エクストレイル vs アウディQ5徹底比較!車中泊はどっちが良い?

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一度の査定で最大5000社が
公開入札であなたの車の
買取価格を競ってくれるので、
あなたの車の最高額がわかるのです。

btn1-1

エクストレイルvsアウディQ5徹底比較!ということで、今回は日産の人気SUV「エクストレイル」とアウディから出ている「Q5」を比較していきます。

エクストレイルは国産SUVの中でもお手頃にというコンセプトを貫いている若者に人気の一台です。

現行だけではなく2000年に発売された初期型も未だに走っています。

新型では7人乗り3列シートだけではなくハイブリッドモデルも追加され、より普段使いもできるSUVに進化しました。

引用先:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/x-trail.html

今回エクストレイルと対決するのはアウディの中でも2番目に大きいSUV のアウディQ5です。

アウディの中でもオフロード性能が高められており、ちょうどいい大きさも相まって普段使いがしやすい一台です。

新車価格は2倍以上の差がある2台ですがどの位違いがあるのでしょうか。

今回は車中泊の時に気になる下記の機能を紹介します。

・燃費

・室内空間

・フルフラットさ

日本で流行っている車中泊ですが、高級外国車がどこまで国産SUVに対抗できるかが筆者も気になります

今回はアウディQ5の中でもよりスポーティーなモデル「SQ5」を除いて比較します。

それでは早速比較していきます。

スポンサーリンク

エクストレイル vs アウディQ5燃費を比較

引用先:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/x-trail.html

車中泊に限らず普段使いでも気になってくる燃費の比較です。

SUVは車体とタイヤの大きさから燃費が低くなってしまう傾向があります。

燃費問題を打開するためにエクストレイルにはハイブリッドエンジン、Q5にはディーゼルエンジンのモデルがラインナップされています。

JC08(国土交通省審査値)で各メーカーが発表しているカタログ値を比較してみましょう。

エクストレイル

引用先:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/x-trail.html

→ガソリンエンジン:

16.0km/L(4WD)

→ハイブリッド:

20.0km/L(4WD)

アウディQ5

引用先:https://www.audi.co.jp/jp/web/ja/models/q5/q5.html

→ガソリンエンジン  :

13.9km/L(4WD)

→ディーゼルエンジン:

15.6km/L(4WD)

上記で比較するとエクストレイルの勝利です。

今回比較したモデルはすべて2.0Lエンジンかつ4輪駆動車(4WD)なのでほぼ同じ条件での比較になります。

燃料が違うと年間でどの位の差が出るのでしょうか。試算してみました。

エクストレイル

引用先:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/x-trail.html

・ガソリン4WD: 

10.000km÷(16.0km/L×70%)×144円/L=128.571円

・ハイブリッド2WD: 

10.000km÷(20.8km/L×70%)×144円/L=98.901円

アウディQ5

引用先:https://www.audi.co.jp/jp/web/ja/models/q5/q5.html

・ガソリン4WD: 

10.000km÷(13.9km/L×70%)×155円/L=159.301円

・ディーゼル4WD: 

10.000km÷(15.6km/L×70%)×125円/L=114.468円

燃料1Lあたりの金額は全国平均のレギュラー144円、ハイオク155円、軽油125円として年間走行距離10.000km、で平均燃費をカタログ値の70%程度と仮定して算出しました。

アウディQ5ディーゼルモデルが奮闘しましたがエクストレイルのハイブリッドモデルと2万円近くの差が出ています。

ガソリンモデルに関しては3万円以上の差という結果になりました。

年間の維持費の指標として、この結果に自動車税を入れてみます。

エクストレイル

引用先:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/x-trail.html

・ガソリン4WD: 

128.571円+39.500円(2.0L自動車税)=168.071円

・ハイブリッド2WD: 

98.901円+39.500円(2.0L自動車税)=1380.401円

アウディQ5

引用先:https://www.audi.co.jp/jp/web/ja/models/q5/q5.html

・ガソリン4WD: 

159.301円+39.500円(2.0L自動車税)=198.801円

・ディーゼル4WD: 

114.468円+39.500円(2.0L自動車税)=153.968円

減税などを除いた自動車の基準額を足しました。

維持費とみるとアウディQ5は15万円以上、エクストレイルは13万円以上を考えておいた方が良いという結果です。

今回の試算には入れませんでしたが、任意保険や自動車整備費用、その他税金も掛かるので余裕をもった計算が重要です。

ハイブリッドモデルやディーゼルモデルは減税対象になることがあるので、詳しい内容が知りたい方はディーラーで確認しましょう。

燃費に関しては車両価格関係なく国産車が強いですね。

それでは車両価格で差が出そうな室内空間はどう変わるのでしょうか。紹介します。

スポンサーリンク

エクストレイル vs アウディQ5室内空間はどっちが広い?

