新型アウディ Q7 価格・値段をグレード別に紹介!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1

人気海外車であるアウディより発売されているSUV Qシリーズ。

このQシリーズの中で最高峰のモデルに位置付けられているのがアウディQ7です。

Qシリーズ内で最大のボディサイズを誇り、機能性、エクステリア、インテリア全てにおいて最上級となっています。

各グレードの特徴や価格・値段について紹介したいと思います。

アウディQ7のグレードの種類は?

引用:https://www.audi.co.jp/jp/web/ja/models/q7/q7.html

まずはアウディQ7のグレードの種類について見ていきましょう!

アウディQ7の現在のグレード展開は以下のようになっています。

・2.0 45 TFSI Quattro
・2.0 45 TFSI Quattro エアサスペンション装着車
・3.0 55 TFSI Quattro
・3.0 55 TFSI Quattro エアサスペンション装着車
・Black Styling
・Samurai Edition

では、各グレードの特徴を見て行きましょう!

まずは2.0 45 TFSI Quattroと3.0 55 TFSI Quattro。

アウディQ7の基本グレードはこの2種類であり、それぞれの数字や文字が何を示しているのか説明していきたいと思います。

まずは冒頭になる2.0と3.0という数字。

こちらはエンジンの排気量を示しており、それぞれ

・2.0⇒1984cc
・3.0⇒2994cc

となっています。

次に45 TFSI、55 TFSですが、こちらはエンジンの種類であり、最高出力と最大馬力が異なっています。

■45 TFSI
・最高出力:370Nm
・最大馬力:252PS

■55 TFSI
最高出力:440Nm
・最大馬力:333PS

数字の大きな55 TFSIの方がハイスペックとなっていますね。

ちなみにTFSIとはアウディ社が開発したエンジンの総称であり、直噴システムと過給機(スーパーチャージャー)を装着している特徴があり、Turbo Fuel Stratified Injectionの略です。

最後のQuattro。

これはアウディが独自開発したフルタイム式4WDの名称で、路面状況に合わせて4輪それぞれの駆動力の配分をフルタイム変化させ、どんな道でもより速く、安定した走行を得る事が出来ます。

アウディQ7には全グレードでQuattroが採用されている為、どのグレードを選択しても4WD車となっています。

エアサスペンション装着車とは字のごとく2.0 45 TFSI Quattroと3.0 55 TFSI Quattro、それぞれのグレードにエアサスペンションが装備されているモデルですね。

次にBlack StylingとSamurai Editionですが、こちらは限定販売された特別仕様車です。

Black Stylingは2.0 45 TFSI Quattro エアサスペンション装着車をベースとした特別仕様車でありエクステリア、インテリアともに黒で統一されているのが特徴で125台限定販売されています。

https://www.audi.co.jp/jp/web/ja/models/q7/q7.html

インテリアの装備も豪華で、シートにはレザーが使用され、プライバシーガラスや4ゾーンデラックスオートマチックエアコンディショナー、そしてスピーカーにはBOSE3Dサウンドシステムが採用されています。

次にSamurai Editionですが、こちらはQ7 3.0 TFSI quattroをベースとし、サムライグレートと呼ばれる専用色でカラーリングされた特別仕様車で、70台限定で発売されています。

https://www.audi.co.jp/jp/web/ja/models/q7/q7.html

内部はBlack Styling同様、レザーシートにプライバシーガラスや4ゾーンデラックスオートマチックエアコンディショナー、そしてスピーカーにはBOSE3Dサウンドシステムが採用されています。

アウディQ7の値段・価格は?

引用:https://www.audi.co.jp/jp/web/ja/models/q7/q7.html

では、次にアウディQ7の値段・価格を見て行きましょう!

各グレードの価格帯は以下の通りです。

どのグレードも高価であり、最も値段が低い2.0 45 TFSI Quattroでも812万円となっています。

特別仕様車に至ってはどちらも1000万円を超えており、非常に高価ですよね。

さすがはQシリーズ最高峰のQ7と言ったところですね。

アウディQ7のおススメグレードは?

引用:https://www.audi.co.jp/jp/web/ja/models/q7/q7.html

グレードの違いや価格を見てきたところでアウディQ7のおススメグレードを紹介したいと思います。

筆者がおススメしたいアウディQ7のグレードは2.0 45 TFSI Quattro エアサスペンション装着車です。

では、何故このグレードがおススメなのか、価格や装備面などからお話していきましょう。

アウディQ7 3.0 55 TFSI Quattroをおススメする理由は?

