ボルボXC40の色・カラー【2019最新】!人気のカラーはどれ?内装色との相性は?

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1

「日本カーオブザイヤー2018-2019」に選ばれたボルボXV40は、今年2019年3月25日に2020年モデルが発売され、ボディーカラーもいくつか変更になりました!

今回はそんな新型ボルボXC40の最新の色・カラーを紹介していきたいと思います。

また、人気カラーやおすすめの色、内装色のカラーバリエーションについても合わせて解説していきます。

スポンサーリンク

ボルボXC40の全色ボディカラーとその特徴

引用:http://vc-japan.jp

ボルボのSUVラインナップの中で最も小柄ながらパワフルで、ボルボのベビーギャングと言われているボルボXC40。

ボルボXC40にはベーシックモデルのT4(ボディカラーは新色のグレーシャーシルバーメタリックのみ)以外に

  • ダイナミックな走りを実現するスポーティーなR-Design
  • おしゃれな都市型SUVのMomentum
  • 北欧テイストの気品あふれるInscription

の3つのグレードがあります。

この3つのグレードによって撰べる色をご紹介したあと、一つ一つのボディカラーのイメージを検討していきましょう!

R-Design(全色共通ブラックカラールーフ)

  • クリスタルホワイトパール
  • サンダーグレーメタリック
  • グレーシャーシルバーメタリック
  • オニキスブラックメタリック
  • ブラック
  • フュージョンレッドメタリック
  • バースティングブルーメタリック(R-Design専用色)

Momentum(※はホワイトカラールーフ選択可)

  • アイスホワイト
  • グレーシャーシルバーメタリック
  • サンダーグレーメタリック(※)
  • オニキスブラックメタリック(※)
  • フュージョンレッドメタリック(※)
  • ブラック(※)

Inscription

  • クリスタルホワイトパール
  • ブラック
  • サンダーグレーメタリック
  • グレーシャーシルバーメタリック
  • オニキスブラックメタリック
  • ペブルグレーメタリック(Inscription専用カラー)
  • メープルブラウンメタリック(Inscription専用カラー)
  • デニムブルーメタリック(Inscription専用カラー)

ここからは上記のボルボXC40の全色ボディーカラーとその特徴について解説していきます。

ボルボXC40には全部で11色のラインナップがあります。

グレードによって撰べる色が違うので注意が必要ですが、きっとあなたの選んだグレードで好みのカラーが見つかるはずです。

アイスホワイト

引用:http://vc-japan.jp

まず1つ目に紹介するカラーはアイスホワイトです。

ボルボX40の中ではMomentumだけに適応される色です。

白系のカラーの特徴として、小さな傷や埃などの汚れが目立ちにくいというメリットがあります。

土などの茶色や黒といった汚れは反対に目立ってしまうのですが、よほどの悪路を走行しない限りは汚れはつきにくいと言って良いでしょう。

そのためメンテナンスがとても楽で、こまめに洗車をする必要が無いというのがユーザーにとってはとても助かるカラーです。

リセールバリューが高いのも魅力の一つですね。

クリスタルホワイトパール

【別途ペイント料金:103,000円】)

