新型スマート 価格・値段をグレード別に紹介!

1

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1

メルセデスベンツの新型スマートの価格・値段はいくらなのでしょうか?

新型スマートの価格・値段を、グレード別にまとめてご紹介します。

price_01

引用:http://www.smart-j.com/

スポンサードリンク

新型スマート、グレード別価格

■スマート フォーフォーパッション……2,160,000円

■スマート フォーフォープライム……2,370,000円

■スマート フォーフォーターボ……2,570,000円

■スマート ブラバスフォーフォーエクスクルーシブ……3,120,000円

■スマート ブラバスフォーフォーエクスクルーシブ レッドリミテッド……3,170,000円

■スマート ブラバスフォーツーエクスクルーシブ リミテッド……2,970,000円

■スマート ブラバスカブリオエクスクルーシブ……3,200,000円

■スマート フォーツーターボ……2,260,000円

■スマート フォーツーカブリオ……2,550,000円

■スマート フォーツーカブリオ……2,550,000円

price_02

引用:http://www.smart-j.com/fortwo/cabrio.html

スポンサードリンク

スマートってどんなクルマ

スマートというクルマを見たことがあるでしょうか。

日本では2000年から発売されたものの発売終了となった過去を持つ、まったく人気のなかったクルマなのです。

その後、いくつもの改良やグレード派生が繰り返され日本では累計販売台数3万台、全世界では150万台を誇ります。

price_06

引用:https:/ja.wikipedia.org/wiki/

2016年にはイタリアでは発売台数が、オープンカーの第1位となっていたというから驚きですね。

そもそもメルセデスがなぜ、こんなクルマを作っているのか。

事の始まりは1990年、スイスの時計会社スウォッチがダイムラーに技術提携を持ちかけて、「2人乗りのマイクロカーを生産したい」と言い始めたのです。

スマートの「S」はスウォッチ、「M」がメルセデス、そして「art」が芸術なのでした。

そこで二社合弁による会社を立ち上げ、1994年にはフランスに製造工場を建てたのでした。

price_03

引用:http://carislife.hatenablog.com/entry/2015/05/17/202814

そこで生産された初代フォーツークーペは驚いたことに走行中に転倒するといった問題を起こし、多額の費用をかけて設計を見直すことになったのでした。

(たしかメルセデスベンツ初代Aクラスでも、似たような不祥事があったような気がします・・・。)

そんな出鼻をくじかれたような形で、言い出しっぺのスウォッチは撤退を余儀なくされたのでした。

当然、ダイムラーもスマート事業から手を引くのではと、業界全体がそう考えていたのですが、なぜかダイムラーはスマートの開発を続けたのでした。

その後もスマート事業は12年に渡って赤字が続き、36億ドルもの損害を出したのです。

(36億ドルは約4100億円です!)

かたや、ベンツが世界中で売れているからといえ、そんな事業を続ける会社は世界中どこを探してもないのではないでしょうか。

そこまでしてスマートを継続して作り続けてきたダイムラーの思惑はなんだったのか、そして勝算はどこから来たのか、2020年を間近にしてようやく答えが出ようとしているのです。

price_04

引用:http://www.smart-j.com/

スポンサードリンク

スマートのスペック概要

初代は完全な2人乗りのマイクロカーということで、全長2560mm・全幅1515mm・全高1550mm。

車重は750kgで、599cc/55psの直列3気筒エンジンを搭載していました。

その後はルノーや三菱の手も入って、基本4人乗りで位置づけとしては軽自動車感覚のクルマとなったのですが、さすがにメルセデスブランドだけあって、随分と高級なマイクロカーとしてのポジションを得ています。

price_08

引用:http://www.smart-j.com/brabus/index.html

そして実は総排気量は998cc、すでに軽自動車ですらないのです。

スウォッチの発案の通り、マイクロカーであってほしかったような気もするのですが、さすがに売れないと判断したのでしょう。

メインで売っていくのも4人乗りのフォーフォーと方針が固まっているようです。

price_05

引用:http://www.smart-j.com/fortwo/turbo.html

ベースグレードとなるスマート フォーフォーパッション(2,160,000円)のスペックを簡単に見ていきましょう。

■全長×全幅×全高mm

3,550×1,665×1,545

■車両重量kg……1,010

■最小回転半径m……4.1

■エンジン種類……DOHC直列3気筒

■総排気量cc……998

■最高出力 kw(ps)/rpm……52(71)/6,000

■最大トルク N・m(kgf・m)/rpm……91(9.3)/2,850

■トランスミッション……電子制御6速AT

■駆動方式……後輪駆動(RR)