筆者が2.0 45 TFSI Quattro エアサスペンション装着車をおススメする理由を説明していきたいと思います。

まず除外したいのは特別仕様車について。

特別仕様車を除外した理由は非常に単純で、値段と限定販売であるため。

Black Styling、Samurai Editionともに1000万円を超えており、非常に高価です。

さらにそれぞれが限定車となっていますので、そもそも購入できない可能性もあります。

価格、限定発売という理由からBlack Styling、Samurai Editionは選択肢から除外しました。

では、残り4グレードからなぜ、2.0 45 TFSI Quattro エアサスペンション装着車を選択したのかお話していきたいと思います。

最初に注目して欲しいのはエンジンスペックと価格の差です。

たしかに3.0 55 TFSI Quattroのエンジンスペックは非常に高いのですが、2.0 45 TFSI Quattroも日本国内で使用するには十分な性能を持っています。

直線が多い国外では3.0 55 TFSI Quattroのエンジンスペックは光るのでしょうが、国内では2.0 45 TFSI Quattroで十分だと考えます。

そして、グレード間の差額ですが、126万円とかなり大きいです。

2.0 45 TFSI Quattroのエンジンスペックで十分である事とこの金額差を考えるとこの価格はオプション料金に回すほうが良いでしょう。

特に、ヴァーチャルコックピットは非常に優れたオプションとなっているので是非購入しておきたいです。

ヴァーチャルコックピットとは運転席のディスプレイに様々な情報が表示されるシステムの事であり、現在、国内車でも使用されているマルチインフォメーションディスプレイとは異なり、アウディのヴァーチャルコックピットは全画面で様々な情報が表示されるのが特徴的です。

引用:https://www.audi.co.jp/jp/web/ja/models/q7/q7/equipment.html

特に地図情報の表示はとても便利で優秀!

通常ナビはセンターコンソールに装着されている事がほとんどなのですが、Q7のヴァーチャルコックピットでは、運転席のディスプレイに表示されますので、視点の移動が少なくてすみます。

また地図の形状も通常地図とGoogle Earthのどちらから選択ができ、好みによって変更可能です。

ヴァーチャルコックピットの説明動画がりましたので、掲載しておきます。

ヴァーチャルコックピットは非常に便利な機能となっていますので、アウディQ7には是非付けたいシステムですよね。

この機能は3.0 55 TFSI Quattroには標準装備、2.0 45 TFSI Quattroにはオプション装備となっており、その価格は9万円です。

128万円の差額を考えるとかなり少ない金額ですので、2.0 45 TFSI Quattroを購入し、ヴァーチャルコックピットをオプション追加すのが良いでしょう。

次に考えたいのがエアサスペンションの有無です。

引用:https://www.audi.co.jp/jp/web/ja/models/q7/q7/performance.html

エアサスペンションとは空気のバネとも言われており、車体の高低を調整し、走行中の衝撃を和らげる装備となっており、海外車をはじめとする高級車の多くには装備されている機能で、乗り心地が改善するというメリットがあります。

エアサスペンションがクッションのような役目を担っているので、路面の凹凸に対してもかなりの効力を発揮してくれます。

特にアウディQ7のエアサスペンションは評判がよく、「本当に乗り心地が良かった」と好評でした。

さらに、「低速時のフラツキが解消される」「後部座席に乗っていてもフラツキが気にならない」などの意見もありエアサスペンションの使用で乗り心地が向上する事は間違いないです。

また、車高の変化も可能となっていますので、見える景色が変化し、運転していて楽しいポイントとなっています。

様々なメリットを与えてくれるエアサスペンションは高級車であるアウディQ7に装備しておいても損はないでしょう。

エアサスペンションの有無によって変わる金額は30万円となっていますので、3.0 55 TFSI Quattroとの差額126万円よりもずいぶん安く済みます。

この様な理由から筆者がおススメするグレードは2.0 45 TFSI Quattro エアサスペンション装着車であり、さらに言うとヴァーチャルコックピットをオプションとして購入する事を推奨します!

アウディQ7の値段や価格、グレードについてまとめると

今回はアウディQ7の値段や価格、グレード間の違いを調べ、筆者がおススメするグレードについてお話しました。

筆者がおススメするグレードは2.0 45 TFSI Quattro エアサスペンション装着車であり、その理由は

・3.0 55 TFSI Quattroとの差額
・エアサスペンションの快適性

となっています。

3.0 55 TFSI Quattroは確かにエンジンスペックも高く、素晴らしいグレードとなっていますが、国内でこのスペックを活かしきれる場面があるのかは疑問です。

また、2.0 45 TFSI Quattroのエンジンスペックも国内では十分な性能となっていますので、差額126万円を払ってまで高価な3.0 55 TFSI Quattroを選択する必要は無いように思います。

むしろこの差額分をエアサスペンションやヴァーチャルコックピットの代金にあてる方が賢い選択ではないでしょうか?

エアサスペンション、ヴァーチャルコックピットはどちらも素晴らしい機能となっていますので、2.0 45 TFSI Quattro エアサスペンション装着車を選択し、ヴァーチャルコックピットをオプションとして購入するのがおススメです。

アウディQ7の購入を考えているがなかなかグレードを決められないという人は2.0 45 TFSI Quattro エアサスペンション装着車を考えてみてはいかがでしょうか?

キャッチ画像引用:https://www.audi.co.jp/jp/web/ja/models/q7/q7/design.html

この記事を書いた人

桃鉄@稚内
車やバイクが好きな30代男性。
知らない土地に行き色々な風景を見るのが趣味。

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど
悩みが尽きない…

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1