【トヨタ・エスクァイア】改造、カスタム時の人気のエアロパーツとは?

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1

トヨタ・エスクァイアはとてもカッコイイ車だと思います。

ヴォクシーやノアよりもエスクァイアが一番大人っていうか重厚感があって個人的には好きです。フロントが良いですよね。

そんなエスクァイアですが、改造・カスタム時のエアロパーツはどんなのがあるんでしょうか?

自分好みのカスタムをしたいですよね。

色々と調べて見ましょう。

スポンサーリンク

【トヨタ・エスクァイア】エアロパーツやインチアップでのホイールはコレ

トヨタ・エスクァイアのエアロパーツやインチアップでのホイールはコレということですが、コレといっても色々な種類があります。

やはりノーマルよりはカスタム仕様の方が格好いいですよね。

エスクァイアはカスタムのやり甲斐があるって感じがします。

めちゃくちゃ厳つくも出来ますからね。

頑張ればアルファードよりもド迫力になりそうなイメージです。

それもやはりあのフロントマスクがあってこそって感じですね。

とうことで、エアローパーツのご紹介です。

エアロパーツも豊富にありますけど、今回はトヨタアクセサリーの純正エアロパーツ、モデリスタのエアロパーツセット等をまとめてみましょう。

トヨタ純正エアロパーツ「ダイナミックエアロスタイル」

引用:https://www.modellista.co.jp/product/esquire/aerokit/

フロントグリル・フロントスポイラー(LED付き)

価格154400円、地上高がオリジナルより約14mmダウンするのもイイですね。

サイドマッドガードも付けると地上高が5mm下がり、オリジナルよりも低重心でどっしりとしたサイドスタイルになります。

リアバンパースポイラーが43200円でオリジナルよりも約17mmダウン。

そしてやはりリアスポイラーも欲しいですよね。

114480円ってことですが、リアアンダーミラー装着車には装備不可ですので注意が必要です。

他にはメッキドアミラーカバー、ナンバーフレームイルミネーション、リヤガーニッシュなど全てのエアロパーツを装着すると合計で412560円かかります。

モデリスタ エアロキット

引用:https://www.modellista.co.jp/product/esquire/aerokit/

こちらを装着すると都会的で精錬されたスタイルへと変貌します。

そのパーツはこちら!

モデリスタ・エアロキット163080円
リアスポイラー43200円
バックドアスムージングパネル38880円
LEDライセンスランプ8640円
クールシャインキット62640円
ロアグリルガーニッシュ23760円
17インチアルミホイール・タイヤセット199800円
マフラーカッター23760円
合計563760円

結構な金額になりますけど、それだけ格好良くなるんだからOKでしょう。

またカスタムに欠かせないのがインチアップですよね。

そしてホイールです。

これだけでエスクァイアが更に格好良くなります!

純正は15インチかな?

17インチ、いや18インチぐらいにするとめちゃくちゃ格好いいですけどね。

人気の車なので、ホイールも様々な物が選べます。

筆者の私のおすすめのホイール3つ紹介していきますね!

コスミック ヴェネルディ レヴォルテ

リム径18inch/19inch
インセット35mm/38mm/40mm/45mm/48mm/50mm/53mm
リム幅7.0J/7.5J/8.5J
カラーブラックミラーフィニッシュ
価格(値段)31,000円程度/1本(2017年調べ)
参考コスミック[ホイールメーカー一覧]

引用:https://cobby.jp/esquire-wheel.html

上品な大人の雰囲気をかもし出すことができますよ。

ケースペック シルクブレイズ ヴォルツァ

リム径18inch/19inch
インセット47mm/55mm
リム幅7.0J/7.5J
カラーピアノブラックダイヤモンドカット(PB/DC)
価格(値段)26,000円程度/1本(2017年調べ)
参考ケースペック[ホイールメーカー一覧]

引用:https://cobby.jp/esquire-wheel.html 

だれもが振り向くような妖艶な高級な雰囲気を味わえます。

ドゥオール ロンディネ COC-04

リム径15inch/16inch/17inch/18inch
インセット40mm/43mm/48mm/53mm/55mm
リム幅6.0J/6.5J/7.0J/7.5J/8.0J
カラーブラックポリッシュ
価格(値段)15,000円程度/1本(2017年調べ)
参考ドゥオール[ホイールメーカー一覧]

引用:https://cobby.jp/esquire-wheel.html

力強い雰囲気のホイールはエスクァイアにとてもマッチしていますね。

あとは予算との相談でしょうね。

エアロパーツを装着してホイールも変更。

そうすれば街をはしれば羨望の眼差しが待ってますよ!

