ベンツCLSの中古車、新古車はお得なの?マーケット事情調べてみました

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1

憧れのメルセデスベンツCLSに乗りたいけど、800万円~1100万円もする高級車だから手が届かないという方に、お手頃なCLSを探すべく、中古車や未使用車のマーケット事情を調べてみました。

スポンサーリンク

ベンツCLSの中古車マーケット情報

71320A00038458_PHOTO1

引用:http://www.mercedes-benz.jp/usedcar-search

近年、輸入車が珍しくなくなり、昔よりも輸入車中古車市場が充実しつつあるといわれています。
口コミでは、そんな輸入車事情の例外にもれず、グレードや車の状態の良い、メルセデスベンツCLSも破格で手に入れることが出来るようです。
一例ですが、中古車サイト(認定中古車)で発見した現在販売中のCLSの中古車は、

  • CLS220 BlueTEC AMGライン ディーゼルターボ、2016年式
81320A00008446_PHOTO1

引用:http://www.mercedes-benz.jp/usedcar-search

走行距離1.9万km、スライディングルーフ、本革シート(シートヒーター付)、純正カーナビ、盗難防止装置、バックカメラ付き

さらにワンオーナーの激アツなCLSが、車両本体価格377.9万円となっています。
参考までに、新車でこの条件(新車の方は当然2018年モデルと違いはありますが)で探した場合、1,195.5万円(2018年式、AMG、サンルーフ、本革、カーナビ等)となります。

2年で走行距離1.9万km、1世代前という違いだけで、ここまでお得に手に入れる可能性があるというのは、メルセデスベンツCLSの中古車は十分魅力がありますね。

本体価格が1/3以下ですからね。

最新の3代目CLSももちろんかっこいいですが、2018年6月まで販売されていた2代目CLSです。

決してデザイン的に魅力が劣るわけでもなく、デザインそのものも古く感じないモデルです。

81320A00008446_PHOTO10

引用:http://www.mercedes-benz.jp/usedcar-search

新車で購入するとなると高嶺の花ですが、年数の浅い中古車は、状態も新車とそこまで見劣りするわけでもなく、急に身近な存在に感じますね。

例えば、初メルセデスベンツCLSを購入したいという方には、肩肘貼ることもない、乗りやすい車で、十分あり得る選択肢ではないかと思います。

81320A00008446_PHOTO5

引用:http://www.mercedes-benz.jp/usedcar-search

もっと身近な一例として、ネット情報で、最安値に近いCLS中古車情報としては、CLS350の2005年式、走行距離15万3000km、本革シートで車両本体価格58万円というメルセデスとは思えない価格のCLSも見受けられました。

当然、14年前の初代モデルで、走行距離15万km以上と使われた感がありますが、この年式のメルセデスCLSのファンもかなり多く重要は十分ある、価値ある一台だと思います。

ベンツ専門チューニングメーカーである、ブラバス社がこの初代CLSをべース車として、開発を行ったモデルがギネスブックに、「世界最速の4ドア車」として登録されました。


View this post on Instagram

GALLERY LUXE EKATERINBURGさん(@galleryluxe)がシェアした投稿

最高速度が365.71kmというとてつもない記録を残しています。

とても信頼の置ける車ということがわかりますね。

CLSの中古車相場の大体の目安ですが、2018年式の3代目現行モデルで720万円~980万円、2代目2016年式モデルで400万円~550万円、それ以前の初代モデルは70万円~350万円ほどで市場に出回っているようです。

予算に応じて、ご自身にあったCLS中古車が選べるのがいいですね。

CLSは新車としては当然高級車ですが、質の良い中古車市場もかなり充実しており、幅広い選択肢があり、憧れのCLSに気軽に乗れる機会も増えているんだなと感じます。

スポンサーリンク

ベンツCLSの中古相場、新古車はやっぱりお買い得?

メルセデスベンツCLSの中古車マーケットが、充実しており、お求めやすいCLSが市場に多く出ていることがわかってきましたね。

そうなると、もう少し新車に近い、新古車の市場はどうなのか、ということが気になりますよね。

メルセデスベンツの正規販売店の厳しい審査に合格し、丁寧なメンテナンスを施された認定中古車の中には、比較的新しい現行モデルや限定モデル、オーナーが乗ることがなかった新古車も多く含まれていて、かなり状態が良いものが数多く用意されているようです。

現行モデルは新車で800万円~1100万円であることを念頭に置いて、走行距離の浅い新古車がいくらくらいで手に入るものなのか見ていきましょう。

71210A00001660_PHOTO1

引用:http://www.mercedes-benz.jp/usedcar-search

こちらも一例ですが、CLS220d Sports エクスクルーシブパッケージ ディーゼルターボで現行モデル、走行距離1,000kmのピカピカの新古車が車両本体価格768万円とかなりお得な1台を発見しました。

