新型FJクルーザーのスペック紹介! 特徴や性能は?

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1

トヨタの新型FJクルーザーのスペックはどうなっているでしょうか?

新型FJクルーザーのスペックや、特徴などまとめてご紹介します。

スポンサーリンク

新型FJクルーザー主要スペック

新型FJクルーザーの購入の前に自宅の車庫に入るのか大きさなど気になりますね。

rh01_800R

引用:http://toyota.jp/sp/fj/

いざ購入したけれど、駐車場にはギリギリ..じゃがっかりですから、そうならないようにしっかりスペックを確認しておきましょう。

新型FJクルーザーは4つのグレードに分かれていますが、すべてのグレードにおいてスペックは共通になります。

全長 4,635mm

全幅 1,905mm

全高 1,840mm

長さは良しとしても、幅190センチ以上となると狭めの駐車場や立体駐車場などなどギリギリ入るかなっ?という感じがします。

carlineup_fjcruiser_interior_indoor_space_01_spR

引用:http://toyota.jp/fjcruiser/interior/indoor_space/

室内長1,785mm

室内幅 1,560mm

室内高 1,225mm

トヨタのノアの室内幅が1,540mmなので室内の幅はミニバン並なんですね。

ということは、全幅-室内幅=345mmも肉厚なのか、フェンダーが丸みのあるせいなのか随分差があるのが分かります。

carlineup_fjcruiser_grade_01_lbR

引用:http://toyota.jp/fjcruiser/grade/

車両重量 1940kg

最小回転半径 6.2m

carlineup_fjcruiser_safety_active_02_pcR

引用:http://toyota.jp/fjcruiser/safety/active/

最小回転半径が6mを超すと取り回しが厄介と言われているのが一般的ですが、この6メートル超はキャデラックのエスカレードも同じになり、外車並みのホイールベースという事ですね。

燃費消費率JC08モード 8.0Km/L

carlineup_fjcruiser_performance_08_spR

引用:http://toyota.jp/fjcruiser/performance/

燃費に関しては、ホンダのエリシオンと同じ程度、案外燃費が良い方なのかもしれませんね。

同系ランドクルーザーはちなみに6.7Km/Lですから、排気量4000ccの車で8.0Km/Lとは燃費は悪くないという事が分かります。

エンジン種類 V型6気筒DOHC

使用燃料 無鉛レギュラーガソリン

総排気量 3,955cc

最高出力ネット 380/4400

最大トルク 380/4400

最大トルクは、ポルシェのカイエンやボルボのXC60並みのパワーを持っています。

fjcruiser_spR

引用:http://toyota.jp/fjcruiser/grade/

スポンサーリンク

新型FJクルーザー主要装備

新型FJクルーザーのベースとなるFJクルーザーで見てみましょう。

新型FJクルーザー標準装備(他グレードも装備

◆17インチスチールホイール

◆ホイールカバー付きスペアタイヤ

◆ホイールカバー(シルバー塗装)

◆ショックアブソーバー(ガスショックツインチューブ)

◆バックソナー

◆マルチリフレクターハロゲンヘッドランプ(マニュアルレベリング機能付)

◆リヤフォグランプ(左右)

◆間欠フロント3連ワイパー

◆リモコン大型ドアミラー(シルバー塗装)

◆EBD(電子制動力分配制御)付ABS&ブレーキアシスト

carlineup_fjcruiser_safety_active_03_pcR

引用:http://toyota.jp/fjcruiser/safety/active/

◆VSC+TRC

◆SRSエアバッグ

carlineup_fjcruiser_safety_passive_01_spR

引用:http://toyota.jp/fjcruiser/safety/passive/

◆リヤウインドゥフォッガー◆防眩インナーミラー◆補助確認装置(2面鏡式)◆ELR3点式シートベルト◆凡庸ISOFIX対応チャイルドシート固定専用バー+トップデザーアンカー◆ランプオートカットシステム

◆フロントウインドシールドUVカット機能付グリーンガラス(デアイサー無)

