新型クラウンアスリートの口コミ情報! 評価や評判はどうなってる?

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1

トヨタの新型クラウンアスリートの口コミから、評価や評判がわかります。

新型クラウンアスリートの口コミ評価と評判などをまとめてご紹介します。

kuchikomi_01

引用:http://kuruma-kaitorino1.com/?p=1306

スポンサーリンク

エクステリアについての口コミ

クラウンアスリートのエクステリアデザインについては、様々な意見が取り沙汰されています。

とくにフロントグリル部が大きくなったことでカッコ良くなったとも、バランスがわるくなったとも。

そんなデザインについての口コミを見ていきたいと思います。

Y51フーガと比較しましたが、駐車場が立体駐車場のため、サイズ的にフーガはギリギリアウトで、クラウンになりました。

全体のバランスは、さすがにまとまりがいいです。

当初グリルが色々言われましたが、3年経ってますので、見慣れたこともあり違和感ありません。

スパッタリングのアルミもかっこいいです。

デビュー当時、あんなに違和感のあったこの「顔」もこれだけ街中に溢れるとさすがに慣れました。

これだけ街中に走らせたトヨタはやはりスゴイです。

日本の風景の一部にしてしまうのですから。

ただ個人的には今もこの「顔」は受け入れられません・・・

元々、ゼロクラウンの流れを引き継いだスタイルのため、サイドビューは伸びやかで素晴らしいですからなおさら「ゼロ」の顔で出て来てくれたら・・・と思ってしまいます。

kuchikomi_02

引用:http://kuruma-kaitorino1.com/?p=1252

全体的に凹凸がすごく増して立体的になって良くなったと思います。

ボンネットのバンパーへ向かうスジの凹凸が大きくなり、かなり出っ張ってます。

ラジエターグリルは、とげみたいにデコボコしてつやつやでかっこいいです。

ラジエターグリルの王冠マークがプラスティック板みたいな感じで安っぽいです。

フォグランプ周囲の黒い部分がプラスティックで安っぽいです。

リアブレーキランプ立体的に大きくなり、奥行きが増してかっこよくなりました。

リアバンパーのアンダーカバー(ブラック部分)空力を考えた形で良いです。

ホイールがシルバーからダークシルバーになり色が濃くなり良いです。

kuchikomi_03

引用:http://www.ikkyu-land.gr.jp/qa_04/118.html

現行型もいかつくて嫌いでは無いのだが、20型後期の完成されたカッコよさに惚れました。

FRらしい流れるような横のラインとバランス、前からの高級感がありながらもある程度の威圧感も併せ持つ絶妙なデザインは現行含め全てのセダンの中で最高です。

当方のは特別仕様でライト周りがスモークになっており、ちょっとワルな雰囲気もあります(笑)

数年後の下取り後はきっと地元のマイルドヤンキーが好んで買ってくれることでしょう(爆)

クラウンが「日本の風景の一部」とは言い得て妙ですね。

独特の威厳を放つデザインはやっぱりレクサスよりいいという人が多いです。

それから立体駐車場にきっちり収まるというのは、さすがに「日本の車」を作ってきたクラウンに軍配が上がりましたね。

クラウンアスリートのサイズはセダンが最も美しく見える黄金比なのだといえるでしょう。

kuchikomi_04

引用:https:/www.autoevolution.com/news/2014-toyota-crown-athlete-is-a-cool-sedan-you-cant-have-video-78596.html

スポンサーリンク

インテリアについての口コミ

先進性はあまり感じられないものの、でも古臭くもなく安心できる。

ただ、後部座席は思ったより狭く、また天井高も低いのでやや窮屈に感じる。

細部の作り込みは流石だと思います。

内装はシンメトリカルで整理され、豪華な雰囲気の中にも整然とした美しさがあります。

多くのユーザーさんがコメントしている通り、次代200系の内装はゼロよりもチープな雰囲気がします。

インパネは、ほとんどソフトバッドで覆われ、黒木目調パネル、シルバー加飾で豪華です。

シートはテラロッサですが、パーソナル感があり、おしゃれでいい感じです。

広さは、ミニバンとは比べようがありませんが、4人なら長距離もOKです。

180cm以上の人は後席は辛いです。

kuchikomi_05

引用:https:/www.autoevolution.com/news/2014-toyota-crown-athlete-is-a-cool-sedan-you-cant-have-video-78596.html

コントローラーを大型のタッチパネルにしてみたりと色々進化していますが、それがトータルで「キリッ」としないのはなぜでしょうか。

レクサスを「欧風」とするなら、こちらは「和風」?

