アクアの内装はどんな感じ?装備はどうなの?

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1

アクアの内装がどのような感じであるかは、これから買う人は気になる部分かもしれません。

また、インテリアの装備が充実しているのかどうかも、併せて確認しておきたいところです。

この記事では、アクアの内装についてチェックしていき、装備がどのようなものかも見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

アクアのシートはどんな感じなの?

アクアの内装でも、シートはどのような感じか、チェックしておきたい人は多いかと思います。

シートの特徴やバリエーションについて、見ていきましょう。

カラーバリエーションは合計8色

シートのカラーバリエーションは、トータルで8色展開されています。

非常に豊富な種類の中から、アクアのシートのカラーを選択可能なので、自分の希望するインテリアの雰囲気を作ることも可能ですね。

アクアの通常の仕様では7色、そしてGRスポーツの仕様で1色展開され、シート選びを満足行く形でできるかもしれません。

04-1-1

引用:https://toyota.jp/aqua/interior/

最もシンプルなシルバーブラックは、アクアのシートでもよく選ばれるカラーリングです。

細かいステッチのデザインが施されており、メリハリある見た目となっているため、内装が高級に見える要因ともなっています。

シートカラーとしては王道のものになるものの、アクアの内装を無難でかつ長く乗り続けるのに適したものにしたいと考える人は、このカラーがオススメかもしれません。

04-1-1-2

引用:https://toyota.jp/aqua/interior/

明るい印象のカラーであるナチュラルグレーは、アクアの車内を華やかにしてくれると評判です。

グレーだと、若干暗めの色合いになってしまうイメージが強いものの、このナチュラルグレーでは明るさが確保されています。

おしゃれ感の強いデザインでもあり、若い人を中心にこのカラーでアクアの内装のベースを作る人が多いとされています。

普通の車とは少し違った印象にしたい場合は、この色も検討してみることが良いのではないでしょうか。

04-1-1-3

引用:https://toyota.jp/aqua/interior/

変わり種のカラーとしては、ブルーブラックが挙げられるかと思います。

円のデザインが施されたブルーの生地と、シンプルなブラックの組み合わせが非常にマッチしています。

スタンダードなステッチ系のデザインはありませんが、少し高級な椅子を思わせる雰囲気が売りのようです。

個性的なデザインや雰囲気のシートを選びたいと希望する場合には、アクアのブルーブラックのシートをセレクトすると、納得できる結果になるかもしれませんね。

別のカラーについても、写真を交えて見てみましょう。

04-1-4 ホワイトソフトレザー

ホワイトソフトレザー

04-1-5 ブラックソフトレザー

ブラックソフトレザー

04-1-6 ディープブラウン

ディープブラウン

04-1-7 レッド

レッド

04-1-8 ブラック(GR)

ブラック(GR仕様)

引用:https://toyota.jp/aqua/interior/

こういった形で、様々なタイプのシートカラーが用意され、アクアを買う人は豊富な選択肢の中から決定できる状態が作られています。

シートの座り心地は快適さが特徴的

04-1-2

引用:https://toyota.jp/aqua/interior/space/?padid=ag341_from_aqua_in_space04

アクアのシートは、座り心地も良いと評価されることが多いようです。

シートの座面の硬さが丁度良いと感じられることから、長く座り続けても体に負担の掛かりにくいというメリットが期待できます。

シートによっては、柔らかすぎて体が沈みすぎたり、硬すぎて体が痛くなってしまったりすることもあります。

アクアに関しては、シートの硬さがそういった心配のない水準なので、安心して運転、同乗することができると思います。

オーナーからも、こういったシートの特徴は、魅力的に捉えられることが多いと考えられています。

新規にアクアを購入する前には、その点もチェックしておくと良いですね。

スポンサーリンク

アクアのインパネ回りはどんな感じなの?

インパネやその回りは、どんな仕上がりとなっているのでしょうか。

その辺について、ここからチェックしていきたいと思います。

シートと同様8色から選べる

シートのカラーと同じで、トータルで9色の中からインパネの全体的なカラーを選ぶことが可能です。

04-2-1

引用:https://toyota.jp/aqua/interior/

シートと同じく、シルバーブラックはインパネのカラーで選ばれる頻度が多いとされています。

ピアノブラックという、高級感のある黒色で全体がまとめられているので、アクアの内装が全体的に引き締まって見えますよね。

スタイリッシュであり、飽きの来ないカラーであることもメリットのひとつとして挙げられており、選ぶことのオススメされる色として挙げられています。

04-2-1-2

引用:https://toyota.jp/aqua/interior/

落ち着きのあるカラーとしては、ディープブラウンが挙げられると思います。

助手席側のインパネオーナメントがブラウン調のカラーであり、マイルドな車内空間を演出することが期待できそうです。

8色の中でもシックな印象が最も強いと考えられており、アクアのインパネでも人気の高いカラーであると考えられています。

ハンドルやオーディオ操作などのボタンはブラックであり、ツートンカラーという見方でも評価ができるかもしれません。

少し車内を落ち着かせてみたいと思う人は、ディープブラウンを選ぶのもひとつの手です。

これまで挙げたカラーリング以外も、写真を見ながら確認していきましょう。

04-2-3 ホワイトソフトレザー

ホワイトソフトレザー

04-2-4 ブラックソフトレザー

ブラックソフトレザー

04-2-5 ブルーブラック

ブルーブラック

04-2-6 レッド

レッド

04-2-7 ナチュラルグレー

ナチュラルグレー

04-2-8 ブラック(GR)

