新型カローラフィールダーでの車中泊情報!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1

トヨタの新型カローラフィールダーでの車中泊はどれだけ快適なのでしょうか?

新型カローラフィールダーで車中泊ができるのか、あると便利なアイテムなどの情報をご紹介します。

ブルーメタリック

(引用: http://toyota.jp/corollafielder/style/)

スポンサーリンク

広くなったラゲージスペース

2012年から販売している現行のカローラフィールダー(3代目)は、旧型車と比べるラゲージが広くなっています。

ラゲージ旧車比較

(引用: http://toyota.jp/corollafielder/compare/)

通常時で4L、後部座席を格納した場合は、なんと71Lも容量が大きくなっています。

ラゲージ

(引用: http://toyota.jp/corollafielder/interior/indoor_space/)

*1.
VDA法測定値。

数値は社内測定値。測定箇所により数値は異なります。

ラゲージサイズ

(引用: http://toyota.jp/corollafielder/interior/indoor_space/)

注目したいのは、最大長2025mmという後部座席を格納した時に広がる荷室の広さです。

日本人で身長の高い人と言えば、大体180~190cmの方を指すでしょう。

その方々が足を伸ばして寝られる空間が、カローラフィールダーにはあるのです。

しかも、ワゴンタイプの車両でこの広さはなかなかありません。

スポンサーリンク

車中泊のススメ

ワゴンでありながら、これだけ広い荷室を持つカローラフィールダー。

リフレッシュや家族とのコミュニケーションツールになってくれそうではありませんか。

車中泊の魅力

沢山の荷物も載せられて、余裕のあるカローラフィールダーを「旅」のお供にどうでしょうか。

流行の「車中泊」にスポットをあててみましょう。

ざっくりと車中泊の魅力を言うならば、事前に宿を探さずとも、「いつでも」出発でき、

行きたい所に「どこにでも」行く事ができ、

チェックインやチェックアウトなどの「時間を気にせずに」、

ふと気に入った風景の中にいつまでも身を置く事が出来るような「気まま、自由さ」にあると思います。

また、愛犬やペットとの旅も一緒に「気軽」に出かけられるでしょう。

キャンプとの違い

キャンプとの違いと言えば、キャンプ場でテントやタープを設営しない、という点が大きいでしょうか。

車中泊では、全国の道の駅だったり、駐車場、RVパークなどで宿泊します。インターネットや本などで情報が調べられるでしょう。

キャンプと車中泊、どちらが良いかは、個人の好みの問題ですが、どちらもそれぞれ、楽しみがあります。

マナーを守ろう

キャンプ場ではないので、施設のルールなどを順守し近隣の車に迷惑をかけないのが、マナーです。

公共の場所では、決して車外で直火などキャンプのような事はしません。

混んでいる駐車場で我が物顔でスペースをとってもいけません。

一部のマナーを守らないユーザーにより、車中泊禁止になった場所もあります。

後世に楽しい旅の方法のひとつを残すためにも、マナーを守るのは大切ですね。
⇒ 新型カローラフィールダーを値引きから更に50万円安く買う裏ワザ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「Fielder」になろう

その名の通り、「Fielder」=外で遊ぶ人となり、車中泊を楽しむのも良いのではないでしょうか。

フルフラット

(引用: http://toyota.jp/corollafielder/interior/indoor_space/)

フラットモードでぐっすりと翌日に向けて睡眠をとりたいものです。

少し注意しなければならないのは、フロアには若干の傾斜があります。

気になる方は、少し工夫してみると良いかもいれません。

例えば、後部座席と前席の隙間に荷物を詰めて間を埋め、身長に十分な寝床の長さを確保したら、頭を傾斜の高い位置にしてみましょう。

また、キャンプのテント用マットなどを敷くと、寝心地もUpします。

車中泊を目的とした専用のマットも売られていますので、荷室の寸法に合ったものを選ぶのも良いと思います。

グッズ

あると便利、快適と思われるグッズを紹介したいと思います。

寝具

space

(引用: http://toyota.jp/corollafielder/cp/lp/camp/?padid=ag341_from_corollafielder_top_4pre_camp_1607)

