新型ヴェゼル 価格・値段をグレード別に紹介!2019年版

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1

ホンダ・新型ヴェゼルは2013年にアクティブなSUVと優雅なクーペを融合し、実用性の高いコンパクトSUVとして登場しました。

2014年、2015年、2016年とSUVカテゴリーで、3年連続国内販売1位を獲得しています。

その理由はSUVカテゴリーのなかではリーズナブルな価格設定と、先進的なエクステリア・インテイリアデザイン、コンパクトなサイズ感が、高く評価されたからです。

さらに広いトランク収納や、2列目の広さなどの実用性も兼ね備えている点も人気です。

毎年マイナーチェンジを繰り返し、今でも高い商品力を誇っている、そんな新型ヴェゼルの価格、値段を、グレード別に紹介していきます。

スポンサーリンク

新型ヴェゼル 価格・値段をグレード別に紹介!

引用:https://www.automobiles.honda.com *写真は米国仕様車

新型ヴェゼルには1500CCのガソリンモデルと、1500CCのハイブリッドモデルの2種類あります。

新型ヴェゼル・ガソリンモデル

  • 新型ヴェゼル G・Honda SENSING

ガソリンモデルのエントリーグレードです。

2,075,000円(2WD)

2,291,000円(4WD)

  • 新型ヴェゼル G

Honda SENSINGを装備しないグレードです。

1,965,000円(2WD)

2,181,000円(4WD)

  • 新型ヴェゼルX・Honda SENSING

ヴェゼルGをベースとして、快適装備が充実したグレードです。

2,165,000円(2WD)

2,381,000円(4WD)

  • 新型ヴェゼルX

こちらは、Honda SENSINGを装備しないグレードになります。

2,095,000円(2WD)

2,311,000円(4WD)

  • 新型ヴェゼル RS・Honda SENSING

デザインやインテリア、走行性能にこだわった上位グレードです。

2,475,000円(2WD)

このグレードは2WDのみの設定で、4WDはありません。

  • 新型ヴェゼル TOURING・Honda SENSING

ターボエンジンを搭載した新グレードです。

2,903,040円(2WD)

こちらのグレードも2WDのみの設定で、4WDはありません。

新型ヴェゼル・ハイブリッドモデル

引用:https://www.automobiles.honda.com *写真は米国仕様車

  • 新型ヴェゼル HYBRID・Honda SENSING

ハイブリッドモデルのエントリーグレードです。

2,460,000円(2WD)

2,676,000円(4WD)

  • 新型ヴェゼル HYBRID

Honda SENSINGを装備しない、ハイブリッドモデルのエントリーグレードです。

2,350,000円(2WD)

2,566,000円(4WD)

の設定もあります。

  • 新型ヴェゼル HYBRID X・Honda SENSING

ベースをヴィゼル HYBRIDとし、快適装備が充実のグレードです。

2,539,000円(2WD)

2,755,000円(4WD)

  • 新型ヴェゼル HYBRID X

こちらも、Honda SENSINGを装備しないグレードが用意されています。

2,469,000円(2WD)

2,685,000円(4WD)

新型ヴェゼル HYBRID Z・Honda SENSING

ハイブリッドで、装備やスタイルにこだわった上級グレードです。

2,710,000円(2WD)

2,926,000円(4WD)

HYBRID RS・Honda SENSING

エクステリア・インテリア・走行性能すべてこだわった最上級グレードです。

2,810,000円(2WD)

このグレードは、2WDのみの設定になっています。

引用:https://www.automobiles.honda.com *写真は米国仕様車

一覧にするとややこしく感じますが、ガソリンモデル、新型ヴェゼル G・Honda SENSING(2WD)2,075,000円を基本に考えると

→4WD(+216,000円)

→Honda SENSINGなし(-110,000円)

→GからXへ(+90,000円)

→GからRSへ(+400,000円)

→GからTOURINGへ(+828,040円)

となっています。

ハイブリッドモデル、新型ヴェゼルHYBRID・Honda SENSING(2WD)2,460,000円を基本に考えると

→4WD(+216,000円)

HYBRID Honda SENSINGなし(-110,000円)

HYBRID X Honda SENSINGなし(-70,000円)

→ HYBRID から HYBRID Xへ(+79,000円)

→ HYBRID から HYBRID Zへ(+250,000円)

→HYBRIDから HYBRID RSへ(+350,000円)

となっています。

引用:https://www.honda.com.au *写真は豪州仕様車

エントリーグレードのガソリンモデルから、上位グレードのハイブリッドモデルの全グレードで、Honda SENSINGという安全装備が標準装備になっているのはうれしいポイントですね。

Honda SENSINGを装備しないグレードもありますが、基本は、Honda SENSINGを装備することをお勧めします。

安全性・快適性が高まるだけではなく、リセールバリュー(下取価格や転売価格)も、Honda SENSING付きの方が高く評価されます。

ヴェゼルが¥1,965,000円~¥2,926,000円の本体価格に対して、ライバル本体価格ですが、

  • C-HR:¥2,290,000~¥2,929,200
  • エクストレイル:¥2,231,280~¥3,162,240
  • CX-5:¥2,570,400~¥3,882,600