ブラック(GR仕様)

引用:https://toyota.jp/aqua/interior/

シートのカラーリングと同様、非常に多くのカラーが用意され、選択肢が充実しています。

インパネデザインはシンプルにまとめられている

04-2-2

引用:https://toyota.jp/aqua/interior/

アクアのインパネは、非常にシンプルなデザインにまとめられています。

デザインや装備などが、ごちゃごちゃとしたものを嫌う人もいるため、そういった人はアクアのインパネ周辺は好意的に捉えられそうですね。

必要最低限の機能のみが用意され、インパネのカラーもシンプルなものがメインとなっていることから、その点が特徴になると思います。

内装の中でも、このようなインパネのデザインは大事なポイントになりそうです。

スポンサーリンク

アクアの車内空間はどう?

アクアの車内空間は、広いかどうかも知っておきたいところです。

具体的にチェックしてみたいと思います。

前後共にゆとりある車内空間を実現

04-3-1

引用:https://toyota.jp/aqua/interior/space/?padid=ag341_from_aqua_in_space01#

アクアの車内空間は、室内長が2,015mmです。

ゆとりある空間が確保されており、運転席、助手席、そして後部座席のいずれも狭いと感じられることはないようです。

特に後部座席は、座った時に体を伸ばしても特に問題ないと感じる人が多く、快適にアクアの車内で過ごせる状態を見込むことができますね。

コンパクトカーとしては、十分な広さを有しており、不自由なくアクアの車内で過ごせるのではないでしょうか。

そのような意味では、車内空間は評価できる材料として出てくるでしょう。

ラゲージスペースもコンパクトカーとしては充実の域に

04-3-1-2

引用:https://toyota.jp/aqua/interior/space/?padid=ag341_from_aqua_in_space01#

コンパクトカーでは、リヤのラゲージスペースの確保は難しい問題として挙げられることが多いです。

アクアでは、奥行が722mm、開口時の幅が946mmと、いずれも同系統の車種では高水準となっています。

買い物に行ったときに、沢山の荷物を同時にしまうことができるほか、大型の荷物も難なく積み込むことができるため、その点は魅力あるところとなりそうです。

04-3-1-3

引用:https://toyota.jp/aqua/interior/space/?padid=ag341_from_aqua_in_space01#

リヤシートを畳み込むと、大きなゴルフバッグも簡単に収納できるのが特徴です。

特にシートを倒さなくてもラゲージスペースは十分にありますが、こういったシートアレンジをするとより多くの荷物が収納可能です。

レジャーやアウトドアなどのシーンでも、こういったラゲージスペースの確保ができると便利に感じられそうですね。

普段の市街地走行だけではなく、休日に出掛ける時にもアクアを活用できると言えそうです。

スポンサーリンク

アクアの収納空間はどうなの?

アクアの内装で大事とされる、収納空間はどうなのでしょうか。

いくつか取り上げて見てみましょう。

各座席にあるポケットとホルダー

04-4-1

引用:https://toyota.jp/aqua/interior/comfort/?padid=ag341_from_aqua_in_comfort03

運転席、助手席の脇には、ドアポケットとドリンクホルダーが用意されています。

手に届きやすいところに設置されているため、利便性も高いと評価されています。

後部座席は、中央部にカップホルダー、そして前の座席の後ろ部分にポケットがそれぞれ用意されています。

そのため、前部の座席と同じように、収納スペースがばっちりと確保されています。

車内でドリンクを飲んだり、荷物をしまったりする際に、これらの収納スペースを使う機会は多くなると思います。

合計2つ用意される買い物フック

04-4-2

引用:https://toyota.jp/aqua/interior/comfort/?padid=ag341_from_aqua_in_comfort03

買い物フックは、アクアの車内にはトータルで2つ用意されています。

車種によっては1つのみの場合もあるので、複数のフックが前後それぞれの座席に用意される点は、特徴になるかと思います。

少し重めの荷物でも、特に問題なく掛けることができ、重宝される機会が多いかもしれません。

ポケットやドリンクホルダーと共に、アクアの車内ではよく利用される収納スペースになるでしょう。

アクアの内装は様々な面で充実する傾向に

アクアの内装に関して、いくつかのポイントに分けてチェックしてきました。

シートやインパネは、内装でも大事な部分としてよく挙げられますが、アクアでは満足行く仕上がりと評価される可能性は高いかもしれませんね。

カラーやデザインが非常に質感の高いものであるため、内装のベースがしっかり構成されると思います。

ユーティリティにあたる車内空間やラゲージスペース、収納スペースも、コンパクトカーとしては十分と言える仕上がりのようです。

全体的にみると、アクアの内装は充実したものであると評価できそうなので、購入する際に参考にしてみてはどうでしょうか。

この記事を書いた人

キューエム
自称、車のマニアです。車の情報を実際のディーラーで集めたり、雑誌やインターネット、ネットでの海外のモーターショーでも情報を集めて楽しんだり各種ブログで記事を書いて情報発信もしています。役立つ情報をじっくり楽しんでくださいね。

キャッチ引用:https://toyota.jp/aqua/exterior/?padid=ag341_from_aqua_navi_exterior



下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。


btn1-1