型プリウスのエコカー減税はどれほど減税されるのか楽しみですね。検証してみましょう。

現在の新型プリウスには15グレードが対象となっていて、自動車取得税・自動車重量税、各100パーセント減税で、グリーン税に関しては概ね75パーセント減税となっています。

つぎでは、細かくグレード別に実際いくらの減税になるのか調べてみましょう。

eco_main

引用:http://ecocar.autoc-one.jp/

スポンサーリンク

新型プリウス エコカー減税対象グレード・エコカー減税額

対象グレード駆動メーカー希望小売価格(税込)合計減税額
Aプレミアム“ツーリングセレクション”2WD3,199,745円約131,900円
4WD3,394,145円約136,800円
Aプレミアム2WD3,107,455円約129,600円
4WD3,301,855円約134,500円
A“ツーリングセレクション”2WD2,926,800円約125,100円
4WD3,121,200円約130,000円
2WD2,777,563円約121,400円
4WD2,971,963円約126,200円
S“ツーリングセレクション”2WD2,628,327円約117,700円
4WD2,822,727円約122,500円
2WD2,479,091円約113,900円
4WD2,673,491円約118,800円
2WD2,429,018円約112,700円
特別仕様車S“safety plus”2WD2,693,520円約119,300円
4WD2,887,920円約124,100円

新型プリウスのエコカー減税額は上記のようになりました。

11万円〜13万円台と大幅な減税額になりました。

be22f8576742431398ea862409327de2

引用:http://ckn7.net/kangaeru/okanewotukawanai.html

また、新車取得時に自動車重量税100パーセント減税の場合初回継続車検時にも重量税が100パーセント減税されます。

10万円以上の減税額となると購入する価格にも影響されますね。減税のおかげで、もうワングレードアップ出来ちゃったり、オプション品を増やしてみたり..いろいろ考えられますね。

やはり、大幅減税されるエコカーに乗るべきなのでしょうか..

kaso_img3

引用:http://www.ecocar-information.com/kaso/otoku_genzei.html

スポンサーリンク

ライバル車とエコカー減税の比較

新型プリウスのライバル車は一体何が来るでしょう?

ボディサイズ的には、3ナンバーサイズの5ドアハッチバッグで考えるとスバルのインプレッサスポーツがあげられますが、新型プリウスはハイブリッド車専用なので少し違うようです。

exterior_pict_5

引用:http://www.subaru.jp/impreza/impreza/design/exterior.html

ハイブリッド車としての競合は、ホンダのグレイスやトヨタのアクア辺りですが、ボディサイズは5ナンバーサイズで一回り小さいので競合車とは言えないでしょう。

carlineup_aqua_top_3_02_pc

引用:http://toyota.jp/aqua/grade/grade2/

マツダから販売されたアクセハイブリッドだと大きさややハイブリッドという点から見ても競合者としてもっとも近い車種だと思います。

exterior_gallery1_1_1607.ts.1607151107493000

引用:http://www.mazda.co.jp/cars/axela/feature/design/?link_id=sbnv

●マツダのアクセラハイブリッドーS PROACTIVEでは、

車両価格2,651,400円 エコカー免税率100パーセント エコカー減税合計額は118,200円(グリーン減税も含む)になります。

●一方新型プリウスのSツーリングセレクションと比較してみると

車両価格2,628,327円エコカー免税率100パーセント エコカー減税合計額は、117,700円になります。

ほぼ両者ともに同じ程度の減税額ということですね。

carlineup_prius_grade_2_01_lb

引用:http://toyota.jp/prius/grade/grade1/?padid=ag341_from_prius_grade1_detail

ただし、人気度、知名度、リセールバリュー、技術力などから考えるとやはり新型プリウスの方が優位と言えます。

新型プリウスに競合するクルマはプリウスしかないのでしょうか(笑)

⇒ 新型プリウスを値引きから更に50万円安く買う裏ワザ!

スポンサーリンク

まとめ

エコカー減税について色々まとめさせていただきました。

10万円台の減税だとバカにできない数字ですよね、びっくりしました。私の車はとうとう今年で12年越え、、今年は買い替えを考えているのでエコカー減税対象車も視野に入れお得に購入しようと思います。税金も毎年少しずつ多くなってきてしまうし、修理やメンテナンスを考えるとやはりエコカーでしょうか..。

皆さんも少しでもお得に税金を削減できるエコカー減税よくしらべてお得カーライフを楽しんでください。

056

引用:http://xn--z8j112n9peb2o.com/

 



下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1


スポンサーリンク


スポンサーリンク