スイフトとポロを比較してみた!どっち が維持費や燃費がいいのか?

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1

スイフトは2017年9月に新型スイフトが登場して、2018年3月にポロが販売開始しています。

スイフトも「RSt」が1000ccで、ポロと同排気量を持つグレードとなっています。

このページでは、ポロとスイフトRStの維持費や燃費、そして価格などを比較していきます。

スイフトVSポロ 比較

1引用元:http://www.suzuki.co.jp/car/swift/styling/

スイフトRStの値段は、圧倒的にスイフトRStのほうが安いです。

ポロの一番最低グレードと比較しても、スイフトRStには及ばずですね。

スイフトはモデルチェンジで、内装はスポーティな内装となり、値段を感じさせない作りとなっています。

ポロも全体的に高級感を感じさせるデザインを採用しているため、スイフトとは違う路線のデザインだと感じます。

スイフトRStの値段は、1000ccの排気量としては平均的な無難な値段で販売されています。

ひょう11

ポロの場合は200万円クラスの値段なので、国産の同排気量と比較すれば、かなり高い値段と言えます。

価格的には、どう考えても、スイフトのほうが安い値段ですね。

スイフトVSポロ加速比較

poro4引用元:http://www.suzuki.co.jp/car/swift/styling/

スイフトRStの加速力は、リッターカーとは思えないような力強さがあり、ストレスを感じない車となっています。

スイフトRStは、新型スイフトの中で、エコカー減税の恩恵を受けないグレードですが、燃費を全く気にしない人には最適な一台となるでしょう。

エンジンも最高出力「102PS/5500rpm」最高トルク「15.3kg.m/4500rpm」もあり、発進からかなり速い加速が期待できそうです。

スイフトに対し、ポロは最高出力が「95PS/5500rpm」で、最高トルクが「17.9kg.m3500rpm」となっています。

実際に、新型ポロに乗ってみると発進から鋭い加速を見せ、坂道などもスイスイ走行できて、大変気持の良い車です。

高速道路なども時速100キロで走行をしても、エンジン音によって室内の話が聞こえにくいということはありません。

さらに、時速100kmからアクセルを踏み込んでも、トルクを聞かせた加速が楽しめ、実際に出したことはないですが、余裕で200kmの速度に到達してしまいそうなほどの加速をします。

