ポロとカローラスポーツを比較してみた価格や燃費はどう違う?カラーも内装も気になる

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1

2018年6月26日にカローラスポーツの、ハッチバックモデルが販売されました。

カローラスポーツにライバル車ポロと、燃費や内装などの装備に関して比較をしていきます。

ポロとカローラスポーツ価格比較

引用:https://www.volkswagen.co.jp/ja/

ポロとカローラスポーツは、どちらもスポーティな路線を目指しているように感じます。

カローラスポーツは「TNGAプラットフォーム」の採用によって、低重心とワイドボディを実現しています。

カローラスポーツは最近見るブランド意識の高い、トヨタ車の共通デザインである「キーンルック」を採用しています。

ポロも「MQBプラットフォーム」を採用していて、ワイドなスタイリングを実現していて、フロントバンパーやボンネットなどを低く見せています。

新車価格はポロもカローラスポーツもそれほど開きはなく、どちらも似たり寄ったりの金額で販売されています。

さらに、カローラスポーツのメーター類は、値段を感じさせないようなデザインで先進的な、ディスプレイ表示のスピードメーターを採用しています。

ディスプレイスピードメーターは、「HYBRID G“Z”、G“Z”」に標準装備されています。

引用:https://toyota.jp/corollasport/design/?padid=ag341_from_corollasport_navi_design

カローラスポーツのグレードは、全部で6種類選ぶことができるので、好みに応じた装備の車を選ぶことができます。

快適なドライブを楽しめるのは、カローラスポーツでエンジンスペックもポロよりも上です。

ただ、国産に飽きてきたという人は、ポロを選んでも特に後悔はないと言えます。

ポロ
グレード名値段
TSI
Trendline
 2,119,000円
TSI
Comfortline
 2,320,000円
TSI
Highline
2,679,000円
TSI
R-Line
2980000円
GTI3,480,000円

カローラスポーツ
グレード名値段
G“X”2,106,000円
G2,224,800円
G“Z”2,386,800円
HYBRID G“X”2,419,200円
HYBRID G2,527,200円
HYBRID G“Z”2,689,200円

ポロとカローラスポーツ燃費比較


カタログ燃費は、カローラスポーツ1800ccはハイブリッドエンジンなので、カタログ燃費が「30km/L」です。

ポロの方にはハイブリッドエンジンはないので、良くても「19.1km/L」しかありません。

ハイブリッドと比較してしまうと、その燃費の差は圧倒的なものとなります。

ガソリン車同士の場合は差がないですが、それでもポロのほうが少しカタログ燃費は良いです。

カローラスポーツの実燃費に関する口コミを、集めてみました。

・通勤30kmの往復で、日もよりますが23~27km/lの範囲ぐらい・燃費重視かと思いましたが、燃費とパワーを両立したいいエンジンだと思いました。

・遠くにいくと30㎞/l近くになることもあります。

・街乗りがメインですが、リッター20~23キロです

カローラスポーツの実燃費はe燃費を参考にすると、1200ccで「13.76km/L~17.32km/L」でした。

カローラスポーツの口コミを広い範囲で見ると「20km/L」を超える人は、圧倒的に多いようです。

ただ、多くの人は燃費を意識している人ばかりではなく、燃費を意識していなくても「20km/L」を超える感じです。

燃費を意識するとそれ以上に伸びる人もいるようですが、基本的にそこまでストレスをためながら運転をする必要はないようですね。
口コミを見ているとカローラスポーツで遠出をすると、燃費は伸びやすくなるという感じですね。

引用:https://toyota.jp/corollasport/design/?padid=ag341_from_corollasport_navi_design

