東京モーターショー2017にて、スズキブースレポートまとめ!

スズキ

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1

2017年10月27日から11月5日に千葉県幕張メッセで開催された東京モーターショーでは国内外の自動車メーカー各社から、未来を意識したコンセプトカーや近々に市場投入されそうなクルマなど、様々なクルマが出展されました。

その中から今回は軽自動車メーカーであるスズキの動向についてお伝えしていきましょう。

スポンサードリンク

東京モーターショー2017:e-SURVIVOR

スズキが次の100年に向けて提案する未来のコンパクトSUVがe-SURVIVORです。

ジムニーやエスクードが持つスズキのコンパクトSUVの魅力を継承した、スズキが次の時代に向けて提案する未来のコンパクトSUVです。

スズキの4WD車の流れを汲んだ、未来のコンパクトSUVで、どんな道でも走れる高い走破性に、EVが持つ高トルクの力強さやモーターの加速感を掛け合わせたことで、新時代の「操る悦び」をつくり出しています。

モーターを4基を、前後に2基ずつ車両センター側に搭載しており、そこからダイレクトに各軸に出力されるが、ステアリングには各輪の操作パドル(計8個のパドル)が用意されているという特殊なものになっています。

これからの主流となる自動運転化にも対応し、より便利で快適なドライブ を楽しむことができるクルマです。

e-SURVIVOR

e-SURVIVOR

引用:http://www.tokyo-motorshow.com/gallery/photo/01_230_Suzuki/index001.html

スポンサードリンク

東京モーターショー2017:SPACIA CONCEPT

今回のモーターショーでは、新型スペーシア/スペーシアカスタムのコンセプトモデルが出展されています。

おそらくは2018年春に予定されている、スペーシアとしては初のフルモデルチェンジを意識したスペックになっているものと思われます。

スズキスペーシアは、軽自動車の中でも現在急成長を遂げるスーパーハイトワゴンのカテゴリに属しています。

車内で子供が立てるほどの高い車高を特長としていて、主にファミリー層の使い勝手を意識して後席左右にはスライドドアを備えています。

このカテゴリは急成長していることもあり、各メーカーがこぞって市場投入していることから、し烈な争いが行われています。

コンセプトは「スーツケース」ということですが、スペース効率だけを極めているだけではなく、クルマとしてのスタイルにも重要視しており、かわいらしい外観になっています。

SPACIA CONCEPT

SPACIA CONCEPT

引用:http://www.tokyo-motorshow.com/gallery/photo/01_230_Suzuki/index001.html

スポンサードリンク

東京モーターショー2017:XBEE

広い室内のワゴンとSUVとを融合させた、新ジャンルの小型クロスオーバーワゴンです。

都会でお洒落に、レジャーでアクティブに、様々なライフスタイルに似合う小型クロスオーバーワゴンとして新たな提案をしています。

コンパクトサイズカーでありながら、クラスを超えた広い室内空間を持つワゴンパッケージと、ラフロードに対するSUVの走破性や機能性を両立させ、一目見たら忘れられない個性的なデザインとしたクルマで、新しいジャンルの小型クロスオーバーワゴンです。

XBEE

XBEE

引用:http://www.tokyo-motorshow.com/gallery/photo/01_230_Suzuki/index001.html

東京モーターショー2017:XBEE OUTDOOR ADVENTURE

コンセプトカーXBEEではアウトドアシーンにマッチするXBEE OUTDOOR ADVENTUREも出展されています。

ベースはXBEEですが、上質で落ち着いた雰囲気で自然に溶けこむ魅力とアウトドアで使用する楽しさを追求したモデルです。

アウトドア派の方にはこちらの方がフィットするのではないでしょうか?

XBEE OUTDOOR ADVENTURE

XBEE OUTDOOR ADVENTURE

引用:http://www.tokyo-motorshow.com/gallery/photo/01_230_Suzuki/index001.html

東京モーターショー2017:キャリイ軽トラいちコンセプト

スズキからは乗用車だけではなく商用車のコンセプトカーも出品されています。

軽トラ市に出店することを想定したコンセプトモデルであり、キャビンを広く、使い勝手を向上させたものとなっています。

しかしながら、キャリイ軽トラいちコンセプトは単なる仕事専用車ではなく、毎日の移動やレジャーにも幅広く使えるクルマです。

キャリイ軽トラいちコンセプト

キャリイ軽トラいちコンセプト

引用:http://www.tokyo-motorshow.com/gallery/photo/01_230_Suzuki/index001.html

スポンサードリンク

東京モーターショー2017:スズキまとめ

軽自動車メーカーであるスズキだけに、コンパクトなクルマが数多く出展されていました。

そんな中でも特筆すべきはe-SURVIVORで、世界の主流となりつつある自動運転技術を軽自動車にも取り入れており、時代の潮流を取り入れたものになっています。

日常の足として使い勝手の良い軽自動車だけに、誰もが安心して乗ることができる自動運転技術が装備されていると、より日常の足として便利なものになってくるでしょう。

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1

スポンサーリンク


スポンサーリンク