新型アルファードの試乗レビュー情報!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1

2018年にマイナーチェンジした新型アルファード。さすがトヨタの最上級ミニバンで、見ない日はない位、走ってますよね。

ここではそんな新型アルファードを最大限に活用して頂く為に、乗り心地や走り心地から、車中泊についての情報を紹介していきます。

読み終わった後に、旅の計画をしているかも知れませんよ!

それでは早速みていきましょう!

アルファードの試乗レポート

引用先:https://toyota.jp/alphard/?padid=ag341_from_alphard_navi_top

まず、トヨタ渾身の最上級ミニバンですから、乗り心地が悪いという事はないでしょう。

そんな新型アルファードですが、実はマイナーチェンジ前までは兄弟車であるヴェルファイアが販売台数を断トツで上回っていたのですが、近年はアルファードが販売台数を抜いてきているんです!

これは、イカツく張り出しの強いヴェルファイアから、シンプルでありながら高級感をしっかり漂わせているアルファードが受け入れられ、選ばれているんですね。

 

また、最上級ラージサイズミニバンという事で、車中泊の旅に出るユーザーが増えてきているそうですよ。

ではユーザーが実際に乗り心地や走り心地について、どんな評価をしているのか見ていきましょう。

ユーザー:Aさん

マイナーチェンジ前から比べると、段違いに乗り心地が良くなっています。

気になっていたロードノイズもしっかり対策されたようで、素晴らしい静粛性に仕上がっていて、家族みんなで満足しています。

(前期3.5L S”Cパッケージ→後期同グレードに乗り換え)

ユーザー:Bさん

前期と比べ1番進化した所は、とにかく車内が静かな所です。

ハンドリングも軽くなり、運転のしやすさも上がりました。

段差などの衝撃もしっかり吸収し、突き上げる感じはありません。

ユーザー:Cさん

2.5Lのガソリン車だと、加速が重く物足りない感じはありますが、バイブリット車では、そこにモーターの力もプラスされるので、力強くスムーズに加速してくれます。

ユーザー:Dさん

横揺れやロールを想定していましたが、気になる事はなく、むしろしっかり地面を掴んで走っている感覚です。

助手席やセカンドシートでは、眠気に襲われるレベルです!

ユーザー:Eさん

3.5Lでは、深く踏み込む機会がないほど、スムーズに走ります。街乗りメインだと、もったいない感じはしますね。

高速道路をメインで使うユーザーなら、文句なしの走りをしてくれます。

 

いかがでしたか?

またまだ紹介しきれない口コミもありますが、1番多かったのは車内の静粛性でした。

また、マイナーチェンジ前から新型への乗り換えをされる方が多いようで、その静粛性のレベルアップに驚くようですよ!

 

では、なぜそんなに静かな車内を作り出せたのか?と気になりますよね。

それはまず、高剛性ボディに塗布型の制振材をいたる所に施工してあるんですね。

凄くないですか?

塗る制振材ですよ!

引用先:https://toyota.jp/alphard/?padid=ag341_from_alphard_navi_top

また、エンジンルームと車内を隔てるダッシュパネルには、サンドイッチ剛板を採用。これは剛板と剛板の間に弾力性に優れたプラスチック材を入れる事で、制振・遮音性を向上させるものです。

さらには、吸遮音材を各所に使用したり、遮音性ガラスの採用など、とにかく静粛性には力を入れてるので、ユーザーがダイレクトに感じるんですよね。

私が思うに、この快適さの追求があるからこそ、ファミリーカーはもちろん、社用車やVIPの送迎車に使われる車になるんでしょうね。こんな高級車なのに、販売台数がヴィッツ並みというのも納得!

アルファードのシートマット

ここまでで、新型アルファードがいかに気持ち良く乗れる車かが分かりましたね。

という事は、旅行や遠出をしたくなるものです!実際に新型アルファードに乗り換えてから、電車旅行から車の旅行へ切り替えた!という声が多いのも事実。

ここでは、旅行や旅先で活躍間違いなしのシートマットを紹介していきます。

 

え?シートマットって?て思いますよね。

 

休憩や仮眠を取る際に、シートをフラットにして寝たりする事ありませんか?