どんな車でも言えるかもしれませんが、短距離では燃費は伸びないということでしょう。

ポロの実燃費に関する口コミも、少し紹介していきます。

・10キロほど。語るものなし・街乗りでは約リッター17キロ程度です。

・渋滞や信号のない平坦な道を大人しく走ったときはリッター24キロ

・高速道路で20キロ出ることもあります。都内でも10キロを切ったことはありません。

ポロは高速道路ではかなり良い実燃費をだしてくれます。

私も高速道路をちょくちょく走るのですが、さすがに記念撮影すらできません。

サービスエリアによろうものなら、せっかく良い実燃費が出てもみるみるうちに数値が下がっていきます。

ポロの燃料はハイオクなのでできる限りは、燃費の良い車を求めてしまいますが実際には、ポロはネットで言われるほど悪い燃費ではありません。

ひどい人ならどんなに頑張っても「5km/L」しか出ないなんて言う人もいますが、渋滞などの道路を走行するとどうしても燃費は悪くなります。

都市部と田舎の信号機が少ない地域の場合は、やっぱり実燃費はかなり違ってk知恵当然だと感じます。

引用:https://www.volkswagen.co.jp/ja/

ポロの口コミを見ていると、余り燃費に関する不満は少ない感じです。

実燃費をカローラスポーツと比較すると、実燃費は圧倒的にカローラスポーツのほうが上です。

スポーティで燃費の良い車を望んでいるなら、カローラスポーツも検討するのも良いですね。

ポロとカローラスポーツカラー比較

引用:https://toyota.jp/corollasport/design/?padid=ag341_from_corollasport_navi_design

ポロとカローラスポーツのボディカラーは、同じように8種類から選ぶことができます。

しかし、カローラスポーツには爽やかな色合いが多く、スポーティに感じさせてくれるカラーは「シアンメタリック」くらいです。

派手なカラーもありますが、全体的に見ればおとなしい色合いがほとんどです。

カローラスポーツは濃い色が多いですが、その中でも「シアンメタリック」がキレイだと私は思います。

ポロも全体的に見ても無難な色合いが多く、派手なカラーは「エナジェティックオレンジメタリック」くらいです。

引用:https://www.volkswagen.co.jp/ja/

個性的で人にかぶりにくいカラーを選ぶなら、エナジェティックオレンジメタリックは最適なカラーだと感じます。

ポロとカローラスポーツ内装・装備比較

引用:https://toyota.jp/corollasport/design/?padid=ag341_from_corollasport_navi_design

カローラスポーツで先進的な装備は「カラーヘッドアップディスプレイ」で、運転に必要な情報がフロントウインドシールドガラスに表示されるので、視点を他に移すことがないので安全性が高い装備です。

これは、グレードによって標準装備されていません。

「HYBRID G“Z”、G“Z”」に、メーカーオプションとしています。

他にもディスプレイ表示のスピードメーターも、結構かっこ良く感じます。

「HYBRID G“Z”、G“Z”」に標準装備で装着されています。

カローラスポーツには色々と斬新な装備が付いているようですが、内装全体を見てみるとスポーティな感じがします。

対してポロの場合は内装は高級感があるというよりも、スポーティな感じがとても強いです。

ポロの内装のダッシュボードの灰色のプラスチックパーツが黒い樹脂を引き立てているように感じます。

ポロとカローラスポーツ比較まとめ

引用:https://toyota.jp/corollasport/design/?padid=ag341_from_corollasport_navi_design

ポロとカローラスポーツを比較すると、やっぱり国産と外車とでは個性が全く違うという印象を受けました。

外車の場合は左ハンドルが多いので、それを日本車仕様にするために右ハンドルにすると、すべてがおかしくなってしまいます。

たとえば、ハザードの位置もポロなら助手席なら手がスッと届きますが
運転席側からだと手を伸ばしても、人によっては届きにくいのです。

もっと細かい部分を言えばナビゲータのモニターが、若干運転席側に向いています。

これも外車ならではの「味」と言うやつなので、国産車では味わえない部分でもあります。

つまり、国産に飽きたという人は、ポロに乗ってみるのもよいということです。

引用:https://www.volkswagen.co.jp/ja/

色々と外車のウソホントが見えてきますよ。

カローラスポーツも外観はプリウスに似てはいますが、これはブランドを意識したもので、新興国ではブランドの存在価値を高めるために行っています。

そんなカローラスポーツとポロを徹底比較をしてきて、「一体どっちがおすすめなんだ!?」と思うかもしれません。

カローラスポーツとポロはどちらもかっこ良いですが、実用性を考えるとどちらも必要にして充分な装備を持っていますし、新車値段もどちらも似たり寄ったりです。

こういう場合は実際に見に行って乗り比べたり、後部座席に実際に座ってみてどういう感じなのかも確認をしたほうが良いでしょう。

もちろん、ラゲッジスペースもどれくらい広いのかも、カローラスポーツもポロも確認をしたほうが良いと言えます。

ポロとゴルフを比較してみた価格や燃費はどう違う?カラーも内装も気になる

アイキャッチ画像 引用:https://toyota.jp/corollasport https://www.volkswagen.co.jp/ja/

この記事を書いた人

あさかぜ
車が好きです。
色んな車を乗るのも見るのも好きです。

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど
悩みが尽きない…

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1