パワーではスイフトが上ですが、実際の高速道路でのトルク感は、ポロのほうが上なのではないでしょうか。

しかし、スイフトは海外でも販売されているので、そのポテンシャルも底が計り知れませんけどね。

hyo2

スイフトVSポロボディサイズ比較

poro6引用元:http://www.suzuki.co.jp/car/swift/styling/

スイフトとポロのボディサイズですが、一回りポロのほうが大きいですね。

スイフトも見た目だけなら、かなり大きくポロと同じサイズにしか見えませんが、実際に数値化するとポロのほうが大きいということです。

スイフトは全体的に小さいので、運転しやすそうですし駐車などもやりやすそうですね。

そういう部分では、日本の道路事情を考慮した作りになっているのは、購入を検討する側としては、嬉しい限りだと感じます。

最近のコンパクトカーは、ドンドン脂肪がつくみたいに大きくなり、運転しにくくなった車もあります。

ff0bcedc6f011ec243771cb96ef955ec_s

バック駐車に自信がなければ、スイフトには「全方位モニター」があるし、上から見たような映像がモニターに映るので、周囲の状況がわかりやすいのが良いと感じます。

ポロにもモニターが装着されますが、「TSIトレンドライン」以外のグレードには、標準で装備されます。

ただし、後方のモニターのみとなります。

ポロの室内は運転席と助手席の間に、程よい距離があるので、それほど窮屈には感じません。

後部座席も大人4人までなら、窮屈には感じないと言えます。

足元も窮屈には感じなくて、ゆったりとしています。

スイフトも足元の空間は、それほど狭くなくて、後席の足元には温風を送り込む、リアヒーターダクトが全車標準装備となっています。

スイフトとポロのボディサイズは以下の通りとなります。

hyou3

ポロとスイフトのラゲッジスペース比較

ポロのラゲッジスペースは、若干広く感じます。

ポロは、ラゲッジスペースには、ホイールハウスの出っ張りが出ていないので、ラゲッジスペースを広く使えるのが特徴ですね。

そして、スイフトもラゲッジスペースに工夫があり、コンパクトなボディでありながら、「最大265L」の荷室容量を確保しています。

開口部の高さも715mmに設定しているため、荷物の積みおろしがとても楽になっています。

スイフトVSポロ 維持費

55750be5ce1a09d36fb16c4873422f58_s

1年の維持費を計算してみました。

ポロもスイフトRStも「1000cc」なので、自動車税は29500円となります。

ガソリン代は単価がコロコロ変わるので、2019年1月22日現在のガソリン単価で計算をしています。

スイフトRStは、レギュラーガソリンなので、ポロよりも1年で使用する燃料の値段が、違いすぎますね。

消耗品なども含めていけば、ポロとスイフトの維持費の差は、更に開いていくかもしれません。

9e8c01468157229aaf93aa10d7aaaf30_s

ポロの場合は、同じ消耗品でも値段が高いこともあるので、消耗品交換は覚悟していたほうが良いかもしれません。

基本的に、ポロは故障が少なくなっているので、耐久性はスイフトとほぼ変わりはありません。

hyou4

スイフトVSポロ燃費

ee93d1153353799618a79cb404326741_s

スイフトとポロのカタログ燃費は、ハイブリッドではないのに「スイフトRSt」は「20km/L」と、かなり燃費が良いですね。

それに対するポロは、「19.1km/L」となっていて、スイフトとあまり差がありません。

この差なら運転のやり方によっても、スイフト以上にポロでも燃費を上げていけそうです。

私のポロの実燃費は、高速道路でもビックリするくらい目に見えて減るのではなく、20キロ離れた場所に行っても、ほとんど燃料が減っていない場合が多いです。

8abf0f79c4cb430c929fe5ad196c748b_s

ただ、燃費は都市と田舎では大きな差があり、同じ年式で同じ車でも燃費は大きく違うことが多いですよ。

スイフトRStとポロの実燃費は価格ドットコムで調べたものですが、カタログ燃費との逆になっていて、ポロのほうが実燃費が良くなってます。

スイフトとポロの燃費

hyou5

スイフトVSポロ乗り心地

2引用元:http://www.suzuki.co.jp/car/swift/interior/

スイフトは「欧州仕込み」という宣伝文句がありますが、それはダテではなく、シャーシーの味付けとかパワートレインの信頼性に関する開発は、基本的に欧州で実施しているようです。

スイフトRStは、ゴリゴリのスポーツサスではなく、それほど硬いということはありませんが、柔らかいということもないちょうどよい硬さの足回りです。

路面の凹凸を乗り越えると、多少の衝撃を感じるかもしれません。

スイフトに対して、ポロも同じく路面の凹凸を乗り越えると衝撃は伝わります

カーブを曲がるときは、余り遠心力を感じないので、スポーティな走りが体感できます。

リッタカーを思わせない加速の良さは、実際に運転しないと体感できないと感じます。

スイフトVSポロ まとめ

poro3引用元:https://www.volkswagen.co.jp/ja.html

スイフトもポロもメリットが有りデメリットがあります。

スイフトRStも1000ccでありながら、パワーがあり乗り心地も、それほど悪くないのは良いと感じます。

スイフトRStの周囲の状況を確認できる「全方位モニター用カメラ」は、メーカーオプションなので、駐車が苦手だという人は、ぜひ選んでおきたい装備の一つだと言えます。

基本的に、燃費を気にしないと言うなら、スイフトRStもポロも選んでも損はない車だと感じます。

また、スイフトRStは、サスペンションは硬めにチューニングされていて、上下の動きを抑えるのでカーブも曲がりやすく感じるでしょう。

最終的に燃費や価格を取るならスイフトに軍配が上がっていますね。

走りを楽しみたいという人は、ぜひスイフトとポロを試乗して、乗り比べてみてくださいね。

アイキャッチ画像 引用元 https://www.volkswagen.co.jp http://www.suzuki.co.jp

この記事を書いた人

 あさかぜ 
車が好きです。
今はミニバンですがいつかはミッションに乗りたいです。

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど
悩みが尽きない…

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1