新型レクサス RCの エコカー減税やその他税金情報!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1

レクサスの新型RCのエコカー減税はどれぐらいでしょうか?

新型RCのエコカー減税に加え、自動車税などの税金の情報をご紹介します。

ecocar_01

引用:http://car.watch.impress.co.jp/img/car/docs/672/594/html/055.jpg.html

スポンサーリンク

レクサスRCのエコカー減税

レクサスRCにはハイブリッド車がありますので、エコカー減税の対象となっています。

【RC300h…..車両価格.5,650,000円】

・自動車重量税:約30,000円減税

・自動車取得税:約141,200円減税

・自動車税(翌年度):33,500円減税

■合計減税額:約204,700円

【RC300h“F SPORT”…..車両価格.6,270,000円】

・自動車重量税:約30,000円減税

・自動車取得税:約156,700円減税

・自動車税(翌年度):33,500円減税

■合計減税額:約220,200円

【RC300h…..車両価格.6,290,000円】

・自動車重量税:約30,000円減税

・自動車取得税:約157,200円減税

・自動車税(翌年度):33,500円減税

■合計減税額:約220,700円

ecocar_02

引用:https:/gazoo.com/car/topics/keyperson_interview/Pages/lexus_rcf_141023_01.aspx

スポンサーリンク

レクサスRC、維持費の違い

クルマの購入にあたって初めに考えておかなくてはならないのが年間維持費です。

レクサスの場合は専用部品が多いので、長年所有するほどに維持費が高くなってくるといわれています。

レクサスの所有者、特に都心では1年ほどで手放すオーナーが多いといいますが、それは維持費を節約するためでもあるのです。

リセール価値が高いうちに手放してまた新車に乗り換えることによって、メンテナンスにかかる維持費がほとんどいらなくなるのです。

節約できるメンテナンス費はタイヤ交換、オイルフィルター、バッテリーなどです。

ecocar_03

引用:http://www.webcg.net/articles/-/31813

まずはRCはグレードによって維持費がまったく違ってくることを知っておかなくてはなりません。

RC200tの自動車税は39,500円ですがRC350では58,000円です。

10年で185,000円もの差額になります。

また燃費によるガソリン代の違いも大きいです。

RC300hではハイオクではなくてレギュラーガソリンですので燃費9.8km/L出ハイオクのRC350の3分の1くらいで済むかもしれません。

ecocar_05

引用:http://www.lexus.com/models/RC/gallery

【排気量と自動車税】

1000cc以下……29,500円

1000cc~1500cc……34,500円

1500cc~2000cc……39,500円

2000cc~2500cc……45,000円

2500cc~3000cc…..51,000円

3000cc~3500cc…..58,000円

3500cc~4000cc…..66,500円

4000cc~4500cc…..76,500円

4500cc~6000cc…..88,000円

ecocar_04

引用:http://www.lexus.com/models/RC/gallery

出展:http://www.jidoushazei.info/zeigaku.html

スポンサーリンク

レクサスRC350の年間維持費……約70万円

■排気量……3,456cc

■車両重量……1,690kg

■実燃費……6km/L

■自動車税……58,000円

■重量税……16,400円

■自賠責保険……13,920円

■ガソリン代……約225,000円

※年間10,000km走行の場合

※ハイオク135円/L

■任意保険……100,000円

■駐車場代……180,000円

■車検代・部品交換……100,000円

合計……693,320円

ecocar_06

引用:http://www.lexus.com/models/RC/gallery

⇒ 新型レクサス RCを値引きから更に50万円安く買う裏ワザ!

レクサスRC300hの年間維持費……約53万円

■排気量……2,493cc

■車両重量……1,740kg

■実燃費……15km/L

■自動車税……45,000円

■重量税……10,000円

■自賠責保険……13,920円

■ガソリン代……約84,700円

※年間10,000km走行の場合

※レギュラー127円/L

■任意保険……100,000円

■駐車場代……180,000円

■車検代・部品交換……100,000円

合計……533,620円

ecocar_07

引用:http://www.lexus.com/models/RC/gallery

レクサスRC200tの年間維持費……約60万円

■排気量……1,998cc

■車両重量……1,680kg

■実燃費……9km/L

■自動車税……39,500円

■重量税……10,000円

■自賠責保険……13,920円

■ガソリン代……約150,000円

※年間10,000km走行の場合

※ハイオク135円/L

■任意保険……100,000円

■駐車場代……180,000円

■車検代・部品交換……100,000円

合計……593,420円

ecocar_08

引用:http://www.lexus.com/models/RC/gallery

任意保険や車検代は少し高めに見積もっていますが、税金だけでも年間けっこうな額になります。

それから駐車場が自宅にある場合とそうでない場合の維持費も大きく違ってきますね。

さらにローンの返済が加わるとRC350では年間100万円を超える場合も考えられます。

ecocar_09

引用:http://www.lexus.com/models/RC/gallery

スポンサーリンク

クルマ乗り換え時期

クルマの購入後、多くの人は何回目かの車検を機に乗り換えをすることが多いようです。

消費動向調査から乗り換え時期について見ていくと、年齢が若いほど早く乗り換える傾向があります。

ecocar_10

引用:http://www.biz-newspaper.com/sell/average.html

クルマが貯金をして購入する「財産」という感覚が年齢が高いほど強い結果です。

若くなるほどにローンなどに抵抗がなくなっていて、クルマは財産でなく移動手段といった見方が強くなるようです。

そのため、古くなったクルマをいつまでも大事に乗るより、一定のローン返済をしながら新しい機能のついたクルマに乗り換えていきます。

また地域でも差があって九州や沖縄での乗り換えサイクルが他の地方より長いことがわかります。

ecocar_11

引用:http://www.biz-newspaper.com/sell/average.html

興味深い結果となったのが男女比です。

男性の乗り換えまでの平均年数が7.9年なのに対して、女性の場合は6.2年と短いのです。

年齢別で見られたように男性はクルマを財産=宝物のように思えるのに対して、女性にとってはやはりただの移動手段といったことでしょうか。

ecocar_12

引用・出展:http://www.biz-newspaper.com/sell/average.html

クルマをいつ乗り換えるのがお得なのか、もちろん乗りつぶすのが一番のお得です。

日本のクルマはメンテナンスさえしていれば、めったなことで壊れることはありません。

よく10年10万キロをクルマの限界の様にいっていますが、実は日本車は海外で何十万キロも元気で走っているのです。

だからといって、古びてきたクルマをいつまでも乗るのは抵抗がある、ということで大体は長くても自動車税や重量税の高くなる13年が乗り換えとなるでしょう。

さすがにこのくらいになると故障とまでもいかなくても、パワーウィンドウの動きが怪しくなったり、ゴムが劣化したりとあちこちメンテナンスの必要がかさんできます。

また一つの考え方として、次に購入するクルマの頭金になるくらいの金額で自分のクルマが売れるうちに手放すというものです。

多くの人は3年未満、ようするに車検をうけないまま手放すのがお得ではないかと考えています。

金銭的にはお得なわけではありませんが、新車を乗り継いでいけるという安心感と満足度が価値観として大きいというのです。

確かに3年前は高価なオプションであった自動ブレーキなども今では標準オプションになっています。

とはいえ3年目では手放すのに現実的ではなく5年(2回目の車検前)というのが理想的な乗り換えサイクルだといえるでしょう。



下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1


スポンサーリンク


スポンサーリンク