エクステリア・インテリアデザインや室内の使い勝手など、たくさんの魅力があるヴェゼルは、他社のコンパクトSUVと比較しても、割安な価格設定となっているのも人気の理由です。

スポンサーリンク

新型ヴェゼルのグレードごとの価格と、性能の違いを比べてみた

引用:https://www.honda.co.jp

新型ヴェゼルはガソリンエンジンと、ハイブリッドエンジンのそれぞれ2つのグレードがあります。

ガソリンとハイブリッドのグレードごとに性能と価格を比較していきます。

ガソリンエンジンのグレード

ガソリンエンジンは

  • ヴェゼル G・Honda SENSING、
  • ヴェゼル X・Honda SENSING、
  • ヴェゼル RS・Honda SENSING、
  • ヴェゼル TOURING・Honda SENSING

4つのグレードがあります。

ヴェゼル G・Honda SENSINGは2WDで2,075,000円、4WDで2,291,000円の価格設定になっています。

Honda SENSINGという安全装備が備わっており、ミリ波レーダーと単眼カメラで、前方の状況は車が認識し、ブレーキやステアリングの制御し、安心・快適な運転や事故回避を支援するシステムが、装備されています。

引用:https://www.honda.co.jp

Honda SENSINGには、

  • 前方走行車両や対向車、歩行者との衝突回避支援の衝突軽減ブレーキ
  • 踏み間違いによる誤発信抑制機能
  • 歩行者との衝突回避を支援するステアリングサポート
  • 車線のはみ出しを防ぐ逸脱抑制機能
  • 前方車両と車間を保ちながら運転をサポートするアダプティブ・クルーズ・コントロール
  • 車線内を走行できるようにステアリング操作を支援する、車線維持支援システム(停止時に前方車両が発進したことを伝える先行車発進お知らせ機能)
  • 標識を認識し、ドライバーの見落とし防止を図る標識認識機能

などの安全装備が備わります。

インテリアはファブリックシートで、LEDヘッドライトも装備されます。

ヴェゼル X・Honda SENSINGは2WDで2,165,000円、4WDで2,381,000円の価格設定(各Gグレード+90,000円)になっています。

ヴェゼル G・Honda SENSINGの基本装備に

  • サイドエアバックシステム
  • サイドカーテンエアバックシステムの安全装備
  • ハロゲンフォグランプ
  • 本革巻ステアリング
  • 16インチアルミホイール

が追加で装備されます。

4WDには

  • 運転席・助手席のシートヒータが標準装備

2WDの場合はメーカーオプションで選択できます。

また、メーカーオプションで、コンビシート&専用インテリアを選択できます。

引用:https://www.honda.co.jp

ヴェゼル RS・Honda SENSINGは2WDのみの設定で、2,475,000円の価格設定(各Xグレード+310,000円)になっています。

ヴェゼル X・Honda SENSINGの装備に加えて、

  • フォグランプに、スポーティなLEDが装着
  • タイヤ18インチのブラック塗装タイヤが装備
  • インテリアのシートがウルトラスエードのコンビシートが装着
  • スムースレザーのステアリング、パドルシフトが装備
  • RS専用のパフォーマンスダンパー

が装着され、スポーティなグレードになっています。

ヴェゼル TOURING・Honda SENSINGも2WDのみの設定で、2,903,040円の価格設定(RSグレード+428,040円)なっています。

こちらは、ガソリンの唯一のターボモデルのグレードです。

  • インテリアでは、ダークグレーとブラウンの2トーンシートが装着
  • インパネ回りやひじ掛け部分も、ブラウンのレザー調の素材が採用
  • 18インチアルミホイールもグレー塗装
  • バック時に助手席側ドアミラーが連動して少し下がる、リバース連動ドアミラー
  • 雨摘検知式フトントワイパーが装備。
  • ヴェゼル TOURING専用のパフォーマンスダンパーを採用

高級感のある、乗り心地と装備になっています。

ハイブリッドエンジンのグレード

引用:https://www.honda.com.au *写真は豪州仕様車

ハイブリッドエンジンは

  • ヴェゼル HYBRID、
  • ヴェゼル HYBRID X、
  • ヴェゼル HYBRID Z、
  • ヴェゼル HYBRID RS、

4つのグレードがあります。

ヴェゼル HYBRID・Honda SENSINGは2WDで2,460,000円、4WDで2,676,000円の価格設定になっています。

  • LEDヘッドライト
  • パドルシフト装備
  • リアクティブフォースペダル:運転シーンに合わせてベストなべダル操作を、サポートする機能
  • プラズマクラスター搭載のフルオートエアコン

ヴェゼル HYBRID X Honda SENSINGは2WDで2,539,000円、4WDで2,755,000円の価格設定(各HYBRID Xグレード+79,000円)になっています。

ヴェゼル HYBRID・Honda SENSINGの装備に

  • サイドエアバックシステム
  • サイドカーテンエアバックシステムの安全装備
  • ハロゲンフォグランプ
  • 本革巻ステアリング
  • 16インチアルミホイール

