新型セレナの色・カラー紹介! 人気カラーはどれだ?

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一度の査定で最大5000社が
公開入札であなたの車の
買取価格を競ってくれるので、
あなたの車の最高額がわかるのです。

btn1-1

ワンボックスミニバンのベストセラーである日産セレナですが色が気になる方が多いのではないでしょうか。

今回はセレナの色見本や人気カラー、お手入れ方法について検証させて頂きます。

スポンサーリンク

セレナの色見本は?

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/serena/exterior_interior.html

日産セレナにはどの様な色があるのか調べてみました。

マルーンレッド/ダイヤモンドブラック 2トーン(スクラッチシールド) +75,600円

ブリリアントホワイトパール/ダイヤモンドブラック 2トーン(スクラッチシールド) +75,600円

ダイヤモンドブラック/ブリリアントシルバー 2トーン(スクラッチシールド) +86,400円

カシミヤグレージュ/インペリアルアンバー 2トーン(スクラッチシールド) +75,600円

アズライトブルー

マルーンレッド +43,200円

カシミヤグレージュ +43,200円

インペリアルアンバー(スクラッチシールド) +54,000円

ダイヤモンドブラック(スクラッチシールド) +54,000円

ブリリアントシルバー

ブリリアントホワイトパール +54,000円

シャイニングブルー

ミントホワイトパール

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/serena/exterior_interior.html

※2トーン色の場合はダイヤモンドブラックまたはインペリアルアンバーの塗装部位のみがスクラッチシールドとなります。

セレナにはスクラッチシールドという特殊な塗装技術が採用されており、洗車でのスリキズや引っかきキズ程度なら時間の経過とともに修復してしまうというものでボディに軟質樹脂を配合したクリア塗装を施してあります。

耐用年数は3〜5年間ですがその後も一般塗装よりキズがつきにくい状態を保てます。

クリア塗装が剥がれてしまうような深いキズやクリア塗装自体が切断された場合は復元されません。

スクラッチシールドはサイドシルプロテクターやリアスポイラーを除いた車体色の塗装部位に採用されています。

それぞれの色の詳細はどうなっているのでしょう。

ブリリアントホワイトパールは最も人気のある色になります。

ホワイトパールは定番の色であり、パールが効いているホワイトながらのキラキラした光沢を楽しむ事ができます。

また、将来的な売却時にも価格が維持されやすく幅広い支持が見込められます。

ダイヤモンドブラックはホワイト同様の定番色になります。

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/serena/exterior_interior.html

ソリッドではないパールブラックですから光の角度次第では独特の輝きを楽しむことができます。

追加料金が気になるところですがホワイト同様に将来的な売却時にも価格が維持されやすいですから安心できます。

ブリリアントシルバーは親しみやすい定番色になります。

汚れが目立ちにくくてお手入れが楽なのが嬉しいですね。

派手さはありませんが落ち着いた佇まいが上質感を醸し出してくれます。

スポンサーリンク

セレナの人気カラーはこれだった!

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/serena/exterior_interior.html

ここまでは日産セレナの色の種類についてお知らせさせて頂きました。

ここではセレナの人気色にについて検証してみたいと思います。

ブリリアントホワイトパール/ダイヤモンドブラック2トーンは人気のホワイトベースでルーフのブラックが全体を引き締めています。

ドアミラーからピラーを経てリアエンドまでのバランスが抜群に良いですね。

マルーンレッド/ダイヤモンドブラック2トーンはセレナのイメージカラーになっています。

レッドとはいっても鮮やか過ぎずに少し落ち着いた深みのある色になります。

ルーフ部分がブラックになり、コントラストを楽しむ事ができますね。

アズライトブルーは明るすぎないダークブルーになります。

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/serena/exterior_interior.html