でも、いくらアルファードとはいえ、さすがにゴツゴツしていて寝るのには不向き。

引用先:https://toyota.jp/alphard/?padid=ag341_from_alphard_navi_top

そこで便利なのがシートマットでして、分かりやすく言えばマットレスみたいなものです。

2列目・3列目を倒してフラットにし、シートの上にマットを敷いて段差を解消します。

今では車種専用の物も多くあり、ピッタリサイズで使用できますし、折り畳み式からエアーで膨らませるものなど、幅広くラインナップされていますよ!

 

※そんな専用じゃなくても何か座布団的なものでも出来るじゃん!と思ったあなた。

私は若かりし頃、海水浴で使う長方形の浮き輪のエアーを少しだけ抜き、車内で仮眠をした事がありますが、眠るように開発されてませんから、もちろんレム睡眠でした(笑)

体を休める物は、ぜひ専用をおすすめします。

引用先:https://toyota.jp/alphard/?padid=ag341_from_alphard_navi_top

また、シートの隙間でできる穴もマットにより塞がりますから、海水浴の着替えなどにも便利ですし、食事を取る時も窮屈になりません!

もし私なら、今はまだ車で旅行をして、仮眠や前泊をするといったことはありませんが、買い換えを機にキャンプなど、趣味の幅を広げる目的で買うでしょうね。ワクワクしてマットを探してるのが目に浮かびますから。

アルファードの車中泊情報

https://www.instagram.com/p/BwDDwIpl-F-/?utm_source=ig_web_copy_link

それでは実際にアルファードでの車中泊はどうなのか?

また車中泊と言っても、気になることはたくさんありますよね。

『どんなアイテムが必要なのか?』

『どこで車中泊すれば良いのか?』

その辺りを詳しく紹介していきます。

 

まずアルファードでの車中泊できる人数は、大人2人+子供2人位まででしょうか。

前出のシートマットを活用すれば、2列目以降のスペースは広がりますし、少し高価ですが、専用のベッドキットを使えば、大人が足を伸ばして寝てもまだまだ余るほどの奥行きが生まれる事に。

引用先:https://toyota.jp/alphard/?padid=ag341_from_alphard_navi_top

そして車中泊で気になるのが、暑さ・寒さ対策ではないでしょうか?

一晩中エンジンをかけておくのは、周りにも迷惑になりますし、今はマナー違反になる事も。

でも大丈夫です!今はそこをクリアする感動的な物がいっぱい普及しています。

 

まず、今はUSBから電源の取れる冷風機があります。

水と氷をセットする事で冷たい風が続きます。

扇風機と併用する事でかなり快適に。

冬場では、なんだかんだで寝袋が最強です。

 

それ以外では、シガーソケットから電源をとれる電気毛布もあるんですよ!凄い時代になりました(笑)

また電源確保には、充電して持ち運べる電源機などもありますので、車内での機器類の使用も問題なし。

まあ私でしたら、まずは100円均一ショップの断熱シート類を活用し窓の大きさに合わせて切り貼りしてみたり、厚着をして凌いだりしてから、足りない部分を少しづつ買い足していくという、「少しづつニヤニヤ派」です(^^)

そして、今ブームになっているオートキャン場。

こちらでは、キャンプをするその場所まで車で入る事ができ、荷物を運んだりの手間や、寝るためのテント設営の手間がないため、人気になっています。

週末、思い立ったままふらっと行ける手軽さもありますので、ぜひチャレンジしてみてはいかがでしょう!

アルファードの試乗レビュー情報のまとめ

アルファードの試乗レビュー情報のまとめをしていきます。

ここまでいかがでしたか?

乗り心地の良い新型アルファードであれば、遠くに出かける機会も増えてくるんですよね。

ですから、新たな趣味のひとつとしてキャンプに行ってみるのもアリ!

引用先:https://toyota.jp/alphard/?padid=ag341_from_alphard_navi_top

高級車に乗ってキャンプに行き、日頃の疲れやストレスを、友人や家族と癒す。

車中泊という特別な空間だからこそ話せる、恋の話や悩み事。

ぜひ、新型アルファードをきっかけにアクティブになってもらいたいです!

それではまた!

アイキャッチ引用画像:https://toyota.jp/alphard/?padid=ag341_from_alphard_navi_top

この記事を書いた人

ヒロセ!
昔から車が大好きでした。そのため気に入った車を徹底的に調べています。詳しく知ってこの車は楽しい!という想いをあなたにお伝えしてきます。ぜひ私の記事をお楽しみください!良いと思いましたらぜひシェアをお願いします^^

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど
悩みが尽きない…

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1