◆ラジエターグリル・フロント&リヤバンパー・大型アウトサイドドアハンドル(シルバー塗装)

◆バッグドアガラスハッチ

carlineup_fjcruiser_interior_equip_12_pcR

引用:http://toyota.jp/fjcruiser/interior/equip/

◆LEDハイマウントストップランプ付リヤスポイラー

◆マットガード・エンジンアンダープロテクター・フューエルタンクプロテクター

◆アナログメーター

carlineup_fjcruiser_interior_equip_09a_lbR

引用:http://toyota.jp/fjcruiser/interior/equip/

◆3本スポークステアリングホイール/ウレタン(ブラック・カラーパッケージは本革巻き)

carlineup_fjcruiser_interior_equip_05a_pcR

引用:http://toyota.jp/fjcruiser/interior/equip/

◆大型シフトノブ&トランスファーシフト/ウレタン(ブラック・カラーパッケージはウレタン+メタルカラー加飾)

◆ステアリングスイッチ

◆ワイヤレスドアロックリモートコントロール

◆インテリアオーナメント/センタークラスター

carlineup_fjcruiser_interior_equip_06_lbR

引用:http://toyota.jp/fjcruiser/interior/equip/

◆サンバイザー&サイドサンバイザー

◆アシストグリップ

◆フロア&デッキ防水カーペット◆イルミネーテッドエントリーシステム◆カップホルダー・ペットボトルホルダー◆ラゲージトレイ+ラゲージボックス◆コートフック

◆撥水・防水ファブリックシート表皮/マルチアジャスターシート/6:4分割可倒式リヤシート

carlineup_fjcruiser_interior_equip_02_lbR

引用:http://toyota.jp/fjcruiser/interior/equip/

◆オーディオレス+8スピーカー

◆マニュアルエアコン

◆盗難防止システム(イモビライザー)

◆アクセサリーソケット/クリーンエアフィルター

◆パフォーマンスダンパー

carlineup_fjcruiser_performance_20_pcR

引用:http://toyota.jp/fjcruiser/performance/

新型FJクルーザー“オフロードパッケージ標準装備

◆ビルシュタイン製モノチューブ ショックアブソーバー

carlineup_fjcruiser_performance_11_pcR

引用:http://toyota.jp/fjcruiser/performance/

◆クロールコントロール

carlineup_fjcruiser_performance_02_pcR

引用:http://toyota.jp/fjcruiser/performance/

◆アクティブトラクションコントロール

carlineup_fjcruiser_performance_04_pcR

引用:http://toyota.jp/fjcruiser/performance/

◆リヤデフロック

新型FJクルーザー“カラーパッケージ”“ブラックパッケージ”の標準装備

◆17インチアルミホイール(ブラック塗装)

carlineup_fjcruiser_grade_grade2_06_pcR

引用:http://toyota.jp/fjcruiser/grade/grade2/

◆ホイールカバー付スペアタイヤ(ブラックパッケージ専用ブラック塗装)

carlineup_fjcruiser_grade_grade2_08_pcR

引用:http://toyota.jp/fjcruiser/grade/grade2/

◆クルーズコントロール

carlineup_fjcruiser_performance_10_pcR

引用:http://toyota.jp/fjcruiser/performance/

◆インテリアオーナメント(ドアトリム)

主なメーカーオプション

◆20インチアルミホイール166,320円

◆17インチアルミホイール115,560円

◆X-REAS 86,400円

◆パフォーマンスダンパー 64,800円

◆アクティブトラクションコントロール 10,800円

◆リヤデフロック 54,000円

◆クルーズコントロール 28,080円

◆マルチリフレクターハロゲンヘッドランプ 10,800円

◆間欠リヤワイパー 15,120円

◆リモコンドアミラーヒーター付き 5,400円(シルバー/ブラック塗装)

