新型SAIのオプション紹介!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1

トヨタの新型SAIのオプションにはどのようなものがあるでしょうか?

新型SAIのメーカーオプション・ディーラーオプションについての情報をご紹介します。

スポンサーリンク

「新型SAIのオプション紹介!」

グラフィックス8

「引用:http://toyota.jp/sai/gallery/」

この記事では、いま大人気のセダン自動車、トヨタの「新型SAI」についてお届けしたいと思います。

その販売台数はいまや約9万台ということで、たくさんの世代から愛されているということで、その人気を爆発させています♪

これはとても凄いことで、セダンブームのきっかけとなるパイオニアといっても過言ではないでしょう。

新型SAIはこのように大人気なのですが、売れているものには、必ず理由があります。

トヨタの「新型SAI」が売れている理由は大きくわけて3つあるのですが、中でもその秀逸なデザインとその走行性能、そして燃費の良さが最も支持を得ているポイントだそうです♪

新型SAIはエコカー減税額が非常に大きく、合わせてディーラーで値下げ交渉をすることによって、非常にお買い得に購入できるという事もあり、それが人気を更に加速させる要因となっています!

お手軽に値引きして購入できるという事は、その値引き分を使ってちょっと贅沢にグレードアップをしたり、オプション装備をタダで付けることも出来るということですからね(*^^)v

そこで今回この記事では、「新型SAIのオプションってどんなものがあるの?おすすめは?」という方へ向けて、トヨタの大人気セダンである「新型SAI」の魅力をお届けしようと思います。

「新型SAIのオプション紹介!」というタイトルで、世界中で人気の高いセダン自動車、新型SAIをチェックしていきたいと思います。

グラフィックス9

「引用:http://toyota.jp/sai/gallery/」

ところでみなさま、本題に入る前に「セダンの意味」ってご存知ですか?笑

「あの形だろ?」とか「セダンってニュアンスでは理解してるけど・・・?」と聞こえてきそうなので、改めて調べてみました。

セダンの名称は17世紀頃に南イタリアから広まった乗り物のセダンチェア(sedan chair、椅子かご)からである。ラテン語で「腰掛ける」の意味の sedeo, sedo が語源といわれている。ちなみに、セダンチェアの語源がフランスの町のスダンで作られたことに由来するといわれることがあるが、間違いである[1]。

英国ではサルーン (saloon)、ドイツではリムジーネ、フランスではベルリーヌ(ベルリネット)、イタリアではベルリーナ(ベルリネッタ)もしくはクワトロポルテ(「4つの扉」の意) と呼ばれる(ただし一部の欧州ではクラシックと呼ばれる場合もある)。日本および米国では一般にはセダンが一般名称で、サルーンは上級グレードの商標として用いられることが多いが、実質は英国と米国の呼称の違いであり、JISや自動車技術会での技術的な扱いではまったく同じものを表す。

「引用:https:/ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BB%E3%83%80%E3%83%B3」

なんと!!各国で呼び方が全然違うんですね!!元の意味は椅子かごということにも驚きです。

これまでニュアンスやイメージでセダンとに呼んでおりましたが、語源を知っているとちょっと印象が変わりますね。笑

筆者の中で新型SAIは、(燃費が良いハイブリッド車ということから)どちらかというと同社が販売している大人気のプリウスのような形をイメージしておりましたが、どうやら形で言うとアリオンの方が近いようですね。

燃費はプリウス、デザインはアリオンといった形で、双方の良いところ取りをしたようなクルマだと思います^^

そして顔を今までのセダンとは一味違ったものへとアレンジし、それがこれだけの人気へと繋がっているようですね!

