アウディA7 カスタムパーツ情報!【エクステリア、アルミホイール、マフラー 等】

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1

アウディA7は、4ドアセダンにクーペのデザインを用いることで、美しいデザインが与えられた、スポーティセダンです。

そんな独特のデザインを持つアウディA7ですが、カスタムしてもっと美しく、そしてかっこよくしたいと思いませんか?

そこで、今回は、アウディA7のカスタムパーツに注目し、カスタムパーツをご紹介していきます!

スポンサーリンク

アウディA7カスタムするならスペックを知っておく!

アウディA7は、実に完成度が高く、デザインだけではなく、その性能にも注目できるスポーティセダンです。

そして、高級車。

デザイン、性能にも特化してる分、車両価格も約1千万円からと、中々の高級車となっています。

引用:https://www.audi.co.jp/content/dam/nemo/jp/models/a7/my19/a7_sportback/layer/gallery/a7sb_gallery_____08.jpg?downsize=1324px:*

まずは、アウディA7のスペックに注目してみましょう!

アウディA7現行モデルスペック表

アウディA7 スポーツバックアウディA7 スポーツバック
55TFSIクワトロ55TFSIクワトロ
デビューパッケージSライン
全長4,975mm
全幅1,910mm
全高1,415mm1,405mm
ホイールベース2,925mm
車両重量1,900kg
最小回転半径5.7m
エンジン型式DLZ
エンジン種類V型6気筒DOHC
過給器ICターボ
排気量2,994cc
最高出力340ps/5,200~6,400rpm
最大トルク51.0kgf・m/1,370~4,500rpm
モーター型式あり(詳細不明)
モーター出力あり(詳細不明)
トランスミッション7AT(Sトロニック)
駆動方式4WD
JC08モード燃費12.3km/L
車両価格988万円1,066万円

現行モデルのアウディA7は、クーペデザインのセダンということで、グレード名には「スポーツバック」という呼称が付けられています。

そんなアウディA7のボディサイズは、全長が5m弱と、中々のビッグボディが授けられました。

グレードは「デビューパッケージ」と「Sライン」の2種類となっていますが、基本的には共通のスペックとなっています。

価格に違いがあるのは、ヘッドライトやテールランプ、その他標準で装備されているものの違いから、価格差が出ています。

引用:https://www.audi.co.jp/content/dam/nemo/jp/models/a7/my19/a7_sportback/layer/gallery/a7sb_gallery___03.jpg?downsize=1324px:*

エンジンパワーは340psを発揮し、これはスポーツカーにも劣らないパワーを持っているということになります。

そして、アウディA7が高く評価されているのは、足回りになっています。

サスペンションには5リンク・ダブルウィッシュボーン式を採用。

これによって、乗り心地の良さ、高速安定性の高さを発揮することができます。

なにより、この足回りのセッティングが絶妙といわれており、アウディA7のパーツの中でも、かなり力が入れられた部分でもあるのです。

全てにおいて優れた特性を持っているアウディA7ですから、過度にカスタムしてしまうと、逆にそのフォルムや性能の高さを低下させてしまうことも・・・。

ですから、アウディA7をカスタムする際は、そのフォルムや性能を生かしながら、かっこよくカスタムしていきましょう!

引用:https://www.audi.co.jp/content/dam/nemo/jp/models/a7/my19/a7_sportback/layer/gallery/a7sb_gallery____01.jpg?downsize=1324px:*

スポンサーリンク

アウディA7のエクステリアカスタム!

高級スポーティセダンのアウディA7をかっこよくして、他のアウディA7とは、ひと味違ったアウディA7を作り上げたいと思うのは、当然のことです。

しかし、どんな風にカスタムすればかっこよくなるのかと、悩んでしまう方もいることでしょう。

ただ、アウディA7現行(2018年)モデルの、市販されているエクステリアカスタムパーツは、今のところほとんどないというのが現状です。

そこで、先代モデルのアウディA7のカスタム例をご紹介しますので、ご自身のアウディA7カスタムの、参考にしていただければと思います。

アウディA7カスタム例①エアロ3点キット

アウディA7スポーツバック(2011~2018モデル)

・ヴァルド エアロ3点キット

・価格:30万750円(ネット価格)

引用:https://thumbnail.image.rakuten.co.jp/@0_mall/partsisland/cabinet/product_726/42030817191101.jpg

ブラック基調でまとめた、アウディA7。

フロントハーフスポイラー、サイドステップ、リヤアンダースポイラーの3点セットを装着。

強烈な派手さがないことから、さりげなくレーシーな印象を与え、高級車としての質も失わないエアロパーツです。

アウディA7カスタム例②リップスポイラー

アウディA7スポーツバック(2011~2018モデル)

・ネクストイノベーション アクリル製リップスポイラー

・価格:13万7004

引用:https://thumbnail.image.rakuten.co.jp/@0_mall/partsisland/cabinet/product_363/48730817791101.jpg

こちらもカスタム例は先代モデルになってしまいますが、さりげなく装着されたリップスポイラーです。

派手さはないので、もともとの美しいフォルムを壊すことなく、ワンポイントの絶妙なアクセントになっています。

アウディA7カスタムはDIY!?

