ベンツCLSのボディカラー、それぞれの特徴と、個性光るおすすめカラーの紹介!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1

メルセデスベンツCLSクラスは、2018年6月にフルモデルチェンジがあり、エレガントで大人の4ドアクーペスタイルのセダンとして、生まれ変わりました。

2004年に、CLSクラスがメルセデスベンツから登場した時以来、常に4ドアクーペの最先端を走り、話題の中心になっています。

スポンサーリンク

ベンツCLSのボディカラーのそれぞれの特徴は?

top

引用:https://mb-live.jp/whats-mb/products-2018-06-25/

現在では富裕層の象徴で、大人のエレガンスなスタイルが街中を駆け抜ければ、観衆の目を引く4ドアクーペ。

輸入車国産車ともに各社こぞって4ドアクーペを出していますが、実は火付け役になったのはそれまでのメルセデスのイメージを変えたCLSシリーズだったのです。

それ以来メルセデスベンツCLSクラスといえば、富裕層がスポーティでスタイリングの抜群なセダンタイプという、独創的で魅力的な1台として求めるエレガンスの境地の車となりました。

今回は、その魅力溢れるCLSのボディカラーを中心に調べましたのでご紹介します。

まずCLSのボディカラーは全11色

  • ポーラーホワイト
  • オブシディアンブラック
  • イリジウムシルバー
  • シトリンブラウン
  • グラファイトグレー
  • カバンサイトブルー
  • ルビーブラック
  • セレメントグレー
  • ダイヤモンドホワイト
  • ヒヤシンスレッド
  • セレナイトグレーマグノ

です。

オブシディアンブラックは、同じ輸入車メーカーの中でも深みと艶がある高級感溢れるブラックです。

01

引用:https://www.yanase.co.jp/mercedes-benz/cls/color/

ポーラーホワイトダイヤモンドホワイトの違いは、ポーラーホワイトが真っ白という感じで、ダイヤモンドホワイトはクリームっぽくキラキラとしたラメがかかっていて素敵です。

06

引用:https://www.yanase.co.jp/mercedes-benz/cls/color/

イリジウムシルバーは、一般のシルバーの車という、社用車のようなイメージではなく、さすがメルセデス、深みがありかっこいいシルバーで、「シルバーアロー」を彷彿とさせます。意外かもしれませんが、主婦さんなどにも大人気色です。

02

引用:https://www.yanase.co.jp/mercedes-benz/cls/color/

シトリンブラウンは車では珍しく若い女性受けしそうなオシャレで可愛らしいブラウンで、こちらも少しラメがかっています。

カバンサイトブルーは屋内や日が当たらないところで見ると限りなくオブシディアンブラックに近い色です。

日に当たった瞬間にキラっと透き通るようなブルーが顔を出す特別感のある色です。

05

引用:https://www.yanase.co.jp/mercedes-benz/cls/color/

ルビーブラックヒヤシンスレッドは、深みがあって、艶や色っぽさがあります。

女性が乗っていても、違和感の感じない素晴らしい発色です。

07

引用:https://www.yanase.co.jp/mercedes-benz/cls/color/

ヒヤシンスレッドやセレナイトグレーマグノなどは、特徴のはっきりしたカラーで、ペイントにオプション料金も12万円~26万円ほどかかります。

より個性派のこだわりを持った人が選ぶボディカラーになります。

高級車でありデザインも洗練されているだけに、ボディカラーも豊富なだけではなく、それぞれにこだわりがあ理、どの色を取ってもそれぞれに魅力があります。

スポンサーリンク

ベンツCLSの人気色は?口コミ情報から鉄板人気色を調べてみた!

20180823_merc05

引用:https://mb-live.jp/whats-mb/products-2018-06-25-2/#page_4

メルセデスベンツの高級車で4ドアクーペのセダンという洗練された美を持つCLS。

そのボディカラーは11色、簡単な特徴を見てきましたが、実際に人気色はこの中のどれなのでしょうか。

CLSのオーナーからの口コミ情報では以下のようなコメントをいただきました。

「好みによりけりですが、自分にとっては最高です。イリジウムシルバーはパールがかっていて、予想以上に気に入りました。 」(CLS550 BlueEFFICIENCY)

ヒヤシンスレッドメタリックのCLSは、大人の雰囲気が漂う落ち着いた一台になっています。高級車らしいオーラもありますし、所有する喜びも感じることができるでしょう。ボディの大きさを感じさせないデザインだと思います。」(CLS550 BlueEFFICIENCY)

1-1

引用:https://mb-live.jp/whats-mb/products-2018-06-25/#page_2

「レーシングカーっぽくしたくて、オブシディアンブラックにした。やっぱり正解だった。全体がブラックでミステリアスでかっこいい、満足している。」(2018年モデル/CLS220d)