グラフィックス11

「引用:http://toyota.jp/sai/gallery/」

公式HPにありましたが、新型SAIの魅力はこのようになっております。( ゚д゚)ウム

【1】 「走り去っても強い印象を残すクルマがあれば、それがSAIです。」

ひと際目を引くのは、ほぼ車幅いっぱいに広がるヘッドランプ。
夜がくれば、さらに個性を主張。シャープに切れ上がるラインが出現します。
リヤのランプも同じテーマのデザイン。赤く光る分だけ強い印象を残します。

【2】 「少ない視線移動でコントロールできる、新感覚リモートタッチ。」

安全性と操作性を高めるため、ナビ、オーディオ、エアコンなどが最小限の動きでコントロールできるリモートタッチを装備。
パソコンのマウスのような感覚で、操作はじつにカンタン。直感的に使えます。

【3】 「走行支援システムが、危険を察知。回避できるようサポートします。」

多くの走行支援システムを装備できるSAIですが、注目はプリクラッシュセーフティシステム。
先行車や障害物を察知すると、ブレーキをうながすと同時にブレーキを踏む力をアシストします。

「引用:http://toyota.jp/sai/」

このような要素が多くのファンを生み、老若男女問わずたくさんの層から支持を得ていて、結果販売台数を伸ばし続けているのだと考えます。

そんなセダンのパイオニアともいえるトヨタの「新型SAI」、その魅力を早速見てまいりましょう!!

グラフィックス12

「引用:http://toyota.jp/sai/gallery/」

スポンサーリンク

トヨタの新SAIのオプションにはどのようなものがあるでしょうか?

新型SAIにはどのようなオプションがあるのでしょうか?そこで、筆者が調べてみました。

新型SAIにはいくつかのおすすめオプションがありますが、公式HPで取り上げている人気オプションについてご紹介したいと思います。

グラフィックス13

「引用:http://toyota.jp/sai/gallery/」

インテリア:本革シート(メーカーオプション:232,200円)

T-Connectナビ(メーカーオプション:157,680円)

SRS9エアバッグ(G“Aパッケージ”に標準装備。その他のグレードはメーカーオプション

では、それぞれどのようなものなのか見ていきましょう!

①インテリア:本革シート(メーカーオプション:232,200円)

グラフィックス17

「引用:http://toyota.jp/sai/gallery/」

やっぱりセダンといえば、高級感ある上質な本革のプレミアムシートですよね!!

新型SAIでももちろん実装可能で、お値段は約20万円となっております。

少々お高めに感じられるかもしれませんが、革の上品で大人な良い香りが車内を包み、きっと満足するに違いありません!

②T-Connectナビ(メーカーオプション:157,680円)

カーナビ

「引用:http://toyota.jp/sai/gallery/」

トヨタといえばコレ!T-Connectナビですよね!

今でも十分に高い機能を有しておりますが、今後もその昨日は拡張していくとみられており、非常に使い勝手も良いものとなっております。

資金に余裕のある方は、オプションとして付け足しても問題ないでしょう!

③SRS9エアバッグ(G“Aパッケージ”に標準装備。その他のグレードはメーカーオプション)

エアバッグ

「引用:http://toyota.jp/sai/gallery/」

いくら細心の注意を払っていても、万が一には備えておきたいですよね。

備えあれば憂いなし、とは言いませんが、もしものときに頼りになる安全機能・安全装備をトヨタでは充実に取り揃えております。

それがこのSRS9エアバッグで、なんと全9箇所から衝突時にエアバッグが出てきます!!

これがあれば、万が一事故をしてしまったり、もしくは衝突されたとしても、被害は最小限に済みそうですね。

他にもオプションは多数ございますが、上記の3つが新型SAIのオプションの中でもオススメの人気の高いものとなっております。

グレード1

「引用:http://toyota.jp/sai/gallery/」

⇒ 新型SAIを値引きから更に50万円安く買う裏ワザ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

新型SAIのメーカーオプション・ディーラーオプションについての情報 まとめ

新型SAIにはこのように魅力的なオプションが数多くあります♪

あなたのドライブライフをより快適にするために、新型SAIを購入する際にはこれらのオプションも検討してみてくださいね!

「カッコいい・走りが楽しい・安心して乗れる」

それが新型SAIのコンセプトだと、筆者は感じます♪

グラフィックス10

「引用:http://toyota.jp/sai/gallery/」

以上で、「新型SAIのオプション紹介!」とさせていただきます。

お目通しありがとうございました。



下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1


スポンサーリンク


スポンサーリンク