ポロとゴルフを比較してみた価格や燃費はどう違う?カラーも内装も気になる

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1

ポロはゴルフのボディサイズと一緒だというネット情報を鵜呑みにし、私は実際に買ってしまったのがポロです。

実際に初めてポロを見た印象はゴルフと比較しても、大きくは見えませんでした。

ゴルフとポロは車に興味ない人にとっては全く同じ車にしか見えないようですが、バンパーのデザインが若干違います。

これは言われないと、気がつけないレベルかも知れません。

そんなポロとゴルフを比較していきます。

ポロとゴルフ価格比較

引用:https://www.volkswagen.co.jp/

ポロとゴルフの値段を比較すると、ポロの1000ccの上級グレード「TSI Highline:2,679,000円」と、ゴルフの下級グレード「TSI Trendline:2,539,000円」と、ほぼ同じ金額で販売されています。

内装を見ても「高そうだなぁ」という雰囲気が、ゴルフの方はプンプン漂ってきます。

さらに、グレードの種類もポロよりも3種類多いです。

その3種類はスポーティグレードで、より快適な加速を体験したい人向けのグレードです。

ポロの1000ccの値段が高いという人もいますが、装備を確認していくと値段相応だということに気がつくはずです。

ポロの上級グレードでもオプション装備のパドルシフトも、ゴルフ上級グレードでは標準装備となっています。

ポロの1500ccの「TSI R-Line」と「TSI Trendline」の価格差は、「441,000円」ですがフロント視界はゴルフのほうが見やすいという評判が多いです。

引用:https://www.volkswagen.co.jp/

ポロの場合はフロントの見切りは悪い上に、左サイドミラーが小さいので死角が意外に多いということを考えれば、選択肢がゴルフとポロなら思い切ってお金を出し、ゴルフを買うほうが良いと感じます。

ポロとゴルフは類似する部分が多いですが、ゴルフとポロはボディサイズも違いますし、フロントの視界は圧倒的にゴルフのほうが良いと言えます。

ポロ
グレード名値段
TSITrendline 2,119,000円
TSIComfortline 2,320,000円
TSIHighline2,679,000円
TSIR-Line2,980,000円
GTI3,480,000円

ゴルフ
グレード名値段
TSI
Trendline
2,539,000円
TSI
Comfortline
2,799,000円
TSI
ComfortlineTech Edition
3,029,000円
TSI
Highline
3,319,000円
TSI
HighlineTech Edition
3,529,000円
GTI4,099,000円
GTI Performance4,659,000円
R5,699,000円