ボディカラーは高級感のあり有料オプションのダイヤモンドホワイトです。

こちらのモデルを新車で手に入れる場合は、約885万円程度であることを考えると、100万円以上お安く手に入れることが可能です。

まだまだディーラーによる新車の割引が期待できない中で、100万円以上お安く手に入れられるというのは大きな魅力ですよね。

CLSの新車もいいですが、新車同然で破格な1台が見つかるのならその方がいいですよね。

その他には、メルセデスベンツ認定中古車でCLS450 4MATIC Sportsの現行モデル、走行距離2300km、レーダーセーフティパッケージやサーティファイドカー保証が付いて車両本体価格918万円です。

02201A00008437_PHOTO1

引用:http://www.mercedes-benz.jp/usedcar-search

こちらも、新車で同様の条件となれば、約1,135万円ほどになります。

2018年6月登録とありますので、それで2,300kmしか走っていないとなると、試乗車/代車だったのではないかと考えられますね。

こちらも200万円以上、新車の場合よりお得に手にすることができます。

このように新古車に狙いをつけてCLS中古車を探してみると、新車の割引で悩むより、お手頃な質の高い車が手にできそうですね。

スポンサーリンク

メルセデスベンツCLS中古車、人気モデルは?

71350A00004658_PHOTO1

引用:http://www.mercedes-benz.jp/usedcar-search

今は当たり前になった4ドアクーペスタイのセダンの先駆けとも言えるメルセデスベンツCLSクラス。

今から15年前の2004年秋に発表された時は、スポーツ仕様の2ドアクーペが一般的だった中に突如現れ、かっこいいのに4ドア!と話題になりました。

CLSは昨年6月にフルモデルチェンジが行われるまでに初代、2代目と2度のモデルチェンジが行われています。

現行モデルもいいですが、旧モデルのCLSを中古で探しているマニアの人も多いと聞きます。

今回はCLS中古車の人気モデルを調べてみることにしました。

  • 初代CLS  (2006年式)派

「ここまでぶっ飛んだデザインはなかなか出会えません。メルセデスどうしちゃったのって思ったくらい衝撃的でした。いまもまったく衰えていないどころか、だんだん際立って来ているとさえ思えるくらいです。リアウインドウの小ささとか見ると、割り切りというか潔さというか感じます。」

というものを発見しました。
確かに初期のCLSの特徴は、メルセデスベンツ特有の重厚感と「渋さ」にあったように思います。
他にも以前2006年式のCLSに乗っていた40代の女性からは、直接インタビューができ

「現行モデルのCLSは丸すぎて好みではない。従来モデルのテールランプの存在感が好きだった。四角い方がメルセデスらしいから。」

と初代のかっこよさを熱く話してくれました。

  • 2代目CLS(2011年式)派
81313A00005992_PHOTO2

引用:http://www.mercedes-benz.jp/usedcar-search

「4ドアなのにクーペルックでセクシーなデザインも最高。」

「肉食系のフロントデザインがとても気に入っている。」

2代目が好きな方は、人それぞれ好みによるけど私は最高に好きだ、という口コミが結構みられました。

フルモデルチェンジ後の3代目CLSに注目しがちですが、CLSは長らく愛されてきた歴史のある高級車だと分かりました。

ちなみに現行モデルも、良い意味で一新された点が好評のようです。

やはりクーペスタイルは、時代の流れがきているSUVクーペもそうですが人気が非常に高いですね。

今にも走り出しそうなフロントフェイスがたまらないと絶賛の声が沢山聞こえてきました。

  • 3代目CLS(2018年式)派
02201A00008437_PHOTO9

引用:http://www.mercedes-benz.jp/usedcar-search

「とにかく美しい新しいメルセデスベンツのデザイン」

「まさに、うっとり見とれてしまう美しいボディー。(所有欲をそそります。) 「これぞメルセデス」と思える、角が無いのにビシッと引き締まった乗り心地。」

「しっかり調教された直6エンジン。アクセルの反応もバッチリ。勇ましいエグソーストノート。(走る気にさせてくれます。) 」

今回のフルモデルチェンジで、メルセデスベンツへの関心が、また高まったオーナーやファンも多いようです。

CLSの中古車はどのモデルが一番人気があるというよりは、それぞれの好みにあったモデルがあり、自分にあった価格帯やデザインを選べる、奥行きの深さが特徴なのではないかと感じました。

その中でも、2代目のデザイン性と、古さを感じさせない性能を持ちながらも、お求めやすい価格であることから、中古車市場ではもっとも人気があるようです。

アイキャッチ画像引用:http://www.mercedes-benz.jp/usedcar-search

この記事を書いた人

ミラノ太郎
子供の頃から、車のデザインを見ているのが大好きです。特にフロントデザインがかっこいい車を見ているとわくわくします。最近のメルセデスベンツかっこいいですよね。ワクワクしちゃいます。



下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1