が追加で装備されます。

4WDには運転席・助手席のシートヒータが装備され、2WDはメーカーオプションで選択できます。

また、メーカーオプションで、コンビシート&専用インテリアを選択できます。

ヴェゼル HYBRID Z Honda SENSINGは、2WDで2,710,000円、4WDで2,926,000円の価格設定(各HYBRIDグレード+171,000円)になっています。

ヴェゼル HYBRID X Honda SENSINGの装備に、

  • パッションブラックのレザーシート/ジャズブラウンのレザーシートの選択可能
  • インパネやひじ掛け回りもレザー調の素材
  • フォグアンプはスポーティなLEDが採用
  • ステアリング、スムースレザー
  • リバース連動ドアミラー
  • 雨摘検知式フロントワイパー

が装備されます。

ヴェゼル HYBRID Z Honda SENSING内装

引用:https://www.honda.co.jp

さらにスポーツタイプの17インチアルミホイールに、パフォーマンスダンパーも装備され、スポーティで高級感のあるグレードになっています。

最後に、ヴェゼル HYBRID RS Honda SENSINGは、2WDのみで、2,810,000円の価格設定(HYBRID Zグレード+100,000円)になっています。

  • ダークグレーのウルトラスエードのコンビシートが採用
  • インパネやひじ掛け回りもレザー調の素材
  • ブラック塗装の18インチアルミホイールが採用

ヴェゼル HYBRID RSは、フル装備の仕様となっています。

スポンサーリンク

新型ヴェゼルのガソリン車と、ハイブリッド車の購入時とランニングコスト比較

引用:https://www.honda.com.au *写真は豪州仕様車

ヴェゼルのガソリン車とハイブリッド車の購入時と、ラニングンコストを比較していきます。

まず、購入した時の比較をしていきます。

わかりやすく、人気モデルのガソリン車、ヴェゼル X・Honda SENSINGと、ヴェゼル HYBRID X Honda SENSINGのどちらも、2WDを購入した場合の比較をしていきます。

ヴェゼルX・Honda SENSINGは、車両本体価格が2,165,000円なのに対して、ヴェゼルHYBRID X・Honda SENSINGは2,539,000円です。

単純に計算すると374,000円ハイブリッドの方が高いですね。

ただ、注意頂きたいのは、購入時の税金がガソリンとハイブリッドで違うことです。

ハイブリッドはエコカー減税の対象車で取得税が60%減税、重量税が75%減税になるのに対して、ガソリンは減税対象ではありません。

新型ヴェゼルX・Honda SENSINGを購入した場合、取得税55,000円と重量税22,500円の税金がかかります。

それに対して、新型ヴェゼルHYBRID X HONDA SENSINGの場合は、取得税34,500円と、重量税5,600円の税金がかかります。

税金を計算すると37,400円ハイブリッドの方が安くなりますね。

また、グリーン化特例により購入した登録月の、翌年の自動車税は、ハイブリッド車は17,500円、ガソリンは対象外で34,500円かかります。

2年目はハイブリッド車もガソリン車も、34,500円の自動車税の負担になります。

税金と補助金での合計で、ハイブリッド車は、54,400円やすくなります。

本体価格の差が、374,000円ですが、税金や補助金を考慮した実質の価格差は、319,600円ですね。

次にランニングコストを比較していきます。

まずは燃費の比較をします。

新型ヴェゼルX・Honda SENSING 2WDは、21.2㎞/Lで、新型ヴェゼルHYBRID・Honda X SENSING 2WDは26.0㎞/です。

仮に年間10,000㎞走行した場合、レギュラーガソリン単価を136円で計算した場合、ガソリン車は64,150円燃料代がかかり、ハイブリッドは52,307円燃料代がかかります。

計算すると年間で11,843円ハイブリッドの方が安くなりますね。

ハイブリッドとの購入時の差額、319,600円の元をラニングコストで取ろうとすると、

319,600÷11,843≒27

27年間かかります。

車両本体価格はハイブリッドの方が高いですが、ランニングコストや税金は、ハイブリッドの方が安くなります。

ただ、燃料代で元を取ろうと思うと、年間10,000万キロを27年間走行しないといけないので、あまり現実的ではありませんね。

一方で、実燃費は、走行の仕方によって大きく変わってきます。

ハイブリッドは低速走行の、いわゆる町乗りではよい燃費を発揮しますし、ハイブリッドにしかない装備や走行性能も持ち合わせています。

引用:https://www.automobiles.honda.com *写真は米国仕様車

購入する際は価格もですが、走行性能やリセールバリューなども考えて、検討することをお勧めします。

まずは、ディーラーに行って試乗をしてみて自分がどう感じるかが一番大切です。

購入の際は必ず試乗をして自分が納得できる車を選んでくださいね。

皆様の参考になれば幸いです。

アイキャッチ画像引用:https://www.automobiles.honda.com

この記事を書いた人

ミラノ太郎
子供の頃から、車のデザインを見ているのが大好きです。特にフロントデザインがかっこいい車を見ているとわくわくします。



下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1