わざとレクサスと差別化しようとしているのかも知れませんが、LSやGSの運転席に座った時のようなピリッとした緊張感が感じられません。

ま、和風なのはゼロの頃もそうでしたからあえてリラックス出来るようにしつらえてあるのだと思いますが、もう少し緊張感が欲しいです。

ほとんど変化ないですが、オートでハンドルやサイドミラーが動くのや電動シートは便利です。

メーターパネルのモーター等の表示が、3Dっぽくなり見やすくなったわけではないですが変わってます。

インテリアはあまり変化無いですね。

kuchikomi_06

引用:https:/www.autoevolution.com/news/2014-toyota-crown-athlete-is-a-cool-sedan-you-cant-have-video-78596.html

クラウンアスリートの内装についても意見が大きく分かれます。

そしてなぜか「レクサスを意識している」という声が多いです。

意識というか遠慮というか、ちょっとした素材感がレクサスにくらべてチープに見えるというのです。

レクサスはレクサス、クラウンはクラウンそういった見方であらためて比べてみたいものです。

スポンサーリンク

走行性能についての口コミ

FRですが、飛ばしても怖くありません。

VDIMという高度な制御である程度飛ばしても全く問題なくスムースにコーナーも曲がれます。

普通のおっさんが街中と高速道路を乗るには十分過ぎる性能です。

但し、高速で法定速度以上出し続けると、やっぱり怖いです・・・・ドイツ車にはかないません。

kuchikomi_10

引用:https:/www.autoevolution.com/news/2014-toyota-crown-athlete-is-a-cool-sedan-you-cant-have-video-78596.html#agal_9

出だしは少しもっさり感というかレスポンスと自分の意志が合わずやや不満。

スポーツモードではまずまずだが。

低速域では静かで快適で高級車的な乗り味があるも、高速域ではプオーンといい響きのエンジン音と共にグイグイ引っ張ってくれる。

この2面性が面白い。

剛性やレスポンスなどかなり改善というかドイツ車寄りになった。

乗り心地が劇的に違います。

走行時のごつごつ感が無くなり、多少ふわふわする感じがしますが、コーナー時等の踏ん張りは以前より良くなってます。

サスペションの動きとボディー剛性の向上が素晴らしく、ここまで違うとは思いませんでした。

エンジンがかかった際の音は変わりませんが、モーターでの走行時の動作音が静かになっており、エンジンがかかった際のつながりもスムーズになってます。

止まる寸前の、回生ブレーキから通常ブレーキに変わる際のギクシャク感が改善されてます。

kuchikomi_06.png7

引用:https:/www.autoevolution.com/news/2014-toyota-crown-athlete-is-a-cool-sedan-you-cant-have-video-78596.html

2Lを「ダウンサイジング」と呼べるかどうかは置いといて、この新型エンジンは皆さん気になるのではないでしょうか?

乗ってみた結論は、この重いクルマを「軽いクルマ」と感じさせるとても良いエンジンということです。

新型「8AT」もスムーズ。

6ATでも充分のように思えますが、6段でとどまる事は時代が許してくれないのでしょう。

現在BMWを所有していますのでBMWの8ATと比較してしまいますが、スムーズネスに関してはトヨタも負けていない印象を持ちました。

なかなかやります。

kuchikomi_09

引用:https:/www.autoevolution.com/news/2014-toyota-crown-athlete-is-a-cool-sedan-you-cant-have-video-78596.html#agal_2

新型「8AT」もスムーズ。

6ATでも充分のように思えますが、6段でとどまる事は時代が許してくれないのでしょう。

現在BMWを所有していますのでBMWの8ATと比較してしまいますが、スムーズネスに関してはトヨタも負けていない印象を持ちました。

なかなかやります。

3.5Lなので、まったく不満はありません。

走行モードが「スポーツ」「ノーマル」「エコ」と3つありますが、「エコ」でも一般の車より加速が良いです。

アクセルを1/3位踏めば、どの速度からでも期待を裏切らない加速が得られます。

kuchikomi_08

引用:https:/www.autoevolution.com/news/2014-toyota-crown-athlete-is-a-cool-sedan-you-cant-have-video-78596.html#agal_1

走行性能については、さすが高級セダンです。

そしてどんどんと改良が加えられているだけあって、新型の性能は目を見張るものがありますね。

それもすべてTNGA「トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー」が本格稼働しプラットフォームの刷新をはじめ、パワートレインの次世代化が急速化していることに基づいています。
⇒ 新型クラウンアスリートを値引きから更に50万円安く買う裏ワザ!

スポンサーリンク

クラウンアスリートの口コミ情報まとめ

口コミからわかることはクラウンがまさしく日本を代表する高級セダンということです。

多くの大人たちからは「ゼロクラウン」が発表されたころの衝撃や感動が懐かしくて仕方ないといった気持ちがひしひしと伝わってきます。

だからこそ新型クラウンアスリートにも、その頃の面影を知らずと探しているような気がします。

そしてあこがれに似たものが強いばかりに、デザインや内装、走りにおいて少しでも満足できないところがあると、すねる子供みたいになったりして・・・。

まあ、それは冗談ですが、誰しもクラウンに期待するものは計り知れないほど大きいですね。

口コミの中にはドイツ車と比較するような表現がいくつかでてきましたが、日本の車づくりは、すでに欧州的になっています。

ダウンサイジングもその流れです。

今後も環境性能のさらなる向上が求められることになります。

そんな社会情勢もあり、これからは2.0Lターボとハイブリッドが中心となってくるクラウンですが、お父さんたちの夢がいつまでも続くように祈るばかりです。

はたしてダウンサイジングターボは3.6Lにとって代わることができるのでしょうか・・・。



下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1


スポンサーリンク


スポンサーリンク