新型インプレッサG4の燃費情報! 実燃費はどれぐらい?

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1

スバルの新型インプレッサG4の燃費はどうでしょうか?

新型インプレッサG4の燃費、実燃費などの情報をご紹介します。

スポンサーリンク

新型インプレッサG4のカタログ燃費

exterior_pict_1 引用:https:/www.subaru.jp/impreza/g4/design/exterior.html

スバルのインプレッサといえば、青のカラーリングで独特のエキゾーストサウンドを響かせながら走るWRCの走りに熱狂したものです。

現在は昔ほどモータースポーツに熱がないように思えますが、それでもインプの走りには人を惹きつける魅力がありますね。

しかしどんなに魅力があっても現代の車社会では、環境に優しくお財布にも優しい低燃費がデフォルトになっているためスポーツカーというだけでは売れないのが現状です。

新型インプレッサG4はスポーツタイプのWRX(昔で言えばインプのSTIようなもの)があるので、セダンタイプとなるこの車両には必須と言えるでしょう。

そこで今回は新型インプレッサG4の気になる燃費についてご紹介して参ります。

powerunit_pict_1

引用:https:/www.subaru.jp/impreza/g4/driving/powerunit.html

まずは新型インプレッサG4のカタログ燃費について見ていきましょう。

新型インプレッサには1.6Lと2.0Lの2つのエンジン設定で全3種類のグレード展開となっていますのでグレード毎の特徴と共に見ていきましょう。

・1.6i-L

rect5787

引用:https:/www.subaru.jp/impreza/g4/grade/grade.html#grade3

こちらはベースグレードでこの車両で唯一の1.6Lエンジンのグレードとなっています。

燃費は2WDがリッター18.2キロとこの車両1番の低燃費を誇ります。

気になる価格は約190万円からで、もちろん新型インプレッサG4で一番安いです。

ベースグレードでも充実の標準装備ですので、燃費を気にするユーザーはこちらがおすすめです。

・2.0i-L

rect6036

引用:https:/www.subaru.jp/impreza/g4/grade/grade.html#grade2

こちらは新型インプレッサG4で2.0Lエンジンを搭載し標準グレードに位置するグレードとなります。

重要な燃費は2WDでリッター17.0キロと先ほどに比べて少し物足りない結果ですね。

価格は約220万円からとなっています。

新型インプレッサG4は全グレードですが、価格に対して標準装備が充実しているのでどのグレードを買ってもそれ以上の価値と満足が得られるところが強みですね。

・2.0i-S

rect6236

引用:https:/www.subaru.jp/impreza/g4/grade/grade.html#grade3

こちらのグレードはこの車両で最上級グレードとなるモデルで、2.0Lエンジンの走りと上級グレードに恥じない充実の装備で最もオススメのグレードです。

オススメの理由はその価格にあるのですが、約240万円からと2.0i-Lから約20万円の差額でパワーシートをはじめとする装備の差があるのでコストパフォーマンスが非常に優れています。

重要な燃費は、リッター16キロと先ほどより落ちていますが、これはホイールのインチがサイズアップしているのが大きな理由でしょう。

スポンサーリンク

新型インプレッサG4の実燃費

exterior_pict_4

引用:https:/www.subaru.jp/impreza/g4/design/exterior.html

新型インプレッサG4の簡単なグレード説明とカタログ燃費をご紹介しましたが、燃費はリッター15.8~18.2キロとなっていました。

こちらはカタログ燃費ですが、実際にみなさんが気になるのは実燃費だと思います。

お待たせいたしました、ここからは実際に使用しているユーザーから集計した実燃費についてご紹介します。

本来1.6Lと2.0Lで燃費が異なるため、エンジン別でご紹介したいのですが参考データがないため全グレードの総合燃費となることをご了承ください。

以上を踏まえ、新型インプレッサG4の実燃費は

リッター9〜15キロが多いようです。

exterior_pict_6

引用:https:/www.subaru.jp/impreza/g4/design/exterior.html

この幅は使い方や走行条件で燃費が変わるため、その幅になります。

ほとんどのユーザーが2.0LでなおかつAWDの選択率が高いためこの実燃費は少し他社種と比較すると不利かもしれません。

ユーザーの標準グレード選択率を見るとコストパフォーマンスの高さが伺えますね。

AWDに関してはさすがスバルの一言です。

新型インプレッサG4は平均して約リッター11キロと考えていいでしょう。

スポンサーリンク

新型インプレッサG4のボクサーエンジンとは?

img05

引用:https:/www.subaru.jp/brand/technology/technology/driving_boxer.html

スバルといえば、現在ではアイサイトをはじめとする安全技術のイメージが強いかもしれませんが、モータースポーツで培ったボクサーエンジンの走りも忘れることができません。

特に独特のエキゾーストサウンドには多くのラリーファンも胸を打たれたことでしょう。

しかしボクサーエンジンのどこが良いのか知らない方も多いはず。

そこでここでは、スバル独自のエンジンであるボクサーエンジンについて簡単にですが、解説したいと思います。

スクリーンショット 2017-04-16 09.43.34

引用:https:/www.subaru.jp/brand/technology/technology/driving_boxer.html

ボクサーエンジンのこのボクサーという名前ですが、これはエンジンの構成部品であるピストンがボクサーの腕のように左右に動くことにあります。

上記の画像のように、実際は上下しているのですが、水平対向エンジンのボクサーは左右です。

これによって何がいいのかというと、メリットは以下のようになります。

・左右に配置されたピストン同士で互いの力を打ち消し振動の少ないスムーズな走りを実現

・車両の重心を低くすることができるので、コーナーリングなど走り全体に安定性がでる

大きくこの2つでしょう。

ですので、セダンに大切な静粛性や走りの安定について新型インプレッサG4は得意分野と言えるでしょう。

特に乗り心地に関して、実際に使用しているユーザーからの高評価が多いので期待ができます。

燃費に関しても、同じ燃費の他の車両と比べると走りを犠牲にせずこの燃費を出せていると感じられます。

どうしても燃費重視となると、パワーやハイブリットを搭載することで価格が増すなど、どこかに欠点が見えてくるのですが、この車両は全てにおいていいバランスの車両ではないでしょうか?

⇒ 新型インプレッサG4を値引きから更に50万円安く買う裏ワザ!

スポンサーリンク

まとめ

exterior_pict_2

引用:https:/www.subaru.jp/impreza/g4/design/exterior.html

新型インプレッサG4の燃費についてご紹介しましたが、実際目立った良さは感じられなかったと思います。

しかしこの車両は実際に所有したら、びっくりするくらいのお買い得感が売りですので、その満足度をぜひ味わってもらいたいです。

特に価格に対する充実の内容と、セダンに忘れることのできない乗り心地が素晴らしいのです。

また4WDでセダンというモデルは新型インプレッサG4以外ではなかなかないでしょう。

そんな希少価値もあり、コストパフォーマンスの高い新型インプレッサG4に乗れば燃費が車の全てではないことがわかるでしょう。

*なおこの記事のデータはhttp://minkara.carview.co.jp/car/subaru/impreza_g4/nenpi/?sls=27169&ti=135000等のデータを参考に作成しております。



下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1


スポンサーリンク


スポンサーリンク