日中はパールの輝きで角度によってはパープルも含まれたキラキラ感を楽しめます。

夜になるとブラックにも見える引き締まった色であり、追加料金も必要ないことからブラックとホワイトに続く人気色になっている様です。

ダイヤモンドブラック/ブリリアントシルバー2トーンはブラックがベースになりシルバーがルーフとドアミラーにかけてのアクセントになっています。

スクラッチシールド仕様ですからキズに強いのも心強いですね。

インペリアルアンバーは落ち着きのある色であり、渋みのある味わい深さが特徴的で、ベテランドライバーに人気があるそうです。

メタリック系ですから明るい場所では立体的な濃淡が映えて、夜などはブラックに近いブラウンになります。

シャイニングブルーは明るく鮮やかなブルーになります。

ブルーは色の幅が広くて選択肢が増えるのは嬉しい心配りですね。

ブルー系はお手入れもしやすくてお子様がいるご家庭にはおススメですね。

カシミヤグレージュはシルバーにブロンズが組み合わさった渋みのある色になります。

マイクロチタンパールという独自の塗装が施されていますから鈍い金属の塊感で所有欲を掻き立てられます。

お手入れもしやすくて扱いやすい色ですね。

マルーンレッドは単色だと鮮やかなに見えますね。

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/serena/exterior_interior.html

実際はワインレッド系ですから面積の大きなセレナでも違和感はありません。

色あざやで活発なイメージでアウトドアにはぴったりですね。

カシミヤグレージュ/インペリアルアンバー2トーンはマルーンの濃淡で表現された落ち着きが上品ですね。

ドアミラーからルーフが濃いブラウンの2トーンというのは珍しくも渋いステキな色です。

ミントホワイトパールはホワイトパールに少しだけライトグリーンがほんのりと意識されるいろで、ありきたりなホワイトから差別化したい方にはおススメですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

セレナの手入れはこうやろう

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/serena/exterior_interior.html

ここまでは日産セレナの色の種類や人気色についてお知らせさせて頂きました。

ここではセレナの色に関するお手入れ方法について検証してみたいと思います。

ワンボックスミニバンは売却時にカラーリングで査定額が左右されます。

やはり安定して人気なのがホワイトとブラックですから2トーンカラーを含めて長く乗らないなら人気カラーを選択すれば後悔はないと思います。

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/serena/exterior_interior.html

ただしこの2色はお手入れに少々手間がかかるのも事実です。

しっかりとお手入れを重ねて良い状態を保つ事が大切ですね。

ホワイトはマメに洗車をしないとホコリが溜まり、そこに雨が降るとサイドにホコリの筋が出やすいです。

そのまま放置しておくとウォータースポットや雨染みができやすいですから最低限の水洗いはしてあげましょう。

特にルーフやボンネットは太陽光がダイレクトにあたりますからウォータースポットを防止する意味でも水滴はよく拭き取りましょう。

ドアノブやドアミラーの下はホコリの筋がつきやすくなっています。

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/serena/exterior_interior.html

ケミカル用品でしっかりと頑固な汚れも落とす様にしましょう。

ブラック系はホコリが目立ちやすく、雑に洗車をするとスリキズがつきやすいですからマメにソフトに洗車をします。

スライドドアやボンネットなど広い平面波はスリキズが目立ちやすいですから優しく洗います。

雨天の走行後は車体の下に泥はねがつき、乾くと目立ちますので早めに水で流しておくと安心です。

明るいブルーやシルバー、マルーンなどは少々ホコリがついても汚れが目立たない特徴があります。

理由は色が汚れに近いからですが、少しくらい洗車をしなくともホコリも目立ちませんし小キズがついても本当に目立ちにくいです。

ですからこれらの色は忙しい方やそもそも洗車が苦手な方に向いているといえます。

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/serena/exterior_interior.html

セレナはスクラッチシールドというキズが付きにくい塗装技術を採用しており、インペリアルアンバーは採用色ですからさらに安心できますね。

スクラッチシールドが採用されていなくとも新車時にカーコーティングを施工しておけば美しい状態が維持しやすくなります。

汚れが塗装の深い部分まで到達しにくいですから汚れがついても洗車をすればキレイな状態を保ちやすいからです。

コーティングも様々な種類がありますが年に一度はメンテナンスをしてもらう事で何年でも塗装状態を新車時に近く保っていけます。

アイキャッチ画像引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/serena/exterior_interior.html

この記事を書いた人

テンさん
車はもっぱらカーシェアリング。
でも本当は・・・本当はマイカーが欲しいんです!
その溢れんばかりの情熱を記事にぶつけていっています。

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど
悩みが尽きない…

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一度の査定で最大5000社が
公開入札であなたの車の
買取価格を競ってくれるので、
あなたの車の最高額がわかるのです。


btn1-1


スポンサーリンク


スポンサーリンク