ポロとゴルフ燃費比較

ポロとゴルフのカタログ燃費は、意外にもどちらも変わりがありません。

エンジンスペックは基本的に、ゴルフのほうが上なので燃費は、ポロのほうが圧倒的に高いのかと思えば全くそうでもなかったようです。

ポロの1000ccでカタログ燃費は「19.1km/L」で、ゴルフの方は1200ccのカタログ燃費が「19.1km/L」となっていました。

エンジンスペックは若干ゴルフのほうが上ですが、それでもカタログ燃費では同じのようで、これだったらもう少しお金を出してゴルフを買うほうが良いかもしれません。

ポロの加速はかなり良くて、誰もいないワインディングロードで加速を楽しむことも可能です。

引用:https://www.volkswagen.co.jp/

アクセルを踏むとグイグイと加速していくので、ちょっとしたスポーツカー気分が味わえます。

そんな加速が良いポロは意外にも実燃費は結構良い方で、口コミでも燃費に関して不満を持つ人も少ないように感じます。

e燃費を参考にするとゴルフ1200ccで、実燃費は「11.28km/L~21.42km/L」でした。

引用:https://www.volkswagen.co.jp/

ゴルフのエンジンスペックは、1200ccだとポロの1000ccと比較しても、数値的にみれば若干ゴルフのほうが性能が良い感じです。

そのため実燃費も若干ゴルフのほうが、悪いようにみえます。

ポロとゴルフカラー比較

次はポロとゴルフのボディカラーを、比較していきます。

ポロのボディカラーは全部で、8種類選ぶことができます。

引用:https://www.volkswagen.co.jp/

派手なカラーと言えば「エナジェティックオレンジメタリック」とか、「フラッシュレッド」くらいです。

ほかは無難な色合いが多い感じです。

ゴルフの選べるボディカラーはポロよりも少なく、全部で6色しか選ぶことができません。

引用:https://www.volkswagen.co.jp/

バリエーションは少ないですが、ボディカラーは全体的に見ればおとなしい色合いが多いです。

シャレではないですがゴルフでゴルフ場に出かける人が多く、接待ゴルフなどに使用することもあるから、無難な色が多いのかもしれません。

ただ、ゴルフを買う人の多くは、派手な色を好む人は少ないのかもしれません。

その証拠として、派手な色は「トルネードレッド」くらいしかなく、ホワイト系のカラーは3種類選べてほかはシルバーと、ブラック系のボディカラーが大半です。

引用:https://www.volkswagen.co.jp/

ボディカラーは少ないゴルフですが、スポーティなゴルフを求めているならブルー系のカラーが、一番おすすめです。

ポロはシルバー系がとても似合うように感じます。

私のポロは「リフレックスシルバーメタリック」を選んでいますが、これはシルバー系が汚れが目立ちにくく傷も目立ちにくいという理由で、シルバー型を選びました。

ポロとゴルフ内装・装備比較

引用:https://www.volkswagen.co.jp/

ポロとゴルフの内装は、さすがにゴルフは新車価格が高いだけあり、運転席周辺やエアコン吹出口など高級感を感じるデザインになっています。

ポロも初めて運転席を見たときは「高級感丸出しじゃねぇか」と、ビックリしました。

しかし、ゴルフの内装もチラッと実物を見ましたがポロよりも、ものすごくかっこ良く感じたのを思い出します。

装備の面でも値段を感じさせる豪華装備が、ゴルフでは当たり前のように装着されています。

ほかにもゴルフには「渋滞時追従支援システム」や「レーンキープアシストシステム」が上級グレードでは標準装備です。

下級グレードではポロの中間グレード「TSI Comfortline」と、余り変わりはないのですがゴルフの上級グレードは、パドルシフトが標準装備だったりします。

基本的に、予防安全装備に関してはポロには設定されていない装備が、ゴルフにはあり上級グレードでは標準装備となります。

他は目立った違いは見られませんが、ポロにはない装備が多いのでこういう部分を見ると、値段の差を感じさせられます。

ポロとゴルフ比較まとめ

引用:https://www.volkswagen.co.jp/

ポロとゴルフを比較してみましたが、実燃費はそれほど変わりはありません。

運転方法や道路状況が違えばゴルフでも充分、ポロの実燃費を追い越せそうです。

ポロにも「TSI Comfortline」ならバック駐車で、左サイドミラーの鏡部分が自動で下る機能があったり、リアビューカメラが標準装備だったりして、不便を感じたことはありません。

ゴルフの装備もポロとは違う装備が設定されていて、ポロにはない装備もあるのですがポロもゴルフには設定されていない装備があります。

こういう部分を見ると値段の差はあるものの、お互いの個性を潰さないようにあえて違う装備を設定しているように感じます。

ゴルフにはスポーティモデルが3種類あります。

その中でも「R」というグレードは、加速がとても良くて気持ち良い走りを体験できそうです。

ただ、ポロの場合は後部座席が若干狭い感じで、大人5人で乗るというのは少し辛い感じです。

フロント視界もネットで言われるほど悪いものではないですが、左サイドミラーが死角になる部分が多い感じがします。

ただ、私のポロは「TSI Comfortline」で左サイドミラーがバックする時に、鏡部分が下がるのでバック駐車はなんとか見えやすいです。

ゴルフのフロント視界はポロほどではなく、口コミでも視界は良好だという声が多いです。

ただ、ゴルフもポロも運転席はそれほど狭くないので、運転はしやすい部類に入ると感じます。

少なくとも私は狭いと感じたことはないですよ。

ゴルフの後部座席で一番目につくのがエアコン吹出口で、後部座席でもエアコンの風に当たることができます。

後部座席のドアにもメッキパーツが取り付けられていて、この辺もポロとの差別化を感じさせられます。

実は後部座席はゴルフのみアームレストが付いていて、ポロの方はこれがありません。

ポロも結構利点が多い車なので、じっくりとゴルフと見比べて決めていただければと思います。

ポロとカローラスポーツを比較してみた価格や燃費はどう違う?カラーも内装も気になる

アイキャッチ画像引用:https://www.volkswagen.co.jp

この記事を書いた人

あさかぜ
車が好きです。
色んな車を乗るのも見るのも好きです。

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど
悩みが尽きない…

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1