フォルクスワーゲン・ポロ中古車の価格は?維持費や燃費はどうなんだ?

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1

1996年に初めて日本で販売された、フォルクスワーゲン・ポロですが、日本人にとっては「輸入車=維持費が高い」という、そんなイメージが強いのではないでしょうか。

ごく一部の車種を除けば、輸入車というのは値段が大きく下がります。

新車では買うことが出来なかった輸入車も、40万のボーナスで買うことも可能なのです。

このページでは、フォルクスワーゲン・ポロの中古車の値段や維持費などを紹介していきます。

フォルクスワーゲン・ポロの中古相場と価格

ポロ1

引用:https://www.carsensor.net/usedcar/

フォルクスワーゲン・ポロをカーセンサーで調べてみると「10万円~375万円」で販売されています。

一番高いのは現行型のポロで「GTI」と呼ばれる、ポロの中でも排気量が高い車です。

ポロの中古相場は「226.2万円」ですが、実際にはお手頃価格で買うことが出来る中古もありますよ。

ポロの中古車って壊れやすくないのか?

ポロ2

引用:https://www.carsensor.net/usedcar/

ネットで調べてみましたが平成14年10月15日~平成15年4月15日のポロは、「ブレーキマスターシリンダーの不具合」があります。

ブレーキの繰り返し操作によって、最悪ブレーキが効かなくなるという不都合があり、これはディーラーで無料修理が可能です。

他には、トランスミッション系の故障があるようですが、これも対策品が2012年に出ています。

ただ、輸入車だけに限らず10年落ち以上の古い車は、日本車でも故障するので修理をする覚悟で、購入に踏み切ると良いですね。

結論を言えば、状態の良いポロを買えば、故障は少ないと言えます。

輸入車は認定中古車を選ぶほうが良い?

ポロ3

引用:https://www.carsensor.net/usedcar

ポロを含めた中古車には「認定中古車」「中古輸入車」があります。

単純に価格だけを問題にするなら、普通の中古車販売店で買うほうが安く収まります。

ですが、輸入車の中古車を選ぶ場合は、なるべく故障が少ない車が良いですよね。

中古の輸入車はよく故障すると言われますが、それは中古車の選び方に問題があります。

日本車の場合は、中古車販売店で買っても、余り問題はないでしょう。

でも、輸入車となると話は別で、多少高くてもディーラー認定中古車のほうが、安心して買うことが出来るのです。

さらに、認定中古車の場合は販売前に消耗品の交換を行ったり、メンテナンスもバッチリと行っていることがほとんどです。

輸入車の中古車だけはケチって、値段だけが安く見える中古車を買わないようにしましょう。

結論を言えば、輸入車の中古を買うなら、ディーラー認定中古車を買えば、2年~3年の保証が得られるので、本当に安心できます。

更に言わせていただければ、輸入車というのは日本車と違いエンジンの補機類の取り付けが、特殊な場合があったりシビアな調整が必要だったりします。

輸入車は「高度な専門知識と能力」が必要で、一般的な整備レベルでは修理や交換は、普通の整備工場で恐ろしくてやらせることは出来ません。

なので、少なくとも専門知識のあるディーラーで販売する中古車を、買ったほうが外れは引きにくいのです。

認定中古車と一般中古車の比較

にんてい1

フォルクスワーゲン・ポロの中古はどれくらい維持費が必要?

1231823

フォルクスワーゲン・ポロの中古車を買ったときの維持費は、2018年以降のポロの排気量は、GTIを除いて「1000cc」と一律しています。

でも、1996年~2018年3月以前のポロは、「1200cc~1600cc」となっていて、グレードによっても異なります。

ポロの燃料は「ハイオク」で、1年間1万キロ走行したことを想定し、2019年1月現在の単価「149円」で計算をしました。

古いモデルは、1400ccですが、一番燃費が悪いため燃料代だけでも、年間で10万円を超えてしまいます。

最新モデルは「1000cc」ですが、こちらは燃費が良いため7「78,421円」でした。

詳しいポロの維持費は、以下の表にまとめてたので参考にしてください。
1年間の維持費

ひょう222

※ガソリン代は、1年1万キロ走行したと想定
※ガソリン単価は2019年1月9日の値段ハイオク「149円」で計算

日本車とは違う消耗品も交換する必要がある?!