引用:https://www.volvocars.com/jp

クリスタルホワイトパールは先ほど紹介したホワイトとは同じホワイト系でも実際見ると全く印象が違います。

アイスホワイトが真っ白なコットンだとすると、クリスタルホワイトパールは光沢のあるシルク

それはパールのような輝きが上品な上質感を醸し出すからです。

クリスタルホワイトパールは高級感が特徴的で、どの世代や性別のユーザーでも問題なく使用できるカラーとなっているため、日本でも海外でも人気の高いカラーだと言えます。

こちらもリセールバリューが高いです。

ブラック

引用:http://vc-japan.jp

ブラックのカラーも大変人気の高い色です。

重厚感あるワンランク上のグレードを感じさせる色には高級感が漂っていますよね。

黒のカラーの特徴として傷や汚れが目立ちやすいというデメリットがあります。

しかし、丁寧にメンテナンスをすることや、車の管理方法に注意していればそこまで大きな問題になることはありません。

車をメンテナンスすることが好きなユーザーや、高級感のある雰囲気を出していきたいというユーザーにとってはとても魅力を感じる色なのではないでしょうか。

オニキスブラックメタリック

【別途メタリック・ペイント料金:83,000円】

引用:https://www.volvocars.com/jp

オニキスブラックメタリックは、先ほどのブラックに加えてメタリックの独特の光沢感があります。

画像で見ると光沢感は伝わりにくいかもしれませんが、上質感はさらに上のグレードを感じさせるでしょう。

維持やメンテナンスに関しては、先ほど紹介したブラックと同様注意が必要です。

サンダーグレーメタリック

【別途メタリック・ペイント料金:83,000円】

引用:引用:http://vc-japan.jp

今回、新型ボルボXC40に仲間入りした新色です。

サンダーグレーメタリックは見た目のとおり不思議なグレーカラーをしています。

色そのものは落ち着いた色なのですが、Momentumでホワイトルーフを選ぶと、一転してカジュアルでおしゃれなデザインになります。

引用:引用:http://vc-japan.jp

明るさによってボルボXC40の様々な表情を見せてくれるのがとても魅力的に感じることでしょう。

グレーシャーシルバーメタリック

【別途メタリック・ペイント料金:83,000円】

引用:引用:http://vc-japan.jp

サンダーグレーメタリックと同じく今回の新色です。

明るいきれいなシルバーで周りを明るく照らしてくれます。

カジュアルにもフォーマルにも活躍してくれるオールラウンダーな色です。

夜間はネオンの光などを反射することで、美しい輝きを放ちます。

高級感のある印象を持ちながらも、汚れが目立ちにくいという特徴から、維持やメンテナンスが比較的楽になっているカラーです。

バースティングブルーメタリック(R-Design専用色)

【別途メタリック・ペイント料金:83,000円】

引用:https://www.volvocars.com/jp

バースティングブルーメタリックは、その名の通り、青が溢れ出すようなきれいな色をしていることが特徴です。

年齢層を問わず幅広いユーザーから人気があります。

晴れた日の海のようなこの色は選んで後悔しない色ではないでしょうか。

フュージョンレッドメタリック

【別途メタリック・ペイント料金:83,000円】

引用:https://www.volvocars.com/jp

フュージョンレッドメタリックは情熱的な赤。

メタリックが入っているので深みがあり、上品なので男女問わず人気のあるカラーです。

先ほど紹介したバースティングブルーと同様に、外の明るさによって異なる輝きを見せてくれることが特徴です。

明るすぎない赤が大人でシックな上質感ある印象を与えてくれます。

ペブルグレーメタリック(Inscription専用カラー)

【別途メタリック・ペイント料金:83,000円】

引用:引用:http://vc-japan.jp

こちらはInscription専用カラーとして初デビューした新色です。

ペブルグレーメタリックはグレーとはいえブラウンに近い落ち着いた大人の色です。

グレーより温かみがあり、メタリックの光沢感は維持したカラーとなっており、高級感あふれる上品な色になっています。

メープルブラウンメタリック(Inscription専用カラー)

【別途メタリック・ペイント料金:83,000円】

引用:引用:http://vc-japan.jp

メープルブラウンメタリックはブラウンを基調としながらもメタリックが高級感ある輝きを放ってくれるため、上質さが際立つカラーとなっています。

ほっとするカジュアルなカラーでありながらも、上品な印象があるためビジネスシーンでも問題なく使用可能な色だということが特徴です。

デニムブルーメタリック(Inscription専用カラー)

【別途メタリック・ペイント料金:83,000円】

引用:https://www.volvocars.com/jp

まるで履きなじんだデニムジーンズのように飽きのこない色です。

デニムブルーとはいえどちらかというとグレーにも見えるようなカラーをしているのが特徴です。

しかも、メタリックなので光の当たり方によって表情が変わります

どんなシーンでも溶け込み、シブく光を放ってくれます。

スポンサーリンク

ボルボXC40のボディーカラーで人気の色は?

ここまではボルボXC40の全カラー11色を紹介してきました。

ここからは、ボルボXC40のボディーカラーの中でも特に人気のあるカラーを紹介していきます。

人気の色No.1!

・クリスタルホワイトパール

引用:http://www.volvo.ne.jp

クリスタルホワイトパールは、ホワイトにパールの輝きを持つ非常に人気のあるカラーです。

ホワイト系のカラーにも2種類ありましたがクリスタルホワイトパールは比較的落ち着いたトーンをしているホワイトカラーなので、明るすぎないことが人気の秘訣になっています。

人気の色No.2!

・オニキスブラックメタリック

引用:https://www.volvocarswinstonsalem.com

オニキスブラックメタリックは、ブラックの独特の重厚感ある雰囲気やメタリックの上質感あふれる輝きがたくさんのユーザーを魅了してきました。

メタリックなので真っ黒より反射が強く、光線の加減によって表情を変えてくれます。

汚れが目立ちやすいのでメンテナンスの面ではホワイトに比べて時間や手間がかかるというのがデメリットですが、ブラックのワンランク上の存在感を出したいというユーザーから人気を集めています。

スポンサーリンク

ボルボXC40のボディカラー、ズバリおすすめの色は?

