ベンツCLS、値引きの相場と値引き限度額がどこまでなのか?を調査してみました!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1

メルセデスベンツCLSは、スポーツカーやオープンカーとは異なって、5m超ある全長と4ドアで、5人乗りのセダンタイプでありながら、流れるようなデザインを持つクーペとして、これまでにないスタンスから新たな市場を作り出した車です。

遊び心と、ありそうでなかった車を、メルセデスが実現し、話題性にも外見のクオリティも話題を欠かない1台です。

メルセデスベンツCLSの値引き交渉はまだまだ厳しいようで、現時点で、値引き額0〜30万円ほど(本体+オプション)と言われています。

詳しく見て行きましょう。

スポンサーリンク

メルセデスベンツCLSの値引き額、口コミ情報で見えてきたこと。

img_amg_cls53

引用:https://www.yanase.co.jp/mercedes-benz/cls/

スポーティでスタイリッシュな車が欲しいけど、家族や友人も載せたいという人には、ひと目でビビっと来るメルセデスベンツCLSです。

実際の購入価格ですが、一例として、メルセデスベンツCLS 220 d Sportsをベース(価格は全て税込)として考えますと、

  • 車両本体価格:815万円
  • エクスクルーシブパッケージ:58万7000円
  • オプションボディカラー( ヒヤシンスレッド):11万6000円

と言った、メルセデスベンツに乗るならばつけたい、こだわりのオプションをつけていくと、どうしてもオプション部分で割高になって行きます。

ちなみに、エクスクルーシブパッケージには以下が含まれています:

exclusive package

引用:http://www.mercedes-benz.jp/catalog/cls-class/ebook/main/index.html#

  • 本革ナッパレザーシート
  • ヘッドアップディスプレイ(フロントガラスに速度などの情報をディスプレイする機能)
  • Burmester®サラウンドサウンドシステム:高音質な音響システムへのアップグレード
  • シートベンチレーター[前席]:本革の蒸れを防ぐ、シート換気機能

など、せっかくCLSに乗るのであれば、ぜひ付けたい機能だと思います。

これだけのオプション追加だけでも、885.3万円と900万円近い値段が出てきます。

メルセデスベンツCLSの新車価格は800万円~1,100万円前後と、一般的なサラリーマンなどからすると、目がとび出そうになるほど高額で「走る一戸建て」と言ってもいいほどです。

実際に購入するとなると、どれほどの値引きが期待できるのか、値引き相場額を口コミ情報から調べて見ました。

あるCLS 220 d Sportsのオブシディアンブラックを購入した男性は、正規販売店で営業担当者と話し合い、総額930万円のところ「30万円値引き」してもらい900万円になったそうです。

「憧れのCLSを購入検討した時、1,000万以上は予算していたけれど、交渉を繰り返すうちに30万円も値引きしてくれるなんて嬉しい。満足。」

と喜びの口コミを発見しました。

ただこの方のように、交渉がうまくいくケースばかりではないようです。

img_main04

引用:https://www.yanase.co.jp/mercedes-benz/cls/

実際には、新型が2018年6月に発売されたばかりのメルセデスベンツCLSは、ディーラーも強気の販売を行うようで、口コミ情報によりますと、メルセデスベンツCLSの新型モデルに関しては、0〜30万円ほど(本体+オプション)値引き交渉がなんとかできているのが現状のようです。

クリーンディーゼルエンジン

引用:http://www.mercedes-benz.jp/catalog/cls-class/ebook/main/index.html#

ちなみに、直接の値引きではないのですが、もともと、CLS 220 d Sportsだと、クリーンディーゼルエンジン車なので「エコカー減税」で、自動車取得税218,400円と自動車重量税30,000円が免税になります。

諸費用から、248,400円の減額は必ず発生します。

これはありがたいですね。

スポンサーリンク

メルセデスベンツCLSの今後の値引きの相場は?