スポンサーリンク

【トヨタ・エスクァイア】改造パーツ、マフラーの人気はコレ

トヨタ・エスクァイアの改造パーツ、マフラーの人気はコレということで、色々とご紹介していきたいと思います。

まずは改造パーツの中でマフラーのご紹介です。

個人的にはマフラーって変える必要があるのかな?って思っちゃいますけど、そんなことはない。

マフラーこそ替えるべきだ!っていう人もいるんでしょうね。

確かにマフラーを交換すると後姿がグッと格好良くなりますよね。

引き締まるっていうか、見た目が良くなります。

また排気音が変えられるっていうのは特徴でしょう。

他の改造パーツを変えても音は変わりませんからね。

ということで、マフラーのカスタムはとても重要って事です。

純正のモノがしょぼいっていうのもあると思いますけどね。

また、排気音まで大きくなるのはイヤだって言う人には、マフラーカッターという純正マフラーに取り付けて、見た目だけを変える事が出来るパーツもあります。

他にもバンパーと一体式で、見た目を大きく変更出来るパーツもありますね。

まあ色々と選べるって事です。

選択肢が多いっていうのは良い事ですけどね。

スクリーンショット 2019-01-18 10.03.13

引用:https://www.modellista.co.jp/product/esquire/aerokit/

ちなみにマフラーっていうのはエンジンでガソリンを燃やしたときに出る排気を排出している排気管の一部のことです。

消音効果がある装置で、サイレンサーと呼ばれることもあるそうですよ。

車体の後方リアバンパーの下に設置されている金属パイプがマフラーで、エンジンの排気量や車種によって太さや長さ、取り回しが違ってきます。

太い方が排気量率がアップして、馬力があがりますが、排気音が大きくなるのがネックです。

いまは騒音規制が厳しくなってますからね。

ということで、マフラーについて分かって頂けたでしょうか?

で、いよいよマフラーのカスタムパーツですが、二種類あります。

まずは純正マフラーから社外品へ交換するタイプです。

排気効率の向上や排気音を大きくしたい場合はこの交換タイプがオススメ!

またそこまで大幅に改造したくないって人はマフラーカッターが手軽でいいですよね。

マフラーカッターは見た目が良くなりますし、また値段も手頃です。

お財布にも優しいマフラーカッターがイイと思いますけどね。

見た目重視でイイでしょう!

スポンサーリンク

【トヨタ・エスクァイア】カスタム仕様やカスタム内装の人気はコレ

トヨタ・エスクァイアのカスタム仕様やカスタム内装の人気はコレということで、色々な画像を貼っていきたいと思います。

ここではカスタムの内装について書いていこうと思います。

外観も大事ですけど、やはり内装も格好良く仕上げたいですよね。

内装といっても色々ありますけど、まずはフロアマットです。

ファッション性だけではなく、防音性や断熱性などの機能パーツもありますね。

車体やインテリアカラーに合わせてコーディネイトするって言うのも素敵です。

色柄の物を選択すればそれだけで派手な車に変身!って感じです。

他にもドレスアップの定番のパネル。

ウッドパネルやカーボンパネルなど様々なパーツがあります。

それこそパネルを変えるだけでガラッと印象が変わりますからね。

これは外せない内装カスタムだと思います。

フロントテーブル、インテリアテーブルをつければドレスアップにもなりますし、実用性も確保できます。

他にはLEDルームランプやシフトパーツ、色々なアクセサリーもありますよね。

正直お金がいくらあっても足りないぐらいですけど。

それぐらい様々なカスタムが出来るのも魅力ですよね。

エスクァイアは人気の車ですし、内装カスタムパーツも沢山ありますから、選ぶのも楽しいと思います。

素敵な内装に仕上げてくださいね。

スポンサーリンク

【トヨタ・エスクァイア】改造、カスタム時の人気のエアロパーツのまとめ

トヨタ・エスクァイアの改造、カスタム時の人気のエアロパーツのまとめってことで、ご紹介してきました。

色々なパーツがあって迷っちゃいますよね。

でもその選択が沢山あるって言うのも嬉しいことでしょう。

やはりカスタムするなら人とは違うエスクァイアに仕上げたいですよね。

街を走っていて同じ外観のエスクァイアだとがっかりするかも?

純正だとそういうこともあるでしょうね。

エスクァイアも人気の車で購入している人も多いでしょうから。

そこでカスタムです!

カスタムって皆さん人それぞれカッコイイという形とかが違うでしょうから、色々なカスタム方法やパーツがあるんだと思います。

それを選ぶのはアナタ!

素敵なエスクァイアライフを!

アイキャッチ画像引用:https://www.modellista.co.jp/product/esquire/aerokit/

この記事を書いた人

ヒロセ!
昔から車が大好きでした。そのため気に入った車を徹底的に調べています。詳しく知ってこの車は楽しい!という想いをあなたにお伝えしてきます。ぜひ私の記事をお楽しみください!良いと思いましたらぜひシェアをお願いします^^



下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1


スポンサーリンク


スポンサーリンク