N-VANの値段・価格と気になるグレードの情報を紹介!!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1

ホンダNシリーズのプラットフォームを、使用して開発された商用バンがN-VANです。

N-VANのグレードを比較して、おすすめグレードをピックアップしていきます。

N-VANの値段・価格を紹介!


引用:https://www.honda.co.jp/N-VAN/webcatalog/styling/3d/

今どきのワゴンタイプなら「127万円~179万円」は、特に安くも高くもないと言えます。

N-VANのような車は、商用タイプと思っている人も多いですが、実はファミリー層にもおすすめできる一台なのです。

ライバル車は、ウエイクやディズルークスなどですが、どの車種も似たり寄ったりの値段ですね。

N-VANにはターボモデルがあり「+STYLE」のグレードだけが、ターボ設定があるようです。

N-VANの各グレードの値段は、以下の通りとなります。

N-VANの価格

グレード名トランスミッション価格
G・Honda SENSINGCVT(FF)127万円
6MT(FF)
CVT(4WD)138万円
6MT(4WD)
L・Honda SENSINGCVT(FF)134万円
6MT(FF)
CVT(4WD)145万円
6MT(4WD)
+STYLE FUN
Honda SENSING
CVT(FF)156万円
6MT(FF)
CVT(4WD)169万円
6MT(4WD)
+STYLE FUN・ターボ
Honda SENSING
CVT(FF)167万円
CVT(4WD)180万円

N-VAN+STYLEの価格

グレード名トランスミッション価格
+STYLE COOL
Honda SENSING
CVT(FF)156万円
6MT(FF)
CVT(4WD)169万円
6MT(4WD)
+STYLE COOL ターボ
Honda SENSING
CVT(FF)167万円
CVT(4WD)180万円

どのグレードも「FF/4WD、6MT/CVT」の、組み合わせで選ぶことができます。

引用:https://www.honda.co.jp/N-VAN/webcatalog/performance/driving/

引用:https://www.honda.co.jp/N-VAN/webcatalog/performance/driving/

まず、私はN-VANのマニュアルのシフトノブを見て、「え、6速ミッション?!」と驚きました。

一昔前なら、一部のスポーツカーに6速ミッションが採用されているくらいで、軽自動車では見たことがないからです。

実際に試乗に出るとわかりますが、市街地では6速を使うことがありません。

私の場合は、せっかく6速あるので使いますが、一般的には使わない可能性のほうが高いでしょうね。

引用:https://www.honda.co.jp/N-VAN/webcatalog/performance/driving/

スポーツ走行などが好きなら、N-VANのターボモデルを買うと楽しいかもしれません。

N-VANの一番安いグレードは「G」のFF車で127万円からとなっています。

逆に最高値は、「+STYLE COOL」というグレードで、ターボ付き&4WDの組み合わせで、180万円となっているのです。

昔から軽自動車のワゴンタイプは、高かったのですが180万もする軽自動車はありませんでした。

やっぱり、いろいろな安全装備が付いたことで、値段も上がったのかもしれません。

引用:https://www.honda.co.jp/N-VAN/webcatalog/styling/design/

安全装備といえば「ホンダセンシング」と言うシステムが、N-VANにも一部のグレードに装備されています。

このような、安全装備が付いていることを考えると、妥当な価格だとも思えます。

N-VANのグレードの仕様と比較情報

引用:https://www.honda.co.jp/N-VAN/webcatalog/styling/design/

N-VANは、助手席側をピラーレスにして、大きな荷物を積んだり降ろしたりするのが、楽なようになっています。

引用:https://www.honda.co.jp/N-VAN/webcatalog/interior/utility/

グレードによっては、装備も違うので、グレードごとに紹介をしていきます。
N-VANのスペック一覧表

ボディサイズ(mm)全長:3,395
全幅:1,475
全高:1,945〜1,965(ハイルーフ)
1,850〜1,865(ロールーフ)
車両重量(kg)FF:930〜970
4WD:980〜1,020
乗車定員2〜4人
エンジン直列3気筒 DOHC
最高出力自然吸気:39kW [53PS] / 6,800rpm
ターボ:47kW [64PS] / 6,000rpm
最大トルク自然吸気:64N・m [6.5kgf・m] / 4,800rpm
ターボ:104N・m [10.6kgf・m] / 2,600rpm
トランスミッションCVT
6MT
駆動方式FF
4WD
JC08モード燃費FF:23.6〜23.8km/L(CVT) 18.6km/L(6MT)
4WD:21.2km/L(CVT) 17.6km/L(6MT)
燃料レギュラー
新車車両価格(税込)127万〜180万円

N-VAN「G」

引用:https://www.honda.co.jp/N-VAN/webcatalog/styling/design/

このグレードはN-VANでは一番安い値段になります。

装備もシンプルで「軽自動車にこんな装備はいらないよ」という人が、好んで選ぶエントリーグレードの一つです。

N-VANの「G」にもホンダセンシングは装備されます。

私がホンダの車をすごいと感じているのが、N-VANでも惜しみなく「オートエアコン」を全グレードに装備していることです。

ライバル車を比較しても、オートエアコンを安い車にまで標準装備にしているのは、数少ないと言えます。

N-VAN「G」の標準装備

 ・ダイブダウン機構付 助手席&リアシート
・運転席&助手席用 i-SRSエアバッグシステム
・フルオートエアコン
・AM/FMチューナー
・マルチインフォメーションディスプレイ
・ヒルスタートアシスト機能

