新型フォルクスワーゲン up!の値引き情報! 相場や交渉術は?

8

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1

フォルクスワーゲンの新型フォルクスワーゲン up!の値引きはどうなっているでしょうか?

新型フォルクスワーゲン up!の値引き相場や、値引き交渉の方法などについてご紹介します。

Up_1

引用: http://www.volkswagen.co.jp/ja/models/up/highlights.html

スポンサードリンク

フォルクスワーゲン最小の傑作

UP_2

引用: http://www.volkswagen.co.jp/ja/models/up/highlights.html

フォルクスワーゲンのスモールカーup!は、2007年9月にフランクフルトモーターショーに出展されたコンセプトカーとして発表され、2011年8月に欧州で先行販売、1年遅れて2012年10月に日本で発売開始されました。

低燃費と車を操る愉しさを両立させた5速ASGを搭載。
MTのいい所を残しながら、最適なシフトチェンジを可能としてくれます。燃費にも最適なシフトチェンジで、口コミをチェックしても満足のコメントを多く見かけます。

但し、CVTやATに慣れた私たちからすると、変速ショックやタイミングなどに「慣れ」が必要な場合があるようですね。

試乗して見ることをお勧めします。

オーナーボイスからは、乗るたびに「愛着」が益々沸いてくると言うご意見も聞こえてきます。

女性でも男性でも、そのシンプルな外見とビビッドでありながら上品なカラーは、どのシチュエーションでも映えること間違いなしです。

hight up!には、便利なオートクルーズやシートヒーターなどの快適装備が設定されており、小さな体でも長距離ドライブが苦にならない、むしろ楽しいとの声も。

安全装備も標準装備されています。

予防安全:
シティエマージェンシーブレーキ(低速域追突回避・軽減ブレーキ)*1
ESC(エレクトロニック・スタビリティ・コントロール)
ABS(アンチロック・ブレーキング・システム)‐EBD(電子制御式ブレーキ圧配分システム)
ブレーキアシスト

二次被害防止:
エマージェンシーストップシグナル

*1シティエマージェンシーブレーキの制御には限界があります。このシステムは追突による被害軽減を目的とし、自動で追突を回避するものではありません。また、道路状況や天候によっては作動しない場合があります。

UP_5_beat

引用: http://www.volkswagen.co.jp/ja/models/up/highlights.html

スポンサードリンク

フォルクスワーゲン 新型アップ!の値引き相場

UP_6_roof

引用: http://www.volkswagen.co.jp/ja/models/up/highlights.html

平均値引き相場(オプション含):およそ20万円
車両本体の値引き目標額:17~8万円

リッターカーでも、見た目と違ってハンドリング仕様や足回りの作りの良さには定評があり、ワインディングも曲がりやすく、高速道路の路面の凹凸にも安定感のある走りを実現する、up!。

ディーゼル不正問題の影響から値引き引き出しやすい状況にあったようですが、今では問題も値引きも少し落ち着いています。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

商談について

up_10

引用: http://www.goo-net.com/catalog/VOLKSWAGEN/UP/10109654/index.html

値引き交渉も含め、これから付き合っていくかもしれないディーラーや販売店とうまくやって行きたい。でも、なんとなく怖い、どう話したらいいのかわからない、と言った方も多いと思います。

試乗してみて

up_8

引用: http://www.volkswagen.co.jp/ja/models/up/highlights.html#/hl=cat5

ディーラーで、どう切り出したらいいのか判らない、そんな方は、とっかかりとしてまず試乗してみるのはいかがでしょうか。

今は、ホームページから最寄りのディーラーの検索も試乗の予約も出来る所が多くあります。

まずは、そこから切っ掛けを作ってみるのも良いと思います。

もちろん、欲しい車の試乗もとても大事です。

試乗して気に入ったら、見積書をもらいましょう

up_9

引用: http://www.volkswagen.co.jp/ja/models/up/highlights.html#/hl=cat7

もちろん、1度の試乗でハッキリ判らないことも多々あります。恥ずかしい事でもありません。2度、3度、もし思ったのと違っていたら別の車を試乗して、「もっと話を聞きたいな。」と思ったら、テーブル席で世間話やお互いの趣味なんかも交えて会話をしてみて下さい。

