フィット タイヤ情報!クレード別のサイズや交換サイン、メンテナンス方法、おすすめも!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1

ホンダが販売するコンパクトモデルであるフィットは、販売当初からそのデザインやコンパクトなサイズによる小回りの良さなどで、ユーザーから高い評価を得ており人気の高いモデルで、その人気は今現在も衰えておりません。

フィットに限らずコンパクトモデルは人気の高いモデルで、各メーカーからも販売されております。

その維持費の安さや燃費の良さなどが受け、需要はますます高まって来ていますが消耗品の中で大きなウエイトを占めるのが燃費とタイヤではないでしょうか。

今回はフィットのタイヤに付いて詳しく見てみましょう。

スポンサーリンク

フィットの純正タイヤ

引用:https://car.watch.impress.co.jp/docs/news/614106.html

ホンダのフィットが純正で装着しているタイヤを詳しく見て行きましょう。

現行モデルのフィットは、駆動方式でFFと4WD、搭載するエンジンの種類でガソリンエンジンとハイブリッドエンジンなどの違いがあり全部で13のグレード別れており少々、複雑な構図になっています。

装着される純正タイヤもサイズが175/70R14と185/60R15と185/55R16と3種類がグレード別で装着され、タイヤ銘柄もブリヂストン製とヨコハマ製、ダンロップ製と複数のメーカーが使用されているようです。

引用:https://car.watch.impress.co.jp/docs/news/614106.html

フィットに装着されているタイヤは、基本的にエコタイヤと呼ばれる省燃費性を重視したタイヤが装備されており、実用性が高くロングライフタイヤの装着が基本となっており長い期間で使用できるタイヤが装備されています。

スポンサーリンク

消耗品であるタイヤ


タイヤは消耗品ですから使用している内にすり減って行きますので、タイヤ交換サインが出ると交換しなくてはいけません。

その場合は純正タイヤ(新車購入時に装備されているタイヤ)を購入するか、タイヤショップなどで販売されているリプレイスタイヤを購入して交換することになります。

実際のところはタイヤショップやカー用品店などで販売されるリプレイスタイヤを購入して交換するのが普通で、よほど特殊な事情が無い限り純正タイヤをディーラーで購入することは無いでしょう。

また価格もお店によって違っているので、安く販売しているお店を探して購入しているユーザーさんは多いですね。

最近はネット通販が安く購入できると評判になっています。


タイヤ交換をする場合、注意したいのはタイヤのサイズです。

純正タイヤと同じサイズなら全く問題なく装着する事ができますが、中にはせっかくの機会なのでクルマのイメージを変える為にアルミホイールも交換するユーザーもいます。

アルミホイールを交換する場合は、純正タイヤと同じサイズにするかインチアップやインチダウンを行う事も可能です。

基本的に1インチ~2インチ程度のアップであれば問題なく装着が出来ると言われています。

インチアっプするとクルマのイメージが変わりカッコ良くなりますが、デメリットとして燃費が悪くなり、タイヤの価格も高額になって来ます。

スポンサーリンク

フィットにおすすめしたいタイヤ

コンパクトモデルであるフィットは、タイヤに関して大きな負担があるモデルではありませんが、やはり軽量な車体や操縦性の良さを残しながら省燃費なタイヤなどコンフォートタイヤとして、どのタイヤを選択すれば良いのか調べてみました。

・ブリヂストン 「REGUNO GR-Xi」

コンパクトモデルに使用されることを前途に設計され、乗り心地の良さとクッション性、ロードノイズを言抑えるタイヤパターンを研究しているので静粛性の高いタイヤです。

また転がり抵抗を小さくしているので燃費性能も良く、雨天時の排水も良い安心できるタイヤとして評価が高いです。

・ダンロップ  「LE MANS V」

フィットなどのコンパクトモデルに対応したモデルで、抜群の静粛性を誇りますから室内でロードノイズに悩まされることは無く、乗り心地やクッション性を高め排水効果の向上で雨天でも安心して走行が出来るタイヤです。