N-VAN「L」

引用:https://www.honda.co.jp/N-VAN/webcatalog/styling/design/

便利な装備をいくらか追加したグレードで、特に車上荒らしに対し、安心なセキュリティアラームが追加されます。

「G」には標準装備されていない、充電用USBジャックが「L」には標準装備となります。

さらに、夜間に何らかの作業をするという場合に便利な、マップランプも追加されます。

また、車を運転していて日差しが真正面になると、眩しくて困ることもあります。

サンバイザーをいちいち下げるというのも、面倒なのですが「L」というグレードにはハーフシェイド・フロントウインドウが標準装備です。

エクステリアでは、ボディ同色の「電動格納式ドアミラー」が、装備されます。

N-VAN「L」の標準装備

・ナビ装着用スペシャルパッケージ
・電動格納式リモコンカラードドアミラー
・充電用USBジャック(急速充電対応タイプ2個付)
・PM2.5対応高性能集塵フィルター
・カラードアウタードアハンドル
・ハーフシェイド・フロントウインドウ

N-VAN +STYLE「FUN」/ターボ

引用:https://www.honda.co.jp/N-VAN/webcatalog/styling/design/

N-VAN +STYLE「FUN」は、N-VANと違いLEDヘッドライトが、標準装備となります。

一見するとノーマルN-BOX風にもみえて、親しみのあるデザインとなっています。

N-VAN +STYLE「FUN」には、プッシュスタート方式で、今どきの軽自動車によくあるエンジンスタートボタンが、標準化されています。

プッシュ式は、エンジンキーを手に持っていなくても、ドアのロックを解錠したりエンジンを始動させたりすることが可能です。

CVTのみですが車速連動オートドアロックシステムが、標準装備になっています。

N-VAN +STYLE「FUN」の標準装備

 ・フルLEDヘッドライト(オートレベリング/オートライトコントロール機構付)
・USBオーディオ(AM/FMチューナー機能付)/AUXジャック
・Hondaスマートキー
・プッシュエンジンスタート
・ポップアップ機構付ガラス
・12インチスチールホイール(2トーンホイールキャップ)

N-VAN +STYLE COOL/ターボ

引用:https://www.honda.co.jp/N-VAN/webcatalog/styling/design/

「N-VAN +STYLE COOL」は、メッキ調パーツやテールゲートスポイラーなどが、標準装備で取り付けられています。

ノーマルの「N-VANや+STYLE FUN」と比較して、95mm全高が低くなっています。

主な装備は以下の通りです。

N-VAN +STYLE COOLの標準装備

 ・クロームメッキフロントグリル
・クロームメッキリアライセンスガーニッシュ
・テールゲートスポイラー
・USBオーディオ(AM/FMチューナー機能付)/AUXジャック
・フロント2スピーカー
・12インチスチールホイール

N-VANのグレードで一番のおすすめはこれだ!

引用:https://www.honda.co.jp/N-VAN/webcatalog/styling/design/

個人的にN-VANのグレードの中で、「これはすごい!」と感じたのは「N-VAN +STYLE FUN」です。

ターボモデルは「+STYLE」しか選べないし、その中でも丸めが引き立つ「FUN」は、デザイン的にも良いように思えました。

また、「COOL」のほうはホンダ・N-BOXによく似ているし、値段もほとんど変わらないので、これならN-BOXを買ったほうが良いと感じたのです。

N-BOXにもターボがありますしね。

なので、走りに関して妥協をしなくてすむ「FUN」のターボモデルが、一番オススメのグレードだと感じました。

自然吸気エンジンは最高出力「53PS/6800rpm」で最高トルクが、「6.5kg.m/4800rpm」なので、それほどパワーはありません。

ターボモデルの方は最高出力「64PS/6000rpm」で最高トルクが「10.6kg.m/2600rpm」なので、ストレスはたまりにくいと言えます。

さらに、デザインもホンダの軽自動車で似ている車種はないので、個性があると感じたのも理由の一つです。

N-VANのグレードと値段・価格のまとめ

引用:https://www.honda.co.jp/N-VAN/webcatalog/styling/3d/

N-VANは、オートエアコンが標準装備なので、他メーカーよりもお買い得に感じます。

使わない装備で費用をかけたくないという場合でも、「G」というグレードを選べば装備もシンプルなものとなっています。

ホンダ車は購入者の要求に応えるメーカーなので、どれを選んでも後悔は少ないように思えます。

0011

引用:https://www.honda.co.jp/N-VAN/fishing/

またN-VANは商用車であるにもかかわらず、趣味性の高い車となっています。

ピラーは大きく開口し、荷物の出し入れはもちろん、アウトドアでも有効に使うことができます。

0012

引用:https://www.honda.co.jp/N-VAN/fishing/

更にフルフラットにもなり、車中泊にも適しています

生活に余裕があれば遊びのセカンドカーとして比類ない軽自動車としてお勧めします!

キャッチ画像引用:URLhttps://www.honda.co.jp/N-VAN/dream/

この記事を書いた人

はるとも
車や自転車、更にはカメラ、日本酒、コーヒー等を趣味としています。
古いものから新しいもの、好奇心旺盛な40代男性。

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど
悩みが尽きない…

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1