そして、値段が気になる所まで気持ちが行ったら、初めての「見積書」を作成してみましょう。

新車の商談で最初の見積書を作成してもらうときは、できるだけオプションなどは付けず、素の車だけの見積書をつくってもらいましょう。

「頼んでないものが付いている」

カタログ2

引用: http://www.volkswagen.co.jp/content/medialib/vwd4/jp/catalog_pdf/new_up/up_catalog/_jcr_content/renditions/rendition.download_attachment.file/up_catalog.pdf

見積書に目を通してみると、ほぼカタログの値段よりも高い金額が記載されてくると思います。

そして、頼んでいない付属品が当たり前のように書かれています。フロアマット、バイザーはまだしも、レースのシートカバー、ディーラーの愛車セットやJAF加入、ポリマー加工など、「逆に買わないといけないの?」と思ってしまうかもしれません。

でも、それは違います。それは、そもそもディーラーの方針というものでしょう。

会社はディーラーの利益が欲しいので、おすすめ商品として記載してくる事が多いのです。

そしてもう一つ、ある程度、こちらの出方を見るということもしていると思います。

値引きに対してあまり厳しく言って来ない、ディーラーさんにお任せします、と言うタイプの人もやはり世の中にはいるのです。

そういう相手には、やはりディーラーのおすすめ商品をたくさん付けてくるでしょう。そうでなければ必要最低限の付属品しか付けて来ないと思います。

交渉始めは、オプションが付いていると値引き額がわかり難かったり、他店や他車と比較するのが難しいのでシンプルな見積書をもらうようにしましょう。

「オプションは付けないで下さい」ちょっと言いづらかったら、「オプションはまだ迷っているので、とりあえず車だけでお願いします。」などと言いましょう。

もし、それでも何か言ってきたら、家族を勝手に話題に出してしまいましょう。自分には決定権がないのだ、妻、夫、父親、母親にあるのだ、実際にはそうでなくても、自分は弱い立場なのだという流れにします。

それでも言って来たら、その後の付き合いも考えてお互いの妥協点を探るしかありません。最小限に留めましょう。

とにかく、見積書を貰うだけでは「買う」になる意味ではなく、「交渉を開始した」と考えてよいと思います。

下取り車のある場合

カタログ1

引用: http://www.volkswagen.co.jp/content/medialib/vwd4/jp/catalog_pdf/new_up/up_catalog/_jcr_content/renditions/rendition.download_attachment.file/up_catalog.pdf

下取り車がある場合は、必ず買取店でもインターネットでもどちらでもよいので、査定して貰っておきましょう。

値引き交渉で下取り車も入れる場合は、自分の車の査定がいくら位なのか把握しておかなければ、きちん値引きを引き出す事が出来ないでしょう。

是非、やっておきましょう。
⇒ 新型フォルクスワーゲン up!を値引きから更に50万円安く買う裏ワザ!

オプションサービスは商談が進んできてから

GTI1

引用: https:/www.whatcar.com/news/2018-volkswagen-up-gti-review/

商談が進んで、段々中盤戦になって来ました。値引き交渉もそれほど進まず、「どうしよう。ここら辺で打ち止めか。」とあきらめる前に、オプションのサービスを要求してみましょう。

「このオプションは欲しい、これは付けるので、こっちはサービスしてもらえませんか。」などと、さりげなく言ってみましょう。

オプションの値引きやサービスは、細かいようですが、チリも積もれば、、案外お得感のあるものになるかもしれません。

是非、満足の行く商談で、楽しいドライブライフを送れますように。

GTI2

引用: https:/www.whatcar.com/news/2018-volkswagen-up-gti-review/

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1

スポンサーリンク


スポンサーリンク