■使用燃料……無鉛プレミアムガソリン

■JC08モード燃費km/L……22.3

price_07

引用:http://www.smart-j.com/

いかがでしょうか。

イメージと違ったかと思います。

スマートはマイクロカーどころか普通のコンパクトカーですよね。

スマートのライバル車はトゥインゴ、フィアット500、MINI、フォルクスワーゲンポロだといわれています。

※トゥインゴとはプラットフォームが同じ

2人乗りのスマートフォーツーにしても全長がフォーフォーより80cmほど短いものの、幅や高さは同じで排気量も897ccと軽自動車の規格である660ccを大きく上回っています。

price_09

引用:http://www.smart-j.com/forfour/

スマートの価格についての口コミ

なんとなくスマートというクルマのアウトラインが見えてきたところで、価格についての口コミを見てみたいと思います。

高いのか安いのか、また価格相当の価値があるのか、オーナーたちの声を集めてみました。

小さい分、小回りも効くし、狭い場所で使うには良い車。

けど、国産車でこれの代替えがきかないかというとそうではないと思う。

フォーフォーやフォーツーでなくてはいけない理由ってなんだろうかと考えてしまう。

それが、最大の疑問であり、トゥインゴとの価格差でもあるね。

256万円という価格は、基本的に同じボディやエンジンを持つトゥインゴが100万円台に収まっていることを考えれば、割高に感じます。

ターボエンジンの余裕は確かに魅力ですが、個人的には自然吸気エンジンにカラフルなファブリックシートを組み合わせたグレード、パッションがスマートらしいチョイスではないかと思いました。

price_10

引用:http://www.smart-j.com/forfour/

RRエンジンは気持ち良い。

ガラスサンルーフは前後にあって気持ち良い装備。

エアコンの効きが良くない。

循環にすると少し良くなります。

後ろのドアがほぼ90度開くので乗り降りはVW UPより乗りやすい。

オートライト、オートワイパーなど快適装備が嬉しい。

価格はこんなものでは?

パッションの価格は209万円で、これにパークトロニックのオプションが9万円だ。

上級グレードのプライムにはパノラミックルーフや本革シート、パークトロニックが装着されて229万円になる。

やや高めの価格設定といえかるが、フォーツーの価格が199万円だったことを考えると、意外に小さい価格差ということもできる。

メルセデス・ベンツが作るコンパクトカーとして考えたら、これくらいの金額が妥当なところなのかも知れない。

price_11

引用:http://autoc-one.jp/catalog/smart/forfour/photo/11/

⇒ 新型スマートを値引きから更に50万円安く買う裏ワザ!

スポンサードリンク

新型スマート 価格まとめ

価格については意見が真っ二つに分かれるようです。

「トゥインゴやポロの方が実用性が高いのにどうして200万円以上も出してスマートを買うのか?」といった疑問まで出てくる始末です。

反対に「後輪駆動の良さに価値があるので、価格についてはまったく高いとは思わない。」という意見もありました。

確かにメルセデスはエントリーモデルのAやBクラスをFFにしていますが、スマートのようにRRにしたらもっと売れるのかも知れませんね。

それくらいRRを称賛するドライバーが多かったです。

価格とは価値観ですから、メルセデスブランドとして見て安いと感じる人もいるし、機能や故障経験などから高いという人もいるわけですね。

ちなみにSクラスのオーナーにSクラスの価格が高いという人は滅多にいないようです。

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1

スポンサーリンク


スポンサーリンク