総じて不快感を排除したエコタイヤです。

・ヨコハマタイヤ 「BlueEarth AE-01F」

ヨコハマタイヤが販売するBlueEarthシリーズは、転がり抵抗を極めて小さくしたエコタイヤで省燃費性能の良さは定評があります。

グリップ力も強く排水性も高いので雨天時には安心感が高いタイヤで、ロードノイズも抑えられておりコンフォートタイヤとしては申し分のない性能を持っているタイヤです。

この3点がフィットにおススメしたい国産タイヤになります。

フィットのサイズは14インチも15インチも標準的なサイズが採用されているのでタイヤの種類も多く、価格も比較的安価なタイヤが多いのも特徴です。

RSグレードは別

引用:https://www.webcg.net/articles/gallery/36664

フィットの中でも走りを意識したグレードであるRSに装着されるタイヤサイズは、185/55R16とフィットの中で唯一16インチを採用しています。

しかし、このサイズは余り一般的なサイズではありませんのでタイヤの販売される種類も少なめです。

クルマの開発において純正サイズのタイヤで開発を行っているので、タイヤサイズは変更しない方が良いと言う話もあります。

事実、スポーツカーなどでは純正サイズが一番マッチしており性能を引き出せるクルマもあります。

RSを選ぶユーザーの多くはクルマ好きで、走りを楽しみたいと思っている人なので社外アルミホイールに交換している人も多く、インチアップしているケースもありますので近似サイズになっていますが、純正ホイールでタイヤ交換を考える場合は、販売されているタイヤの種類が少ない傾向にあることを知っておくと良いでしょう。

スポンサーリンク

タイヤのメンテナンス


クルマにも定期的なメンテナンスが必要なように、タイヤにも定期的なメンテナンスが必要なのは知っていますか?

タイヤは空気を充填して膨らまして使用しているのはご存知の通りですが、この空気は自然と抜けて行くので定期的にエアーを補充しなくてはいけません。

エアの補充は1か月に1回点検して補充すれば良く、補充量もクルマに表示しているエアー圧のラベルを見る事で簡単に解ります。

自宅で簡単に空気を入れるエアーポンプも3000円ほどで販売されておりクルマ好きな方は購入しても良いでしょう。

また半年前後でタイヤローテションを行う事でタイヤの寿命は延びて行きます。

特にFF車はフロントタイヤの受け持つ仕事量が多く、リヤタイヤと比較して早めに減って行く傾向にありますので上手くローテションを行う事で均等に減るようになり、タイヤライフが長くなります。

洗車の際にはタイヤもしっかりと洗剤で洗って、タイヤワックスは余り使用しない方が良いでしょう。

タイヤワックスの中にはタイヤに攻撃的な成分を含んでいる物があるためです。

それよりもタイヤのパターンに異物が挟まっていないか点検しましょう。

まとめ

フィットのタイヤに付いて、純正サイズやタイヤメーカーなど詳しく見て来ましたが如何でしょうか。

クルマと路面を繋ぐ唯一のパーツがタイヤです。

それだけにタイヤが受け持つ使命は大きくクルマの安全走行に欠かせない重要なパーツです。

フィットの純正タイヤは比較的に種類の多い一般的なサイズが使用されており、タイヤ価格も抑えめなので安価でタイヤ交換が可能なサイズです。

タイヤは維持費の中でも高額になる部分ですからタイヤ価格が抑えられるのは嬉しい話ですね。


引用:http://best9607.sadman18.agency/0135445416/?t=main9_143c8326fe6b6e756e26fe6b&u=d29pte4&o=vxzkpbg&f=1

またタイヤ交換と同様に密接な関係にあるのがアルミホイールです。

純正オプションにも用意があり社外品にも豊富に用意されるアルミホイールはクルマのイメージを大きく変えるパーツとして人気があり、交換するユーザーも多いです。

純正オプションをみても1インチ程度のインチアップは一般的に行われているので、検討しているユーザーも多いのではないでしょうか。

ホイール交換に伴い、タイヤのサイズも純正サイズでは無くなるケースがありますが、極端に違うサイズのタイヤを使用すると弊害が起きるので純正サイズに近いタイヤを選びたいところですね。

モデルチェンジの噂も聞こえるフィットですが、ホンダの売れ筋コンパクトモデルとして人気のあるモデルだけにコストパフォーマンスも良く素性の良いクルマです。

安心感の高いタイヤを使用してフィットライフを楽しみましょう。

この記事を書いた人

agree
サッカーやラグビーで有名なヤマハスタジアムがある静岡県磐田在住です。
免許取りたての頃は、とにかく運転が大好きでした。
今はいろいろな車のデザインを見るのが好きです。



下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。


btn1-1