アウディA7の現行モデルのエクステリアをカスタムするには、今のところパーツが少ないということは、否めないのが現状です。

ですから、エクステリアをカスタムするとなると、どうしてもワンオフ制作や、市販品を加工するといった方法が中心となりそうです。

引用:https://www.audi.co.jp/content/dam/nemo/jp/models/a7/my19/a7_sportback/layer/gallery/a7sb_gallery___05.jpg?downsize=1324px:*

但し、現行モデルのエクステリアは、もともとが美しいフォルムが特徴となっていますので、無理にカスタムをしなくとも、そのスタイリングは注目されることでしょう。

スポンサーリンク

アウディA7をアルミホイールでカスタム!

車のアルミホイールを交換するというのは、定番中の定番であり、アウディA7だって例外ではありません。

車は足元を引き締めるだけでも、その印象は大きく変化してしまうものです。

では、アウディA7に合う、アルミホイールをご紹介していきますが、まずはアウディA7の、タイヤの純正サイズを確認しておきましょう。

引用:https://www.audi.co.jp/content/dam/nemo/jp/models/a7/my19/a7_sportback/layer/gallery/a7sb_gallery___02.jpg?downsize=1324px:*

・フロント:255/40R20

・リヤ:255/40R20

アウディA7のタイヤサイズは、フロント、リヤとも、255幅で扁平率が40%の、20インチとなっており、これは両グレード共通となっています。

となると、ホイールサイズは、9.0Jの20インチサイズを選択することになります。

では、実際にアルミホイールを見て行きましょう!

アルミホイール①BBS LM

・20インチ×9J 鍛造2ピース

・価格:49万8,889円(4本セット ネット価格)

引用:https://shop.r10s.jp/imaoka/cabinet/samune/bbs_lm_db1.jpg

BBSの鍛造2ピースの人気モデル、LM。

デザインはスポーツメッシュタイプですが、スポーツカーだけではなく、高級セダン車との相性も悪くありません。

また、BBSのアルミホイールは、高級車を更に高める効果もあるので、アウディA7には、ピッタリのアルミホイールです。

高級な車だからこそ、高級なアルミホイールで足元を引き締めれば、それだけで注目の的になることでしょう。

アルミホイール②レイズ ヴァルツフォージドA&N

・21インチ9.0J 鍛造1ピース

・価格:7万2,760円(1本 ネット価格)

引用:https://shop.r10s.jp/tire1ban/cabinet/wheel/wheel01/w_wal15.jpg

レイズのアルミホイールは、レースシーンでも活躍する、「MADE IN JAPAN」の、高性能、高精度アルミホイールです。

このホイールは、レイズの中でも輸入車用ブランド「ヴァルツフォージド」のフィンタイプのアルミホイールですので、アウディとのマッチングも間違いありません。

また、鍛造による頑強さと高い耐久性も備えていますので、車両重量が1,900kgあるアウディA7には、ベストマッチなアルミホイールといえるでしょう。

アウディA7を足元から決める!

アウディA7は、高級スポーティセダンですので、足元もそれにマッチングするアルミホイールを選択することがベストです。

今回ご紹介したアルミホイールは、性能やデザインだけではなく、信頼性も高いアルミホイールです。

少し高価になってしまいますが、足元をアルミホイールで引き締めれば、アウディA7も引き締まって、更にかっこよさが増すこと間違いなしです!

尚、アルミホイールは、ほとんどが専用品ではなく、汎用品ですので、アウディA7先代モデルにも着用できます。

引用:https://www.audi.co.jp/content/dam/nemo/jp/models/a7/my19/a7_sportback/layer/performance/a7sb_performnce_03.jpg

スポンサーリンク

アウディA7のマフラーもカスタム!?

車をカスタムしていくと、どうしてもマフラーもカスタムしたくなります。

当然、アウディA7の現行モデルであっても、サウンド効果のあるマフラーをカスタムしたいものです。

そこで、アウディA7現行モデルに合うマフラーを探してみました。

引用:https://item-shopping.c.yimg.jp/i/n/autovillage_03265530990961101_2

結果・・・残念ながら、アウディA7現行モデル用のマフラーは、今のところありませんでした。

マフラーについては、エンジンの型式や排気量、車の年式等によって、構造に違いがあるので、汎用というわけにはいきません。

例えば、構造上別の車のマフラーが、アウディA7現行モデルにピッタリ合ったとしても、型式の違いから排気ガス規制法や騒音規制法をクリアできない場合が考えられます。

そうなると、例え車検対応マフラーであっても、車検非対応扱いになってしまうなど、難点がでてきます。

ですから、マフラー交換は慎重にならなければなりませんので、専用品がない現在、マフラー交換は控えておきましょう。

引用:https://www.audi.co.jp/content/dam/nemo/jp/models/a7/my19/a7_sportback/layer/design/a7sb_design_exterior_02.jpg

アウディA7カスタムまとめ

アウディA7をカスタムするには、カスタムパーツが少ないというのが現実です。

しかし、どうしてもアウディA7をカスタムしたいという方も少なくないというのも、また現実です。

アウディA7をカスタムするには、自作でパーツを作成したり、市販品を加工してみるのも面白いかもしれません。

引用:https://www.audi.co.jp/content/dam/nemo/jp/models/a7/my19/a7_sportback/layer/design/a7sb_design_exterior_01.jpg

しかし、もともと美しいデザインが特徴の車ですので、やり過ぎて美観を損ねたり、車検に通らないようなカスタムは避け、本来の美しさを前面に出すことを優先してみてはいかがでしょう?

この記事を書いた人

agree
サッカーやラグビーで有名なヤマハスタジアムがある静岡県磐田在住です。
免許取りたての頃は、とにかく運転が大好きでした。
今はいろいろな車のデザインを見るのが好きです。



下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。


btn1-1