image

引用:https://www.yanase.co.jp/mercedes-benz/cls/

メルセデスベンツCLSは、どこ角度から見ても素晴らしくかっこいい車です。

「憧れのCLSを購入検討しているけれど、高すぎる…どこまで値引き出来るのかな?」

と気になってらっしゃる方も多いのではないでしょうか。

今は、新型が出たばかりで、ディーラーもまだまだ強気です。

ディーラーとしては、

「800万円を超える車だから、ちょっと値引いたからと言って、心動いて買う商品ではない。」

という気持ちが強いようです。値切りませんよという感じですね。

44940c22cbf08053690cefd06206fb19_s

口コミを総合しますと、現時点で実質のところ20万円くらいが本体、5万円くらいがオプションからの値引きの限度という、ボーダーラインがあるようですね。

そうはいっても、実は、メルセデスベンツの、他のクラスの車がそうかというと決してそうではありません。

メルセデスベンツは、本来結構値引きがある車なのです。

まだ、新型発売から1年に満たないので、値引き交渉が厳しいですが、一般的には、3月と9月の決算期、12月売り上げが伸びない閑散期が、値引き交渉しやすいと言われます。

同じ正規販売代理店でも、日本のヤナセの場合と、ダイムラーの正規代理店シュテルンとで、実際の決算期が違う場合もあるようですが、販売に力を入れている時期ということで、交渉しやすいことに変わりはないようです。

あとは、モデルチェンジの直前は、値引きを大きく引き出せるチャンスのようです。

img

引用:https://yanase.jp/car/search/makerclass-1_CLS/result.html

考え方次第ですが、今ですと、2代目の新古車などは、かなりお得に手に入れることができます。

2017年−2018年モデルの2代目は、未使用車で、正規販売店の車でも200−300万円引きというのも珍しくありません

今後の値引きの期待値として、参考までに、メルセデスベンツCLSの兄弟分とも言える、メルセデスベンツEクラスの場合の値引き状況を見て行きましょう。

メルセデスベンツEクラスは、最終モデルチェンジが2016年で、だいたい6−7年ごとにフルモデルチェンジをしていますので、今後のCLSの値引きの目安にはなるかと思います。

メルセデスベンツEクラス値引き口コミ(価格.com参照)

Eクラス値引き口コミ

ここ1年半くらいの値引き交渉ですが、平均値を見ますと、786万円に対して、76万円、本体+オプションで車両本体価格に対して、約10%程度の割引はできることがわかりますね。

交渉のタイミングと、粘り強く交渉することで、今後は10%程度まで、値引き交渉ができる余地はありそうですね。

購入する販売店やセールス担当によっても、異なることも当然あるので、実際に購入検討される際は見積もりの時点で、総額の内訳を事細かに聞き、商談も慎重に進められることをお勧めします。

次に値段交渉のコツを見て行きましょう。

スポンサーリンク

メルセデスベンツCLS、最安値を引き出すコツ。

img_main03

引用:https://www.yanase.co.jp/mercedes-benz/cls/

これまでメルセデスベンツの人気車種CLSについて調べてきました。

800万円を超える車だからと言って、言い値で買いたくはないですよね。

最安値を引き出すポイントについて、考察してみました。

購入時期

090a34171e2576195ef03bfa409c078a_s

交渉する上で、相手(ディーラー)が売り上げを伸ばしたいと思っているタイミングである決算期、3月、9月と財布の紐が固く結ばれる閑散期の12月は、交渉しやすいですね。

また、1日の時間帯でも、慌ただしくない、平日の午前や、日曜の夕方など、他のカスタマーが少ない時間帯が、有利な交渉をしてもらえるようです。

交渉は一度で終わらせず、他の車と迷っていることをにおわせるために、契約せずに帰りやすい、閉店間際をあえて狙うのも手です。

ディーラーは「今日決めていただければ」という殺し文句で契約を迫ってきますが、後ほど説明する、交渉のタイミングによっては、あえて保留にして、後日契約とした方が、有利に交渉が進むことがあります。

