トヨタカローラ新型モデルチェンジの価格・燃費・発売日を知りたいあなたへ!

1

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1

コンパクトなボディに必要十分な動力性能を搭載し、世界で認められているからこそ、長い期間トップであり続けられる偉大な車、カローラの新型が登場する予定です。

セダンをはじめハッチバックやワゴンなど、様々なボディスタイルが販売されてきましたが、今回新型が登場するのはセダンとワゴン(ステーションワゴン)!ブランドの中心として君臨するモデルが登場します。購入の参考にしていただければと思います。

トヨタカローラ新型で今購入できるのはこれ!

現行で発売されているのは2つのボディ形状。

・カローラアクシオ:セダン
・カローラフィールダー:ステーションワゴン

現行車種はハイブリッド車とガソリン車、4WDとFF、CVTとMTの様々な組み合わせにより、ユーザの使い方に合わせた選択が可能な幅広いグレード展開になっています。

C2引用元:https://chiba.corolla.co.jp/

新型カローラはアクシオ・フィールダーの後継となるモデルですので、同様に幅広いユーザに間口を開くよう、数多いグレードが用意されると思います。

ワゴンでもボディサイズは全長4400×全幅1695mm×全高1500と5ナンバーサイズにしっかり収まっており、日本の道路事情、駐車場事情に十分配慮した物となっています。

趣味性よりも実用性を意識した車種ですが、ひと目でカローラとわかるようなスタイリッシュなデザインをまとっています。

好き嫌いのはっきりするところですが、大きなフロントのエアインテークがアクセントになっていて、十分に格好良い。最後の現行車として紹介するのは2018年にデビューしてまだまだTVCMも頻繁に流れているスポーツモデルです。

C3引用元:https://toyota.jp/

・カローラスポーツ : ハッチバック

トヨタの新しいプラットフォームTNGAを採用して低重心を実現し、走りのクオリティが格段に向上したと評判のハッチバックスタイルを
まとった最新のカローラです。

日本カー・オブ・ザ・イヤー2018においてその年を代表する10台の中に選出されたことからも自動車評論家を唸らせる実力を持ったモデルであると言えます。

全長4375×全幅1790mm×全高1490(4WDモデル)とヨーロッパの名だたるメーカーが発売しているホットハッチに対抗し得る、立派な体格を持ったモデルとなっています。

1引用元:https://toyota.jp/

現行カローラのモデルの中ではスポーツのみが3ナンバーとなります。

車離れが叫ばれて久しい若年層に刺さるデザインではないでしょうか。

低重心プラットフォームを外観からも想像できるワイド&ローなシルエットが走りの楽しさを想像させます。

セダン・ワゴンの新モデルにおいても「3ナンバー」での発売が濃厚なのか?
楽しみなポイントです。

トヨタカローラ新型のスタイルはスポーツと同じ3ナンバーに?

発売されているスポーツの顔つきを継承して、カローラブランドでデザインを統一、スポーティーさとラグジュアリーを上手に表現しています。

TNGAの低重心を活かすためにも、車幅はスポーツと同じく3ナンバーがほぼ間違いないものと予想されていますが写真は海外向けであり国内向けは開発コードも違うもので開発中とのアナウンスもあります。

大きく国内事情に寄せた仕様になる可能性も少ないですが残っています。

C6引用元:https://toyota.jp/

トヨタカローラ新型モデルチェンジは正常進化?気になる燃費は?

