ヴェルファイアの内装を徹底解説!居住性・積載性はどうなの!?

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1

ヴェルファイアの魅力といえば豪華な内装です。

飛行機のファーストクラスを彷彿とさせる内装は、ミニバンとは思えない仕上がり。

また、居住性、収納力さらには積載性もミニバンとしては気になるところですね。

今回はトヨタ・ヴェルファイアの内装を徹底的に解説していきます。

トヨタ・ヴェルファイアの内装の特徴

引用:https://toyota.jp/vellfire/

トヨタ・ヴェルファイアの内装は、「豪華」 「高級感」たっぷりの仕上がり。

たっぷりと余裕あるスペースで、ゆったりとくつろげる空間も魅力です

内装色はベラックをベースとし、インパネには木目を採用しグレードごとに異なる高級感を演出しています。

引用:https://toyota.jp/vellfire/

シートのカラーはベージュを基本とし、素材にはファブリック合成皮革本革を採用しています。

最上位グレードの「エグゼクティブラウンジ」にはプレミアムナッパ素材を使用し、より上質な雰囲気を味わうことができます

引用:https://toyota.jp/vellfire/

ヴェルファイアのコックピットは迫力満点でどっしりと構えながら運転できる造りです。

マイナーチェンジによって変更を施した箇所の一つでもあるオプティトロンメーターは、モデルごとに4タイプのカラー設定。

  • エグゼクティブラウンジ専用
  • ハイブリッドモデル専用
  • ガソリンモデル(エアロ)専用
  • ガソリンモデル専用

引用:https://toyota.jp/vellfire/

先進的なデザインでヴェルファイアの豪華なインテリアの雰囲気にもマッチしています。

引用:https://toyota.jp/vellfire/

ステアリングには、マルチインフォメーションディスプレイの表示やオーディオ操作が可能なスイッチを全グレードに標準装備。

運転時でも操作しやすく、視点の移動を抑えた安心設計です。

ヴェルファイアの内装色

引用:https://toyota.jp/vellfire/

新型ヴェルファイアの内装色は「フラクセン」「ブラック」の2パターンに加え、シート表皮には「プレミアムナッパ本革」「ファブリック」が設定されます。

  • 内装色:フラクセン/プレミアムナッパ本革

引用:https://toyota.jp/vellfire/

  • 内装色:フラクセン/本革

引用:https://toyota.jp/vellfire/

  • 内装色:フラクセン/ファブリック

引用:https://toyota.jp/vellfire/

  • 内装色:ブラック/プレミアムナッパ本革

引用:https://toyota.jp/vellfire/

  • 内装色:ブラック/本革

引用:https://toyota.jp/vellfire/

  • 内装色:ブラック/ファブリック

引用:https://toyota.jp/vellfire/

内装色とシート素材は、グレードによって標準設定またはメーカーオプションとなっています。

ヴェルファイアの内装・収納力はどう?

引用:https://toyota.jp/vellfire/

ヴェルファイアは、ファミリーカーとしても送迎車としても使用されることが多いため、収納スペースも充実しています

前席はもちろんのこと、2列め、3列目も使い勝手抜群の収納力を備えています。

  • コンソールリヤエンドボックス

引用:https://toyota.jp/vellfire/

2列目シートに乗車する方に配慮されたボックス型の収納スペース。

さりげなくシルバーの木目調を使い、高級ミニバンらしい装いに仕上げています。

  • グローブボックス

引用:https://toyota.jp/vellfire/

助手席の正面にはグローブボックスを設置。

車検証などを書類関連を保管しておくのに最適なサイズとなっており、ランプも備えているので夜間時も見やすいです。

  • センターアッパーボックス

引用:https://toyota.jp/vellfire/

シフトノブの横にはセンターアッパーボックスを設置。

小物類を収納しておくのに最適なサイズで、上下にスライドするタイプとなっています。

  • ロアボックス

引用:https://toyota.jp/vellfire/

運転席側に設置されたロアボックスは、サングラスなどの小物を収納するのに便利な位置とサイズ。

眠気覚ましのガムを保管しておくのにも良さそうですね。

  • ドアポケット(フロント)

