新型レクサス LX 価格・値段をグレード別に紹介!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1

レクサスの新型レクサス LXの価格・値段はいくらなのでしょうか?

新型レクサス LXの価格・値段を、グレード別にまとめてご紹介します。

スポンサーリンク

新型レクサスLXの価格

現在、新型レクサスLXは1つのグレードのみの設定になります。

新型レクサスLX 570   車両本体価格 11,000,000円 (税込)

各メーカーから大型SUVで1000万円クラスのクルマが近年多く発売されています。

LX008

引用:https:/lexus.jp/models/lx/gallery/

競合車と比較してみましょう。

アウディQ7 3.0 TFSI quattro 車両本体価格 9,290,000円~

メルセデスベンツGLS 550 AMATIC Sports 車両本体価格 15,000,000円~

BMW X5 xDrive50i 車両本体価格 11,890,000円~

LX003

引用:http://openers.jp/article/19634

リンカーン ナビゲーター 車両本体価格 10,280,000円~

キャデラック エスカレードプラチナム 車両本体価格 11,490,000円~

LX007

引用:https:/www.calwing.com/sales/newcatalog/2015ESCALADE.html

レンジローバー オートバイオグラフティーダイナミック 車両本体価格 11,880,000円~

ボルボ XC90 Twin Engine AWD Inscription 車両本体価格 10,090,000円~

マセラティ Levante 車両本体価格 10,800,000円~

LX006

引用:http://www.maserati.co.jp/maserati/jp/ja/models/levante

ベントレー ベンティガ 車両本体価格 26,950,000円~

LX001

引用:https:/www.bentleymotors.jp/models/bentayga/bentayga/

数年前から大型SUVが流行っていて、高級輸入車でも多く販売されるようになりました。

今後も、続々と超高級とされる輸入車から大型SUVが発売されるようです。

今後発売予定の大型SUVは、すでにコンセプトカーが出来上がってテストコースを走行している写真がスクープされています。

ロールスロイス カリナン 予想販売価格 80,000,000円~

LX002

引用:http://car-moby.jp/51438

ランボルギーニ ウルス 予想販売価格 20,000,000円~

LX005

引用:http://car-moby.jp/7894

アウディQ8 予想販売価格 9,000,000円~

ポルシェ カイエン 予想販売価格 8,590,000円~

マイバッハ G650 ランドレット 予想販売価格 60,000,000円~

LX004

引用:http://www.webcg.net/articles/gallery/35922

1000万クラスなんて言ってられませんね、家が余裕で買えちゃうくらいの価格が設定されているクルマもあります。

世界限定生産のクルマもあり、日本で見ることは滅多にない車種もあるようです。

スポンサーリンク

日本未発売のレクサスLXシリーズ

レクサスはトヨタ自動車が展開する高級ブランドですが、今では単独メーカーという感じが濃くなってきています。

新型レクサスLX570が、日本で初めて発売されたレクサスのSUVになりますが、海外では、1996年からトヨタのランドクルーザー80系をベースに、レクサス専用のインテリアやエクステリアでLX450として発売されました。

LX001

引用:https:/www.flexnet.co.jp/landcruiser/80/80-articles/post-162

その後2代目となる、LX470が1998年から発売され2000年前半には高級SUV 品質調査でトップレベルとなり2005年には自動車信頼度調査でも高級SUVとっだレベルと評価されました。

2007年からアメリカで発売された3代目のLX570が発売開始され、中国、オーストラリア、インドネシアなどでも発売開始されています。

気になる日本発売ですが、この3代目になり、2015年の秋にようやく国内販売されることになりました。

日本向けのレクサス車としては初採用となる装備も数多く設定されセーフティ装備も充実され「Lexus Safety System+」など最新のレクサス車NXやRXなどと通じる意匠として販売されています。

スポンサーリンク

新型レクサスLXとランドクルーザーはどこが違うのか

トヨタランドクルーザーがベースとして発売されたレクサスですが、どこが違うのか、何故レクサスLXを選ぶのかそのポイントを探ってみましょう!

まずはスペックの比較から、

新型レクサスLX570

LX015

引用:https:/lexus.jp/models/lx/gallery/

全長×全幅×全高 5065×1980×1910mm

エンジン V型8気筒DOHC

排気量 5,662L

最大トルク/最高出力 534N・m/277kW

駆動方式 4輪駆動

定員 8名

メーカー希望小売価格 11,000,000円(税込)

トヨタランドクルーザーZX

LX001

引用:http://toyota.jp/landcruiser/gallery/

全長×全幅×全高 4950×1980×1870mm

エンジン V型8気筒DOHC

排気量 4,608L

最大トルク/最高出力 460N・m/234kW

駆動 4輪駆動

定員 8名

メーカー希望小売価格 6,825,600円(税込)

大きさの違いは、全長・全高の若干の違いはあるものの、全幅は変わらず、また、エンジン排気量は新型レクサスLXの方が1000cc程度大きくなって、その分トルクや出力なども大きくなっていること、車両価格が大きな差なのが分かりますね、クルマが1台買えちゃうくらいの価格です。

エクステリアの大きな違いは、フロントマスクは大きく違い新型レクサスLXはロア部に大胆な厚みを持たせ車輛の安定感を創出し、下端部がプロテクター形状を彷彿とさせ、フードからの勢いと一体となった力強いLX独自のスピンドルグリルは、進化し続けるレクサスを象徴しているのに対して、「力強さ」「先進性」を持つフロントデザインへの一新されたスタイリングでシンプルながら強さを強調した、フロントマスクとなっています。

サイドビューやバッグスタイルも、新型レクサスLXのエレガントなSUV使用に対してランクルはシンプルなパワフルオフロード車といったイメージです。

インテリアの違いは歴然で、シンプルなクラウンの延長のようなインテリアに対して、新型レクサスLXのインテリアは、輸入車にある高級感と上質感が味わえる、乗っている人が優雅な気持ちになる造りになっています。

LX013

引用:https:/lexus.jp/models/lx/gallery/

走破性の違いは、ラダーフレームをベースに乗せているボディが異なるという点では同じですが、やはり1000ccの排気量の違いは大きく、トルク数も大きく違い、国内最大級トヨタのランドクルーザーもすんなり追い抜いてしまう、パワフルさを持っているのです。

オフロードの強さを持ったトヨタランドクルーザーに対して、新型レクサスLXはオンロードでの快適さも兼ね備えたSUVと言ったところでしょう。
⇒ 新型レクサス LXを値引きから更に50万円安く買う裏ワザ!

スポンサーリンク

まとめ

新型レクサスLXの値段などについてまとめさせて頂きました。

レクサスは1989年に北米でブランド設立されたものの、日本国内外のユーザー趣向の違いなどから日本国内へのレクサスブランド展開予定は当初ありませんでした。

レクサスで発売されていた車種はトヨタ自動車で名前を変えて発売されていたので、レクサスとして販売する意味がなかったとも言えますね。

しかし2003年に、トヨタ自動車から全世界に共通する日本初の高級ブランドとして新生「レクサス」を展開しました。

2012年にはトヨタ自動車では、「レクサス本部」から「レクサスインターナショナル」として1つのブランド的に変わりました。

少し面白いところで、日本国内で正式販売された車種の車検証社名は全て「レクサス」ですが、それ以前は、「レクサス」「トヨタ」「LEXUS」が混在していたようです。

高級ブランドのレクサス車は、輸入車と引けを取らない値段設定になりトヨタブランドとは言え、「別物」の高級輸入車と言っても良いのでしょう。



下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1


スポンサーリンク


スポンサーリンク