◆フロントウインドシールド デアイサー付 5,400円

◆リヤドア・リヤクウォーター・バッグドアガラス UVカット機能付プライバシー 16,200円

◆サイドステップ 32,400円

◆寒冷地仕様 43,200円

その他にも、オリジナルアクセサリーオプションの販売もあります。

◆スペアタイヤカバー(セミハードタイプ)46,440円

03-p01R

引用:http://toyota.jp/fjcruiser/accessories/style/

◆クロスバー(アタッチメント用)16,200円

◆ルーフラック162,000円

01-p01R

引用:http://toyota.jp/fjcruiser/accessories/style/

JAOS Ver.のアクセサリー

◆フロントキット フォグランプ付153,360円フォグランプ無130,680円

◆サイドステップ 91,800円

◆マットガード 35,640円

carlineup_fjcruiser_customize_jaos_01_pcR

引用:http://toyota.jp/fjcruiser/customize/jaos/

モデリスタセレクションのアクセサリー

◆テールパイプフィニッシャー 52,920円

◆20インチアルミホイール&タイヤセット 410,400円

carlineup_fjcruiser_customize_m_selection_02_lbR

引用:http://toyota.jp/fjcruiser/customize/m_selection/

◆17インチアルミホイールセット 151,200円

など、新型FJクルーザーを個性的に楽しむための純正のオプションがいろいろあります。

これだけあると、同じ新型FJクルーザーでもオプション次第でまったく別の車に見えてしまうこともあるかもしれません。

個性的な楽しみが出来るオプションです。

carlineup_fjcruiser_gallery_03_lbR

引用:http://toyota.jp/fjcruiser/gallery/

スポンサーリンク

新型FJクルーザーの主な特徴

オフロードで楽しむことを目的としている新型FJクルーザーですが、オフロードでも安心して運転操作できるための装備が色々あります。

他の大型SUVにはない、オフロードを走ることを目的としている新型FJクルーザーの装備は、国内の四輪駆動車では競合するクルマが見当たらなないのが現実です。

特に新型FJクルーザー“オフロードパッケージ”では、オフロードの走行を目的としたさまざまな安全装備が標準装備されています。

クロールコントロールスイッチ

凸凹の大きいオフロードや滑りやすい路面を走行する際、ドライバーはアクセルやブレーキ操作をすることなく、ステアリング操作のみで極低速走行が可能です。

ホイールスピンや車輪のロックを抑制するためスタックからの脱出能力が高く、駆動系への負担も軽減します。

アクティブトラクションコントロール

雪道やぬかるみ、岩石路などでスリップを起こした時の脱出をサポートしてくれる機能です。

リヤデフロック

リヤのタイヤのどちらかが、岩石路で脱輪や砂地のぬかるみでスリップした時などに高い駆動力発揮するシステムです。

X-REAS(メーカーオプション)

オフロードを走るための最高のサスペンションセッティングで、左前輪と右後輪、右前輪と左後輪のショックアブソーバーを、中間部のユニットを介し対角線に連結した相互連携するショックアブソーバシステムです。

その他にも、優れた強度と耐久性のフレーム剛性や、乗り心地を高めるためのパフォーマンスダンパー、ドライバーの判断で選択できるパートタイム4WDシステム、アンダーボディも凸凹道の走行に安心して走行できるためにアンダープロテクションを採用しています。

オフロードを楽しむための装備が備わった、国内唯一の大型SUVと言っても良いでしょう。

carlineup_fjcruiser_gallery_05_lbR

引用:http://toyota.jp/fjcruiser/gallery/

⇒ 新型FJクルーザーを値引きから更に50万円安く買う裏ワザ!

スポンサーリンク

まとめ

新型FJクルーザーのスペックやオプションなどについてまとめさせて頂きました。

グレード別にスペックを見てもベースグレードで好みのオプションを楽しむか、初めからオフロード仕様の“オフロードパッケージ”を選ぶかによって車の使用目的も大分変ってきそうですね。

年に数回、山などでオフロードを楽しむ方は“オフロードパッケージ”をお勧めしたいです。



下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1


スポンサーリンク


スポンサーリンク