それではここでおすすめの色をご紹介します。

おすすめNo.1!

やはり一番のおすすめはクリスタルホワイトパールです!

引用:https://www.volvocars.com

人気の面でも第1位でしたが、ホワイト系のカラーは汚れがつきにくいというメリットもありメンテナンスも非常に楽です。

普段は仕事で忙しくて時間をかけてメンテナンスする余裕がないというユーザーも手軽に維持や管理をできるのがおすすめの理由。

おすすめNo.2!

そして二番目のおすすめは今回の新色、個性的なサンダーグレーメタリック!

引用:https://www.volvocars.com

上品で、地味でも派手でもないおしゃれな色です。

まだ乗っている人も少ないのであなただけのボルボXC40を演出できます。

スポンサーリンク

ボルボXC40の内装色はどんなのがある?

引用:https://www.volvocars.com/jp

内装色は運転中始終身近にある色なので、気持ちや感情に影響を与えます

自分が落ち着いて運転でき、快適でいられるように考えながら選ぶのもいいでしょう。

ちなみに内装色もグレードによって撰べる色が決まっています。

各グレードごとにご紹介しましょう。

R-Designの内装色

引用:http://vc-japan.jp

基本的にはそのスポーティ感を統一するためにチャコールが標準装備になっていますが、以下のボディカラーにはオプションで内張りとフロアカーペットを“Lava”オレンジにすることができます。

“Lava”オレンジ・オプション価格:25,000円

  •  ブラック(019)
  • クリスタルホワイトパール(707)
  • オニキスブラックメタリック(717)
  • サンダーグレーメタリック(728)
  • グレーシャーシルバーメタリック(729)

引用:http://vc-japan.jp

R-Designによく似合う、とてもパンチの聞いた内装になりますね。

Momentumの内装色

XC40ベーシックモデルT4ではテキスタイル1色のチャコールが標準装備ですが、Momentumではチャコールカラーかブロンドカラーかを撰べ、微妙にサイドの色が変わっているテキスタイル・コンビネーションとなっています。

・チャコール

引用:http://vc-japan.jp

チャコールは黒を基調とした内装色をしており、高級感あふれる色となっています。

画像ではわかりにくいのですが、シートのサイトを見るとコンビネーションになっています。

どのボディーカラーとも相性が良いため非常に人気の高い内装色になっています。

・ブロンド

引用:http://vc-japan.jp

ブロンドは白を基調とした内装色をしており、ブラックとは対照的なカラーをしています。

汚れが目立ちやすいデメリットはありますが、清潔感や上質感のある色のため、明るめのボディーカラーと相性が良いでしょう。

Inscriptionの内装色

Momentumの内装色2色に加え、アンバーとオキサイドレッドも選択肢に加わります。

4色の中から撰べるのでどんなボディカラーでも好みに合わせて選ぶことができるでしょう。

ここでもう一度、ボディカラーの選択肢を書いておきますので、頭の中でいろいろと組み合わせて見てください。

  • クリスタルホワイトパール
  • ブラック
  • サンダーグレーメタリック
  • グレーシャーシルバーメタリック
  • オニキスブラックメタリック
  • ペブルグレーメタリック(Inscription専用カラー)
  • メープルブラウンメタリック(Inscription専用カラー)
  • デニムブルーメタリック(Inscription専用カラー)

・アンバー

引用:http://vc-japan.jp

アンバーはシックなブラウン系のカラーをしています。

オニキスブラックメタリックやInscription専用カラーのペブルグレーメタリックやメープルブラウンメタリックと相性が良いかも知れません。

・オキサイドレッド

引用:http://vc-japan.jp

オキサイドレッドは赤を基調としたカラーをしており、華やかで女性に人気のあるカラーです。

とても個性的になる内装色ですね。

ボルボXC40のカラーの特徴を理解して色を選ぼう!

今回の記事ではボルボXC40のボディーカラーの特徴や人気カラー、内装色との相性について解説してきました。

ボルボXC40はたくさんのカラーを発売しているため、選択肢が多いのがメリットです。

内装色にもバリエーションが豊富なので、きっとあなたに合ったカラーが見るかるでしょう。

アイキャッチ画像引用:引用:http://vc-japan.jp

この記事を書いた人

marukuma
娘たちとの食べ歩きや一人息子(?)の愛犬を乗せてのドライブを楽しみとしています。
どこに行くにも車の生活なので、家族1人に付き1台の車が必要な環境です。

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど
悩みが尽きない…

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1