新型カローラフィールダーの試乗レビュー情報!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一度の査定で最大5000社が
公開入札であなたの車の
買取価格を競ってくれるので、
あなたの車の最高額がわかるのです。

btn1-1

トヨタの新型カローラフィールダーに試乗した方のレビューはどうなっているでしょうか?。

新型カローラフィールダーに試乗した感想などのレビューをご紹介します。

ブルーメタリック

(引用: http://toyota.jp/corollafielder/style/)

スポンサーリンク

「地球人の幸福と福祉のためのカローラ」

cf_2

(引用: http://toyota.jp/corollafielder/)

初代の開発責任者の長谷川龍雄氏の言葉です。

カローラは長い間、国内販売台数トップと言う歴史があります。

その時代時代でのニーズに合わせて、ユーザーの声を大事にして来た証でしょう。

ですが、最近はトヨタの中でも、プリウスやアクアなどのハイブリッドに時代のニーズが移り、

販売台数も伸び悩んでいた時期もありました。

ところが、2013年、ハイブリッドのカローラが誕生した事で、一気に注目を浴びる事となり販売台数も伸びています。

カローラ販売台数カローラ販売台数表

※ 軽自動車および海外ブランドを除く
※ ブランド通称名とは、国産メーカーの同一車名を合算したものであり、海外生産車を含みます。

(データ参考: http://www.jada.or.jp/contents/data/ranking.html#)

スポンサーリンク

試乗レビュー

cf_4

(引用: http://toyota.jp/corollafielder/style/)

 カローラフィールダーの試乗レビューをご紹介します。

新型2NRエンジン

スーパーレッドV

(引用: http://toyota.jp/corollafielder/style/)

1.5X、1.5G、1.5Gベースの”W×B”や”AEROTOURER”には新開発の1.5リッターガソリンエンジン(2NR-FKE型)が搭載されました。

アトキンソンサイクルのほか、VVT-iE(電動連続可変バルブタイミング機構)などが採用され、従来の1NZ-FE型と比べて燃費が改善されたと言われています。

こちらのレビューから見てみましょう。

“燃費優先ユニット。”

“追い越しや合流の際に加速しようとしても切れ味のあるレスポンスは期待できない。”

“マイナーチェンジでアトキンソンサイクルに変更されたようですが、高速での実質最高巡航速度がやや低下しているような気がしました。旧エンジンより高速で少しだけ非力に感じましたが、実用上問題無し。”

“高速道路で追い越し時に加速するときには、やや不足を感じる。高速の上り坂でも余裕はあるが、追い越し車線では後ろから高速車が来てないかを注意してないといけないくらいにはパワー不足。”

燃費改善対策をしたエンジンですが、追い越し等のパワーには少し物足りなさを感じる方もいらっしゃるようですね。

エクステリア

マイナーチェンジ1

(引用: https:/gazoo.com/car/newcar/salespoint/Pages/corollafielder_150330.aspx)

マイナーチェンジで異例の外装変更をし、よりスタイリッシュになりました。この辺りも含めて見てみましょう。

“サイド・リアスタイルは普通に良いと思う。”

“フェンダーの両端がさり気なく盛り上がっている?事に気付き、そこは何となく気に入りました。”

“カローラの運転しやすさと、安全のトヨタセーフティセンス、燃費、今までのイメージのフィールダ-とは違うスタイル、すべて満足です。”

“乗りやすい車で、スタイリングや装備もW×Bはお得感あります。”

エモーショナルなカッコよさ、というよりは「普通にカッコいい。」「なんとなく気に入った。」という意見が多いようです。

先進安全装備

TSSC

(引用: http://toyota.jp/corollafielder/safety/active/)

Toyota Safety Sense Cを始め、アイドリングストップなども1.5リッターのグレードやHybridで標準装備になりました。こちらはどうでしょうか。

“アイドリングストップに関しては停止前からストップする感じは無く、停止時にブレーキの強弱によってON/OFFを使い分ける事が可能で、非常に扱いやすかった。”

“高価そうなLEDヘッドライトは非常に明るくて頼もしかったのですが、高速道路の標識などが反射で見え難かったです。
オートハイビームについては、まるで人が操作しているようなきめ細かさで素早く反応して自動でLOW/HIGHが切り替わります。”

“明るいLEDヘッドランプ、自動Hi-Loビーム切替え、後退時にサイドミラー下側へ向く、居眠り検知機能有り、それなりの衝突防止センサー、手頃な値段(税込み220万円)”

 新採用のBi-Beam LEDヘッドランプは、”+Red”や”W×B”に搭載されています。この高そうなライトはとても明るいという事が判ります。

アイドリングストップやオートハイビームについても、操作や使用感覚が自然で扱いやすいようです。

 燃費

cf_1

(引用: http://toyota.jp/corollafielder/)

誰もが気になる燃費についてはどうでしょう。

マイナーチェンジ8

(引用: https:/gazoo.com/car/newcar/salespoint/Pages/corollafielder_150330_03.aspx)

“見切りの良さ、燃費の良さ、荷室の広さが現行のフィールダーの美徳だと思います。”

“普通に乗るのならば十分です。燃費もいいしプリウスやアクアを飽き飽きした方などにはあまり目にしないこの車はいいですよ。”

“約400kmの平均で15.9km/リッターだった。データとしては限定的だが、そのうち8割がたがおとなしく高速道路を走ったという走行条件を考えると期待したほどの数値ではない。”

“夏タイヤで街乗り15km/L、高速で19km/Lくらい。”

  • 実燃費データ

トヨタ カローラフィールダー (ハイブリッド)

20.35km/L (カタログ燃費: 33.0~33.8km/L)

トヨタ カローラフィールダー

14.32km/L (カタログ燃費: 16.6~23.0km/L)

燃費に対しては、「期待したほどでもない。」と言う意見もありますが、それなりに満足している意見の方が

多いような気がします。

⇒ 新型カローラフィールダーを値引きから更に50万円安く買う裏ワザ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

まとめ

CF_9

(引用: http://toyota.jp/corollafielder/gallery/)

2014年のビックマイナーチェンジで、「ベストセラーカー」復権への新たなチャレンジとして、様々な対策をしてきた開発者の思いは、ユーザーに届いているように思います。

普通に、自然に使いやすい、パワーはイマイチの所もあるけれども、街中ではベスト、自分には丁度いいと言った意見が多いのも注目でした。

(参考レビュー: http://review.kakaku.com/review/K0000373975/#tab)
(参考レビュー: https:/toyota.jp/service/owners/dc/car-list?car_code=corolla fielder-b_00009&channel=&SORT_ORDER1=01&SORT_ORDER2=03&page=1)

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど
悩みが尽きない…

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一度の査定で最大5000社が
公開入札であなたの車の
買取価格を競ってくれるので、
あなたの車の最高額がわかるのです。


btn1-1


スポンサーリンク


スポンサーリンク