新型ミライース(2017年モデル)のオプション紹介!

color_10

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1

ダイハツの新型ミライ―ス (2017年)のオプションにはどのようなものがあるでしょうか?

新型ミライ―ス (2017年)のメーカーオプション・ディーラーオプションについての情報をご紹介します。

option_03

引用:https:/www.daihatsu.co.jp/lineup/mira_e-s/03_exterior.htm#

スポンサードリンク

ミライース、女性ユーザーの声

女性にも人気のある新型ミライース。

その理由は低燃費の他に、意外にもスッキリしたエクステリアデザイン。

軽自動車は丸みのある女性っぽ過ぎるデザインのクルマが増えていますが、最近ではハスラーなど、きびっとしたデザインが好まれています。

●40代女性会社員に購入の理由を聞いてみました。

「通勤で使っていた車が車検時期になってきたので、買い替えを検討していました。

できれば燃費のいい車がほしくて、軽自動車をメインに検討していたところ、ミライースのCMを見てシャープなデザインが目に止まりました。

すぐにディーラーへ試乗車を見に行き、乗り心地が思っていたより悪くないこと、ターボの様に元気過ぎないところが気に入りました。」

とのことです。

たしかにラパンやミラココアなどは20代~30代の若い女性のイメージが強いですね。

ミライースはCMでも男性が運転していますので、あまり女性っぽさは感じません。

オプションで気に入ったものは、「インテリアパネル」(31,514円)だそうです。

無機質な車内が明るくなって、乗るたびに気分がいいといいます。

option_02

引用:https:/www.daihatsu.co.jp/accessory/mira_e-s/interior.htm

●購入後のメリット、デメリットを教えてください。

【メリット】

■とにかく、燃費が良いです。ガソリン代が、前の車の半分以下になりました。

■小回りが効くので楽です。狭い街中を走るのに便利です。

■なかなか、ありそうでない色なので、可愛くて愛着がでます。

■思ったより中が広いので、四人のっても楽勝です。

■シートが良いので、乗っていても疲れません

【デメリット】

■パワーがないので、長距離には向かない気がします。スピードも出ないし、山道はきついです。

■中が広い分、トランクが狭いので、荷物はあまり乗りません。

■純正でついてる、オーディオが、可愛くありません。

option_01

引用・出展:http://xx.slide-k.com/mira-es-koe.html

スポンサードリンク

新型ミライ―ス のオプション

メーカーオプション

■寒冷地仕様……16,200円

【セット内容】

・リバース電動リヤワイパー

・エンジンクーラント(30%→50%)

・寒冷地用ワイパー

・ラジエーターサポートシール 他

雪国に住んでいないから不要と考える人は多いですが、じつは冬場に富山や長野へ遊びにいってクルマが動かなくなったというケースもあります。

出張や帰省などで寒い地域へ行く予定があれば、備えておきたいメーカーオプションです。

ディーラーオプション

■盗難防止機能付ナンバーフレーム……8,986円

盗難防止としてはもちろん、エクステリアデザインの一部になります。

【セット内容】

・ナンバーフレーム(メッキ)1枚

・ナンバープレートロックボルト(1台分4本セット+専用工具付)

■エアロパック……54,626円

・フロントロアスカート

・サイドストーンガード

※マッドガード(フロント)との同時装着はできません。

option_12

引用:https:/3des.daihatsu.co.jp/mira_e-s/simulator/?mcd=mira_e-s

■メッキパック……31,493円

・フードガーニッシュ(メッキ)

・バックドアガーニッシュ(メッキ)

option_13

引用:https:/3des.daihatsu.co.jp/mira_e-s/simulator/?mcd=mira_e-s

■アルミホイールセット……86,940円~

option_14

引用:https:/3des.daihatsu.co.jp/mira_e-s/simulator/?mcd=mira_e-s

■LEDフォグランプキット……33,739円

■ロアバンパーデカール……11,124円

■ロングバイザー……10,066円

■ロングバイザー(フロント)……6,113円

■LEDホワイトバルブ……6,826円

■SRホワイトバルブⅢ……6,394円

option_15

引用:https:/3des.daihatsu.co.jp/mira_e-s/simulator/?mcd=mira_e-s

スポンサードリンク

ミライ―ス 女子のためのアクセサリー

ミライース専用の社外品アクセサリーが販売されているのをご存知ですか?