1198109

フォルクスワーゲン・ポロを含めた輸入車は、中古車でも交換すべき消耗品があります。

日本車では廃車にしても交換する事がない部品を、輸入車では交換していくことになります。

取扱説明書のサービスデータでは、記載していませんが以下の部品が劣化すると、交換していく必要があります。

フォルクスワーゲン・ポロは、日本車とは違い消耗品扱いになる部品は、多くあります。

たとえば、ブレーキローターも日本車だと、ごく一部の人だけが交換をしていますが、輸入車では定期的にチェックをしないといけない部品となります。

特に、欧州車の場合は、比較的やわらかいブレーキローターが使われているので交換は定期的にした方が良いとされています。

日本車の場合は、ブレーキパッドで削れるブレーキーローターは、車を廃車にするまで使い続けることは可能です。

ポロの場合は、後輪はドラムブレーキで、前輪がディスクブレーキ型です。

a4243d011d2ad6edcd6eb3a8bae9d509_s

なので、前輪のディスクブレーキローターは、走行距離10万キロ走行をしていた時点で、点検をしたほうが良いと言えます。

中古車を買う場合は、車の状態によりますが、ブレーキローターの交換もする必要があります。

交換工賃

ひょう231

フォルクスワーゲン・ポロの燃費

763e45299849e933ae9df3625ad7d8fa_s

輸入車の燃料は、ガソリン車ならハイオクと決まっているのですが、レギュラーよりも高いので中古車でも買い渋る人もいるでしょう。

フォルクスワーゲン・ポロのカタログ燃費は、年式が新らしければ燃費が良いというわけではありません。

燃費は車の運転方法や道路状況でも変化します。

ポロの排気量別燃費

2000cc:16.1km/L
1800cc:17.2km/L
1600cc:11.4km/L
1400cc:13.2km/L
1200cc:22.2km/L
1000cc:19.1km/L

フォルクスワーゲン・ポロは、燃費を重視した車ではないので、燃費はどのモデルも期待はできません。

フォルクスワーゲン・ポロの実燃費

ポロ4

引用:https://www.volkswagen.co.jp/

ポロの実燃費は高速道路での走行は日本車よりも、実燃費が良いという場合があります。

道路状況にもよりますが、年式や排気量によっては燃費が「9.42km/L」まで、落ちてしまうこともあるようですね。

ポロ排気量別実燃費

2000cc:9.97km/L~10.32km/L
1800cc:10.92km/L~16.46km/L
1600cc:10.77km/L~12.38km/L
1400cc:13.90km/L~22.09km/L
1200cc:9.42km/L~17.54km/L
1000cc:12.79km/L~21.30km/L

私が所有している2018年のポロは、「高速道路:18~22km/L」をマークしています。

フォルクスワーゲン・ポロの中古GTIはいくら?

ポロ5

引用:https://www.carsensor.net/usedcar/

フォルクスワーゲン・ポロの上級グレードに位置する、「GTI」は同年式のポロと違い、強力なエンジンが搭載されています。

通常のポロでも満足できるのですが、「GTI」の走りはまるでスポーツカークラスの加速を体感できます。

外見は高性能をアピールするかのように、デザインも他のポロとは若干異なるデザインをしています。

さらに、リアゲートにはGTIのエンブレムが、貼り付けられているのが特徴です。

新型の方のポロGTIは、2000ccですが先代モデルは1800ccでした。

ノーマルのポロがダウンサイジングであるのに対し、GTIはアップサイジングとなって、かなりパワーアップしている感じです。

「でも、お高いんでしょう?」と思うかもしれませんが
中古のポロGTIはH17年式で「43.2万円」から購入ができます。

ポロの価格や維持費や燃費まとめ

a6ed39365e0581548589801665388e4f_s

フォルクスワーゲン・ポロの維持費は、排気量によって値段が異なります。

ここまで読んで「輸入車=高級車」というイメージは、かなりかけ離れていて、庶民でも維持ができるのです。

修理費や交換費用なども、ディーラーで認定中古車を買えばネットで言われているほど、故障はひどくなく修理などもほぼ無いと言えるでしょう。

輸入車は燃費が悪いという人もいるかも知れませんが、実際にポロを所有し乗り続けている限りでは、日本車とほぼ変わらない燃費ですよ。

アイキャッチ画像 引用元 https://www.volkswagen.co.jp

この記事を書いた人

 あさかぜ 
車が好きです。
いつかは、ミッション運転したいです。

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど
悩みが尽きない…

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1