「エンブレムが目立つようになってフロントフェイスもキリッとした目に変わったので、マイルドに見える優しいポーラーホワイトにしました。」(2018年モデル/CLS220d)

他にも、ネットの口コミ情報などを総合すると、1番人気はポーラーホワイトのようです。

ポーラーホワイトはマットな白で、ハッキリとした白というのが分かりやすいかもしれません。

また、リセールの事を考えると、中古車市場でも人気である事や、ビジネス用に使う車としては、クセの少ないものに人気が集まったのかもしれません。

さらに、CLSは、クールなクーペスタイルのセダンであり、色によっては厳つく見えがちなクラスであることもあってか、上品に見えて女性でも男性でも関係なく似合う、ポーラーホワイトが好まれることが多いようです。

同等に人気なのがオブシディアンブラックで、その艶っぽくどこまでも深い黒は、エレガンスで素晴らしい曲線を持つCLSのフォルムを一層引き立ててくれます。

メルセデスベンツの黒は、非常に深みがあって見る場所の環境によって、また違った顔を見せる黒なので一言では語れないような魅力があります。

CLSの今にも走り出しそうなデザイン革命後のフロントフェイスに、オブシディアンブラックを纏うと、それは闘争心溢れるフロントフェイスと締まったボディカラー、バックデザインの曲線美が何とも素晴らしいバランスとなります。

benz_0611

引用:https://mb-live.jp/whats-mb/products-2018-06-25-2/

クーペらしさを求める人に人気がある、オブシディアンブラックと言えそうです。

メルセデスの他のクラスにも用いられているポーラーホワイトオブシディアンブラックなどは、最も人気のある定番カラーと言えます。

中古車市場では、白と黒が人気があるというのも大きく影響していそうです。

スポンサーリンク

ベンツCLS、オススメのカラーは?

メルセデスベンツのボディカラーは多彩で、なおかつ気品と重厚感があり、高級車なのに遊び心も持ちながら乗りこなすことができます。

Eクラスベースのクーペスタイル4ドアセダン、CLSにも定番色のオブシディアンブラックポーラーホワイトの他に、素敵なボディカラーがあります。

実は意外に、特に女性ドライバーが乗ってもサマになるオススメカラーが、CLSにはあります。

それは、普通ならば敬遠されそうな色で、さらに「ほんとにベンツ?ベンツでこんな色、あるんだ!」と思わせるシトリンブラウンです。

03

引用:https://www.yanase.co.jp/mercedes-benz/cls/color/

この色は、通りを走っていても、ツヤ感とラメっけがあって、つい注目してしまう色で、茶色というイメージは国産車ではなかなかチャレンジな色なのですが、メルセデスベンツは、エレガントな女性が乗るイメージを持たすことに成功しています。

さらに、オススメなポイントが、近くでじっくり見たときの深みと明るさ、華やかさと高級感を持ったところです。

マットでのっぺりと塗ったようなブラウンではなくて「立体感と奥行きがある」という表現が正しいかもしれません。

多くのベンツを日頃から見ている正規販売店のセールスマンに聞いたところ、イチオシのボディカラーのようです。

あともう1つ隠れたボディカラー情報というか、プチ情報があります。

それは、ポーラーホワイトとダイヤモンドホワイトの違いです。

image.php

引用:https://www.yanase.co.jp/store/24644/tenji/

車の定番カラー「白」がメルセデスベンツCLSには2色用意されています。

ポーラーホワイトはマットで一般的な白で、若干クリームがかった白です。

ダイヤモンドホワイトは名前の通り、輝きが全く違って屋内で見ても高級感が格段にアップします。

同じ白系の色でも、全く違う印象をCLSに与えます。

価格もポーラーホワイトはスタンダード、ダイヤモンドホワイトは11万6000円とオプションですが、同じメルセデスベンツCLSで同じ白でも車を眺めた時の感じるオーラの差が、大きく出るのでダイヤモンドホワイトのメタリックペイントはオススメです。

さらにオブシディアンブラックのCLSは男性ファンが多くて、かっこよくて男らしい面持ちにより見えせてくれるボディカラーですが、よく似たカラーでグラファイトグレーがあります。

20180823_merc04

引用:https://mb-live.jp/whats-mb/merc-2018-08-22/

グラファイトグレーはオブシディアンブラックほど真っ黒ではないので、グリルやボディデザインが強調されて、なおかつエレガントな落ち着きのあるカラーです。

40代~位の方で、大人な気品あるように見せたい方にはぜひオススメです。

アイキャッチ画像引用:https://mb-live.jp/whats-mb/merc-2018-08-22/#page_2

この記事を書いた人

ミラノ太郎
子供の頃から、車が大好きです。特にフロントデザインがかっこいい車を見ているとわくわくします。最近のメルセデスベンツかっこいいですよね。ワクワクしちゃいます。



下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1