車中で快適睡眠するためのグッズです。

  • マット

カローラフィールダー専用マットは、トヨタ純正でもあります。

space_2

ジョイントクッション
低反発ウレタンがシートの凸凹感を分散、レジャーなどの車中泊も快適に心地よく休めます。
サイズ
【車両前方(サイズ小)】L747×W368×H30mm
【車両前方(サイズ大)】L747×W592×H30mm
【車両後方】L747×W963×H30mm 【ポケット】L200×W250mm
材質
【表皮】ポリエステル織物(撥水加工)
【裏材】ポリエステル起毛ニット 【中材】低反発ウレタン
21,600円消費税抜き20,000円

(引用: http://toyota.jp/corollafielder/accessories/interior/)

  • 防寒用毛布など

窓のシェード

外から丸見えでは、落ち着かないですし、何より防犯上よくありません。

カーテンタイプの目隠しでもよいですし、吸盤で張り付けるタイプもあります。

また、車種毎の窓に合わせて、防寒対策のされたブラインドやシェードもありますが、それなりにお値段がしてしまいます。

そこで、キャンプによく使われる銀色のマットで手作りする事も可能です。

窓の形はそれぞれ違うので、新聞紙などで窓を型取りし、それを元に銀色マットを切ってみるといいと思います。

お風呂セット

日帰り温泉で運転の疲れを癒しましょう。

大きな荷物を持っていくよりも、予めお風呂用のセットを作っておいてはいかかでしょうか。

100円均一で売っている濡れてもいいプラスチックのカゴに以下のものをまとめておきます。

  • シャンプー、石鹸
  • 歯磨き
  • タオル

DC/ACインバーター

スマートフォンや携帯電話は、生活に欠かせないものになってきました。

車中泊でも然り。突然の電池切れで困らないように、準備しておきましょう。

車の電源DCを家の電気と同じACに変換するインバータは、今やUSBポートがついているタイプもあります。

また、カローラフィールダーは、ナビを付けた場合、オプションでHDMIポートとUSBポートを設置する事も出来ます。

USB

iPod対応USB/HDMI入力端子*
設定
T-Connectナビ付車
iPod対応USB/HDMI入力端子
メーカー希望小売価格
9,720円
(消費税抜き9,000円)
HDMI規格のデータ入力端子で、デジタル機器をつないで高画質、高音質データを車の中でも楽しむことができます。
USBポートは給電(2.1A)も可能です。

センターコンソールボックス内への装着となります。

アダプターはトレイ下に位置します。

接続には別途市販のケーブルが必要となります。また、一部ケーブルには対応できないものがあります。

(引用: http://toyota.jp/corollafielder/interior/navi/)

HDMI端子で、日中撮った動画や映像、音楽を楽しんで時間を過ごすのも素敵です。

USB2

(引用: http://toyota.jp/dop/navioption/connection_adapter/usb_hdmi/)

USB3

(引用: http://toyota.jp/dop/navioption/connection_adapter/usb_hdmi/)

その他

車中泊を意識したグッズがいろいろ出ています。

それは、トヨタ公式カー用品通販モール「ハピカラ」でも取り扱っていますので、参考になりますよ。

ハピカラ

(引用: https:/hapikara.jp/shop/goods/search.aspx?shop=&keyword=%8E%D4%92%86%94%91%81E%83A%83E%83g%83h%83A&search.x=0)

見ているだけで、ワクワクして出かけたくなります。

CF_7

(引用: http://toyota.jp/corollafielder/performance/hv_system/)

是非、カローラフィールダーで「Fielder」になってみてはいかかでしょう。



下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1


スポンサーリンク


スポンサーリンク