引用先:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/x-trail.html

燃費と同じように、車中泊だけではなく普段使いでも重要になってくる室内空間を比較します。

エクストレイルは長/幅/高が発表されていましたが、アウディQ5は発表されていなかったので、比較できる数字を抽出しました。

エクストレイル:2555 /1535/1270

アウディQ5:  2500~/1523/1059+シート厚

上は長/幅/高(mm)で表記しました。

寸法はかなり近い数字になりました。

最大値となると僅差でアウディQ5に歩があります。

筆者が見て感じたのはエクストレイルとアウディQ5を比べてエクストレイルの室内は箱型に近く、広く感じました。

質感はアウディQ5にはアウディ特有の直線を基調としたデザインで仕上がっており、高級感がしっかりと出ています。

対してエクストレイルは初代のような武骨さを備えつつ、街乗りでも使えるようなスタイルで出来上がっています。

エクストレイルもシートにこだわりを持っていますが、比較的高価なクルマが多いアウディの質には及びません。

僅差ですが車中泊へ行く際の長距離運転を考えてアウディQ5に軍配です。

2倍以上の価格差なので当然の結果と言えますね。

それでは車中泊で最も重要と言っていい「フルフラットさ」を紹介します。

スポンサーリンク

エクストレイル vs アウディQ5『フルフラットさ』比較

引用先:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/x-trail.html

筆者の最もお勧めする「リアシートをフルフラットにしてラゲッジルームで寝る」という車中泊方法に欠かせないフルフラットさを紹介します。

結論から言うとエクストレイルに軍配です。

アウディQ5はリアシートを倒すことができますが、シート部分が傾斜になってしまうので完全フルフラットとは言えません。

エクストレイルに関しても傾斜ができますがアウディQ5と比べるとフルフラットに近いです。

ラゲッジルームは後部座席を使っている状態でエクストレイル(5人乗2列シート)が565L、アウディQ5が550Lとどちらもかなりの容量を誇ります。

車中泊は勿論ですが、普段使いでも沢山荷物が積めるのでホームセンターでの買い物も安心です。

さらにはエクストレイルのラゲッジルーム床はリバーシブルで、樹脂面があるので万が一汚れても簡単に掃除ができます。

引用先:https://www.audi.co.jp/jp/web/ja/models/q5/q5.html

シートも防水加工がされているのは、ゲレンデでのスキーや海水浴などのアクティビティでは嬉しい機能ですね。

車中泊では、快適に睡眠をとれるだけではなく、シートの保護にもなるのでシートマットを準備することをお勧めします。

ちょっとした休憩のときに快適に睡眠が取れるので、折り畳み式のシートマットを常備するのも良いでしょう。

最後に今回のまとめです。

スポンサーリンク

エクストレイル vs アウディQ5車中泊比較まとめ

引用先:https://www.audi.co.jp/jp/web/ja/models/q5/q5.html

今回はエクストレイルvsアウディQ5を車中泊視点で比較してみました。

・燃費対決 エクストレイル勝利

・室内空間 アウディQ5勝利

・フルフラットさ エクストレイル勝利

上記の通り、結果はエクストレイルの勝利になりました。

今回の比較は車中泊に関しての比較なので一概には言えませんが、流石は国産人気SUVといったところです。

維持費の面や日本人向けの内装はエクストレイルが優秀に感じました。

引用先:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/x-trail.html

アウディQ5も今回の比較では敗退という結果になってしましましたが、4輪駆動システムやパワフルなエンジン、乗り心地といった部分はかなり力が入っています。

アウディは100年以上の歴史を持ち、長年高級車を造っているのでエクストレイルの価格帯で勝利するのは不可能に近いです。

金額の面ではかなり対照的な2台の比較でしたが、面白い対決になりました。

引用先:https://www.audi.co.jp/jp/web/ja/models/q5/q5.html

車両価格だけではなく維持費も抑え、アクティブに使いたい人はエクストレイルを購入すべきでしょう。

価格は関係なく、運転に優雅さと機能性を求める人はアウディQ5という選択をお勧めします。

どちらの車種も筆者が調べる限り紹介しきれない機能が盛りだくさんなので、少しでも気になった方は是非、ディーラーで話を聞いてみてください。

アイキャッチ画像引用先:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/x-trail.html

アイキャッチ画像引用先:https://www.audi.co.jp/jp/web/ja/models/q5/q5.html

この記事を書いた人

ヒロセ!
昔から車が大好きでした。そのため気に入った車を徹底的に調べています。詳しく知ってこの車は楽しい!という想いをあなたにお伝えしてきます。ぜひ私の記事をお楽しみください!良いと思いましたらぜひシェアをお願いします^^

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど
悩みが尽きない…

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一度の査定で最大5000社が
公開入札であなたの車の
買取価格を競ってくれるので、
あなたの車の最高額がわかるのです。


btn1-1


スポンサーリンク


スポンサーリンク