引用:https://toyota.jp/vellfire/

雑誌などを収納するのに最適なサイズとなっているフロントドアに設置されたポケット。

ドリンクはわけて収納できる利便性も◎。

  • リヤクウォータートリムサイドボックス

引用:https://toyota.jp/vellfire/

ペットボトル2本、異なるサイズのトレイを2つ設けたサイドボックス。

ドライブに必要なアイテムをしまっておくのに最適です。

  • コンソールボックス

引用:https://toyota.jp/vellfire/

グレード「ZR」「V」に標準装備となる大型のコンソールボックス。

抜群の収納力と上質な素材を使用した高級感溢れる仕様なのが憎いですね。

  • シートバックポケット

引用:https://toyota.jp/vellfire/

前席のシートバックに設置されたバックポケットは、雑誌を収納するのにちょうどよいサイズ。

  • 買い物フック

引用:https://toyota.jp/vellfire/

何かと便利なのが買い物フックですね。

運転席と助手席に設置されており、手提げ付き袋を吊り下げるのに役立ちます。

  • スマホホルダー

引用:https://toyota.jp/vellfire/

スマホを充電したまま収納できるスマホホルダーは、ロングドライブのお供に最適。

  • ファイルホルダー

引用:https://toyota.jp/vellfire/

ビジネスシーンで活躍するもの落ち防止つきのファイルホルダー。

ビジネス車としても使われるヴェルファイアならではの収納スペースはさすがですね。

ヴェルファイアの内装・居住性はどう?

引用:https://toyota.jp/vellfire/

ヴェルファイアの内装の魅力は豪華な装飾や装備だけではなく、必要十分な広さが確保されていることもあります

  • 室内長:3,210mm
  • 室内幅:1,590mm
  • 室内高:1,400mm

奥行きはもちろん、幅も高さも十分にあり、大人でも頭上は十分な空間ができ開放感を感じさせる室内です

子供だったら、立ったまま着替えることができるので、利便性の高さも魅力的ですね。

7人乗りモデルのシートアレンジ

ヴェルファイアの7人乗りモデルは、2列目が左右独立のキャプテンシートとなります。

キャプテンシートでもシートアレンジは多彩で、乗車人数やシーンに合わせて調節可能です。

引用:https://toyota.jp/vellfire/

7人乗りモデルのシートアレンジは全部で5パターンあります。

引用:https://toyota.jp/vellfire/

2列目キャプテンシートは、最大830mmのスライドが可能。

大人でも足を伸ばしてゆったりとくつろぐことができます。

8人乗りモデルのシートアレンジ

8人乗りモデルは、2列目に6対4分割チップシート、3列目は5対5分割スペースアップサードシートを採用しています。

引用:https://toyota.jp/vellfire/

  • 2列目シート

引用:https://toyota.jp/vellfire/

2列目シートは座面をワンタッチ式で跳ね上げ可能なチップアップ式に加えて、前後に720mmのスライド可能とシーンや乗車人数、積載物に合わせて柔軟にアレンジできます。

  • 3列目シート

引用:https://toyota.jp/vellfire/

3列目シートは、左右に跳ね上げ式となっており、広大なラゲッジペースを作り出すことができます。

助手席スーパーロングシートが凄すぎる!

引用:https://toyota.jp/vellfire/

新型ヴェルファイアのシートアレンジの最大の魅力とも言えるのが「助手席スーパーロングシート」です。

引用:https://toyota.jp/vellfire/

助手席は操作レバーを使って最大1,160mmもスライド調整可能。

引用:https://toyota.jp/vellfire/

このように自転車を立てたまま積載させることもできます

これは凄すぎますね。

助手席スーパーロングシートがあれば、家族も大きな荷物も余裕で乗せられるから使い勝手抜群です。

エグゼクティブパワーシート

最上位グレードの2列めには電動で調整可能な「エグゼクティブパワーシート」が備わります。

引用:https://toyota.jp/vellfire/

特別感を演出できる2列目は、高級ホテルさながらの居心地の良さを体感できることでしょう。

引用:https://toyota.jp/vellfire/

シート間にはサイドテーブルが備わり、折りたたみ式で必要に応じて使用可能です。

ヴェルファイアの内装・積載性はどう?

引用:https://toyota.jp/vellfire/

ヴェルファイアの内装は、ラゲッジルームも広大なスペースを確保しており、ミニバンとしての使い勝手は及第点以上。

3列目を使用していても必要十分なスペースが有り、ゆとりを持って荷物を積むことができます。

引用:https://toyota.jp/vellfire/

ラゲッジルーム下部にもスペースを設けているので、高さのあるものを積むときも安心です。

3列目シートは左右に跳ね上げて格納できるので、より広いラゲッジルームを作り出すことができます。

ヴェルファイアの内装まとめ

ヴェルファイアの内装はシックで重厚感あふれる空間を演出しています。

随所にメッキ加飾や木目調パネルを使用するなど、高級感も感じさせる雰囲気は期待以上の出来ですね。

助手席のスーパーロングシート、2列目のエグゼクティブパワーシートは他のミニバンでは絶対に味わうことが出来ない特別感満載の造り。

シートアレンジも多彩で、高級感だけでなく使い勝手も良し。

VIPな気分を味わうならトヨタ・ヴェルファイアで決まりですね。

この記事を書いた人

mari muto
今はミニバンに乗っていますが、いつかキャンピングカーと日産パオに乗りたいと思っています。

私の知りうることはみなさんにお伝えしていきたいと思います♪

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど
悩みが尽きない…

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1