それも女子なら大好きなドットなシートカバーやティッシュケースです。

シートカバーのこすれや汚れが気になるため、ざぶとん風クッションを敷いたり、バスタオルの上に座るようにしている女性は多いです。

でもそれでは、運転中にズレたり、疲れたりしてあまりいい具合にはいきません。

そこでミライースのシートにぴったりのシートカバーを見つけました。

option_04

引用:http://carcute.shop-pro.jp/?mode=f33

これなら、清潔感もあって数年後にクルマを手放す時も新車時のままでいられます。

そしてうれしいのがそのお値段。

毎月、ひとつづつ揃えていっても楽しいかもしれません。

■布製キルティングシートカーバー(ミライース対応1台分セット)…….17,640円~

■フロアマット(ミライース専用型)…….9,800円~

■ハンドルカバー(ミライース対応)…….9,800円~

■レザー製シートカバー(ミライース対応フロント2席分)…….12,200円~

■ティッシュボックスカバー…….2,830円~

■日よけカーテン…….1,480円~

option_05 option_07

引用:http://carcute.shop-pro.jp/?mode=f33

■車検証ケース…….1,400円~

■ふかふかクッション…….1,710円~

■ネッククッション…….1,480円~

■日よけカバー(ミライース対応)…….1,400円~

■アシストグリップカバー…….1,400円~

■日よけカバー(ミライース対応)オリジナルキーホルダー…….465円~

option_08

引用:http://carcute.shop-pro.jp/?mode=f33

水玉の他にも猫の肉球模様や花柄などのフロアマットもあります。

この季節からは薄いグリーンの北欧柄もいいかもしれません。

ちょっとしたアイテムで自分のクルマが心やすまる空間になるような、そんな気がしてきます。

また、女子同士の旅行も会話が弾みそうですね。

option_09

引用:http://ehimekikaku.net/carcute/special/hanyoumat/?_ga=2.162393145.406862547.1497585798-1317206391.1497585798

前席シートカバーセットは9,000円から。

ウォッシャブルで付け外しも簡単です。

option_10

option_11

引用:http://carcute.shop-pro.jp/?pid=65997599

出展:http://carcute.info/column/

⇒ 2017年モデル新型ミライ―スを値引きから更に50万円安く買う裏ワザ!

スポンサードリンク

新型ミライ―ス のオプション紹介まとめ

妻に、両親に、子供にとミライースを購入する人から、よく聞かれるのは「SRSサイドエアバッグ」を付けたいので G “SAⅢ”にする、ということです。

大事な人が乗るクルマなら重要なオプションとなる「SRSサイドエアバッグ」。

これはG以外のグレードではオプション選択できないのです。

フォグランプや電動格納式ドアミラーなどはグレードによって選択できないというのはうなづけますが、安全装備については、廉価グレードでもオプション選択できるようになればいいと思います。

他にもプッシュボタンスタートやキーフリーントリーシステムが最上グレードのみの装備となっています。

反対にヘッドランプ自動消灯システム、クリーンエアフィルターなど他の車種ではオプションになるような機能が全車標準装備となっています。

試乗レビューなどでは、ほとんどが最上グレードに乗っての感想なので、G以外のグレードを購入する場合は実車を試乗することをお勧めしたいと思います。

そしてオプション選択できるものと、グレードでしか装備できないものをよく確認した方がいいでしょう。

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1

スポンサーリンク


スポンサーリンク