搭載されるエンジンの予想は以下の2基です。
・1.8L NAのガソリンエンジンにモーターをプラスしたハイブリッド
・1.2L ターボエンジン

気になる燃費ですが、1.8LハイブリッドでJC08モード:30.0km/L程度は達成してくるものと思われます。

C7引用元:https://toyota.jp/

このハイブリッドシステムは大成功したプリウスとの共有になります。

どちらのパワーユニットでも高い経済性は維持されますので、古くからのカローラファンも納得できる燃費性能となります。

また、新型スープラの共同開発で密接な関係のあるBMW社のディーゼルエンジンを搭載する噂も出ておりますが、トヨタの小型車におけるディーゼルの採用はハイブリッドを優先することから、見送られるのではないでしょうか。

トヨタカローラ新型のインテリアはベーシックに

先行するスポーツのインテリアを踏襲してのデザインとなると予想されますが、よりシックで落ち着いたデザインテイストとなるものと思います。

セダンはより幅広い年齢層に受け入れられる必要がありますし、商用としての利用シーンにもマッチすることが求められます。

C9引用元:https://toyota.jp/

現行スポーツのインテリアは直線基調のデザインにシンプルなメータ類の配置など、多くの方々に受け入れられるデザインとなっていて、C-HRやプリウスのように大きな冒険は有りません。

セダン・ワゴンもベーシックなデザインでまとめてくるでしょう。

トヨタカローラ新型の気になる価格は?

アクシオの現在の価格帯は150万円~250万円と幅広いのですが、新型での注目は最低価格帯です。

3ナンバー化、最新のエレクトロニクスと安全装備を搭載すると180万円以下のプライスは考えにくく、主なグレードの価格帯は200万円代となるでしょう。

もっとも今どきの軽自動車でも200万円を超える車種が増えているので、競争力が著しく落ちてしまうことはなく、普通車で良い車を求める顧客には魅力的なプライスではないでしょうか?

C8引用元:https://toyota.jp/

先行して発売されているスポーツにおいても廉価グレードの価格は210万6千円です。

最近の自動車業界は、小さいから、安い価格だからといって安全装備やインフォテインメントなどを省略することなく、高級車、大型車と同じ安全性、使い勝手を実現するのがトレンドとなっています。

トヨタも例外ではなく、数多く販売されるカローラであるからこそ、充実した装備を搭載しての発売となるはずです。

トヨタカローラレビン復活はあるのか?

レビンは1972年2代目カローラのホットモデルとして登場し、7世代28年に渡り、存在したモデルです。

一斉を風靡したライトウェイトスポーツAE86レビン/トレノを思い浮かべる人も多いことでしょう。

実は現在も中国ではレビンの名前で新型車も発表されています。

中国ではスポーティーモデルをレビンと呼び、ハイブリッドモデルも用意されています。

C10引用元:https://clicccar.com

レビンの位置づけは、やはりホットモデル。

過去のレビンもセダンのボディ形状でハイパフォーマンスを可能とするエンジンを搭載しレビンの名前を冠しています。

では、今回の新型でレビンの国内復活はあるのか??

実に予想が難しい問題です。

レビン復活を否定する要素としては
・国内では前出の「AE86」から名前をいただいた「86」が成功していること。
・レビンはトレノと兄弟車、トレノのベースとなっていたスプリンターは今はない。
・トヨタのホットモデルは「GR」という統一したブランドでの展開が始まっていること。
・カローラスポーツがデビューしており、ホットバージョンはスポーツに設定するはず。

反して肯定する要素は
・世界戦略車として、日本仕様に大きな変更をせず、中国でのラインナップを共有する。
・レビンで心踊る世代は確実にいる。

トヨタカローラ新型の発売日とおすすめのポイント

今年も東京モーターショーが開催されます。

現時点で2019年内というアナウンスしかされていないことから、モーターショーに合わせて10月下旬の発売が濃厚ではないかと予想されます。

C5引用元:https://toyota.jp/

プリウスのスタイリングに馴染めない方々や、商売に使いながら普段も乗る方。

よりトラディショナルなスタイリングで国際戦略車種として最新のTNGAを採用した高い走りの魅力を十分に感じられること。

カローラの歴史上でも大きな変革(大型化など)が始まる1台味わってみたい方。

是非試乗して感じてみていただきたいと思います。

この記事を書いた人

Ken
車好きでエンジニアとして活動している40代です!

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど
悩みが尽きない…

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1