こちらの交渉材料が揃っていない場合は特に、一旦断って帰りましょう。

交渉材料を持つ ①ライバル車との比較

my18_s5sb_top_gallery_01.jpg.resize.maxWidth=1180

引用:https://www.audi.co.jp/jp/web/ja/models/a5/s5_sportback.html

メルセデスベンツCLS 220 d sportsを買いたいんだ!という気持ちがあったとしても、それを口にしたら有利な交渉はできません。

必ず、ライバル車と迷っていることを匂わしましょう。

嘘が苦手な人は、「私はCLSが欲しいのだけど、うちの奥さんが・・・」というその場にいない人のせいにして、有利な交渉を進めましょう。

BMWの6シリーズAudi S5 Sportbackなど、仕様が似ていて、価格帯が近いものが交渉しやすいです。

cq5dam.resized.img.1680.large.time1489126670624

引用:https://www.bmw.co.jp/ja/all-models/6-series/coupe/2014/at-a-glance.html

メルセデスベンツCLSで本当に良いのかというご自身の確認のためにも、実際にこういった、ライバル車を試乗して、見積もりまで取りましょう。

価格次第では、ライバル車を買っても良いなというくらいの気持ちまで高めて、CLSの価格交渉を進めると、ディーラーから値引きが引き出しやすいです。(そういう状態での交渉だと、真実味がありますよね。)

交渉材料を持つ ②ディーラー同士の比較

gallery4

引用:https://stern-kobechuo.com

ライバル車との比較で、価格交渉がある程度進めば、メルセデスベンツCLSに決めたということを、ディーラーに伝えます。

そこからのもうひと押しとして、ディーラー2社(ヤナセとシュテルン)で相見積もりを取ります。

ここは同じ車の、同じオプションでの見積もりとなりますので、それぞれの見積もりを臭わさせて、値段交渉を進め、安くなったところで決めます

口コミ情報によりますと、ヤナセよりシュテルンの方が、価格交渉がしやすいと聞きますが、担当者にもよると思います。

同じ市内に両ディーラーがなければ、隣の市へ遠征してでも、価格比較させましょう。

当然ですが、ディーラーも根拠なく「安くして」と言っても「これが限度なんですよ」と言って終わります。

必ず、交渉の根拠を持つためにも、ライバルをぶつけて行きましょう

さらに、最後の一手として、ハンコをつく前に、小さなオプションや、コーティング、満タン引き渡しなど、お願いしましょう。

そこで「NO」とはディーラーは言いにくいです。

交渉材料を持つ ③下取り車

165b9b9764b7a437ab61cf3eb381c7ad_s

これは最も忘れがちなポイントですが、最も価格に影響がある部分です。

正直言って、ライバル車やライバルディーラーで比較させても、値引き最大額がディーラーで決まっていますので、交渉には限界があります。

そこで、大きく値引きを引き出す方法として、ご自身の下取り車を使います

当然のように、ディーラーに下取りをお願いするものと考えがちですが、これは絶対ではありません

高く買ってもらえるところに買ってもらっても良いのです。

むしろ、ディーラーの下取り価格は「ものすごく頑張って査定しました」顔をしてくるのですが、びっくりするくらい安いことが多いです。

特に、下取り車が、ベンツ以外の輸入車の場合、ベンツのディーラーでは、良い値段を出してきません。

ここで、最終の交渉の前には、必ず行っておくべきなのが、ご自身の下取り車の本当の市場での価値を知っておくことです。

「うちの車、事故したから」とか「10年以上乗っているから引き取ってもらえるだけでも」などと思ってしまいがちですが、十分に商品価値があることを知っておきましょう!

詳しくは下の「裏技」「一括査定」をご覧ください。

賢く交渉して、お得にメルセデスベンツCLSを購入しましょう!

アイキャッチ画像引用:https://www.yanase.co.jp/mercedes-benz/cls/

この記事を書いた人

ミラノ太郎
子供の頃から、車のデザインを見ているのが大好きです。特にフロントデザインがかっこいい車を見ているとわくわくします。最近のメルセデスベンツかっこいいですよね。ワクワクしちゃいます。



下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1